COVID注射は寿命を延ばす可能性がありますか? - グローバル化研究センター (globalresearch.ca)

coronavirus-vaccine-400x246


証拠は、COVIDの「ワクチン」を受けた人々がCOVID注射による急性、亜急性および長期的な影響の結果として寿命が短くなる可能性があることを示唆しています。

COVIDショットを取得した場合は、COVIDのリスクが高いと考え、毎日の予防プロトコルを実施してください。これは、代謝の柔軟性、ビタミンDを最適化し、少なくとも風邪やインフルエンザの季節を通して、ビタミンC、亜鉛、亜鉛イオノフォアを毎日摂取することを意味します。

証拠は、NACが血栓を防ぎ、すでに形成されている可能性のあるものを分解するために使用される可能性があることを示しています。

「NACサプリ」の検索結果 - Yahoo!検索

COVIDのリスクが低く、予防接種を受けていない場合は、これらのアイテムを手元に持っていることを確認し、風邪やインフルエンザの症状の最初の兆候で治療を開始してください。

また、卓上ジェットネブライザー、生理食塩水、食品用過酸化水素も購入してください。
噴霧過酸化物は、呼吸器感染症の段階に関係なく、予防と治療の両方に最適です。予防のために、1日おきに噴霧してください。治療には、呼吸器感染症の最初の兆候を使用してください。

「ジェットネブライザー」の検索結果 - Yahoo!検索
重曹は最も安く最も安全なコロナ治療であることを証明 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

Screen-Shot-2021-07-05-at-8.46.34-PM

ビデオはこちらからご覧ください

このインタビューでは、帰国ゲストのウラジーミル・ゼレンコ博士が、ライフサイエンス研究者でファイザーのアレルギーと呼吸器研究の元副社長兼主任科学者であるマイケル・イェードン博士と、HIVの発見でノーベル賞を受賞した世界的に有名なウイルス学者リュック・モンタニエ教授の2人の非常に深刻な懸念について話し合います。

イードン、モンタニエ、ゼレンコは、COVID-19ショットは、ブースターショットを取得する必要があるかどうかなど、いくつかの要因に応じて、数十年平均余命を減らすと考えています。実際、ジャブとその後のブースターを手に入れた多くの人が、病原性プライミングの結果、2〜3年以内に命を落とす可能性があると疑う理由があるかもしれません。

私が若い頃、ボーイスカウトだったことを知らない人が多いかもしれませんが、ボーイスカウトのモットーは「準備しろ」です。それは長年にわたって私によく役立ってきたアプローチです。来週ピーター・マッカロー博士とのインタビューが始まるので、悲惨な結果が実現すると明確に述べているわけではありません。しかし、最悪のシナリオを見越して、あなたにとって良い健康の為の準備をすることは賢明に思えるでしょう。

なのでゼレンコと私はそのような悲惨な運命を防ぐために何ができるかについて深く掘り下げます。ゼレンコは、COVID-19「ワクチン」のリスクを急性、亜急性、長期の3つのカテゴリーに分類しているので、これらの各カテゴリーに見られる主要なリスクを確認することから始めましょう。

リスクカテゴリNo.1 - 急性リスク

急性期の害は注射の瞬間に始まりおそらく約3か月ほど続きます米国のワクチン有害事象報告システム(VAERS)に提出された報告に基づくと、多くの人が急性期を過ぎて生き残ることができないことは明らかです。

これまでに約6,000人の死亡が報告されており、死亡は一般的に注射後48時間以内に発生しています。多くの重大な症状も、通常は数日または数週間以内にかなり急速に発生します。しかし、ゼレンコはVAERSデータベースの精度について非常にネガティブな視点を持っています。彼は次の説明をします。

「サンディエゴのソーク研究所が発表した論文によると、ワクチン接種自体によって生成されるスパイクタンパク質が健康に悪影響を与えることを発見しました。それはスパイクタンパク質自体が有毒です…」

「それは注射部位から広がり、血流に行き、基本的に体内のすべての細胞に入るということを示す証拠がたくさんあります。」

mRNAの半減期は、mRNAにもよりますが、約1〜2週間でその間、各mRNA分子は約2,000〜5,000のスパイクタンパク質を生成します。つまり、何兆ものスパイクタンパク質について話しているのです。」

