200 IQを持つアメリカで最も賢い男は、エリートのワクチンでの削減計画を公開します (eutimes.net)

2rjixVt

世界で最も賢い人の一人は、Covid-19ワクチンに反対する声を上げ、「ワクチン」を押す背後にある世界的なエリートは、人類の最善の利益を念頭に置いていない可能性が高いと主張しています。

ほとんどの人は、20年近くバーや建設労働者や用心棒として働いていたミズーリ州の牧場主クリストファー・ランガン(69歳)のことを想定していませんでした。

しかし、1999年のエスクァイアの記事では、ランガンは当時「アメリカで最も賢い男」であり、知能指数は約200であると説明されていました。

それ以来、ランガンはABCニュースショー「20/20」で紹介され、彼の才能は彼の珍しい過去を考慮して広くカタログ化されています。

現在は「心と現実のつながり」を突き止め、数学を通じて神の存在を説明する「宇宙認知理論モデル(CTMU)」と呼ばれるプロジェクトに取り組んでいます。

先週ランガンがCovid-19ワクチン接種を推し進める世界的な状況を、天才として破壊したのはCTMUに特化したFacebookのグループでした。

ランガンによれば、世界のエリートのワクチン計画はすぐに淘汰するのではなく、堕落した大衆に対する支配階級としての優位性を維持するために人口を徐々に削減する可能性が高いと言います。
QR6b1cr

「大量の人間の死はトラウマであり、現状を脅かすでしょう」とランガンは説明しました。「人口が激減し、経済がそれに追随した場合、エリートは、彼らの生存につながる可能性のある、生来の優越性や適応性を持てなくなります。したがって、彼らは大量不妊手術とより遅い人口減少を好みます。」

「人類をアップグレードする代わりに、彼らは公共性の無知、見当違いの信頼、無神論、唯物論、共産主義、多文化主義、強制的な民族「多様化」、専制的な「グローバルガバナンス」などの行き止まりのアイデアやイデオロギーの組み合わせに依存し、それを劣化させている」とランガンは書いています。


ランガンは、ワクチンを接種させようとした人々を物理的に攻撃していると結論付け、「他のまともな自尊心のある人にも同じことが当てはまるはずだ」と付け加えました。

先週の別の会話で、ランガンは、グローバリストが人間の出生を減らしたい理由について詳しく述べました。

kexJKN8

「エリートは、自分たちは遺伝的クリーム・ド・ラ・クリームであるとし、他のすべての人は遺伝的に劣ったゴミであり、したがって最終的にはマインドコントロール技術の影響を受けやすいと仮定していることを忘れないでください」とランガンは書いています。

「エリートの世界観では、エリートだけが「エリート」です。他の人間は誰もが糞であり、したがって消耗品です。」

Facebookのスクリーンショットから書き起こされた、以下のCTMUグループメンバーとのランガンの議論をお読みください。

コメント:「私はVaxの背後に悪質な動機があったかどうか疑問に思っていました。
もし私が社会の病的オリガルヒで、地球を守るために人類を大量に減らす必要があると思ったら、vaxを使って大量死を引き起こすのか、それとも大量不妊手術を引き起こすだろうか?
どちらのアプローチも大きな混乱を引き起こすだろうが、大量の淘汰は混乱を最小限に抑える可能性があります。」


回答:まず、「ワクチン」の通常の定義によれば、現在の注射は「ワクチン」ではありません。それは、寄生的なハイクラスたちが世界的な支配と制御の目的で資金を提供し、使用している危険な技術の単なる別の系統です。

大量の人間の死はトラウマであり、現状を脅かすでしょう」とランガンは説明しました。
「人口が激減し、経済がそれに追随した場合、エリートは、彼らの生存につながる可能性のある、生来の優越性や適応性を持てなくなります。したがって、彼らは大量不妊手術とよりゆるやかな人口減少を好みます。

