ジョセフ・メルコラ博士
2021年7月12日

モデルナ担当者は、誰もが巨大な実験の一部であることを認めます (mercola.com)
サイト先に動画

  • オーディオ録音では、モデルナの担当者は、COVID注射を受けたすべての人が実験の参加者であることを認めています。彼はまた、COVID-19に対する長期的な保護効果は不明であることを認めます。
  • 動物での研究は、SARS-CoV-2スパイクタンパク質サブユニットが心臓に直接損傷を与え、心臓細胞内の誇張された免疫応答であるサイトカイン嵐を引き起こすことによって心筋炎を引き起こすことを示しています。
  • SARS-CoV-2スパイクタンパク質のS1サブユニットは、DNAの転写だけでなく、細胞生存およびサイトカイン産生を制御するタンパク質であるNF-kBを活性化する。

    この疾患プロセスはACE2受容体を含まないが、病原体の検出および自然免疫応答の開始を担うトール様受容体4(TLR4)を含む
  • 新しい奇妙なパターンが出現している。COVID注射で深刻な副作用に苦しむ多くの人は、検査項目が正常であるため、診断や治療が困難になっている

2021年6月22日に放映された特集ビデオでは、独立系レポーターのStew Petersが、モデルナ注射の後に突然ギラン・バレー症候群を発症した若い女性が作成した音声記録1を再生しています。彼女の神経科医は、彼女の症状がCOVID注射の直接の原因であると考えています。

神経科医が米国のVAERS(Vaccine Adverse Events Reporting System)に有害事象報告書を提出したのに対し、女性はModernaにも報告することにしました。Modernaの担当者は、この怪我に少しも驚かず、以前にも同様の報告を受けたことがあると認めているようです。


c3d07dce-a5ea-be467cd0cdc2-large16x9_deathpenalty


ジャブを手にした誰もが安全性の検証に参加している

その電話の中で、Modernaの担当者は彼女に次のような免責事項を読み上げました。

Moderna COVID-19ワクチンは、米国食品医薬品局(FDA)から承認または認可を受けていませんが、FDAからコロナウイルス感染症を予防するための緊急使用許可を受けており、18歳以上の人に使用することができます。

COVID-19を予防するためのFDA承認済みのワクチンはありません。Moderna COVID-19ワクチンのEUAは、COVID-19のEUA宣言の期間中有効であり、その宣言が終了するか、認可が早く取り消されない限り、製品の緊急使用を正当化するものです。

また、担当者は、すべての臨床試験段階がまだ進行中であり、COVID-19に対する長期的な防御効果は不明であることも指摘しています。患者さんが、COVIDの注射を受けた人は、特に治験参加者として申し込んでいなくても、実際に治験に参加しているのかと質問すると、担当者は笑いながら「ほとんどそうです」と答えた。

つまり、一言で言えば、ワクチンメーカーや医療機関、主流メディア、Facebookなどのソーシャルメディア、公共広告などでは、ワクチンは厳格なテストを経て「承認」されており、安全で効果的であると言われていますが、これらの主張はどれも真実ではありません。


この注射は、FDAの通常の承認や認可とは全く異なる緊急使用の認可のみを受けています。試験が完了していないので、注射の効果や効果の持続時間、安全性などはわからないのです。実際には、人々が気づいているかどうかにかかわらず、公的な予防接種キャンペーンがその試験の大きな部分を占めているのです。

子供たちは医療実験に強制的に参加させられている

そのため、子供や10代の若者にワクチンを投与しようとする動きは、ますます不穏なものとなっています。ワクチンメーカーは12歳の子供に対してEUAを取得しており、親は自分の子供が医学実験に参加しなければならないと言われています。

人々は医療実験に参加することが社会的な「義務」だと言われています。人々は、医療実験に参加しなければ、仕事や教育の機会を失うと言われています。ここで起きていることは、仕事を続けたり学校に通ったりするために、新しい抗がん剤の治験に「参加しなければならない」と言われているのと変わらない。全く不合理で、非倫理的で、違法なことです。

この注射を受けた人は、医療実験に参加していることを知らされず、同意書への署名も求められません(EUAの規則ではこの要件は免除されています)。EUAでは同意書の提出は免除されますが、潜在的な副作用に関する真実の情報提供は免除されません。

医学実験への参加を強要することは、長年にわたって確立されてきた研究倫理のルールに違反していることを認識することが本当に重要です。もしあなたが医学研究をしようとしたときに、無料のアイスクリームや無料のプレイステーションで被験者をおびき寄せようとしたら、倫理委員会はあなたのプロジェクトを中止するでしょう。

ここでの問題は、COVID-19注射剤の臨床試験には監視委員会がないことです。データ安全性監視委員会も、臨床イベント委員会も、臨床倫理委員会もありません。このような監視体制は、すべてのヒトを対象とした研究の標準的な手法であるにもかかわらず、もしそのような委員会があったとしても、それは公表されておらず、標準的な報告書も発表されていません。

