国連、予防接種を受けていない人の大規模な強制収容所システムを設置

https://freeworldnews.tv/watch?id=610123081028a917bb600354 動画
国連、予防接種を受けていない人のための大規模な収容所システムを設置
コメント欄:このグローバリストの豚どもを追いかけよう。彼らは戦争を望んでいる?
この糞共を焼き尽くす。他に方法はないのか?反撃だ!殺すか殺されるかだ!

アレックス・ジョーンズは、デンマークやフランスで、ワクチンを受けていないことを唯一の罪として、人々が意に反して拘束されているという報道を取り上げています。


1年前、CDCはすでにワクチンを受けていない人たちを "収容所 "に入れることを計画していた

ここを読んでみてください。
(2020年7月26日掲載記事より抜粋)

シールドアプローチは、重症化のリスクが高い人(「高リスク者」)と一般住民(「低リスク者」)との接触を制限することで、COVID-19の重症化症例数を減らすことを目的としています。高リスク者は、状況や環境に応じて、家庭、近隣、キャンプ/セクター、コミュニティレベルで設定された安全地帯または「グリーンゾーン」に一時的に移動します。

現在のエビデンスによると、高齢者や重篤な基礎疾患を持つあらゆる年齢層の人々は、COVID-19による重症化のリスクが高いとされています。ほとんどの人道的環境では、高齢者グループが総人口に占める割合はわずかです。このような理由から、シールドアプローチでは、限られた利用可能なリソースの使用を優先し、一般の人々に長期的な封じ込め対策を実施することを避けるために、リスクの高い人々を一般の人々から物理的に隔離することを提案しています。

検討:グリーンゾーンの必要数は、ハイリスク者の総数、疾病カテゴリー、地域の社会的属性に基づいているため、予想以上に多くなる可能性があります。

検討:実施期間を延長し、少なくとも6ヶ月間は計画すること。
説明 シールドアプローチでは、以下の状況のいずれかが発生するまで、グリーンゾーンを維持することを提案している。
(i)十分な入院能力が確立される
(ii)効果的なワクチンや治療法が広く利用できるようになる
(iii)人口に影響を与えるCOVID-19の流行が収まる


※パンデミックがおさまらない場合、最長で6ヶ月以上、あるいは状況に応じて必要な期間、人々を収容します。現在フランス、イギリス、カナダ、オーストラリアなどですでに始まっているんだとか...
778




1年前から準備された文書:更新日 2020年7月26日
CDC疾病センター公式ページ
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/global-covid-19/shielding-approach-humanitarian.html

人道的な設定でCOVID-19感染を防ぐためのシールドアプローチを実施するための暫定的な運用上の考慮事項


この文書は、キャンプ、避難民、低資源設定に焦点を当てたガイダンス文書に概説されているように、人道的な設定でシールドアプローチを実施するための米国疾病管理予防センター(CDC)の観点から考慮を示しています。
1,2  このアプローチは文書化されたことがなく、これらの設定での対応活動を支援する人道的パートナーの間で疑問と懸念を提起しています。このドキュメントの目的は、CDCの観点からシールドアプローチの潜在的な実装課題を強調し、経験的データがない場合の実装に関する考え方を導くことです。考慮すべき点は、コロナウイルス病2019(COVID-19)の感染と重症度に関する現在の証拠に基づいており、より多くの情報が利用可能になるにつれて改訂する必要があるかもしれません。CDCのウェブサイトで定期的に更新を確認してください。

シールドアプローチは、重篤な疾患(「高リスク」)と一般集団(「低リスク」)を発症するリスクが高い個人間の接触を制限することによって、重度のCOVID-19症例の数を減らすことを目的としています。リスクの高い個人は、コンテキストと設定に応じて、家庭、近隣、キャンプ/セクターまたはコミュニティレベルで確立された安全または「グリーンゾーン」に一時的に移転させられます。1,2 彼らは家族や他の低リスクの住民との接触を最小限に抑えるでしょう。

現在の証拠は、高齢者および重篤な基礎疾患を有する任意の年齢の人々がCOVID-19から重篤な病気のリスクが高いことを示しています。3 ほとんどの人道的な設定では、高齢の人口グループは総人口のごく一部を占めています。4,5 このため、シールドアプローチは、危険度の高い個人を一般集団から物理的に隔離して限られた利用可能な資源の使用を優先し、一般集団の間で長期的な封じ込め措置を実施することを避けることを示唆している。

