Britisches Gesundheitsamt lässt Bombe platzen: GEIMPFTE STERBEN 3-MAL HÄUFIGER AN DELTA-VARIANTE !!! (legitim.ch)

英国の保健局が爆弾を投下:ワクチン接種を受けた人々は、デルタ変異体により3倍の頻度で死亡します!!!


英国の政府機関である英国公衆衛生サービスが2021年6月25日に発表したレポートによると、COVID-19「ワクチン」を接種した人は、ワクチンを接種していない人よりもデルタ変異体で死亡する可能性が3倍以上高いことが確認されています。

感染から28日以内に記録された合計117人の死亡のうち、44人はワクチン接種を受けていませんでしたが、70人は少なくとも1回のワクチン接種を受けていました。(さらに3人は未知数)すでに2回のワクチン接種を受けた人がデルタ変異体で死亡する可能性がはるかに高いことは特に明らかです。

26ff10_d6f8b1f9a83d4b49aacc

もちろん主流で無視されているこの公式の調査によると、いわゆるデルタ変異体で死亡する確率は、ワクチン接種を受けた人々の方が約3.25倍高いとのことです。(予防接種を受けた人の死亡率:27,192人中70人= 0.26%;予防接種を受けていない人の死亡率:53,822人中44人= 0.08%)



本質的に、ウイルス学者はウイルスがどこでどのように発生したかを正確に教えてくれます。(図と説明を参照:nature.com / SARS-CoV-2の構造と複製のクライオ電子断層撮影によって特徴づけられます; 2020年11月18日)


26ff10_9abaeda2adb147919d9e_mv2

26ff10_0472ef17667a43c2bbff40be_mv2

beは、ウイルス学者がこれまでに見た中で最も正確なSARS - CoV - 2の画像を示しています。RNAサンプルは非常に小さいため、現在の技術ではもはやそれらを提供することはできません。adSARS - CoV - 2として発表されている画像は、コンピュータシミュレーションにすぎません。gh はしばしば想定されているように、顕微鏡でウイルス全体が観察されるのではなく、実際にはウイルスに属すると主張されている小さなビルディングブロック(RNA配列)だけが観察されていることを明らかにします。


RNA配列からウイルス全体をモデル化するために使用される方法を見ると、その方法が成熟しておらず、信頼性の高い結果を提供していないという事実など、さらなる矛盾が明らかになります。(参照nature.com / クライオEMの課題、2018年11月30日)

レビュー担当者は、ほとんどのソフトウェアツールが高品質の再構成を作成できたことを心強く指摘しましたが、同じツールを使用している 2 人の異なるユーザーが必ずしも同じ結果を得るとは限りません。

具体的には:ウイルス学者は、ウイルスモデルを作成し、インフルエンザのような症状を伴う「新しい」疾患の原因を発見したと主張するために、任意のRNA配列から明らかに不適当な方法を使用しています。

ナオミ・ザイブが連邦議会での注目に値する講義使用した次の例は、手順を視覚化する方法を示しています。

26ff10_89648ce314e74152a4ccf56d45_mv2

(左側には、従来のRNAサンプルを表すレゴブロック、右側にはレゴダックが見えます。物語の核心は、ウイルス学者が予想するように実際にはウイルスを分離しておらず、RNAサンプル内の適切なビルディングブロックを探すが、代わりに任意のビルディングブロックからウイルスモデルを構築し、その中にそのようなビルディングブロックを持つすべての人がSARS-CoV-2に感染していると主張しているということです。

注:現在、SARS-CoV-2が武漢研究所で発生したと主張している「重要な」ウイルス学者は、想定されるウイルスが実際には人工的な構造であるという点で正しい。論理的には、これは、実際にコンピュータ上で作成されたモデルを見ているからです。
ドロステン教授やファウチ博士のような一流のウイルス学者は、呼吸器が役に立たないと全世界に保証した後、数ヶ月間、自分の科学的専門知識を船外に投げ出しただけで、ウイルスモデルにも欠陥があるのではないかと自信を持って尋ねることができます。

結論:SARS - CoV - 2が武漢の不吉な魚市場でも生物兵器の実験室でも作成されていないことを理解できる人は誰でも、コンピューター上でのみ存在証明ができると思われる新しい亜種を恐れる必要はありません。
皮肉なことに、上記の研究によると、「予防接種者」は私たちよりもさらに危険な生活を送っています。メーカーによると、 mRNAの「ワクチン接種」が疑惑のウイルスに起因するものを正確に行うことを考えると、不思議ではありません。
すなわち、外来mRNAを実装することにより、細胞が人体を攻撃するスパイクタンパク質を産生するように誘導し、身体自身の免疫保護メカニズムを引き出すために、製造業者はトロイの木馬の機能を実質的に引き継ぐいわゆる脂質ナノ粒子に依存しています。mRNAワクチンの大量投与がパンドラの箱を開けたという疑いはますます固まっていますが、特定の理由で実験を止める代わりに、ワクチン接種の強制力はさらに高まるでしょう。

※書いてる途中で気づく、大した内容でもなくイヤになった ...