ハイチの暗殺された大統領 - 経験の予言 (bianvn.com)
※ベトナム語

2021年7月7日、ハイチのジョヴェネル・モイーズ大統領は、自宅で12発の銃弾によって暗殺され世界に衝撃を与えました。1年前、この大統領の死が英国の預言者によって予測されていたことを世界が知った時さらに驚きました。


イギリスの「デイリーミラー」は、ニコラス・アウジュラは過去の生活回帰セラピストであり、非常に高い精度で未来を予測する能力を持っていると報告しています。

2020年、ニコラスは2021年に男性の世界指導者が暗殺されると予測し、その結果は世界に衝撃を与えました。

a1

彼は暗殺の間にいくつかの恐ろしいシーンを「見た」ことを明らかにしました。彼はそれが誰であるか知らなかったが、これは全世界に影響を与えると感じていました。

ニコラス・アウジュラは2018年に、インフルエンザのような大惨事が世界を席巻すると予測していました。今、彼は、彼はCOVID-19の流行について人々に警告していると主張しています。

また2年以上前、ニコラスは、ドナルド・トランプ大統領は再選されないと予測していて、彼は最終的な勝者であるジョー・バイデン大統領を「見ていました」

covid-19の問題については、そのストレスと危険性が2022年まで続くと言いました

さらに、彼は全世界に広がる、ショックを与える別のウイルスを見ました。



そして、ニコラスは
夢の中で、火山が大規模に噴火する光景を見ました。

それは現在の気象状況を大きく変えます。夢を通して将来の災害を正確に予測する能力を持つ日本の漫画家、たつきの言葉と一致します。


1991年8月20日、たつきは夢の中で富士山の噴火を見ました。

これは活火山であり、直近の噴火は1707年で、300年以上も安らかに眠っています。


多くの人々が、この夢がニコラスが見たものと完全に一致するので、残念ながら2021年8月に再び現実になるかもしれないと心配しています。

※心配してねーよ

彼は、2021年は王室といくつかの有名人にとって困難な旅になるだろうと付け加えていました。

具体的には、メーガン・マークルは英国王宮の秘密を明らかにし、ハリー王子ともう一人の子供を持ち、トム・クルーズ、ナタリー・ポートマン、キム・カーダシアンなどの主要イベントに苦しむスターもいます。特に、現実のテレビスターは、嫌がらせを受けるでしょう。


そして、彼の預言は当たりました。

2021年2月、キム・カーダシアンは7年間の結婚生活を経てカニエ・ウェストから離婚を申し立てた。
そして、2021年3月、メーガン・マークルと夫はテレビに出演し、非常に厳しい人種差別を含む英国王室の暗黒面を暴露した。

そして2021年5月、メーガン・マークルも第2子を出産した。


預言者ニコラスはまた、「回帰催眠」を用いて、人々が「過去の生活に戻る」のを助けることができました。彼は幼い頃から超自然的な能力を持っていると言い、彼は多くの異なる人生を持っていると言いました。

例えば、彼は古代エジプトの女王、フランス革命時代の教師、ライオンと鹿、彼は他の銀河に住んでいたと言います。

ニコラスは「私たちは科学と論理的思考の世界に住んでいるので、常にこれらのメッセージを見るとは限りませんが、誰もが第六感を持っていると思います」と言いました。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

司祭は、2,000年前に十字架につけられたイエスの映像をキャプチャし、タイムマシンを作成したと主張しています (bianvn.com)

司祭は、2,000年前に十字架に磔られたイエスの映像をキャプチャし、タイムマシンを作成したと主張しています

ペッレグリーノ・エルネッティ神父はかつて、彼と科学者のチームがクロノバイザーと呼ばれるタイムマシンを作成したと主張しました。このマシンのおかげで、彼らはイエスが十字架に磔られたシーンを含む歴史の中で多くの重要な出来事を観察しました。

1972年5月2日、イタリアの新聞「ラ・ドメニカ・デル・コリエール」は、「ついに過去の画像を撮影できるマシンを発明した」という衝撃的な見出しの記事を掲載しました。

c1
    エルネッティ神父の主張を記録した多くの記事の一つ。(写真:パブリックドメイン)

この記事は、教皇ペレグリーノ・エルネッティによる衝撃的な声明を紹介しています。
以前は、エルネッティ神父は量子物理学の専門家であり、電磁振動の分野の専門家であり、後に司祭になりました。彼は、過去の出来事の写真や音を記録することができるクロノバイザーと呼ばれるデバイスを構築したと言いました。


彼によると、この装置は1950年代に12人の有名な科学者の秘密チームによって発明されました。その中には、物理学者エンリコ・フェルミ、1938年のノーベル物理学賞受賞者、元ナチスの科学者ヴェルナー・フォン・ブラウンも含まれています。フォン・ブラウン氏はかつてNASAで働き、アメリカ人を月に連れて行きました。このマシンはバチカン市国で造られています。

