まだトランプを信じている人々のためにすべての希望は失われていますか? (healthimpactnews.com)

まだトランプを信じている人のために、すべての希望は失われているのか?
Trump-Epstein
ドナルド・トランプと当時のガールフレンドのメラニアは、2000年2月12日にフロリダ州パームビーチにあるトランプのマル・ア・ラーゴ・クラブで、金融家ジェフリー・エプスタインとイギリスの社会主義者ギスレーヌ・マクスウェルと共に過ごした。

ブライアン・シルハビー・エディター、ヘルス・インパクト・ニュースによるコメント
ここに記録する必要がある2019年からのトランプ大統領について、いくつかの事実を提示し、私はゲイリー・D・バーネットからの解説を再公開します。

ゲイリー・D・バーネットの記事の再公開
GaryDBarnett.com

私はトランプの他の犯罪を取材していないわけではない。ここにいくつかあります。

トランプの就任最終日は、彼が「沼地」の一部であることを再び証明した

トランプの恩赦には、大規模な詐欺の背後にあるヘルスケアエグゼクティブが含まれていた

トランプは史上最も親ファーマの大統領か? QAnonsは信用を失い続ける

トランプは、ずっと沼地の一部であることを証明する - 1月6日にD.Cに行かないでください!


もちろん、メモを取らなかった人やメモを見過ごしてしまった人は大変な目に遭っているし、何の罪も犯していないのに、D.Cへ行っただけで、いまだに刑務所に入っている人もいる。

彼らはトランプへの信頼の代償を払ったのです。

(ところで、1月6日にDCの国会議事堂にテレビで支持者が「嵐」を起こしているのを見ているトランプ一家の様子を、ドナルド・トランプJr.の携帯電話から録画したビデオをまだご覧になっていない方は、ぜひご覧になってください。ドナルド・トランプJr.のガールフレンドでギャビン・ニューサム州知事の元妻であるキンバリー・ギルフォイルが音楽に合わせて踊り、ある時は「It's time to do the right thing: fight!」と言っているのが見えます)。)

暴徒がキャピトル・ヒルを襲撃するのを見守るドナルドとその子供たち

人々がドナルド・トランプに託した信仰と信頼は、偶像崇拝です。
私たちは偶像崇拝者の国になってしまったので、自業自得になってしまいます。


なぜなら、「トランプを信頼すること」と「イエス・キリストを信頼すること」は矛盾していて、不可能だからです。イエス・キリストは、アメリカの状況を正すためのパートナーを必要としていないし、望んでもいない。そして、もしそうだとしたら、トランプはリストにすら入っていないだろう。

敢えて真実を公表してくれたバーネット氏に感謝します。
おそらく、トランプ・カルト信者から何十通ものメールが届くことでしょう。

私は、この記事をHealth Impact Newsのネットワークに公開することで、それに対抗しています。このネットワークには、政治的な立場に関係なく、政府は私たちの敵であることをよく知っている、私たちのようなアメリカ人が数人いると信じています。

トランプ崇拝という政治現象
ゲイリー・D・バーネットの記事の再公開
GaryDBarnett.com

「平均的な猿にとって、自分が人間の子孫であると信じることはさらに困難である。」
~ H. L. Mencken

今、私たちは地球上の地獄の真っ只中にいます。すべては支配階級とその腐敗した犯罪者の手先である政府によってもたらされたものであり、哀れな大衆が解決策としてできることは、自分たちの政治的な神として祈るべき支配者を一人選ぶことだけです。

前回の犯罪者大統領の場合、8000万人もの人々が、自分の部下であるトランプは宇宙の支配者ではないと嘆いているのです。意図的に自分をここまで愚かにするために必要な盲目的な狂気は、知的思考や常識のすべての側面を裏切っています。

