5,000 Burgers Per Day: World's First Mega Lab-Grown Meat Factory Opens  | ZeroHedge

世界初のメガラボで栽培された食肉工場が1日あたり5,000個のハンバーガーを生産

2021-06-25_10-08-56

テクノクラートは、工場で肉を作ることで自然を上回ることができると考えています。アジェンダ21/2030は、伝統的な牧場や家畜を「持続不可能」として排除することを目指しています。
製品は2022年に棚に並びます。


世界経済フォーラム(WEF)の「グレート・リセット」計画には、世界の食品・農業産業の完全な変革と、人間のダイエットが含まれています。この計画の立案者たちは、細胞を使った家畜を殺さない肉を導入することで、肉のない社会を準備しています。

2030年までに、私たちは皆、鶏肉、豚肉、羊肉、牛肉など、何らかの形で屠殺されていない肉を食べるようになるでしょう。これらのポイントは、牛の農場での温室効果ガス排出量を減らし、農業用の土地の使用量を減らし、従来の家畜を育てる過程での淡水や穀物の使用量を減らすことにあります。

持続可能な未来を目指して、すでにいくつかの企業が、細胞を使った、屠殺しない肉を製造していることがわかっています。しかし、フェイクミートを製造するにはコストがかかるため、これらの施設は限られた生産量で運営されています。

イスラエルのフューチャー・ミート・テクノロジーズは、1日に500kg(1,102ポンド)の培養肉製品を製造することができる最新の施設を持っています。これは1日あたり約5,000個のハンバーガーに相当します。

フューチャー・ミート・テクノロジーズのCEOであるRom Kshuk氏は、「この施設のオープンは、フューチャー・ミート・テクノロジーズの市場投入への大きなステップであり、2022年までに当社の製品を店頭に並べるための重要な後押しとなります。「工業用ラインが稼働することで、規制や製品開発などの重要なプロセスが加速されます」と述べています。

Kshuk氏によると、この施設では鶏肉、豚肉、羊肉の養殖製品を生産しており、牛肉の生産も間もなく開始される予定です。

fake meat
                 フェイクミート

同社のプラットフォームは、従来の農業に比べて約20倍も短い生産サイクルを可能にしています。

当社の目標は、培養肉を誰もが手に入れられるようにすることであり、同時に、健康的で持続可能な美味しい食品を生産して、次世代の未来を守ることです。

実験室で作られた肉を実用化するためのナハミアス氏のロードマップは、WEFが策定した「グレート・リセット」計画に沿ったもののようです。

混乱させないために、培養肉製品は、Impossible FoodsやBeyond Meatのような植物由来の模造肉企業とは異なります。

フューチャー・ミート・テクノロジーズは、規制当局の承認を得られれば、2022年には米国の店頭に並ぶ可能性があります。また、同社は米国内のいくつかの場所で将来の工場を検討しています。

つまり、グローバル・エリートによる「グレートリセット」の一環として、食品業界を変革し、この10年以内に全員が偽装肉を食べるように(強制)して、地球を牛のゲップの二酸化炭素から救うということです。
 

参考:
新しい人工肉は間欠泉に住む真菌が起源です : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)