理論的には、シールドは、病気や死からリスクの高い集団を保護するためにその目的に役立つ可能性があります。しかし、このアプローチの実施には厳格な遵守が必要1,6,7、プロトコルに変換します。グリーンゾーンへのウイルスの不注意な導入は、アプローチが保護しようとしている最も脆弱な集団の間で急速な感染をもたらす可能性があります。

近隣レベル:

危険度の高いメンバーがグループ化されている小さなキャンプまたは地域内の指定された避難所/避難所(最大5〜10世帯)。隣人は、リスクの高い個人を収容するために世帯を「スワップ」します。


キャンプ/セクターレベル:

学校、キャンプ/セクター内のコミュニティビル(1つのグリーンゾーンあたり最大50人のリスクの高い個人)などの避難所のグループは、リスクの高い個人が物理的に一緒に隔離されています。
一つの入り口は食糧、食糧の交換のために使用される。会議エリアは、住民と訪問者が物理的な離散(2メートル)を練習しながら交流するために使用されます。グリーンゾーン内外での移動はありません。


  • 各グリーンゾーンには、リスクの高い個人のための専用のラトリン/入浴施設があります
  • シールドアプローチは、グリーンゾーンを確立するために、新しい施設建設に対して助言します。しかし、危険度の高い個人を収容するために、指定されたラトリン/入浴施設を備えた既存の避難所や共同施設を持つ設定はほとんどありません。これらの設定では、HHで使用されるほとんどのラトリンは家の外にあり、多くの場合、複数のHSによって共有されています。
  • 専用設備が利用可能な場合は、適切な照明、手洗い/衛生インフラ、ラトリンのメンテナンスおよび消毒などの安全対策を確保してください。
  • 施設は、近所/キャンプレベルで障害を持つ高リスクの個人、子供や別々の性別を収容できることを確認します。
  • 外部との接触を最小限に抑えるために、各グリーンゾーンには、障害を持つ居住者や移動性の低い居住者の世話をすることができる有能なリスクの高い個人を含める必要があります。それ以外の場合は、これらのタスクに対してリスクの低い個体を指定し、好ましくは確認されたCOVID-19から回復し、免疫であると仮定される。
※コロ助やワクチンで両親が死んだ場合、残った障害者の子供の事も想定している訳ですね
日本は両親がワクチンで死に、残ったみなしごハッチの事考えてませんよね?
※ほか一部だけ抜粋


  • このレベルの分離を実現するには、複数のグリーン ゾーンが必要であり、それぞれに追加の入力/リソースが必要です。さらに、異なる民族、社会文化的グループ、または宗教を1つの環境内に収容するという課題が含まれます。
  • コミュニティの関与があっても、汚名を着せられる危険性があります。11,12家族からの孤立/分離、自由の喪失、個人的な交流には、追加の心理社会的支援構造/システムが必要な場合があります。以下のその他の考慮事項に関するセクションを参照してください。
  • リスクの高い未成年者は、グリーンゾーン外の人々との移動や接触の面でもグリーンゾーン居住者とみなされる単一の介護者によって隔離される必要があります。
  • 保護対策は、実装に不可欠です。主な介護者から分離された場合、HHに残っている他の未成年者または障害を持つ個人または精神的健康状態を持つ個人の受け入れ可能な適切なケアがあることを確認してください。
  • リスクの高い個人は、自分の生活空間と施設の清掃と維持を担当します。これは、障害を持つ人や身体の不自由な人には実現できない場合があります。11非発生環境では、共同施設の衛生状態を維持することは困難です。7,8,9そのため、追加の人材支援が必要になる場合があります。
  • リスクの高い個人をターゲットにしても、リスクの低い個人の間で緩和策が否定されないようにします(市場やウォーターポイントでの物理的な離脱、可能な場合など)。リスク状況に基づくスペースの違いは、リスクの低い住民の間で暴露される潜在的なリスクを高める可能性があり、多くの設定でスペースの制限や過密を考慮すると、受け入れられないか、または実行不可能である可能性があります。
※暴露(シェデング)のリスクもちゃんと考えられてますな

人口特性と人口統計

考慮: 必要なグリーンゾーンの数は、高齢者人口の割合だけでなく、リスクの高い個体数、疾患カテゴリー、地域の社会人口統計の総数に基づいているため、予想よりも多い場合があります。

※大量の人々を収容所へぶち込む気満々ですな

説明:高齢者は人道的な場面で多くのキャンプの人口のごく一部を占めています(約3〜5%4,5) しかし、一部の人道的な設定では、人口の4分の1以上がリスクの高いカテゴリーに該当する可能性があります13,14,15慢性腎臓病、肥満、重篤な心臓病、鎌状赤血球病、2型糖尿病を含む重篤なCOVID-19疾患のリスクを高める可能性のある根本的な病状に基づいています。さらに、多くのキャンプや入植地には、追加の分離が必要な複数の国籍が存在し、例えばケニアの難民キャンプは19カ国からの難民を収容しています。16