それとも、人生の可能性を全く理解していないために、暴政から逃れることができないのでしょうか。

本当の問題は、(トランプに依存しておけば)何もしなくても奴隷にならずに済むと期待し、自由になる権利があると主張し、どんなリスクも冒さずに自由を手に入れたいと懇願する人々そのものが、自分たちの運命を握っているにもかかわらず、そのことに気づいていないということです。
ほんの少しの努力と勇気さえあれば、自分が持つ可能性のある力を知らないのだ。

何十年も前に偉大なMencken が言ったように、「何か偉大で輝かしい日に、この国の平凡な人々はついに心の望みを叶え、ホワイトハウスは正真正銘の白痴によって飾られるだろう」

何とも先見の明のある発言だが、永遠に変わらないものだった。

そして今、私たちには、はるかに愚か者のバイデンがいますが、前任者の方が良かったでしょうか?

不正直なのは同じですが、真意を明かさず、より狡猾なやり方をしています。

現実的には、すべての大統領はもちろん邪悪さでコントロールされていますが、中には非常に怪しげな手段で人気を得ようとしたり、病的な嘘のテクニックを新たなレベルにまで高めたりする人もいます。トランプ氏はこのカテゴリーによく当てはまります。

いまだにトランプが救世主であるという考えに固執している人たちは、一歩下がって現実をしっかりと見てみるべきです。その結果、目が覚めないのであれば、政治的な怪物の形をした主人を求めている人々にとっては、すべての希望が失われることになります。

今年も去年も、自由を勝ち取るために必要なのはトランプ氏を大統領に戻すことだと主張する回答やコメントが絶えず寄せられています。彼はすべてを解決し、愚かな支持者たちが軽率に口にするように、「水の泡」を排出してくれるでしょう。

ここ数年の現実の歴史を考えると、これは控えめに言っても困ったことです。偽装選挙のたびに、より悪い形の人間が高官に就任するが、国民はどんな形の論理や現実も気にせず、自分たちの主人に投票し続けています。

このような権威主義的な支配の必要性は、個人の主権を獲得したいという願望に基づくものではなく、依存と崇拝に基づくものであり、これらは自由の妨げとなるものです。

忘れられているのは、このような全体主義的な地獄が、トランプの下で起こり、拡大することが許されたという事実です。彼は指示された通りに極悪な「パンデミック」のシナリオを全て受け入れ、偽の「ウイルスのパンデミック」に対して国家非常事態を宣言しました。

彼が十分に理解していたように、これは「合法的に」、「すべての知事」、「国中のすべての医療機関」を解放し、すべての経済活動と個人の自由を破壊することになります。

これは偶然ではなく、ずっと意図されていたことです。

※↓の話は、他のサイトでは2019年1月から始めていたとあったが、コロ助騒動を阻止するどころか計画に全面的に協力。

実のところ、トランプ政権は2019年に何カ月もパンデミックシミュレーションを統括しており、8月には「イベント201」と呼ばれるビルゲイツのパンデミックシミュレーションのごくわずか前に結論を出していましたが、いずれもその後の出来事を反映した計画的な陰謀でした。


トランプのイベントは、いわゆる「架空の」インフルエンザが発生する「Crimson Contagion」クリムゾン・コンテイジョン)と呼ばれるシナリオでした。

そのシナリオは、中国を訪れた35人の観光客が感染し、オーストラリア、クウェート、マレーシア、タイ、イギリス、スペイン、そしてアメリカへと帰国し、途中で呼吸器系の症状や発熱を起こした人がいたことから始まりました。架空のパンデミックでは、ウイルスが米国内で急速に蔓延したため、CDCは社会的距離を置くためのガイドラインを発表し、多くの従業員が自宅で仕事をするように指示されました。連邦政府や州政府の担当者は、どの従業員が必要不可欠なのか、また在宅勤務を効果的に行うためにはどのような設備が必要なのかを見極めるのに苦労しました。

これが単なる偶然やアクシデントであると受け入れる人は、すでに失われた魂であり、助ける価値はありません。

トランプはまた、すべての人に普遍的な「ワクチン接種」を宣伝していて、彼の「ワープスピード作戦」は実験的な注射を素早く扱うことを意図しており、うまくいけば軍の関与のもとにこの毒を全国に届けることができると考えて軍を配備しました。

