世界人口の27.1%がCOVID-19ワクチンの少なくとも1回の投与を受けており、13.6%が完全に予防接種を受けている。 (godlikeproductions.com)目標mRNA数は人口の50%だって?

世界人口の27.1%がCOVIDワクチン接種を受けているという統計結果から、10年以内に21.3億人が死亡する可能性があることが判明


世界の人口は:今年は7,874,965,825人。約78億人となっています。

研究者たちは、世界人口の27.1%がすでにCOVID19のワクチンを接種していると主張しています。

この統計が正しければ、約21億人がすでにCOVID19の注射を受けていることになります。

c0139575_6352097


また、他の研究者によると、ワクチンによって最終的に死亡する人の推定値は、免疫システムが自分自身と戦って病気を引き起こすため、3~10年後にそうなると言います。(もっと早くという意見もあります)

もしそれが本当なら、10年以内に21億人もの人がCOVID19ワクチンで死ぬことになります。そうなると、世界の人口は約25%減少することになります。

これには、生殖能力の低下という副作用は考慮されておらず、世界中で不妊症を引き起こす注射のために出生率が大幅に低下するはずです。


もっと言うなら今後もっともっとたけもっとですぞ、あと10億人くらい打つ人増えそう
※はぁ~、一向に正義のヒーローが現れませんな....