WHO? LEADERS FACE THE DEATH PENALTY IN INDIA FOR MURDER - MEDICAL MISINFORMATION ON IVERMECTIN & HCQ (drrobertyoung.com)

WHO指導者は殺人罪でインドで死刑に直面している - イベルメクチン&HCQに関する医療誤った情報



世界保健機関(WHO)のリーダーシップは、イベルメクチンとHCQに関する医学的誤った情報による殺人罪でインドで死刑に直面しています!

fbbf2b_6ba9244a57c441fb880fc6f363a0eb7e_mv2


この事件に関するメディアの報道は、WHOのチーフサイエンティストについてのみであるが、IBAから法的通知の原本を入手した結果、テドロス博士ともう一人の医師も同様に起訴されていることがわかった。

Dr. Tedros Adhanom Ghebreyesus、Dr. Tedros Adhanom Ghebreyesusに対する法廷侮辱罪の法的通知 テドロス・アダノム・ゲブレイエス博士、スミヤ・スワミナサン博士、保健サービス総局(DGHS)に対する法廷侮辱の法的通知 スミヤ・スワミナサン博士および保健サービス総局(Dghs)に対する法廷侮辱の通知書

fbbf2b_2fdb5060a4f4468d8e8b3ab1192e7489_mv2
インド弁護士会 on june 18, 2021 

被告人は、ボンベイ高等裁判所の権威を損ない、COVID-19治療のためのイベルメクチンの使用を妨害しようとしたため、法的通知を受けています。

DOWNLOAD the legal notice here!

2021年6月13日、インド弁護士会は、ボンベイ高等裁判所の判決を侮辱したとして、世界保健機関(WHO)事務局長のテドロス・アダノム・ゲブレイエス博士、WHO主任科学者のスミヤ・スワミナサン博士、Sunil Kumar教授(博士)に通知を出しました。

ボンベイ高等裁判所は、2021年5月28日付の判決で、COVID-19の治療にイベルメクチンの使用を許可している。

それにもかかわらず、3人の侮辱者は陰謀を企て、メディアを通じて誤った情報を広めることで、実際には義務ではなく、2021年5月28日付のボンベイ高等裁判所の判決によって覆されている、DGHSが2021年5月27日に発表したとされるガイドラインを導入して、医師たちの混乱を煽っています。


ゴア州政府は、ボンベイ高等裁判所に提出した宣誓供述書の中で、イベルメクチンの使用に対するWHOの勧告には欠陥があり、イベルメクチンがCOVID-19の治療に有効であることが研究で示されていることを特に指摘しています。ボンベイ高等裁判所は、2021年5月28日に、WHOの勧告や他のすべての当事者の主張を考慮した上で、イベルメクチンの使用を中止することはできないという結論に達しました。また、高等裁判所は、インド医学研究評議会(ICMR)が発行した2021年5月17日付のガイドラインにも留意し、イベルメクチンの使用を提唱しています。

その後、2021年6月6日付の有力紙「フリー・プレス・ジャーナル」(2021年6月14日付で更新)に、詳細かつインパクトのある記事が掲載され、著者はWHOの勧告がいかに疑わしいものであるかを明確に述べています。

https://www.freepressjournal.in/india/covid-19-are-whos-directives-being-taken-seriously-on-the-ground

驚いたことに、その第一弾として、2021年5月27日に保健サービス総局(DGHA)が、イベルメクチンといくつかの大衆薬を除外した「COVID-19患者の管理のための包括的ガイドライン」を発表しました。

DGHSは技術的知識の宝庫であり、保健家族福祉省の付属組織であることに留意する必要があります。ガイドライン/国内規約は、常にインド政府の庇護の下、全インド医学研究所(AIIMS)とインド医学研究評議会(ICMR)の合同タスクフォースによって発行されている。さらに、この問題のあるガイドラインを含む文書にはバージョン/日付が記載されており、インド政府、ICMR、AIIMSのロゴが入っていないことから、DGHSとJoint Task Forceの間でコンセンサスが得られていないことがうかがえる。