「全身がスパイクタンパク質工場になりますCOVIDは主に上気道と下気道に感染するため、COVIDに感染する場合よりも数桁多くなります。これらは感染してスパイクタンパク質を生成し始める細胞です。しかし、ここではワクチンを注入しています。ワクチンは実際に体内のすべての細胞に移動し、体内のすべての細胞をスパイクタンパク質の工場に変換します。

mRNAが血管系を通して広まると、血管の内側を覆う細胞がスパイクタンパク質の生産を開始します。これが注射による血栓経験した人々の驚くべき数の報告が出ている理由です

ゼレンコによれば、これらの症状の40%は注射後最初の2日以内に発生しますその後、リスクは減少しますが、心臓発作、脳卒中、腎梗塞、肺梗塞などの血管症状は、最後の注射から約3か月後まで完全には衰えません。

過去3か月、これらの症状は、VAERSに報告されていません。もちろん、人々が数ヶ月前に接種したCOVIDショットの人たちは報告していない可能性もあります。

COVIDショットで実際に死亡した人は何人いますか?

ゼレンコが指摘したように、過少報告は私たちが直面している問題の一部です。食品医薬品局が強力なワクチン接種後のデータ収集システムを主張しなかったという事実を考えると、実際の副作用の数を特定することは不可能ですが、VAERSがリストしているものよりも確かに多いです。

「VAERSシステムに関する2009年のハーバード大学の研究を見ると、実際に報告されているのは症状の1%に過ぎないと彼らは言っています。だから、OK…数が何であれ、それは6,000人ではありません。たぶん10%だけが報告されています。知りません。しかし、間違いなく過少報告されています。」

私たちが実際に目にしている情報の割合は何パーセントですか?答えは、ワクチン接種に直接関係しているアメリカ人の死者はすでに約20万人いると私は推測しています

「私の問題はワクチンではありません。私の問題は、命を救う情報の流れを妨害し、人々からの真実を抑圧している政府、統治機関、そして特定の人たちであり、その後は人々にこのワクチンの接種を強制しています。それは悪意のある行為です。

「抑圧は非常に露骨で明白なため、全く非のない資格を持つ医師達が意見を表明しただけでプラットフォームを解除されています。」

「つまりここでは、前向きで希望に満ちた命を救う情報が抑制されワクチン接種への危険な結果報告も抑制されているという二重の検閲があります大量虐殺には最適な設定です。」

リスクカテゴリーNo.2 —亜急性リスク

注射後約3か月で始まる亜急性リスク段階は、定型化するのが非常に困難です。
少なくとも、数か月から数年続く可能性があります。現在の主な関心事は、
疾患メカニズムをより正確に記述するため、病原性プライミング(および/または)逆説的免疫増強(PIE)とも呼ばれる抗体依存増強(ADE)です。

ゼレンコは、この時期にはmRNAが分解され、細胞がスパイクタンパク質を生成しなくなると信じています。合成mRNAは遺伝子組み換えされて傷みにくく、さらに分解に抵抗するためのナノ脂質に包まれているため、彼はここでは楽観的すぎるかもしれないと私は信じています。

このmRNAは、その合成的な性質のおかげで、誰もが疑うよりもはるかに長く生存し続ける可能性があると思います。さらに、mRNAがDNAに逆転写されるメカニズムがあり、これにより、スパイクタンパク質の生成が永続的になっておそらく世代間で行われます。このプロセスについては、「COVIDワクチンが健康に害を及ぼす可能性のある多くの方法」で説明しています

ゼレンコが正しければ、主要な病原体はスパイクタンパク質からスパイクタンパク質に応答して生成された抗体に切り替わります。これらの抗体がどのくらい持続するかはわかりませんが、数か月または数年は持続する可能性があります。