タイムラインに関する考慮事項

考慮: 実装時間の延長を計画し、6か月以上を要します。

説明: シールド・アプローチでは、(i) 十分な入院能力が確立される状況の 1 つが生じるまで、グリーンゾーンを維持することを提案しています。(ii) 有効なワクチンまたは治療オプションが広く利用可能になる;(iii) 人口に影響を与えるCOVID-19の流行が沈静化する。

パンデミック以前の人道的な場面で人口が利用できる限られた資源と医療を考えると、広範囲にわたる伝染の間に十分な入院能力(ベッド、個人用保護具、人工呼吸器、スタッフ)が達成される可能性は低い。これらの設定が配置されている国の多く (チャド、ミャンマー、シリアなど) の国の能力は限られています。リソースは、送信のピーク時にすぐに圧倒され、緊急影響を受けた集団にアクセスできない可能性があります。

ワクチンテストは進行中ですが、明確なタイムラインはありません。パンデミックが沈静化する抑制段階に達すると、数ヶ月かかる可能性があり、症例は第2または第3の波で再び再生される可能性があります。COVID-19の集団免疫は、現在までに実証されていない。また、感染者が免疫力を発症し、潜在的な免疫の持続期間が不明であるかどうかも不明である。したがって、運用スケジュールの延長を考慮した危機管理計画は重要です。

概要

シールドアプローチは野心的な事業であり、十分に管理されれば、リスクの高い集団の間でCOVID-19感染を防ぐのに効果的である可能性があります。前提は英国で使用される緩和戦略に基づいていますが、24,25このアプローチが様々な人道的な設定でCOVID-19のパンデミックの間に罹患率と死亡率に影響を与え、減少するか、または影響を及ぼさないかの経験的証拠はありません。このドキュメントでは、a)このアプローチを実施するリスクと課題、b)能力が限られているか、または減少した地域での追加リソースの必要性、c)無期限のスケジュール、およびd)短期的および長期的な悪影響の可能性を強調しています。

公衆衛生は、病気の撲滅だけでなく、健康と福祉の全領域を対象としています。自然災害や戦争・紛争によって避難している人々は、すでに脆弱であり、精神的・肉体的・感情的なトラウマを抱えています。シールドアプローチは強制的なものではありませんが、人道的な環境では強制的に見えたり、誤解されたりする可能性があります。COVID-19の罹患率や死亡率を減少させるための多くの地域社会の介入と同様に、コンプライアンスと行動の変化が主な律速段階であり、社会的・感情的な要因によって引き起こされることがあります。このような変化は、先進国の安定した環境では困難です。したがって、人道的な環境では、考慮しなければならない多面的な課題があるため、特に難しいかもしれません。

家計レベルのシールドは、家族構造やライフスタイルへの混乱を最小限に抑え、コンプライアンスを維持するための重要な要素を可能にするため、最も実現可能で威厳があるようです。しかし、グリーンゾーン外での必要な動きや相互作用、監督の少ない、そしてしばしば大きな世帯規模のためにウイルスが導入される可能性が最も高い。家族の避難所が小さく、複数のコンパートメントを持たない設定では、実現可能性が低い場合があります。人道的な環境では、小さな村、セクター/ブロック、またはキャンプレベルのシールドは、提案された議定書へのより大きな遵守を可能にするかもしれませんが、友人や家族からの分離、孤立感、汚名によって引き起こされる長期的な社会的影響を犠牲にします。最も重要なことは、グリーンゾーンへのウイルスの偶発的な導入は、米国の援助ケア施設で観察されるように、急速な伝染と罹患率と死亡率の増加をもたらす可能性があります。26

シールドアプローチは、医療システムのストレスを軽減し、最も脆弱な人々を保護することによって、長期的な封じ込め措置とロックダウンの負の経済的影響を回避することを目的としています。1、24,25このアプローチの実施には、慎重な計画、追加のリソース、厳格な遵守、強力なマルチセクターの連携が必要であり、各機関は、心理社会的な悪影響を受けやすい身体的および心理的なトラウマを集団で経験した人々への潜在的な影響を考慮する必要があります。



※ところでもうCDCも認めたようです

CDCは、完全にワクチン接種した人々がデルタ変異体を広げ、マスクを着用する必要があると言います

CDCは、完全にワクチン接種された人々がデルタ変異体を広げ、マスクを着用する必要があると言います:「この新しい科学は気になります」 (yahoo.com)