「自己拡散」ワクチンは社会に複数のリスクをもたらす - インフォームド・コンセントの終了を含む • 子供の健康防衛 (childrenshealthdefense.org)

ワクチン支持者は、自己拡散ワクチンによって、複雑な大量ワクチン接種プログラムを実行する必要がなくなる可能性があると主張しています。批評家は、ワクチンは多くの健康リスクをもたらし、インフォームドコンセントの終焉を意味すると述べています。

self-spreading-vaccines-informed-consent-feature
 

2019 年 10 月、ジョンズ・ホプキンス大学健康安全保障センターは、「パンデミック演習」イベント 201 を共同で後援しました

1 年と少しの後、イベント 201 のシナリオが「仮説」から具体的なものに変わったとき、イベントのスポンサーは、世界の大半が COVID-19 の予防接種を受けることを意図していることが明らかになりました。

しかし、この目標を達成することは「記念碑的な課題」です。米国では、ニンジン(現金支払いを獲得する機会からフライドポテトの無料注文に至るまで)とスティック(予防接種を受ける」と「敬遠」する厄介な呼び出しなど)の両方を含むマーケティング電撃にもかかわらず、成人の3分の1以上(38%から45%)が正式に認可されていない緊急使用承認注射を辞退し続けています。

注射を受けていない人々の中には、最終的にワクチンを接種する予定だと世論調査員に伝えている人もいますが、絶対に受けないという確固たる少数派は依然としています。同じパターンが世界的でも当てはまるようです。世界中の成人のおよそ3 分1が、COVID の予防接種を受けないと答えています

社会および行動科学の研究者は、ワクチンの信頼をより黙認的な領域にするために「ソフトサイエンス」技術を適用しますが、科学者は、潜在的に別のオプションを持っています - 「伝染性疾患と同じように集団を移動する遺伝子組み換えワクチン」は、「宿主から宿主へ」自分自身で広がります

理論的には、自己拡散ワクチン(自己普及または自律的とも呼ばれる)は、転送可能または透過可能(「無期限の伝搬が可能」)のいずれかに設計することができます。

ワクチン科学者は、伝染性ワクチンは「まだ主流ではないが、ゲノム工学の革命はそうなるに違いない」と認めています

自己拡散ワクチンのメーカーは、組換えベクター技術使用して、「良性」、「無害」、または「無毒」と見なされるウイルスベクターのシャーシ」に標的病原体から遺伝物質を構築します。これはジョンソン・エンド・ジョンソンアストラゼネカのCOVID ワクチンの製造に使用されるウイルスベクターアプローチに似ています。

ジョンズ・ホプキンスにとって、自己拡散するように意図的に設計されたワクチンの魅力は明らかです。大学の健康安全保障センターは、2018 年の報告書「世界の壊滅的な生物学的リスクに対処するための技術」でその主張を明確にしました報告書は、「これらのワクチンは、個々の人々に接種する必要なく、ヒトの…集団のワクチン接種率を劇的に高めることができる」と述べています。

自己拡散ワクチンの実用的な意味をさらに詳しく説明すると、報告書の著者は、「少数のワクチン接種した個人のみが、より多くの影響を受けやすい集団に保護を与える必要があり、したがって、大量のワクチン接種作業の必要性を排除します」と述べています。

プログラムの観点からは、この戦略にはすべての人に手動でワクチンを接種するよりも安価」という利点があります。しかし、おそらくさらに重要なことは、大量ワクチン接種プログラムが日常的に取り組んでいる「厄介な倫理的問題」の1 つであるインフォームド コンセントを無効にすることです。

大学の保健安全センターが報告書で簡潔に認めたように、自己拡散ワクチンは、「ワクチンがその後に広がる人々に対して」インフォームドコンセントを提供することを本質的に不可能にします。

Nature Ecology & Evolution に 2020 年に寄稿した研究者、ウイルス性人獣共通感染症 (動物から人間に飛び移ると考えられている病気) が「グローバル マインドセット」の定着した部分であり、パンデミックに取りつかれた世界的な健康時代精神の中心的な要素になっていることを観察しました