明らかに、寄生的なハイクラスたちは、環境が人間の人口過多によって破壊されていることを心配しています。残念ながらそれは正しいことです。地球とその資源は有限ですが、人口増加は指数関数的です。しかし、彼らのアプローチには少なくとも3つの大きな問題があります。
(1)正しい方法で人口管理に取り組む代わりに、教育と遺伝的衛生を通じて人口をアップグレードし、
人間の種の最も良いことをアピールし、それ自身の利益と地球の生殖行動を制御するように説得することによって、彼らは他の人の背後に横たわって忍び寄ることを好み、偽装「ワクチン接種」へ私たちを説得し脅します。したがって、ロゴの彼らの顕著な無視。人類をアップグレードする代わりに、彼らは、無神論、唯物論、共産主義、多文化主義、民族の「多様化」、専制的な「グローバルガバナンス」のような公共の無知、見当違いの信頼、そして行き止まりの考えやイデオロギーの組み合わせに頼って、人類のコンプライアンスを劣化させています。

(2)世界のエリートは、人口を含む地球の完全な制御を必死に望んでいますが、全体的に彼らはそれに値するほど知的でも道徳的にも優れておらず、人間の種と地球全体の利益のためにそれを適切に使用する方法が判っていません。

(3)これは、コントロールアジェンダが数量管理に限定されており、品質管理を完全に除外しているという事実に反映されています。彼らは、人類の真の遺伝的富はすべて、顕著なメリット(天才、道徳的正統性)の欠如にもかかわらず、自分たちの中にそれはあると想定しています。「ソーシャル・ダーウィニズム」と呼ばれる使い古されたアイデアを採用して、他の誰もが、どれほど優れていても、どれほど賢くても、彼らにとっては劣っている消耗品であり、排除または淘汰するか、または脱落者として便利なカモの奴隷種族であるべきだと仮定します。

要するに、他のすべての人を押しのけることによって、エリートは自分たちを「マスター種族」と見なしています。これは、他の種は従順な羊の群れに他ならない一種の世界的な家畜繁殖協会だと言うことです。たとえば、ロスチャイルド家、
ウォーバーグ家、その他の国際銀行家によって資金提供され、現在は西側世界全体で国際政策として追求されているR.N.クーデンホーブ・カレルギによ​​って1世紀前に記述された「白人虐殺」アジェンダの明確かつ反駁できない形で文書化されています。

これがどこにつながるのかは簡単にわかりますが、良いことはどこにもなく、個人的には、必要に応じて、これらの注射を強制しようとする人は、深刻な身体的危害を加えることをいとわないので、他のまともな自尊心のある人にも同じことが言えます。

Q:「なぜ世界の計画者たちは、最も従順な対象者への生殖能力を殺したり減らしたりしたいのですか?」

A:あなたは完全に理解出来ないかもしれませんが、「ワクチン」に抵抗することが、エリートにとってあなたをより識別でき、したがって「鉛ワクチン接種」の対象となる人物として特定する事に役立ちます。

また、彼らは誰にでも「ワクチン」を強制することができると考えていますが、それには議論の余地があります。今、それを接種すれば、化学サイボーグとしてゾンビ化と奴隷化の資格を得ることになるので接種しないでください、あなたは人口削減を理解していますから「ワクチン」は必要ありません。死に値する奴隷は巻き添え被害者として受け取られます。その上、すべての死は過疎化の議題に役立ちます。







たとえばこういう奴とか
英国政府顧問:マスク命令は「永遠に」続けるべき (technocracy.news)
緊急権力を使って誘惑したものをあきらめる意図もなく、COVID-19パワーに酔っています。物語を支配している世界的なエリートテクノクラートは、スーザン・ミッチーの世界を「役に立つバカ」として使用しています。
英国政府の顧問で元共産党員のスーザン・ミッチーは、マスク命令と社会的距離の強制「永遠に」続けるべきであり、人々はシートベルトの着用と同じような行動を取るべきだと言います。
michie-777x420