国連のアジェンダ2030はCOVID-19の原動力です (humansarefree.com)

国連アジェンダ2030は、一つの世界政府の下で地球の資源と人口を一元的に管理するために支配階級によって設計された世界的な計画です

この計画は何十年にもわたって存在し、2020 年から猛スピードで完全に実行されています。

国連アジェンダ 2030 の目標は2030 年までに持続可能な開発を装い、グローバル社会をテクノクラシー変えることです。

UN-Agenda-2030-sars-cov-2-e1601555338668

最終的な結果はハイテク奴隷システムであり、逃げることは不可能なので、絶対に実現させないようにしましょう。

COVID-19は、これらのアジェンダを押し通す上で重要な役割を果たしています。その仕組みを理解する前に、まず国連アジェンダ2030とテクノクラシーが何であるかを理解する必要があります。

国連アジェンダ2030

持続可能な開発目標
国連アジェンダ 30 には、国連の Web サイト、YouTube のビデオなどで、詐欺的なプロパガンダが公開されています。国連は、計画を 17 の部分に分割し、それを「持続可能な開発目標」と呼んでいます。

プロパガンダによると、アジェンダは、基本的に飢餓、平等、虹、ユニコーンなどが存在しない、自然とのバランスの取れた持続可能な世界を構築することです。

UN-Agenda-30-real-goals-e1601555505630


私たちの心の中では、私たちはこの世界を望んでおり、この問題に関するコントロールを支配階級に引き渡さないことを条件に、それを手に入れることができます。彼らのソーシャルエンジニアは、私たちの大半が持っている欲求を利用しています。

ローカル実装
国連は政府間組織です。世界各国が加盟しており、国連に税金を寄付しています。
SDGs は、国連から連邦政府、地方政府へと階層的に流れてきます。おそらく、あなたの主な都市では SDGs のコンテキストでプログラムを実行していることになります。
あなたの都市のプログラムにはさまざまな名前があるかもしれませんが、持続可能性とスマート テクノロジーに関するものであれば、SDG の実装となります。

テクノクラシー

テクノクラシーは社会工学の科学です。
雑誌テクノクラート誌のテクノクラート自身からの定義。

テクノクラシーは、科学が社会の組織化を指示する統治システムです。

焦点は、地球規模での資源管理と人口管理にあります。このようなシステムを実行するネットワークは、科学者、支配階級、人工知能などのテクノクラートです。

資源管理
テクノクラシーでは、地球のすべての資源がコントロールグリッドに接続され、コントロールグリッドによって管理されます。
資源には、食料、水、土地、建設、動物、人が含まれます。

製品と生物は、地理位置情報、RFID センサー、および 5G を備えたマイクロチップで追跡できます。流体、ガス、電力のスループットは、スマート メーターでカウントできます。

スマート グリッドは、ユーザーが何を、いつ、どこで、どれだけ使用したかを正確に把握しています。資源へのアクセスをリモートでシャットダウンできます。一方、政府は自給自足への生活をより困難にし、資源の独占は長い間現実のものとなってきました。

生存は、スマート グリッドを制御する国家の気まぐれに依存します。
COVID-19 の検査や予防接種を受けていない場合、または単に国に対する批判を表明した場合、生存のための基本的なネットワークへのアクセスが遮断される可能性があります。

人口管理
人口管理は、人口を追跡し、人々がどこに行くことができるか、どの行動が受け入れられるかを制御し、人口数を追跡し、誰に繁殖を許可するかをコントロールすることです(優生学)。

テクノクラシーは、ハイテク監視刑務所国家です。カメラと顔認証は重要な役割を果たしますが、オンラインでの行動も監視されます。

テクノクラートに適さないと考えられる行動に対する処罰は自動化され、人的要因と交渉が排除されます。

支配階級は、中国のデジタル独裁社会信用システム好んでおり、そのモデルを世界中に拡大したいと考えています。

人間をグリッドに接続するには、人間が機械と融合する必要があります。つまり、ある時点で、(ナノ)ロボット工学を身体に挿入する必要があります。この犯罪の完全な候補は、COVID-19 ワクチンです。

対 象
先に進む前に、学んだことを統合しましょう
  • 支配階級は世界をテクノクラシーに変えることに固執している
  • 国連アジェンダ 2030 と COVID-19 は、社会をテクノクラシーに変えるためのツールです