抗体産生がワクチンショットの主な目的であり、免疫効果をもたらすと言われている反応ですが、実際には問題の原因となる可能性があります。

この秋以降、病院が予防接種を受けた人でいっぱいになり始めたら、その理由がわかります。彼らはADEの影響を受けています。

「言い換えれば、ワクチン接種で産生された抗体は病理学的なものであった」とゼレンコは言います。「それらは致死的で、誇張された免疫応答につながりました。それが意味する、抗体依存性の強化。それはあなたを殺す方法であなたの免疫応答の強化です。」

問題は、それが長期的に、または3か月から3年の亜急性段階でどれほど安全かということです。それは大きな疑問符です。動物モデルに基づいて-そしてこれはマイク・イェードン博士が言っていることです-それは絶対に大量虐殺である可能性があります。それは人類の歴史の中で人類の生存に関する最大の賭けです。

しかし、この見解に対抗するとして、このイベントのエンジニアリングと完全に一致しており、人道に対する最も悪質な犯罪の一つであると言うピーター・マッカロー博士は、秋に大量死が起こるかは確信していません。

彼のインタビューは2021年7月11日日曜日に投稿されます。

なぜ人類の生存が危険にさらされているのか?

現在、多くの人が疑問に思っているのは、「なぜ命を救う早期治療アプローチが抑制されているのか」、「なぜワクチンの毒性副作用と死亡率が抑制されているのか」、「なぜ世界全体が、医学的に不必要であり、安全性と有効性の点で証明されていないmRNAワクチンの接種を強要しているのか?」ということです。

まとめると、それは意味がありません。そのため、イェードン、モンタニエ、ゼレンコなどが世界的な大量虐殺について懸念を表明しています。それがすべてなのか?何が起こっているのかについての別の解釈はありますか?
実際のデータを考えると、集団予防接種は単に必要ではないのに、なぜすべての腕に針を刺すために必死に押すのですか?ゼレンコは説明します:


「医療の必要性と呼ばれるものがあります。それで、このワクチンに医学的な必要性があるかどうかを分析しましょう、そして人口統計に基づいて体系的な方法でそれをしなければなりません。
CDCのデータを見ると、18歳以下の人は、治療なしでもCOVID-19から回復する可能性が99.998%あります。彼らの死ぬリスクは 100万人に1人ですインフルエンザウイルスより安全です。あなたが私に選択を与えるとするなら、私は自分の子供たちがインフルエンザよりもCOVID-19になることを望みます。では、ウイルスよりも多くの子供をすでに殺している実験的ワクチンで、回復の可能性がほぼ100%の全人口を免疫するのはなぜですか?

CDCによると、18歳から45歳までの人口統計を見ると、健康な人は治療なしでも99.95%の回復の可能性があります。同じ質問ですが、なぜ治療なしで自然に回復する人口統計に予防接種をするのでしょうか?

3番目の質問、誰かが抗体を持っている場合—そして自然に生成された抗体がワクチン誘発抗体よりも将来のウイルスを除去するのにはるかに効果的であるという証拠がたくさんある場合…自然免疫はワクチン誘発免疫よりもはるかに優れ、より効果的で安全です。それで、以前にCOVIDを持っていたからと、すでに抗体を持っている人に、なぜ我々は予防接種をするのでしょうか?

恐怖は、人々の行動を操作する上で非常に便利なツールです。そして、その恐怖は、私の意見では、医学的必要性はなく、実際のリスクと潜在的リスクが非常に多く、有効性が非常に疑わしいワクチンを接種する心理的動機を生み出すために使用されてきました。」

リスクカテゴリーNo.3 —長期リスク

2年から3年の基準を超えると、長期的なリスクが発生しますが、これを予測することはさらに困難です。予測または定型化するのが特に難しいリスクの1つは、不妊症です。生殖への影響に関するデータが得られるまでには数十年かかるでしょう。ジャブを取得した20代の女性は、30代になるまで妊娠しようと真剣に考えないかもしれません。

