2016年の世界経済フォーラム記事:「2030年へようこそ。私は何も所有していない、プライバシーを持っていない、そして人生は決して良くなったことがない」 (humansarefree.com)

2016年の世界経済フォーラム記事:「2030年へようこそ。何も所有していない、プライバシーもない、そして人生はかつてないほど素晴らしいものになっている」



以下の記事は、すでに悪名高い世界経済フォーラム(World Economic Forum)が2016年に発表したもので、持続可能性や環境保護を名目に、新世界秩序の確立を目指す全体主義的なグローバリストの国際NGOです。

デンマーク国会議員のアイダ・オーケン(フォルケティンゲット)によって書かれました。

この社会主義のディストピアがいかに素晴らしくて望ましいものとして提示されているかがわかると思いますが、それは過去10年間に私が警告してきたことのすべてです。

読み進めていくと、現在生きている78億人の人々が彼らのビジョンを実現することは不可能であることが間違いなく理解できるでしょう。

この計画が成功するためには、現在生きている人の90%以上が消えてしまうことになる。

その方法は、数年で私たちのほとんどが絶滅してしまうような兵器化されたウイルスから、不妊症や不妊手術などの微妙な方法まで、さまざまなものがあります。

残りの人々は、おそらく合計5億人程度(「ジョージア・ガイドストーン」に書かれている通り)は、いくつかのメガシティ(「ビジョン2050アジェンダ」のアジェンダで提案されている通り)に詰め込まれ、世界の他の地域は立ち入り禁止となる。


最初に述べたように、すべては環境保護の名のもとに行われます。しかし、これからお話しするように、人間はメガシティから出ることができないので、99.9%の無人の惑星を楽しむことができるのは誰だと思いますか? 0.1%の「エリート」とその取り巻きたちだけです。

何も所有していない、プライバシーもない、そして人生はかつてないほど素晴らしいものになっている

イダ・オーケン
国会議員、デンマーク議会(フォルケティンゲット)

Libria-Equilibrium-Prozium-II-1536x662
映画「Equilibrium」のLibria

2030年へようこそ。私の街へようこそ--いや、「私たちの街」と言うべきか。私は何も持っていません。車も持っていません。家も持っていません。家電製品も服も持っていません。

あなたには奇妙に思えるかもしれませんが、この街の私たちにとっては完璧な意味を持っています。あなたが製品だと思っていたものは、今やサービスになっているのです。

交通機関、宿泊施設、食事など、日常生活に必要なものはすべて揃っています。それが次々と無料化されていったので、結局、あまり所有する意味がなくなってしまったのです。

まずコミュニケーションがデジタル化され、誰もが自由に使えるようになりました。そして、クリーンエネルギーが無料になったことで、物事が急速に動き始めました。

交通機関は劇的に値下がりしました。車を所有する意味がなくなりました。 運転手のいない車や空飛ぶ車を呼んで 数分で長距離の移動ができるからです。

車よりも公共交通機関の方が簡単で早くて便利になったことで、私たちはより組織的で協調的な方法で移動するようになりました。

今となっては、エンジンによる大気汚染はもちろんのこと、混雑や交通渋滞を受け入れていたことが信じられません。私たちは何を考えていたのでしょうか?

友達に会いに行くときに自転車を使うこともあります。運動したり、乗ったりするのが楽しいんです。魂が旅についてくるような気がします。

歩くこと、自転車に乗ること、料理をすること、絵を描くこと、植物を育てることなど、不思議なことに、いつまでもワクワク感を失わないものがあります。

自然との密接な関係から生まれた文化であることを思い起こさせてくれます。

「遠くに感じる環境問題」

必要のないときには、いつでもスペースを確保することができます。私のリビングルームは、私がいないときはビジネスミーティングに使われているので私たちは家賃を支払いません。

たまには自分のために料理をすることもあります。必要なキッチン用品が数分で玄関に届くので、とても楽です。

交通費が無料になってからは、家の中にいろいろなものを詰め込まなくなりました。パスタ・メーカーやクレープ・クッカーを戸棚に詰め込んでおく必要はなく、必要な時に注文すればいいのですから。

このことは、循環型経済の突破口にもなりました。製品がサービスに変わると、寿命の短いものには誰も興味を示さなくなります。

あらゆるものが、耐久性、修理性、リサイクル性を考慮して設計されています。素材は経済の中でより早く流れており、かなり簡単に新しい製品に変えることができます。

クリーンなエネルギーとクリーンな生産方法だけを使っているので、環境問題は遠い存在に見えます。

空気がきれいで、水がきれいで、自然の保護区には誰も手をつけようとしません。

都会には緑のスペースがたくさんあり、いたるところに草木が生えています。なぜ昔は、都市の空き地をすべてコンクリートで埋めていたのか、いまだに理解できません。

ショッピングの死

ショッピング?それが何なのか、私はよく覚えていません。ほとんどの人にとって、それは使うものを選ぶことに変わってきています。それを楽しいと思うこともあれば、アルゴリズムにやってもらいたいと思うこともあります。アルゴリズムは、私よりも私の好みをよく知っています。

