グラフェン酸化物:ファイザーバイアルの内部の実際の内容が露出!グローバルリサーチグローバルリサーチ - グローバル化研究センター (globalresearch.ca)

グラフェン酸化物:ファイザーバイアル内部の実際の内容が露出!

Screen-Shot-2021-07-07-at-10.10.32-PM-400x204

これはスペインの研究者の調査結果に基づいた物議を醸すレポートです。


必要なのは、いわゆるデジタルマイクロチップの識別も含めて、薬物の1つまたは複数のサンプルからmRNAワクチンの組成に関する正確な詳細を把握することです。

4つの主な「mRNAワクチン」すべてのサンプル、すなわちAstraZeneka、BioNTech-Pfizer、Moderna Inc、Johnson&Johnsonに基づく独立した実験室研究が必要です。

「ワクチン」の将来の影響に関する声明は、裏付けされ、確認されなければなりません。

このレポートのジェーン・ルビー博士によるワクチンの危険性に関する声明のいくつかは、現段階では裏付けられません。

ジェーン・ルビー博士はシチュー・ピーターズの番組に加わり、スペインのアルメリア工科大学工学部から発表された「水性懸濁液の中に酸化グラフェン検出:光学および電子顕微鏡の観察研究」と題する科学的報告書について議論し、ファイザーショットの各用量には「6ngのRNAと747 ngの酸化グラフェンが含まれていることが判明した。これは薬剤の99.103%を占めます。

 


ルビー博士は、2016年の研究
「グラフェンファミリーナノ粒子[GFN]の毒性:起源とメカニズムの一般的なレビュー」注目し、 「たとえば物理的破壊 、酸化ストレス、DNA損傷、炎症反応、アポトーシス、オートファジー、壊死など、
GFN毒性の根底にあるいくつかの典型的なメカニズム、が明らかになった」と述べました。

彼女は言います、

「研究者がファイザーバイアルで見つけたこれらのグラフェンシートは、システムに侵入したとき、および細胞に浸透し始めたときに、細胞に押し込む脂質ナノ粒子を持っているため、酸化ストレスが発生します」

「それは文字通り細胞内のすべてを破壊します。ミトコンドリアを爆発させます。炎症、サイトカイン、ケモカインの状況を作り出します。信じられないほど暴力的です。炎症性嵐がやってきて、肺の急性炎症を引き起こす特別な親和性があり、心臓組織と脳組織に炎症性の嵐を引き起こします。

「これは脳卒中や心臓発作に直接関係します。妊娠中の母親と赤ちゃんにこれを与えますか?これは本当に誰もが注意を払わなければならないものです。」

シチューは、酸化グラフェンが毒であるかどうかを尋ねると、彼女は「それは間違いなく毒です」と答えます。

シチューは言います、

「スペインの研究者は、ファイザーワクチンの99%以上が酸化グラフェンであることを発見したと言いますが、そうですか?」

その通りです。シチュー、人を殺す以外にそこにこれがある理由はないですこれらのジャブを押している米国の企業4社すべてがこの有毒な工業薬品の99%で満たされている場合、私はあなたに何を言いばいいか分からないですが、誰もが今すぐ、すべてをシャットダウンさせる方が良いです。これは本当に危険です。」

シチュー、

「これは恐ろしいことです。これを聞いて寒気がします。メディアがこれを取り上げない理由がわかりません。メディアはあなたに死んで欲しいのです。彼らは殺人計画の一部です…

「わかりました。質問させてください。事前に計画された殺人以外に、この酸化グラフェンで満たすための別の動機は何でしょうか?人々を毒殺する以外に、このようなことは他に何を意味しますか?」

ルビー博士、

「私が科学者として思いついた唯一の説明は、彼らが今まで実験的にこれを人間に入れることができなかったので、大量の無知による同意のない世界的な実験だということです。」

シチュー、

「彼らがこれを緊急使用のために承認したとき、その有効性は世界中で放送されました–偽物、偽りの嘘、完全な嘘–彼らは、このワクチンがCOVID-19として知られるコロナウイルスを抑え込んだと言いました。成功率は98.6%です。 それはただの嘘でしたか?彼らはただ任意の数字を作ったのですか?それはどこかに文書化されていますか?本当にSARS-CoV-2ウイルスを消したり、それと戦ったりするのでしょうか?」

ルビー博士、

「シチュー、最初に戻りましょう。PCRテストは、クリスチャン・ドロステンとオルファート・ラントによって行われた詐欺です。コロナウイルスSARS-CoV-2は単独に分離されたことがなく、そのタンパク質配列は実証も検証もされておらず、誰もそれが本当に存在したことを私たちに証明することができません。」

「昨年、何かが存在しましたか?今、何かが飛んでいるのはインフルエンザですか?風邪のさまざまなバージョンがたくさんありますか?はい、はい、はい。しかし、誰も分離したことを証明したり示したりしたことはありません。SARS-CoV-2ウイルスの分離株を確認できればそれが一番です。」

「そして、もう1つ追加したいと思います。これらのスペイン人研究者グループは、昨年のSARS-CoV-2のさまざまな症状、または現在のいくつかの残存症例での異なる症状を見ると、これらすべては体内の過剰な酸化グラフェンによって引き起こされる症状であると言いました。肺の嵐–ちなみに、企業はこの「ワクチン」の吸入バージョンを準備しています。そして、神は私たちを助けてくれます、シチュー、それはより強力なのですぐに肺に入り、すぐに肺炎の嵐を引き起こします、あなたは
呼吸器フラッシュ肺炎と急速な死を見始めると思います。」

「ニュルンベルク裁判以来、薬や病状に関係なく、人間で実験することはできません。  人間の被験者審査委員会の承認なしに実験することはできません。これはあなたのプロトコルとインフォームドコンセントを承認する独立した理事会です。

「また、いくつかの情報が入ってくるので、私たちはそれをどんどん見ていきます。そしてそれについて話して行くつもりです、あなたの体が十分なグラフェン酸化物で満たされたとき、あなたの体温の暖かさが...そして酸素を引き込むと、酸化グラフェンを操作することができ、あなたの体は影響を受ける可能性があります...5Gネットワークはまだ完全に展開されていませんが、その周りには多くの懸念があります。

「この時点で、この過剰な有毒化学物質によって肺や心臓の病気で亡くなっていないのは残りの人々だけです。」