  • 国連アジェンダ2030は、一つの世界政府の技術が実施されている間、国民のための見せかけです
これを念頭に置いて、世界が COVID-19 の混乱に覆われている間に、支配階級が完成させたいと望んでいる目標を見てみましょうこの標的のリストに共通するのは、人類を完全にコントロールすることです。
  • ワクチン
    接種 – 人間と機械の融合 – 人口減少(過疎化)
  • AI– 資源管理– 人口管理
  • スマートシティ– 顔認証カメラ– デジタルアクセス制御– 5G–  スマートメーター 自動運転車
  • ゴバル全体主義警察国家
  • ワイルドランズ プロジェクト (「野生生物の回復」)– 農村地域から人々を排除                       例:「SDGsはあなたの土地を野生動物保護区としてマークしました。出て行け」-地方住民は都市に移動させて管理
  • 私有地なし– 土地、家– ビジネス– 必須のワクチン– マスク
  • 共産主義:「共通善」のイデオロギー – 共同体の目標は個人の権利よりも優先– 政府と企業により決定されるコミュニティ「利益」– 反体制派は追放
SmartCitySurveillance


経済を破壊する

グレート・リセット(世界経済フォーラム)
テクノクラートは、ブロックチェーンを介してIDと健康データにリンクされた完全なデジタルマネーシステムを望んでいます。
彼らによると、それを達成するための最善の方法は、古いシステムを完全に破壊し、新しいシステムを導入することです。

世界経済フォーム (WEF) はすでに「新システム」を公表しており、それを「グレート・リセット」と呼んでいます。

中産階級の破壊
最初のロックダウンは、すでに中産階級、自営業者、学生に大きな打撃を与えています。

第二に、より長く、より厳しいロックダウンは、完全に中産階級を一掃します。目を開けてメディアを観察する人は誰でも、第2の波が感染症に基づいて計画されていることを理解します。

PCR検査は科学的詐欺であり、死亡者数のみが重要なため、感染は無関係です。
覚醒している人々は、2 回目のロックダウンを受け入れません。

DNA収集,ワクチン接種、トランスヒューマニズム
COVID-19のテストを通じて、人々のDNAを取得することができます。
 
ワクチンを接種することで、人々の DNA を改変し、ナノロボティクスを導入することができます。
WEF(国連パートナー)の人々の話を聞けば、トランスヒューマニズムが彼らにとって重要な目標であることがわかります。これは、COVID-19ワクチン接種の一種の原動力となっています。

ハイテク監視
顔認証で「奴隷マスクを着けているかを監視」。出勤登録。
体温測定。連絡先の追跡健康に基づいた資源へのアクセス
(現在はマスク、後のCOVI-PASS)

繊細な慣習(健康危機がなかったら全く受け入れられない事)

警察国家
これらの展開はかなりの抵抗に遭うため、より厳しく暴力的な警察部隊を必要とします。COVIDの幻想が続く限り、警察は常にあなたの安全のためにマントラの後ろに潜んでいます。

基本的人権の破壊
基本的自由と権利は侵害されます。「あなたの安全のために」、COVID後の"新しい日常"です。

ウイルスの幻想にしがみつきたい期間は提示されています。
彼らは2030年までに議題を完了したいと考えています。


ソリューション
解決策は、実際に何が起こっているのかを認識する世界中の人々から始まります。
彼らは腐敗した政府や企業ではなく、人々をサポートしなければならないので、警察や軍隊の友人家族にも知識を伝えることが最善です。

彼らの子供たちと家族も、ハイテク刑務所の状態で「暮らす」必要があります。
最終的に権力を握るのは国民です。真実と正しい行動で団結すれば、これは瞬く間に終わる可能性があります。




参考:

「新国際経済秩序」の推進の歴史

agenda21_32_02

国連サイト
歴史|アンクタ (unctad.org)
TRADE AND CLIMATE CHANGE POLICY BEYOND 2015 (unctad.org)
agenda21_32_03

UNCTADの2015年の政策ブリーフの中で、世界的不況後の地政学的、経済的環境が私たちに何をもたらすか、明確な外観を見つけ始めました
世界的な問題は(設計された)グローバルソリューションを招きます

UNCTADと「持続可能な多国間」人類ビジョン


agenda21_32_05_small


2015年の政策ブリーフ第31章で「変革的」と「多国間」のグローバルガバナンスの新しい顔を宣言

この新しい形態のグローバリズムは、中国、ロシア、インド、ブラジルなどの国々が地域統制の何らかの尺度を可能にする一方で、最終的にはCOP21の「拘束力のある法的合意」に従属することを可能にする

地域団体は、一般的に合意されたグローバル開発と経済基準(COP21)を遵守します。

リオ'92が定めたICLEIの「持続可能な開発」原則に長く取り組む都市、町、コミュニティは、すでにこの「多国間グローバリズム」とロックステップに入っています。

agenda21_32_09


「グリーン」グローバル貿易ガバナンスの永遠のサイバネティック・テクノクラシー・アジェンダ21フィードバックループ