10代や幼児は、出産するまで何十年も待たなければなりません。もちろん、それまでには手遅れになります。被害が発生し、何億人もの人々が同じ船に乗ります。

ゼレンコは、ニューイングランドジャーナルオブメディシンに掲載された研究を引用しており、妊娠中のCOVIDワクチン接種は流産のリスクを増加させなかったと結論付けています。しかし、データセットを詳しく見ると、これは第3期にワクチン接種を受けた女性にのみ当てはまることが明らかになりました。妊娠初期と妊娠後期にCOVIDジャブに感染した女性は、流産のリスクが24倍高くなります。

男性の精子数の減少と精巣肥大、そしてすべての年齢の女性の月経周期の混乱の報告もあります。「出産には絶対的な影響があります」とゼレンコは言います。まだどの程度かはわかりません。

全体的な平均寿命は全面的に影響を受ける可能性がありますが、繰り返しになりますが、何年または何十年が失われるかを予測することは非常に困難です。ゼレンコは、他の多くの医師と同様に、ジャブの結果として自己免疫疾患と癌の発生率が上昇すると考えています。

ゼレンコが指摘したように:
「若年成人の急性スパイクタンパク質による死亡、流産、また心筋炎を調べるか、亜急性の病原性プライミングの問題を調べるか、または不妊症、自己免疫疾患、癌、あなたは大量殺戮のための絶対的な設定を持っています。それが、世界をリードする思想的指導者、科学者たちが人々に警告している理由です…

いくつかのサイコパスまたはソシオパスの議題を除いて、理由もなく15〜20億人が死にかけていると話している。なぜ私はそれを言うのか?何十年もの間、人口削減を提唱する人々がいたからです。英国首相のボリス・ジョンソンの父親からのビデオを見たばかりです…イングランドの人口を1500万人に減らすことを提唱しています…

2015年のビルゲイツ氏は、地球温暖化などのために、世界の人口を一定の割合で削減する必要があると述べました。ですから、私の質問は非常に単純な質問です。彼は世界的な予防接種の主な支持者および利益者の一人です。世界人口の削減を提唱している人から健康のためのワクチンを接種するのはなぜですか?

もう1人の恐ろしい人物は、世界経済フォーラムの創設者であるクラウスシュワブです。彼は非常に影響力があります。彼は本「COVID-19TheGreatReset」を書きました。
globalelite392_18(2)
2016年、フランスのインタビューで..シュワブは、10年以内に、人類全員が数字でタグ付けされることを発表しました。世界経済フォーラムによって作成された国連アジェンダ2030を見ると、「アメリカはもはや超大国ではない」と書かれています
そして、私のお気に入りは、「あなたは何も所有せず、あなたは幸せになるでしょう。あなたは肉を食べません。化石燃料は禁止されます。あなたの社会に統合されなければならない10億人の難民がいるでしょう。だから、私の質問は、「あなたは何も所有せず、あなたは幸せになる」のような声明を出す権利があると思っているソシオパス野郎は何ですか?
このタイプの個人やグループがそのように考える資格を与えるものとは何ですか?まあ、彼らは平均的な人間や人間以下をはるかに超えて悟りを開いていると信じています。」

神との戦争

敬虔なユダヤ人のゼレンコは、この世界的な乗っ取りの根源は本当に神との戦争であると信じています。
その意味するところは、人生には神聖さがあり、人生に神聖さがあれば、私たちには人権があり、すなわち人間の誕生だけで「獲得」するということです。これが自然法則の源です。

そして、神から受け継がれてきた人権があれば、誰も私たちの誰かがいつまで生きるべきか、地球上に何人の人々がいるべきかを決める権利を持っているはずがありません。

 
「それは神の特権です」とゼレンコは言います。

私はCOVIDワクチンを「チクロンV」と呼んでいますそれはナチスが私の親戚を殺すために使用したガスです。だから私の感情を表現するために、私はそれをチクロンVと呼んでいます。それは大量破壊兵器の絶対的な武器です。人々は嘘をついていて、病原性恐怖のために彼ら自らがガス室に駆け込んでいます。

偽ワクチン後の健康を守る方法

愛する誰かがCOVIDジャブを手に入れ、今深刻な後悔をしている場合、あなたの健康を守るために使用できる明確な戦略があります。

最初の3か月間、問題なく成功した場合は、血栓のリスクが大幅に低下する可能性があります。過度の凝固を防ぐには、抗凝固剤が適切な場合があります。抗凝固作用と血栓溶解作用の両方を備えているため、非常に有望な天然の代替品はn-アセチルシステイン(NAC)です。これは、血栓を防ぎ、すでに形成されている血栓を破壊する可能性があります。