さて、2021年6月6日に発表された記事のインパクトを弱めるために、主な被告人であるスミヤ・スワミナサン博士は陰謀を企て、2021年5月27日に覆されたガイドラインを高く評価するニュースを2021年6月7日に発表するようにいくつかのメディアハウスを管理しました。これらのメディアハウスの中には、COVID-19の治療におけるイベルメクチンの有効性に関する山のような臨床データを意図的に無視して、イベルメクチンや他の薬剤の除去を歓迎するニュースを掲載する驚くべき機敏さを見せています。

DGHSによって発行されたこの問題のあるガイドラインは、2021年6月7日に最初に配布されましたが、2021年5月28日付けのボンベイ高等裁判所の判決については何も言及されていませんでした。

インド最高裁判所の判決によると、混乱を引き起こし、裁判所の判決を妨害し、弱体化させる目的で情報を広めた責任者は、法廷侮辱罪で処罰されることになります。インド刑法の505,192,302,115,109,409,120(B)などの条項も、この事件の被告人に対して惹起されます。なぜなら、彼らの意図は彼らの下心を満たすために複数の人々を殺すことだったからです。

上記のケースでは、最高刑は死刑です。

この通知によると、スミヤ・スワミナサン博士とWHOは不誠実であり、彼らの勧告を裏付ける科学的証拠を持っておらず、そのような緩い声明は彼らの下心を満たすために随時発表されている。

この通知の該当部分にはこう書かれています。

53.1. 毎回、特に以下の具体的な事例から、あなたの通知1と2がいかなる真正かつ科学的な証拠も持っていないことが十分に証明されています。

i) 2021年5月25日に先の通知が通知1に送達された際、彼女は通知に返答せず、我々に対して法廷に訴えることもしていません。それどころか、COVID-19にイベルメクチンを使用することに反対するという物議を醸したツイートを削除することを選択しました。

ii) インド連邦次官の宣誓書に基づいて、ゴア州政府の保健長官が高裁に宣誓して提出した資料には、WHOによるこの薬(イベルメクチン)の分析には欠陥があり、この薬を早期治療や予防に使用した場合、死亡率は実際にははるかに低いという報告があるという、WHOに対する具体的な主張が記載されていたが、通知1号と通知2号は、この報告に対抗する証拠を提示することを選択しなかった。その結果、高等裁判所は、WHOの勧告を受け入れませんでした。

iii) 全インド医学研究所(AIIMS)が2021年5月24日に「第3波とその子供への影響を予測する証拠はない」という声明を発表したとき、あなたは通知1で、AIIMSの同声明に反する2021年5月25日付の声明の裏付けとなる「証拠」を示さなかった。

2021年5月25日に通知書1が法的に送達された後、あなたは自分が暴露され、法廷に召喚されることを恐れ、通知書1をUターンさせ、第3の波で子供たちが影響を受けることを示唆する十分な証拠はないと述べました。

2021年6月8日付のPress Bureau of Indiaに掲載された声明でも、誤報の意図が明らかになっています。

「COVID-19パンデミックの後続感染で子どもが重症化するというのは、誤った情報です。インドでも世界的に見ても、その後の流行で子どもが重症化することを示すデータはありません」

53.2. つまり、通知1と通知2は、言葉の曲芸以外には科学的根拠がなく、世界中の一般の人々の命と生活を弄んでいる、徹底的に知的に不誠実な人々であることがはっきりしているのです。

しかし、あなたの知的不誠実さを全世界に明らかにするために、この通知を受領してから7日以内に説明を求めます。

また、この法的通知では、最近、裁判所が被害を受けた当事者の評判を落としたとして1億ルピー(1,350万米ドル)の賠償を命じた事例を挙げ、インドの損害賠償法について説明しています。今回の事件は、早期治療を拒否したために病状が悪化して死亡したことが原因であるため、請求される損害賠償額は100クローアよりもはるかに高いものとなるでしょう。