心筋炎の最新情報

ますます一般的になっている副作用、すなわち心筋炎、すなわち心臓の炎症にも対応しています。Masonic Medical Research Instituteの研究者がBoston Children's Hospitalと共同で行った動物実験は、2021年6月20日にプレプリントサーバーbioRxivに掲載されました。

SARS-CoV-2のスパイクタンパクサブユニットは、心臓に直接ダメージを与え、心臓の細胞における誇張された免疫反応、すなわちサイトカインストームを引き起こすことで心筋炎を引き起こす。

"Selectively Expressing SARS-CoV-2 Spike Protein S1 Subunit in Cardiomyocytes Induces Cardiac Hypertrophy in Mice "という研究では、スパイクタンパク自体(ウイルスの残りの部分は含まれていない)が、"直接、内皮機能を損なう "ことがわかった。その結果、SARS-CoV-2スパイクタンパク質のS1サブユニットは、DNAの転写だけでなく、細胞の生存、サイトカインの産生、二次的な炎症を制御するタンパク質であるNF-kBを活性化することがわかった。

この病気のプロセスには、ACE2受容体ではなく、病原体の検出と自然免疫反応の開始を司るトール様受容体4(TLR4)が関与しているという。要約すると、スパイクタンパク質サブユニットは、"心機能障害を引き起こし、肥大化リモデリングを誘発し、心臓の炎症を惹起する "という研究結果が出た。

「CoV-2-SはマウスのACE2と相互作用しないことから、今回の研究では、ACE2に依存しないCoV-2-S(SARS-CoV-2)の新たな病理学的役割が示され、循環しているCoV-2-S1(CoV-2スパイクタンパクサブユニット1)はTLR4認識可能なアラーミンであり、CM(心筋細胞、すなわち心臓の細胞)の自然免疫反応を誘発することでCMに害を及ぼす可能性があることが示唆された」と著者らは述べている.

つまり、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質サブユニットが心臓に直接ダメージを与え、心臓の細胞で誇張された免疫反応(サイトカインストーム)を引き起こすことで心筋炎を引き起こすのである。


重要なことは、肥大性リモデリングとは、これが心臓の永久的な再形成と損傷であることを意味しており、VAERSに報告された何百もの心筋炎の症例はほとんど心配する必要がなく、彼らの心臓はいずれ治癒するという主張に反論するものです。私は、このような仮定が間違っていることが判明し、彼らの多くが永久的な損傷を受けた心臓を残している可能性があると信じています。


彼らは何をしているのか知っていた

シチュー・ピーターズ・ショーでジェーン・ルビー博士が指摘したように、このような研究は、この注射が世に出る前に行われるべきだったのです。ワクチンメーカーは、厳密な動物実験を行う代わりに、一般市民をモルモットにして人類史上最大の実験を行い、数百億ドルの利益を得る一方で、実験用のジャブが引き起こすいかなる損害からも絶対的な免責を得ているのです。

このような遺伝子改変ツールをワクチンと偽って表示することで(遺伝子治療は、責任を免除されるパンデミック治療には該当しないため)、公衆衛生上の緊急事態を装って、報酬もインフォームド・コンセントも責任も負わずに人体実験を行う許可が与えられているのです。

合理的な社会であれば、このような遺伝子治療法が公開され、妊婦や子供を含む多くの被験者を対象とした実験が行われることはあり得ませんでした。

このCOVID注射は、意図的にこのような細胞損傷を引き起こすように設計されている可能性があるのです。なぜか?研究者たちは、NL63と呼ばれる別のコロナウイルスの天然スパイクタンパク質のサブユニットもテストしたからです。

このウイルスが選ばれたのは、SARS-CoV-2と同様に、ヒト細胞への侵入にACE2受容体を使用するからです。しかし、NL63スパイクタンパク質は、このような心臓障害を引き起こすことはなかった。ルビーは、「彼らは、この特殊なスパイクタンパク質を作るために、このmRNAを設計したとき、自分たちが何をしているのかわかっていたのです」と語りました。

 

しかし


Screen-Shot-2021-07-09-at-11.34.08
CNNは、医療アナリストジョナサン・ライナー博士と共に放送を行い、すべてのアメリカ人がワクチン接種を受けない人々に対抗するためにコロナウイルスワクチンを「義務付け始める時が来た」と宣言した。



犯罪者:ファウチ
「ワクチンは大量な肯定的データのため、完全な承認を得ることは間違いありません」

犯罪者ファウチ:「ワクチン」は完全な承認を得る - 自由な心を持つ人もそれに抵抗します!- ワシントン・スタンダード (thewashingtonstandard.com)

アンソニー・ファウチは日曜日、Covidワクチンに完全な承認を与えるFDAは「技術的な問題に過ぎない」と述べ、予防接種を受けた世界中の何億人もの人々が「ワクチンの有効性と安全性が非常に高い」という証拠として役立つと述べた。


※承認されれば、もう世界中で強制接種に拍車がかかりますな....