世界経済フォーラム:「あなたは2030年にもはや何も所有しません」 (wochenblick.at)

btb-180105-frau-besorgt-zukunft-640x353


このような措置が続けば、世界経済フォーラム(WEF)は正しいかもしれない:2030年までに、我々はすべて何も残っていないはずだ。プライバシーさえありません。予測によると、それは少数の人々の贅沢になるはずです。

201611月、WEFは、 2030年までに世界がどのように発展するかの予測を発表しましたそれによると、私たちはもはや何も持たず、クリーンエネルギーで生活し、より少ない肉を食べるでしょう。製品はレンタルおよび借りるだけです。

ディストピアWEFが未来を予見
WEFは、将来の見通しを8つのポイントで概説しています。

彼女はディストピアを読む:「ショッピングは2030年の都市の遠い記憶であり、その住民にはクリーンエネルギーがあり、必要なときに必要なものを借りる。 すべての行動は電子的に追跡され、街の外には不満があります。社会は二つに分かれています。

1. あなたの所有物はもうありません

WEFの予測によると、将来的には他者に完全に依存するようになるでしょう。製品と見なされるものはすべて2030年までにサービスになったと言われています。「私たちは、交通、宿泊施設、食料、そして日常生活に必要なすべてのものにアクセスできます。これらすべてのものが自由になったので、私たちが多くを持つことはもはや意味がありません。」

※庶民は、実は何もかも失っていますよと言う意味...

2. 世界のCO2単価

large_iXLK1OZCRWiTFaloXutknUGzCb8GZXOKAVP_i-mq0HM

2016年のWEG予測によると、中国がCO2取引を主導することになります。
その結果、1トンのCO2を排出する権利を取引する市場が確立され、世界を単一の炭素価格と化石燃料を省く強いインセンティブへと導くと言われています。その間、再生可能エネルギーの価格が急落した後、ヨーロッパは安価で効率的なソーラーモジュールの貿易の中心にいることに気づきました。

3. 米国の優位性は終わった、もはや世界の大国ではない

「私たちには一握りのグローバルな力があります。国民国家は復活を経験するでしょう」とイガラペ研究所のリサーチディレクターであるロバート・ムガは書いています。「単一の軍隊ではなく、米国、ロシア、中国、ドイツ、インド、日本を含む少数の国々が半帝国の傾向を示しています。しかし同時に、都市の台頭やオンラインIDの急増などのトレンドによって、国家の役割が脅かされています。」

4.病院が不要になる



「現代の医学と技術は病気を抑えるべきである」とWEFは、世界銀行にも助言している医師メラニーウォーカーを引用しています。
私たちが知っている病院は歴史の一部であるべきです。メスと臓器提供は将来「禁止」になるはずですが、ナノロボットと生物工学的に作られた臓器は人々を癒すはずです。

さよなら病院、こんにちはホームスピタル

5. 肉は少量を食べる
英国リーズ大学の人口生態学教授のティム・ベントンは、肉を主食ではなくおやつとして扱うと書いています。
環境問題とより持続可能な農業への意識の高まりに基づいて、将来の人々は、WEFの考えに従ってより少ない肉を食べます。

6. 管理職は元亡命希望者

世界経済フォーラムの予測によると、元シリア亡命希望者は2030年に管理職に就く予定です。気候変動は、それまでに10億人を難民に変えたとも言われています。

 今日のシリア難民、2030年のCEO

※気候変動詐欺イベントもやるつもりなんですな...

7.西洋の価値観は破壊されます

西洋を構築した価値観は、限界点までテストされます
large_X5LmFnVr-IwpNAcoA6_olBBgfHsmm2WFZUcgCRYbMgY

WEFによると、西側の価値観は2030年までに
存在しなくなった可能性があり、悪影響を受けたと言われています。

※民主主義の終了

8.火星の人々

 「2030年代までに、我々は赤い惑星に向かって人間を移動する準備ができています
53090390

世界経済フォーラムによると、
NASAの評価に基づき2030年までに、私たちは火星にも旅行できるようになるはずです。 


 



えっ?2030年じゃないの?

クラウス・シュワブは、2026年までに我々はすべて脳インプラントを持つだろうと警告する






2030年の世界の8つの予測|世界経済フォーラム (weforum.org)