この日まで、彼はまだ皆のためにこの致命的で実験的なジャブをサポートしています

まさにこのような事態が起こる可能性があることへのお膳立てとして、トランプ氏は2019年9月、彼のシミュレーションのわずか1ヶ月後、製造された「COVIDパンデミック」の数ヶ月前に、大統領令#13887というものに署名しました。"Modernizing Influenza Vaccines in the United States to Promote National Security and Public Health(国家安全保障と公衆衛生を促進するために、米国におけるインフルエンザワクチンを近代化する)

タスクフォースは、国防長官と保健福祉長官、および彼らの設計者によって共同議長を務めました。

〜国防総省

~司法省;

~農務省

〜退役軍人の事務部門

~国土安全保障省

〜米国食品医薬品局

〜疾病管理予防センター(CDC) 

〜国立衛生研究所(NIH);

〜メディケアとメディケイドサービスのためのセンター(CMS)

生物医学先端研究開発機関(BARDA)


この命令を一読すれば、トランプ氏がこの詐欺が実施されるずっと前から、彼の政権が説明した通りにこの詐欺に深く関与していたこと、そして彼がこの命令に署名したことで、これまでに起こったすべてのことが「合法的に」行われるようになったことを十分に理解することができます。

彼がこの計画的なテロにずっと参加していたことは明らかだが、それだけでは終わりません。

トランプ氏がアメリカ国民に対するこのテロ攻撃に加担したことや、この国にひどい損害を与えた他の多くの軽率な行為について、あらゆる側面を挙げていくと、膨大な量になってしまいます。トランプ氏は救世主でもなければ、邪悪なバイデン氏でもなく、いずれにせよどちらも私たちが現在直面している惨状に大きな責任があります。

どの大統領であれ、どの政党であれ、どのような政治的プロセスであれ、私たちの病気を治し、自由を守り、この陰謀を終わらせることができると考えるのは、理屈に合わないほど馬鹿げています。

私たちの問題を解決できるのは国民だけであり、そのためには、この政府と統治システムを排除するか、少なくとも、今回の大惨事のあらゆる側面に関する政府の命令や指令を完全に無視する必要があります。

「ニューノーマル」という言葉は、17年前の2004年に、この詐欺事件の同じ犯人によって作られました。このパンデミックのクーデターは、少なくとも21年前から計画されていました。

偶然ではなく、有機的なものでもなく、国や主要メディアで紹介されているようなものでもありませんでした。

すべてが意図的に計画され、設計されました。

トランプは決してあなたを救わない、バイデンは決してあなたを救わない。
あなただけが自分自身を救うことができるのです!

「全体主義支配の理想的な対象は、確信を持ったナチスや熱心な共産主義者ではなく、事実とフィクション、真実と虚偽の区別がもはや存在しない人々です。」

~ハンナ・アレント


ソースリンク

エグゼクティブ・オーダー・#13887

クリムゾン伝染作戦

ロックステップ,クリムゾン伝染, イベント 201

長く計画された管制の専制政治

パンデミックはありません!

GaryDBarnett.comの記事全文を読む.




MyHeritage.comGeni.comの系図ウェブサイトの系図研究者チームは最近、ヒラリー・クリントンドナルドトランプ遠いいとこであり、両方の家系で「本当の」血を共有していることを証明する家系図を発見しました。
調査によると、彼の19番目の曽祖父はイギリスのエドワード3世でした
両キャラクターの家系図は、両方に貴族の長い列が構成されています。
globalelite216_02_small

バークス・ピアレージの英国系図研究者によると、米国の歴史のほとんどの大統領は、王室の系統の選択されたグループに接続されていました。2004年の選挙のように、ジョージ・ブッシュジョン・ケリーは、お互いの敵であるが、どちらもイングランド女王の遠いいとこであることが判明しました。


トランプはグローバリストのアジェンダを実行していた : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

globalelite217_04_small