亜急性期での一番の目標はADEを避けることですこの鍵は、病原性免疫反応の誘発を回避することであり、それを行う唯一の方法は、ある種の予防プロトコル、すなわち、COVID、一般的な風邪とインフルエンザ予防を実施することです。

これは、COVIDジャブを受け取った人にとって特に重要です。合併症を起こすリスクが高く、ジャブを受け取ったために実際にリスクが高まっているのに「保護されている」という誤った印象を受けているからです。特別な予防策を講じてください。

上気道感染症の症状も、すぐに治療する必要があります。COVIDは多段階の病気です。
最初のウイルスフェーズで、5〜7日間続きます。これはそれが最も簡単に扱われるときです。7日目以降、病気は通常炎症期に進行し、異なる治療が必要になります。

亜鉛の補給は、ウイルスの複製を損なうため、ウイルスの予防と早期治療のための重要な要素です。ただし、ケルセチン、EGCG(緑茶抽出物)、ヒドロキシクロロキン、イベルメクチンなどの亜鉛イオノフォアと一緒に服用する必要があります。

「COVID治療の大部分はRNAウイルス複製の阻害に焦点を合わせています。
つまり、ウイルスが自分自身のコピーを作成するには、ウイルスが人間の細胞に侵入する必要があるので、RNAウイルス、すべてのCOVID、コロナウイルス、さらにはインフルエンザウイルスの場合、RNA依存性RNAポリメラーゼと呼ばれる共通の経路を使用します。
それは非常に重要な酵素です。


その酵素がウイルスの遺伝物質のコピーを作成し、新しいウイルスが形成されて広がることが可能になります。
ウイルスRNA複製プロセスを阻害すると、ウイルスの拡散と増殖が排除されます。私たちが亜鉛で見つけた素晴らしい点は、細胞内に別の亜鉛[分子]がある場合、亜鉛がこの酵素を非常によく阻害することです。

しかし、亜鉛はそれ自体では実際には細胞に入ることができません。そこで、亜鉛イオノフォアの概念が登場します。亜鉛イオノフォアは、細胞膜の扉を開き、亜鉛が細胞の外側から細胞の内側に移動できるようにします。そして、細胞内の亜鉛濃度を上げると、この酵素を効果的に阻害し、すべてではないにしてもほとんどのコロナウイルスとインフルエンザウイルスの複製を阻止することができます。

出来ればヒドロキシクロロキンまたはイベルメクチンのいずれかを使用してください。

ジャブを取得した場合は、COVIDのリスクが高いと考え、毎日の予防プロトコルを実施してください。これは、ビタミンDを最適化し、少なくとも風邪やインフルエンザの季節を通して、ビタミンC、亜鉛、亜鉛イオノフォアを毎日摂取することを意味します。

ビタミンCは相乗効果があるため、特にケルセチンを服用している場合は、もう1つの重要な成分です。亜鉛イオノフォアとして効果的に作用するために、ケルセチンはビタミンCを必要とします。

ゼレンコは、患者さんの負担を軽減するために、ビタミンC、ケルセチン、ビタミンD3、亜鉛の4つすべてを含む経口サプリメントを開発しました。これはZ-Stackと呼ばれ、zstacklife.comで購入できますCOVID-19に関するゼレンコのプロトコルのダウンロード可能な「チートシート」については、VladimirZelenkoMD.comにアクセスしてください。

毎日サウナをするのも良いでしょう。
理想的には華氏170度まで加熱できるもので、最高のサウナは遠赤外線であり、EMFが低いです。
20分間入りますこの方法は、熱ショックタンパク質を活性化し、スパイクタンパク質を取り除き、体内の他の損傷したタンパク質を改善するのに役立ちます。



以下、死ぬほど長いのでまたの機会に.....て言うか、このブログ読んでる人で打つ人いるの?