SARS-CoV-2の証明されていない人獣共通感染症の起源にもかかわらず疾病管理予防センターの元所長であるロバート・レッドフィールドなどの人物によって疑念が投げかけられた)、昨年のコロナウイルスの誇大宣伝は、野生生物の集団が恐ろしい大釜を表しているという一般的な認識強化するのに役立った潜在的なウイルスの脅威 - 人類を危険にさらす行動に飛び出すには、適切な一連の状況だけが必要です。

COVIDの瞬間を便利な科学的機会に置き、研究者は「SARS-Cov-2パンデミックを封じ込められなかった」と主張し、自己拡散ワクチンの展開を加速させる根拠を提供することを示唆しています。部のジャーナリストは「野生動物がホストする様々な病気に対して、曝露したことによって微生物が人間にうつる機会が得られないようにすることは素晴らしい」と主張します。

伝染性ワクチン研究は、国防高等研究計画局(DARPA) やアメリカ国立衛生研究所 (NIH) などの政府機関や、伝えられるところによると、ゲイツ財団などの寄付者の資金調達の優先順位のリストも上位にランクインしています。

少なくとも公式には、自己拡散ワクチン研究の主な焦点は、これまでのところ野生動物の集団にありました。直接的な野生動物ワクチン接種(狂犬病に対するワクチン接種など)の実践は1960年代から続いていますが、野生動物の殺菌ワクチン(免疫避妊と呼ばれる)と遺伝子工学の最近の進歩を開発するための長年の取り組みは、「伝染性ワクチン研究の基礎を提供してきました」。

基本的には、直接接種を通じて[野生動物]集団のごく一部にワクチンを接種するという考え方です創設者はこれを応用して、接触、セックス、看護、または同じ空気を呼吸することによって、遭遇する他の人にワクチンを受動的に広げます。徐々に、これらの相互作用は、人口レベルの免疫を構築することができます。

スペインの研究者がウサギの限定フィールド試験テストしたところ、ワクチン未接種のウサギの約50%が、注射または経口で伝染性のワクチンを受けたワクチン接種済みのウサギと一緒に飼育された後、抗体を生成しました。

研究者が
第 2 世代の伝播(つまり、ワクチン未接種の第 1 群のウサギと一緒に移動した別のウサギの群の中の抗体発生のウサギ) を評価したところ、伝播率ははるかに低かった (24 匹中 2 匹のウサギ)。

ジョンズ・ホプキンスのレポートが 2018 年に明らかにしたように、自己拡散アプローチを人間に適用できない技術的な理由はありません。
しかし、著者は「
いくつかの大きな課題」を認めています。

その中には、(前述のように) 自己拡散ワクチンによってインフォームド コンセントが意味のないものになり、アレルギーなどがある人について個人を限定し調査することが不可能であるという事実も含まれます。

ジョンズ・ホプキンスらによると、もう 1 つの大きな課題は、「ワクチン ウイルスが野生型の病原性に戻るという重大なリスクであり、ワクチンが病気を予防するのではなく、伝播する機会を作り出すことです。

実際、世界はこの現象を経口ポリオワクチンという形ですでによく知られています。「意図的にそのように設計された」わけではありませんが、経口ポリオワクチンは「少し伝染する」と考えられておりポリオ引き起こすことが認められています。

ホプキンスの研究者は、リターンの「医学的リスクと大衆の認識リスクの両方」と指摘しました。

大学の報告書に明記されているもう 1 つの Catch-22 は、ワクチンをより「伝染性が低い」ように操作することでリターンリスクを軽減できる可能性はあるものの、ワクチンを自ら「拡散させる」という、目的に反する可能性があると述べています。

これらの同じ著者は、新生児への直接ワクチン接種で伝染性のボールローリングを開始することが特に影響を与える可能性があることを示唆するモデルも開発しました

2020 年 9 月原子力科学者会報に書い2 人の研究者は、自己拡散型ワクチンには重大なマイナス面があり、「深刻なリスクを伴う」可能性があることに同意しました。

彼らは、「新興感染症と戦うことは技術的に実現可能であることが判明するかもしれないが..自己拡散ウイルスでは、その利点は大きいかもしれないが、これらの利点と、さらに大きなリスクを比較検討する方法はありますか? と、彼らはいくつかの追加の質問を概説しました。

