パイナップル酵素ブロメラントはCOVID-19ワクチン傷害の治療法ですか? (healthimpactnews.com)

パイナップル酵素のブロメラインはCOVID-19ワクチンによる傷害の治療薬となるか?  ブライアン・シルハヴィ・エディター

bromelain-sars-pineapple


英国のHealth Impact Newsの購読者から、COVID-19注射剤を服用して恐ろしい障害に苦しんでいる人たちの話を取り上げたことに心を痛めているというメールをいただきました。

オーストラリアでパイナップル由来のブロメラインという酵素が「COVID-19のスパイクタンパク質」を破壊することに成功したという研究結果を読み、COVID-19の注射を2回受けて "磁気 "になってしまった高齢の女性に治療法として使ってみようと思ったことを話してくれました。


少しでも希望を与えたいのですが、どれだけ効果があるのかわかりませんが、やってみる価値はあります!!!

オーストラリアの科学者が、パイナップル酵素(ブロメライン)を使って「天然の」COVID19スパイクタンパク質を破壊する方法を発見したことを知った後、私は二回の「ワクチン接種」を受けた人の助けになるのではないかと考えました。

私の親しい友人のお年寄りが、この注射の後に磁気を帯びてしまったのを知っています。

私は、オーストラリアの科学者が発見したと主張しているものを見て、論理的に考えて「ワクチン」との相性が良いのではないかと思い、パイナップル酵素を摂取するよう彼女に勧めてみました。

この製品を1ヶ月以上服用した後、再検査したところ、驚いたことに磁気がなくなっていました。

お役に立てれば幸いです。お大事に、そして神のご加護を、そして幸運を。


1990年代にフィリピンに住んでいた頃から、消化酵素として何年も使っていたので、ブロメラインのことはよく知っていましたが、この人が参考にした研究を見つけられるかどうか、調べてみることにしました。

COVID-19が始まってから発表された、COVID-19の初期治療としてテストされていた2つの査読付き研究を見つけました。1つはブロメラインだけを対象とした研究で、もう1つ(オーストラリアでの研究)はブロメラインとアセチルシステイン(BromAc)の化合物を対象としています。これは以前にがん治療で研究されたものです。

最初の研究は、ネブラスカ大学メディカルセンターの研究者が行ったもので、まだ査読を受けていないことを意味する「プレプリント」コピーが、2020年9月にbioRxivに掲載されました。

査読を経て、2021年2月に学術誌臨床・トランスレーショナル・メディシンタイトル付きで掲載されました。ブロメラインは、ACE-2、TMPRSS2、スパイクタンパク質を標的としてSARS-CoV-2感染を抑制する。

「謝辞」によると、この研究は、少なくとも部分的にはHIHから資金提供を受けており、FDAも支援しています。

しかし、この研究は、企業メディアでもオルタナティブメディアでも、私のニュースフィードには載りませんでした。

ここに要約があります:

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス-2(SARS-CoV-2)を原因とするコロナウイルス感染症2019(COVID-19)が発生した。SARS-CoV-2のスパイク(S)タンパク質と宿主細胞の受容体であるアンジオテンシン変換酵素2(ACE-2)との間の最初の相互作用が、この新しいコロナウイルスの病原性の前提条件となっています。

ここでは、GFPタグ付きのSARS-CoV-2 S-EctodomainをTni昆虫細胞で発現させた。その中にはシアル酸に富むN-およびO-糖鎖が含まれていた。表面共鳴プラズモン(SPR)とLuminexアッセイにより、精製されたS-OctodomainがヒトACE-2と結合し、COVID-19陽性サンプルとの免疫反応が確認された。

パイナップルの茎から分離され、栄養補助食品として使用されているブロメラインを処理すると、VeroE6細胞におけるACE-2とTMPRSS2の発現が低下し、S-Octodomainの発現が劇的に低下することを示した。

重要なのは、ブロメライン治療によって、S-OctodomainとVeroE6細胞の相互作用が減少したことである。

最も重要なことは、ブロメライン治療によって、VeroE6細胞でのSARS-CoV-2感染が著しく減少したことである。以上の結果から、ブロメラインまたはブロメラインを豊富に含むパイナップルの茎が、COVID-19に対する抗ウイルス剤として使用できる可能性が示唆された。


ここで完全な研究を読むことができます

ブロメラインは、ビタミンC、ビタミンD、そして旧来の薬のイベルメクチンやヒドロキシクロロキンとともに、COVID-19症状の早期治療プロトコルに加えられるべきであることは明らかです。