AIやロボットが私たちの仕事の多くを引き継いだとき、私たちは突然、よく食べ、よく眠り、他の人々と過ごす時間を持てるようになりました。

私たちの仕事はいつでもできるので、ラッシュアワーという概念はもう意味がありません。

もう仕事とは呼べないかもしれませんね。思考の時間、創造の時間、開発の時間といったところでしょうか。

しばらくの間は、すべてがエンターテインメント化され、人々は難しい問題に煩わされることを望まなかった。

最後の最後になって、これらの新しいテクノロジーを単なる暇つぶしではなく、より良い目的のために利用する方法を見つけました。

「都市の外では異なる種類の生活をしている」

私が一番心配しているのは、この街に住んでいない人たちのことです。私たちが途中で見失った人たちです。このようなテクノロジーを使いこなせないと判断した人たちです。

ロボットやAIが私たちの仕事の大部分を占めるようになったとき、時代遅れで役に立たないと感じた人たち。政治体制に憤慨して反旗を翻した人たち。

彼らは、都市の外でさまざまな生活をしています。ある人は、自給自足の小さなコミュニティを形成しています。他の人たちは、19世紀の小さな村の空き家や廃墟に留まっています。

たまに、本当の意味でのプライバシーがないことに腹を立てることがある。どこに行っても登録されていません。

私の行動、思考、夢のすべてがどこかに記録されていることはわかっています。ただ、誰もそれを私に対して利用しないことを願っています。

全体的に見て、良い生活を送っています。同じモデルの成長を続けることができないことが明らかになった私たちが進んでいた道よりもはるかに良いです。

生活習慣病、気候変動、難民問題、環境破壊、混雑した都市、水質汚染、大気汚染、社会不安、失業など、さまざまな問題が発生していました。

これまでとは違うやり方があることに気づくまでに、あまりにも多くの人を失いました。

The end.

不気味ですよね?

指摘するまでもなく、現在の社会や文化は永遠に消滅します。

資本主義と競争がなければ、イノベーションは消えてしまいます。

経済的なインセンティブがなければ、映画産業のようなクリエイティブな芸術は消滅してしまいます。音楽はA.I.によって作られ、服は同じようなものになってしまうでしょう。

もちろん、古い文化の痕跡もすべて消えなければならないでしょう。そうでなければ、人々は旅行や飲みに行ったり、実際においしいものを食べたり、映画を見に行ったりできる世界を夢見ることになるでしょう。

消費主義がなければ、多様性も消えてしまいます。世界経済フォーラムが描く社会では、現在のように無限の選択肢がある代わりに、基本的な食べ物、基本的な飲み物、基本的な衣服、基本的な...すべてが提供されます。

食品は、おそらくタンパク質の摂取に重点を置き、小さな箱に入っているか、最悪の場合、1日2回飲み込む錠剤の形で提供されます。

飲み物に関しては、ソーダ、コーヒー、ミルクシェイク、ビール、ワインなど、何百種類ものフレーバーがあることを忘れてはいけません。

例えば、コーヒー豆を植えて収穫する人も、焙煎する人も、輸送する人もいませんし、経済的なインセンティブもありません。

飲み物で言えば、人々は水とエネルギードリンクのようなものを飲まなければならないでしょう。快楽のためではなく、生産性を高めるために。

真面目な話、まさかいつまでも何もせずに寝ているとは思っていなかったですよね?

これらのメガシティは、人工知能(A.I.)の助けを借りて、ほとんどの部分を自分たちで管理し、重労働はほとんどロボットが行うことになりますが、誰かがロボットを作って(維持して)おかなければなりません。

そして、これらのメガシティで必要とされる原材料を採掘しなければなりません。ロボットも手伝ってくれるでしょうが、人間も配管や下水設備、電力網の整備など、多くの仕事をしなければなりません。

その見返りとして、人類は何を得るのでしょうか?今日よりもずっと少ないことは確かです。

私有財産も個人の交通手段も、プライバシーも自由もない。

芸術、文化、ファッション、そして現代の私たちに大きな喜びを与えてくれるような小さなものもありません。

しかし、新しい薬は出てくると思います。アルダス・ハクセリが『ブレイブ・ニュー・ワールド』で想像したように、人々を幸せにして気を紛らわせる薬であったり、カート・ウィマーの『エクイリブロム』のように、すべての人間の感情を奪ってしまう薬であったりと、少なくとも1つの強力な薬がなければ、ディストピアは完成しません。

いずれにしても、未来はこんなにも暗いものではありません。- 私たちがそれを許せば、の話ですが。