  • ワクチンのリリースの「場所と時期」について誰が決定を下すのですか?
  • 突然変異、種のジャンプ、国境を越えるなどの「予期せぬ結果」や「意図しない結果」がある場合はどうなりますか?意図しない結果について、2人の著者は「常に存在する」と付け加えました。
  • 生物兵器と「二重使用」のリスク、つまり、病気を防ぐのではなく、「意図的に害をもたらす」ためにテクノロジーを使用することについてはどうですか? 薬理ゲノミクス、医薬品開発、個別化医療の進歩により、「超標的生物戦争」が実行出来る可能性があると 2 人は指摘した。
後者の点では、Bulletinの著者は、動物の免疫避妊と、アパルトヘイト時代の南アフリカの人間に対する「兵器生物学」の悪名高い例であるプロジェクトコーストと呼ばれる、黒人女性に使用された不妊「ワクチン」を開発しようとしたと伝えられています。

他の科学者は、伝染性ワクチンに対してさらに直接的な主張をしており、ワクチンが自律的に拡散するリスクは実際には「潜在的な利益をはるかに上回る」と主張しています彼らの見解では、リスクには、「ウイルスの突然変異の予測不可能性、大規模で安全にテストできないこと、およびバイオセキュリティに対する重大な潜在的脅威」が含まれます。


多くの予防接種を受けていない個人は、COVIDワクチン接種を受けた個人の近くで時間を過ごした後、異常な症状や病気を報告しています。

Pfizerのプロトコルを指摘して、接種者の吐く息を
吸入または予防接種を受けた個人との皮膚接触による暴露の可能性を認め、関係する医療専門家は、何らかの新しい形態の脱落が起こっているかどうかという問題を提起している。

COVID注射が何らかの意味で「自己拡散」しているかどうかは、現在答えることができない質問です。しかし、観察されたワクチン接種から予防接種を受けていない「脱落」効果を説明できる、少なくとも1つのもっともらしい分子メカニズムがあります。

GreenMedInfoのセイヤー・ジは、「生物学的システム内の水平情報伝達は、核酸のマイクロベシクル脱落および/またはエキソソーム媒介性伝達として知られるウイルス様の現象を含む細胞外小胞によって媒介される」と説明している。「小屋の微小胞の生物学と生物形成」に関する2017年の査読研究を引用して、Jiは次のようになります

「[I]tは、ワクチン接種が予防接種を受けていない人に与える持続的な生物学的影響に関しては、生細胞ワクチン脱落よりもさらに大きく、永続的な脅威を表すマイクロベシクル脱落に寄与する可能性がある」

さらに確実なのは、(実験なので)科学者自身がすべての答えを持っていないということです。一部の人々は、単に「厄介なものに進化する能力を妨げる方法で」ワクチン遺伝子工学の可能性を信じたいと思うかもしれません。しかし、他の人は「(伝染性ワクチンが)自己複製し、伝達の拡張鎖を生成する能力に起因する進化的変化の必然性」に注意していると言うことです。


「アチョー!アタタタタ!お前はすでに接種している....」
この記事だともうすぐ全人類の少なくとも80%以上が接種したことになりそうですね。
※自分は職場が隣だし、今のところ接種者に一切近寄った覚えはないですが、皆さんはいかがですか?
でもそれもやがては無駄な抵抗ですよね、それに実験中なので今後どうなるかは未知ですね...



オランダ語で翻訳がムチャクチャ、なんか形勢逆転した感じ
航空会社はワクチン接種した乗客の搭乗禁止を検討中
予防接種のために飛んではい|?Vrijspreker.nl
大手航空会社の弁護士や会計士は、予防接種を受けた乗客を飛ばすことは、彼らを危険にさらす可能性があることを認識しているようです。これは、ワクチンが血液凝固、脳卒中、出血の問題を引き起こす可能性が知られていることによる。血液凝固の問題は、飛行の既知のリスクです(飛行中の空気圧低下によると推測)