元ファイザー従業員がCOVID「ワクチン」で毒を確認 - 禁じられた知識テレビ (forbiddenknowledgetv.net)
7/29日投稿:ちょっとだけ古い記事です

シチューピーターズ

シチュー・ピーターズは、元ファイザーの従業員で、製薬および医療機器業界の現在のアナリストであるカレン・キングストンとの大ヒットインタビューをもう一度持って来ます。彼女は、全世界ですぐに共有しなければならない議論の余地のない文書を持っています。

彼女は、「酸化グラフェンを探すために特許を読みました。特許に記載されていないのは、企業秘密だからです。ビル・ゲイツが "企業秘密がある "と言っていたのを覚えていますか?しかし、中国の特許には酸化グラフェンが掲載されています。アメリカの特許に掲載されていない最大の理由は、酸化グラフェンには毒があり、毒があることはよく知られているからだそうです。もう1つの理由は、人間とインターネットのインターフェースを作るという点で、イーロンマスクの研究一部やビル・ゲイツに使われている液体AIテンプレートであるハイドロジェルの主成分だからです。」

この最初のラウンドでは、DARPAのクラウドに接続することはできませんが、半年ごとにブースターを投与し、システム内にどれだけグラフェンを蓄積できるかを確認することを目的としています。この段階での完成度が高ければ、第2の計画もあるそうですが、これまでに記録された以上のことは推測したくないとのことです。

シチューは、「なぜ酸化グラフェンを使うのか?毒で有害な物質なのに?」

彼女はこう答えます。「電気の伝導性に優れていて、磁場を宿すことができるから...インターネットに接続できるかもしれない。それが理由です。」

これらのワクチンの開発の背後に誰がいるのかと尋ねられると、彼女は「COVID-19の賦形剤に酸化グラフェンを使用するための特許を申請した上海ナノテックという会社や、モデルナ社の最高技術責任者であるタル・ザックス、そして世界保健機関のウェブサイトを見ると、「世界が一丸となってCOVID-19ワクチンに取り組む必要がある」と書かれています。 ピーター・ダサックをはじめとするモデルナのメンバー、NIHやNIAIDのメンバーなど、いつもの面々が勢ぞろいしています。ピーター・ダザックやモデルナの名前、NIHやNIAIDの名前もあります。これらの製品の開発と実行を調整した億万長者や億万長者の何倍もの大きなグループがあります。

ドナルド・トランプ、ロン・デサンティス、ショーン・ハニティーなどの人々が、ワクチンの普及にどのような利害関係を持っているのかとシチューが尋ねると、彼女は「彼らがそんなことを知り得るはずがない」と言います。

彼女によると、昨年5月、彼女は自分の情報をすべてアメリカの最前線の医師たちを含む30の媒体に連絡し、その後、彼らがまだ 「30歳以下はこれらのワクチンを受けるべきではない 」と言っているのを見てショックを受けたそうです。彼女は彼らに電話して、「あなたたちは一体何をしているの?これは生物兵器だ!」と電話したのですが、彼らは「そんなことは言えない」と言いました。

※元ファイザーの人が言う、「このワクチンは生物兵器」だ!

彼女は、「この注射の堕落と悪の認知的不協和は、誰にとっても理解しがたいものです。また、この注射が開発されていた1年半の間、「このウイルスはそんなに悪くない」と言った人は、嘲笑され、追放されていたことも理解しなければなりません。医師は免許を剥奪されると脅され、真実が伝わらなかったのです」。FDAの文書でも、この注射は18歳以下には不適切であると述べており、ウイルスの排出を懸念しています。

「特許申請書の製造部門は編集されています。良心的には誰もこれを承認すべきではありませんでしたが、このような洗脳が行われており、ビッグテックが私たちに「真実」として知らせたかったことは、基本的には嘘の塊だったということをコントロールしています。」

「例えるなら、配偶者が浮気をしているような結婚生活を送ったことがある人なら誰でもそうだと思います。友人が浮気をしていると言っても、証拠は山ほどあるのに、あなたはそれを信じようとしません。信頼できるアドバイザーは皆、この種のものは安全だと言っています。メディアでは常に報道されていますが、誰かが「いや、これは致命的だ。大量虐殺が計画されているんだ」と言われても信じられませんよね。」

司法省が今週発表した「COVID義務化は合法である」という見解についてシチューが尋ねると、彼女は法的な暴言を吐き、この見解を書いたドーン・ジョンセン司法省次官代理を非難し、「彼女の解釈は無謀であり、何のメリットもありません。単なる意見であり、強制力はありません。その上、これらのワクチン、つまり注射については、人々を脅して注射を受けさせるためのキャンペーンやプロパガンダが嘘だらけで、それ自体が人権侵害であるだけでなく、彼女はこのメモが該当するタイトルコード21について言及していません。セクション502では、虚偽と誤解を招くような表示をしていますが、これはワクチンではありません。これはワクチンではありませんから、注射しても健康には何のメリットもありません。唯一できる事は、毒、害、死です」

酸化グラフェンが含まれていることを伝えていない 虚偽の誤解を招くような表示があります。 不純な医薬品および装置 第501条にも違反しています。 不純な医薬品および装置とは、酸化グラフェンである 毒素を含んでいる場合のことです。また、初回新薬申請のセクション312.23にも違反しています。つまり、INDを取得する場合は、人間に移行する前に動物で安全性を証明しなければなりません。彼らは、妊娠中のラットを対象とした趣意書に署名しました。妊婦に注射することになったのです。趣意書の下には、もし妊娠可能な年齢の人にリスクがあるならば、試験を中止する必要があると書かれています。私たちはシェディングがあることを知っています。妊娠可能な年齢の人にリスクがあることもわかっています。

「FDAはタンパク質治療や 溶解性ウィルス治療についても言及しています 脱落は現実的なことであり、まず動物実験を行い、次に第一段階のヒト実験を行う必要があります もし脱落がある場合には、コントロール手段を講じる必要があります そうすれば、注射されていない人に感染させることはありません これが今起こっていることなのです。また、312.42項の「臨床研究の保留と変更要求」にも違反しています。これは、私が言ったことのどれか一つでも、少なくとも3ダースはあるので、試験を中止しなければならないというものです。」

シチューは「何人死んでもかまわない。彼らはこの絶え間ない推進を続けるのではないだろうか」と言います。彼女は、「アメリカ国民が『もう十分だ!』と声を上げるまで、彼らは押し続けるでしょう。アメリカ人が声を上げて『もういい加減にしろ!』と言うまで、彼らは基本的にアメリカを消滅させるまで、私たちを追い続けるでしょう。そして、彼らは子供たちを狙っているのですが、これはとても残念なことです。後世に残らない、アメリカがなくなってしまう。もし、妊娠可能な年齢の人々が不妊になったら......そして、子供たちは、この注射による有害事象や死亡のリスクが最も高いのです。心筋炎の数を見てください」。彼女の推定では、4%の子供たちが人生の数十年を棒に振っているか、死に至っています。

この番組の視聴者が雇用主や学校、医療機関に送ることができるように、医療団体に宛てた手紙を完成させ、インフォームド・コンセントを受ける権利があることを訴えると言いました。彼女は、解雇を防ぐことはできないかもしれないが、最終的には正義が勝つと考えているそうです。