エルネッティ神父は1960年代初頭までクロノバイザー装置を秘密にしていましが、大運河をボートで渡る途中、司祭フランソワ・ブルーヌと情報を分かち合いました。

ブルーヌ神父は2002年に出版された著書「新バチカンの謎」にクロノバイザーに関する多くの情報を記録しました。本の中で神父はヴェネツィアでのボート旅行でエルネッティ神父に会ったと言いました。ブルーヌ神父はキリスト教の聖書について多くのことを説明し、エルネッティ神父はクロノバイザーと呼ばれる装置を通して真理にアクセスできることを提案しました。

マシンの目的は、人々に聖書の中の最大の謎を観察し、それが本物であることを証明する機会を与えました。

動作原理
c2
       クロノバイザー装置の予備設計。(写真:パブリックドメイン)

クロノバイザーは、陰極線管、アンテナ、受信したイベントを表示する画面および表示する時間と位置を選択する各種ボタン、レバー、コントロールレバーを含む大型キャビネットとして説明されています。また、特定の個人を見つけて追跡することもできます。

このマシンは、過去の出来事によって残された電磁放射を受信、解読し再生することによって動作します。また、これらのイベントから出力されるオーディオコンポーネントや音波を受信することもできます。エルネッティ神父によると、それは部屋に「浮かぶ」過去からのエコーを拾うテレビのように振る舞います。

タイムトラベルを時間通りに運ぶ代わりに、視聴者はクロノバイザーを介して歴史をスクロールするだけで、数百年、数千年前に起こった出来事を見たり聞いたりするすることが出来ます。完璧な条件では、このデバイスを使用すると、ユーザーは完璧な条件下で近い将来に起こることを予測する事が出来るという意見さえあります。そしてエルネッティ氏は、いくつかの素晴らしいものを見たと主張しています。

※確かどっかの外国のオバはんも同じような話でぐちゃぐちゃの写真を公開してましたな...


クロノバイザーを通して十字架に磔られたイエス
c3
         ペッレグリーノ・エルネッティ(右)と写真(左)

エルネッティ神父はクロノバイザーの助けを借りて、彼と科学者のチームは、ローマ国家の創設、ソドムとゴモラの破壊、最後の晩餐、そして何よりもイエスが十字架に磔られた瞬間を含む聖書の中で最も有名な出来事を観察したと言いました。

「ラ・ドメニカ・デル・コリエール」誌はまた、エルネッティ神父によるクロノバイザーマシンによって撮影されたイエスの十字架の写真を掲載しました。

さらに、クロノバイザーのおかげで、エルネッティ神父は、エンニオ・クイントが書き、AD169年にローマで出版された失われた「タイステス」の原文と、イエスがシナイ山でモーセに与えた2つの自由な文章(出エジプト記24章12節)の原文を複製することができました。また、ナポレオンなどの高貴な王、ローマの哲学者キケロなど、多くの重要な出来事を目の当たりにしました。

エルネッティ氏は、紀元前63年にローマの元老院で行われたマルクス・トゥリウス・キケロの演説を聞いたことがあるという。「彼のジェスチャー、イントネーション。それは非常に力強かったです。信じられないほどでした」とエルネッティ氏は言いました。

秘密厳守の誓い

エルネッティは、タイムマシン「クロノバイザー」はバチカン市国に隠されていると主張し、それに関することはすべて秘密にすると誓っている。このマシンのことを最初に話したのはブルーヌだった。

その後、教皇ピウス12世は、クロノバイザーが人類にとってあまりにも危険であると判断した。その機械について語ることを禁止したのです。1988年になっても、バチカンは「このような特徴を持つ道具を使う者は教会から排除する」と警告する布告を出しています。

秘密が暴かれる?

秘密にされていましたが、このマシンの話はいつのまにか暴露され、1972年5月には出版までされました。

この話は多くの人の関心を集め、驚きと論争を巻き起こしました。
エルネッティ氏が撮影したイエスの写真は、ペルージャの教会に置かれている像のコピーに過ぎないという懐疑的な意見があります。

しかし、エルネッティ神父は1994年4月に亡くなる前に、この装置は多くの人が考えていたようなデマではなく、本物であるという手紙を書いていました。エルネッティ神父は、十字架にかけられたイエスの写真のうち、空を見ているヒゲの男の悲しげな顔が写っているクロノバイザーの写真も本物だと主張していました。

えっ?おなじじゃん、でも口が半開き?
c4

現在に至るまで、「クロノバイザー」というマシンの存在を示す具体的な証拠はなく、その物語は人類の謎の一つとなっています。


※他で見つけた
イエス
           クロノバイザーとイエスキリスト