COVIDワクチンを接種した人のほとんどは、2025年|までに死亡するプリンシピア・サイエンティフィック・国際空港 (principia-scientific.com)

Vaccine-image-2
COVIDの「ワクチン」を接種した人々のほとんどは、2025年までに死亡するでしょう。
すべての人がその証明を見ることになります。



上記サイトでの記事は以前に書いたこの記事の後半部分と内容は同じです。
ワクチン接種死亡者の検死「抗体依存性増強」報告 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)


有害なスパイクタンパク質は、体外に出ることは決してなく、神経変性の長期的なリスクは、脳がゆっくりと腐敗し、プリオンから劣化し、ニューロンにゆっくりと損傷を与える誤って折りたたまれたタンパク質を引き起こすため、最終的には時間と共に、治療不可能で致命的な神経疾患につながる可能性があります。

要するに有害なタンパク質は体から排出されず、繰り返し何度も有毒スパイクタンパク質を作り出すとの事なので、とても生き延びられないだろうと言うことです。

小児性愛者ジェフリー・エプスタインとのつながりを持つ、ワクチンの金儲けの元締めビル・ゲイツが昔からワクチンで人口削減を公言して来たのに、人類初の試みの新しいmRNAワクチンに飛び乗った人は、自分の体に何を入れるのかを何故調べようともせず、ありがたく並んでまで積極的に打つのか?
バカは長期的なリスクを楽しんで下さいとか言われてます。




ところで昨年のコロナが始まった頃には熱や咳が酷かったりしましたよね?
もしかしたら日本もコレが多かったんじゃないですかね?

ハルターナーラジオ番組 - イタリアの研究者:クラミジア肺炎による「COVID-19」死亡の86% (halturnerradioshow.com)1年前の記事
CHLAMYDIA-PNEUMONIA-NOT-COVID-19_large

イタリアの研究者:「COVID-19」死亡者の86%は細菌病原体クラミジア肺炎による死です(インフルエンザのような症状)


北イタリアは特に大きな打撃を受けました。何千人もの高齢者のイタリア人が病気になり、ましたが病院で診断されたのは「COVID」患者として扱われました。実際には彼らの多くはクラミジア肺炎で死にました。
当時は何でもかんでもコロナと決めつけるため、多くの医師がイタリアでサンプルを採取できなかった、そのため死後の検査で判明したことは「COVID」で死亡した人々の86%がクラミジア肺炎で実際には死亡した。アジスロマイシン(別名「ジスキット」または「Zパック」)で完全に治療可能な細菌感染。だったと言います。



現在ではPCR検査しか受けていない人が鼻の周りに磁石がくっつき始め、助けてくれ~と言い始めた人が何人か出てきました。この人は弁護士を伴って警察署に駆け込みます。 動画
Argentine: Nouveaux Cas de Personnes qui Sont Devenues Magnétiques Après Avoir Subiy un Test PCR (odysee.com)
アルゼンチン:PCR検査を受けた後に磁気になった人が新たに発生

o0800048014861351161 (1)


この人はスウェーデンから母国に戻る途中にPCR綿棒を突っ込まれ鼻に磁石がくっつき始めたスペイン人女性
Premier Cas de Personne Devenue Magnétique Après Avoir Subit un Test PCR (odysee.com)

o0800045014861351155

※原因は明らかにこれでしょう
トルコはCOVID-19に対する第1回鼻腔内ワクチンの研究を進めており、ニューロンに接続できるバイオニックデバイスの作成を可能にするグラフェンを生産する。|コロナフォリー (unblog.fr)
トルコはCOVID-19に対する初の鼻腔内ワクチン探索を進めており、ニューロンに接続できるバイオニックデバイスを産生するグラフェンを生成します。
鼻は脳への入り口であるため、血液脳関門を超える鼻の「ワクチン」に取り組んでいます。




米国の2025年の人口予測は3.2億人から6,100万人へ激減予測が出ていますよ
アメリカで最も秘密の諜報機関の予測 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)


現時点での望み
https://www.theepochtimes.com/mkt_breakingnews/new-study-links-ivermectin-to-large-reductions-in-covid-19-deaths_3867278.html

「新しい研究は、COVID-19死亡の『大幅な削減』にイベルメクチンをリンクします」

ピアレビューされた研究に基づく最近の印刷前のレビューによると、抗寄生虫薬イベルメクチンの使用はCOVID-19死亡の「大幅な減少」につながり、世界的にパンデミックに「重大な影響」を与える可能性がある。

米国の治療薬ジャーナルに6月17日に発表された研究(pdf)について、科学者のグループは、3,400人以上の参加者を含む24の無作為による比較試験で、抗ウイルスおよび抗炎症特性を有するイベルメクチンの臨床試験使用をレビューしました。

研究者らは、COVID-19に感染している人、または感染のリスクが高い人の感染または死亡率を低下させるイベルメクチンの有効性を評価しようとしました。

研究者らは、逐次分析の複数の方法を使用して、サンプルの95%信頼区間0.19〜0.79で、この薬剤がCOVID-19患者の死亡リスクを平均62%低減したという中程度の信頼度で結論を下しました。