また、WHO事務局長であるテドロス・アダノム・ゲブレイサス博士の作為・不作為の責任、および共謀に対する暗黙の同意の責任についても説明しています。

同様に、DGHS Prof. (Dr.) Sunil Kumarも共謀したとして共同被告人に加えられています。

イベルメクチンという非常に有望で忍容性の高い適応外薬の使用に対して、このような激しい反対運動が起こった理由は、以下の記事でよく説明されています。

WHO、インド保健当局がイベルメクチンをCovid-19プロトコルから削除したことを祝う|naked capitalism
WHO Celebrates As Indian Health Regulator Removes Ivermectin from Its Covid-19 Protocol | naked capitalism

「ジェネリック医薬品であるイベルメクチンは安価で広く手に入るため、もしイベルメクチンがCOVIDの初期治療に使われるようになれば、大手製薬会社の儲けは大きく減ることになります。」

他の製薬会社もCOVID19の新しい治療法を開発しており、イベルメクチンと直接競合しなければなりません。COVID19の治療薬として承認されれば、イベルメクチンはCOVID19ワクチンに与えられた緊急使用許可を脅かすことにもなりかねません。

注目すべきは、インドのDGHSがCovidに対して、マルチビタミンを含むほとんどの安価な特許切れの治療法を捨てた一方で、高価な特許切れの医薬品には許可が下り続けていることです。

その中には、ギリアド社の法外に高価な抗ウイルス剤レムデシビルも含まれており、DGHSは "害を及ぼす可能性のある実験的な薬に過ぎない "にもかかわらず、"中等度・重度の入院中のCOVID-19患者を選んで "推奨し続けています。また、1回の投与で数百ドルもする抗炎症薬シリズマブの使用も許可しています。" - IBA

WHOが単独で行動したわけではないことを考えてみてください。ビッグテック、マスメディア、政治家も同じ論理と原理で影響を受けるでしょう。

もしこれが失敗したら、一般の人々にさらなる腐敗のシグナルを送ることになるでしょう。

しかし、最も重要なことは、もしこれらの薬剤がCOVID19に対して有効であると公式に認められているのであれば、ワクチンを装った実験的な注射に対する緊急事態や緊急認可の法的根拠はなかったことになるのです。

COVID19の治療薬として承認されれば、イベルメクチンはCOVID19ワクチンに与えられた緊急使用許可を脅かすことにもなりかねません。

fbbf2b_c4bd42e1cb4f48a2bccf


ジャーナリストで社会活動家のサビオ・ロドリゲス氏が、インドの人々にツイッターでテドロス・アダノム・ゲブレイサス博士の逮捕を求める声を上げようと呼びかけていますが、その声はますます大きくなっています。

「テドロスを逮捕しろ」は現在インドのトレンドになっています。

サビオ・ロドリゲスは、GoaChronicle.comの創設者兼編集長です。このオンラインポータルは、コロナウイルスのパンデミックの際に、テドロス博士が中国と親密な関係にあったため、共謀していたことを暴露しています。

実際、ロドリゲス氏は、中国はテドロス博士を世界保健機関(WHO)の事務局長に推し、テドロス博士はWHOにおける中国の操り人形だったと述べています。

また、ロドリゲス氏は、インドの人々が団結して、論文を発表したテドロス博士の逮捕を要求するよう呼びかけました。

https://goachronicle.com/dr-tedros-must-be-arrested/

※テドロスは自国のエチオピアでも反逆罪や世界的大量虐殺の告発に遭っています


以下非常に長い文章:中国の5G実験でマイクロ波放射線暴露が起きたことや、遺伝子毒性グラフェンオキシド(GO)のことや、ナノ磁気微粒子からの放射線5G周波数によって増幅され、人々が死に続ける話など...