オーストラリアで行われた「BromAc」に関する2つ目の研究は、少なくとも米国外では報道されました。ここでは、2020年8月に「7 News」が掲載した記事を紹介します。

パイナップルを使用した画期的なCOVID治療

抜粋:
オーストラリアの研究者たちは、COVID-19に感染した人々を救済し、その拡大を抑えることができると期待して、コロナウイルスの治療法を試験しています。

デビッド・モリス教授と彼の国際的なチームは、ウイルスがキャリアの肺に移動し、他の人々に広がるのを防ぐことができる「BromAc」として知られている癌治療を適応させました。

コロナウイルスの患者を対象とした試験は、メルボルンの病院との間で確立されており、来月にも開始される予定です。

BromAcは、11年前からがん治療薬として開発されており、COVID-19のスパイクを溶解し、他の細胞に感染できないようにする2つの成分を含んでいます。

パイナップルを食べた豚が特定の胃腸疾患に耐性を持つことが確認された後、実験室でテストされたパイナップルの茎の酵素が中心的な薬剤の一つです。

デビッド・モリス教授は、月曜日に発表した声明の中で、「私たちは、10年以上にわたって開発されてきた薬を、COVID-19に感染した人々の治療に適応できるかどうか」と問いかけました。

研究結果では、この新薬がCOVID-19スパイクを無効にし、他の細胞への感染を阻止することがわかりました。

「今回の結果により、この治療法がCOVIDを鼻や喉に閉じ込めて肺の感染を防ぎ、感染した患者が生きたウイルスを移すのを阻止できることを期待しています」と述べています。


記事全文は こちら

この研究は、今年初め、2021年3月に、学術誌「Viruses」に掲載されました。タイトルは ブロメラインとアセチルシステイン(BromAc)の組み合わせがSARS-CoV-2を相乗的に不活性化することを明らかにした。

以下はその要旨です

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症は、世界的な大流行の原因となっており、現在は治療法が限られている。

SARS-CoV-2のスパイク糖タンパク質とエンベロープタンパク質は、安定化のためのジスルフィド結合を含んでおり、鼻粘膜に存在する宿主細胞のACE2受容体に結合するために必須であることから、魅力的な標的となる。

ブロメラインとアセチルシステイン(BromAc)は、グリコシド結合やジスルフィド結合を切断することで、糖タンパク質に対して相乗的に作用します。

我々は、BromAcがスパイクタンパク質とエンベロープタンパク質に与える影響と、宿主細胞での感染力を低下させる可能性を明らかにしようとしました。

組換えスパイクおよびエンベロープSARS-CoV-2タンパク質は、BromAcによって破壊された。スパイクおよびエンベロープタンパク質のジスルフィド結合は、アセチルシステインによって減少した。

SARS-CoV-2は、野生型とスパイク変異体の両方を用いたインビトロの全ウイルス培養において、BromAc処理による濃度依存的な不活性化を示したが、単剤による不活性化は見られなかった。SARS-CoV-2の初期感染者を対象とした鼻腔内投与による臨床試験が間近に迫っている。


ここで完全な研究を読

以前お伝えしたように、FDAはここ米国で、N-アセチル-L-システイン(NAC)の形でアセチルシステインを禁止する動きを見せています。

ブロメラインを禁止しようとする動きはまだありません。このようなサプリメントは今でも簡単に入手できますし、私自身も天然の消化補助剤として長年使用してきました。

質問:COVID-19注射剤の副作用で苦しんでいる人に、ブロメラインやブロメラインとアセチルシステインの併用は可能なのか?

私にはわかりませんが、少なくとも読者の一人はそう思っているようです。これらのサプリメントは副作用がほとんどないので、試してみても損はないと思います。


※田舎にいる私の2人の姉と義理兄全員がワクチンを打っていました。「死ぬぞ」と言って説明を延々としたところ....「もう死んでもいいよ、この世に別に未練はない」と言う...
周囲の人間も含め、ほとんど誰も副反応がなかったらしい。
そう言えばみんな「酒飲みばかり」...酒も中和させるのかな??





厚生労働省eJIM | ブロメライン | ハーブ | 医療関係者の方へ | 「統合医療」情報発信サイト (ncgg.go.jp)

「ブロメライン パイナップル」の検索結果 - Yahoo!検索