ハルターナーラジオ番組 - 文書:米国政府は、中国で「COVID」アウトブレークの数週間前に大学の研究者に「mRNAコロナウイルスワクチン候補」を送りました!彼らはどうして知ったのですか.彼らがそれを引き起こしていない限り? (halturnerradioshow.com)
Moderna-mRNA-Agreement_large


2019年12月12日、米国国立アレルギー感染症研究所(NIAID)とModernaの間の機密保持契約に、「潜在的なコロナウイルスワクチン候補」をノースカロライナ大学に移管したことを示す機密保持契約が浮上しました。

これは、中国で新しいコロナウイルス発生の19日前でした!

コロナ発生が起こることを知っていない限り、発生前にコロナウイルスワクチンが必要であることをどうやって知ることができたのでしょうか?

上記は機密保持契約の105ページのヘッダー部分です。ノースカロライナ大学チャペルヒル校に送られる「mRNAコロナウイルスワクチン候補」の実際の物理的転送を扱います。

12月12日、ノースカロライナ大学チャペルヒル校のラルフ・バリック博士によって署名され、mRNAコロナウイルスワクチン候補の「受取人」としてリストされています。

ノースカロライナ大学チャペルヒル校のラルフバリック博士が12月12日に署名しました。彼は、mRNAコロナウイルスワクチン候補の「レシピエント」としてリストされています。

RalphBaric

また、同じ大学のライセンスおよびイノベーションサポートディレクターのジャクリーン・キーが署名し、2019年12月16日付けの署名を付けています。

JacquelineQuay

mRNAコロナウイルスワクチン候補のPROVIDERを代表して、同じ契約がバーニー・グラハムMD博士によって署名され、NIAID(国立アレルギー感染症研究所)との「調査官」として示されています。

BarneyGraham


また、PROVIDERに代わって、NIAIDの技術移転スペシャリストであるAmy F. Petrikの電子署名があり、その電子署名には、2019.12.12の08:05:02(8:05)に彼女の承認を示す電子日時スタンプが付いています。 AM)次に、「-0500」を表示します。これは、GMT時間「-0500」から米国東海岸に対応する5時間GMTを引いた時間と何時間異なるかを示します。(ノースカロライナ州)

最後に、この文書には、モデルナ調査官として示されているサニー・ヒマス博士も署名されています。

Sunny-Himansu


そのすべては、モデルナの副顧問(弁護士)としてリストされているショーン・ライアンによって承認されました


ShaunRyan


署名、日付、時刻を示す実際の署名ページのスキャン画像です

Moderna-mRNA-AgreementSIGNATURES


これらの署名はすべて、新しいコロナウイルスの言及が中国から来る前に行われました。署名したすべての個人は、彼らが「mRNAコロナウイルスワクチン候補」として研究される標本を受け取るために署名していることを知っていました。


以下は、武漢中国で始まる新型コロナウイルスの流行のタイムラインを示す世界保健機関のウェブサイトからのスクリーンショットです。WHOのウェブサイトは、WHOが12月31日武漢で新しい「ウイルス性肺炎」について最初に知ったことを明確に示しています。

W-H-O-Timeline-of-COVID
この情報が取得された世界保健機関のウェブサイト上の正確なWebページへの直接リンクです。

法執行機関がこの事実の証拠を調査し始める時が来たのでしょうか?



※いいえ、トランプの選挙時の裁判を見た限り、米国の裁判所は腐っています.....
 とにかく昔から常に陰謀はアメリカ発でした


 
これは何でしょうね? いや、なに、ちょっと気になっただけです...

FEMA正規サイト


8月11日のテストメッセージに対するFEMAとFCC計画全国緊急警報テストは、テストメッセージを受信するために選択した携帯電話と一緒にテレビやラジオに送信|FEMA.gov

8月11日のFEMAとFCC計画全国緊急警報テストは、テストメッセージを受信するために選択された携帯電話と一緒にテレビやラジオに送信されます

リリース日 6月11日  リリース番号 HQ-21-119  3-11とも読める

ワシントン – FEMAは、連邦通信委員会と連携して、緊急
警報システム(EAS)とワイヤレス緊急警報(WEA)の全国的なテストを今年の夏に実施します。

全国テストは、WEAとEASの機能をテストする2つの部分で構成されます。テストはいずれも8月11日(木).m 20時20分(米国)から始まります。


テストのワイヤレス緊急時アラート部分は、加入者がテスト メッセージを受信することを選択した消費者向けの携帯電話にのみ送信されます。これは2回目の全国WEAテストですが、消費者のオプトインベースで初めての全国WEAテストとなります。テスト メッセージは、ワイヤレス ハンドセットの言語設定に応じて、英語またはスペイン語で表示されます。

テストの緊急警報システム部分はラジオやテレビに送られます。全国EASテストは6回目となります。
FEMAとFCCは、この国家テストに備えてEAS参加者、無線プロバイダー、緊急マネージャー、その他の利害関係者と調整を行い、混乱を最小限に抑え、テストの公共の安全価値を最大化しています。このテストは、公安当局が緊急または災害時に緊急の警告を国民に提供する方法とシステムを保証することを目的としています。

テストに関する主な情報は次のとおりです。

  • 8月11日の試験の目的は、EASとWEAのシステムが緊急事態、特に国家レベルの緊急事態について国民に警告する効果的な手段であり続けることを保証することです。公衆警報および警告システムの定期的なテストは、アラートインフラストラクチャの運用準備を評価し、必要な技術および管理上の改善を特定するのに役立ちます。
  • テストのWEA部分は、FEMAの統合パブリックアラートおよび警告システム(IPAWS)、当局が複数の通信ネットワークを介して一般に認証された緊急メッセージを送信することを可能にするFEMAによって管理される集中型インターネットベースのシステムを使用して開始されます。WEA テストは、WEA テスト メッセージの受信を選択した電話のみに警告するコードを使用して管理されます。テストの EAS 部分は、FEMA 指定のプライマリ エントリ ポイント ステーションを使用して開始されます。
以下省略