CDCは、プランデミックをプッシュするために熱心な「陽性」を改ざんするために使用された不正なPCRテストプロトコルを撤回します (afinalwarning.com)
CDCはCOVIDの「陽性」を偽装してプランデミックを推進するために使用された不正なPCR検査プロトコルを撤回
Coronavirus-DNA-Science
BY HEALTHRANGER // 2021-07-25

1年以上にわたってPCR検査による偽の「陽性」を押し付ける科学的詐欺行為を行ってきたCDCは、2021年12月31日以降、CDCは、SARS-CoV-2のみを検出するために2020年2月に初めて導入された「CDC 2019-ノベルコロナウイルス(2019-nCoV)リアルタイムRT-PCR診断パネルの緊急使用承認(EUA)に対する米国食品医薬品局(FDA)への要求を取り下げます。CDCは、臨床検査機関がFDAに認可された数多くの代替品の中から1つを選択して導入するための十分な時間を確保するために、この事前通知を行っています。

PCR検査では、特定のウイルス量を示す定量的な結果を得ることができないため、COVIDの病気の診断にPCR検査を使用することは、世界的な科学的詐欺行為です。しかし、CDCが承認したこの検査法は、世界中で何億人もの人々がCOVIDに感染しているかのような「ケースセミック」という幻想を作り出すために利用されました。PCR技術(下記参照)に詳しい人なら、最初からこのことを知っています。

CDCが承認したCOVIDの診断のためのPCR検査は、最初の日から不正が行われていた

PCR装置は定量的な装置ではありません。あるサンプルに何がどれだけ含まれているかを知ることはできません。PCR機器に詳しい科学者なら誰でも知っていることです。それなのに、PCR検査で「陽性」と診断するという世界的な詐欺行為に付き合っているのです。

 COVIDの「パンデミック」は、すべて不正なPCR検査に基づいていました。そして今、CDCは、最も頻繁に使用されている検査を中止すると発表しました。おそらく、この検査を、保健当局が必要に応じて「パンデミック」を悪化させることができる、別の不正なプロトコルに置き換えることを目的としているのでしょう(あるいは、COVIDが撲滅されたと主張して勝利を宣言するため)。今回のパンデミックは、最初から、世界規模で調整されたPCR検査の不正行為にほかなりません。

サーモフィッシャー社の営業担当者に直接聞いたところによると、PCR装置は定量的な結果を出すことができないそうです。定量的な機器の検量線や、定量的な外部のCOVID標準を使用していないのです。つまり、PCR検査キットは、病気やCOVIDの感染を診断するための正当な役割を持っていません。

PCRサイクルで何兆倍にもなった1つのウイルス断片が存在するだけでは、科学的、診断的価値を示すものではありません。グレートゲームインドからポルトガルの控訴裁判所は、PCR検査は信頼性が低く、PCR検査のみに基づいて人々を隔離することは違法であるとの判決を下しました。

裁判所は、テストの信頼性は、使用するサイクル数と現在のウイルス負荷に依存すると述べています。Jaafarらの2020年を引用して、裁判所は次のように結論づけています35サイクル以上の閾値が使用されたときに、ある人がPCR検査で陽性と判定された場合(欧米のほとんどの検査機関でのルール)、当該人が感染している確率は3%未満であり、当該結果が偽陽性である確率は97%である。 としています。同様に、オーストリアの裁判所は、PCR検査はCOVID-19の診断には適しておらず、ロックダウンには法的・科学的根拠がないと判断しています。裁判所は、「PCR検査は診断に適していないため、それ自体が人の病気や感染について何かを語るものではない」と指摘しています。

PCRアナリストとラボサイエンス技術者は、世界的なCOVID検査詐欺に加担している

COVIDパンデミックは全て茶番であり、全ては不正なPCR検査に基づいています。驚くべきことに、PCRの技術者やアナリストでさえこのことを知っています。

彼らは、人の命を奪い、世界経済を破壊するグローバル・スキーム計画に参加しているのであり、自分たちの機器の限界から、PCRに基づくCOVID「陽性」という診断が無意味であることを十分に認識しています。私はプライベートラボで、QQQやICP-MSなど複数の質量分析装置を使っています。

私は、食品中のグリホサート分子を定量するために苦心して開発した2つの定量法と、大麻抽出物中のカンナビノイド濃度を定量するために開発した2つの定量法の共同開発者です。私は、機器の校正、外部標準物質、カーブフィット方程式、定量分析に精通しています。PCR機器ではこれらのことができません。

この装置は感染症の診断には使えません。というのも、あるサンプルからウイルス負荷濃度の結果を得ることができないからです。あるサンプルに何がどれだけ含まれているかを知りたければ、質量仕様のトリプルクアッド機器(食品のグリホサート汚染検査などに使用している装置)のような、はるかに複雑な装置を使用しなければなりません。

ゼロヘッジが報告しているように、Fauci博士でさえ、COVID病の診断に関しては、PCRテストは本質的に詐欺であると認めています。ファウチ博士、2020年11月中旬:「現在、標準的になってきているのは...サイクル閾値が35以上であれば...複製を確信できる可能性は極めて低いということです...。患者さんにとっても、医師にとっても、非常にイライラすることです。誰かが来てPCRを繰り返すと、37サイクルの閾値のようになりますが、37閾値のサイクルからウイルスを培養することはほとんどできません。...だから、もし誰かが37、38、36と言ってきたら、それはただの死んだヌクレオチドだと言わなければならないと思います。」

医師、看護師、薬剤師が世界的なCOVID詐欺に参加しているように、PCR検査室の技術者やオーナーも喜んで同じ詐欺に参加しています。実際のところ、
正当な科学的テストの精査に合格しない不正なPCRテストは正確でも精密でもありません。

農薬や重金属などの定量分析で最も重要な「精度」という概念は、PCR装置には存在しません。サンプルに含まれる遺伝子を増殖させるのですから、精度などというものは存在しないのです。このプロセスは、定義上、元のサンプルの質量や濃度に関する意味のある知識を破壊します。もし、飲酒運転の可能性がある人の呼気検査に同じ方法が使われたら、生きている人すべてが飲酒運転で逮捕されてしまうでしょう。なぜなら、すべての人の血液中には少なくとも1分子のアルコールが循環しているからです。

CDCがこのPCR法を撤回しているのは、このテストが合理的な科学的精査に耐えられないことを知っているからでしょう。CDCは、そもそも偽のCOVIDプランデミックを引き起こすために使用された不正なテストの痕跡を消し、記憶を消そうとしているのです。しかし、CDCはワクチン産業の犯罪者予備軍であり、正当な感染症検査に関しては、CDCには科学的な信頼性も権威もないことはすでにわかっています。CDCはPCR検査と同様、完全な詐欺師なのです。

※アメリカが中止したらポチの日本も追随しそうですな...
要はインフルエンザを元の通常の数字に戻して、インフル酸化グラフェンワクチンを打たせるんでしょうかね?