パンデミックの成功に基づいて、「気候ロックダウン」は次です (technocracy.news)

Screen-Shot-2021-03-26-at-6.55.14-AM-777x437

2020年の大パニックは、地球温暖化パニックを引き起こした気候警戒者と同じ人たちによって行われました。現在は、経済活動の停止に成功したので、ディストピア「気候ロックダウン」を提案しています。

あなたはCOVID-19のロックダウンよりも悪化することはないと思いますか?

もう一度考えてみてください。

その組織の関係者の左派の教授は、「近い将来、世界は再びロックダウンに頼る必要があるかもしれません。今回は気候の非常事態に取り組むためです」と述べています。

「「気候ロックダウン」の下では、政府は自家用車の使用を制限し、赤身肉の消費を禁止し、極端な省エネ対策を課すだろうが、化石燃料企業は掘削を止めなければならないだろうと、ユニバーシティ・カレッジのマリアナ・マッツカート教授は、ユニバーシティ カレッジ ロンドンのイノベーション アンド パブリック バリュー センターの経済学、気候ロックダウンの回避というタイトルの論文で書いています。

https://youtu.be/TZ4m0n2lNco

※記事が解りにくくダラダラと長いので要約すると

「『気候ロックダウン』の下では、各国政府は、
  • 自家用車の使用を制限する

  • 赤身肉の消費を禁止する

  • 極端な省エネ措置を課し

...ながら、..化石燃料会社は掘削をやめなければならないだろう」と、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのイノベーション・パブリック・バリュー・センターのマリアナ・マズカート教授は、「気候ロックダウンを避ける」という論文に書いている。

※このマズカートが赤身肉禁止を主張する張本人

マルク・モラノ:私たちはCOVIDロックダウンから「気候ロックダウン」に行きます

...バイデンの下で




彼女の論文のタイトルは非常に誤解を招くものです。

彼女は気候ロックダウンが必要になると信じています

「私たちの経済構造を一新し、資本主義を別のやり方で行う」

オーバーホールが必要な 3 つの障害を取り除く必要がある、と彼女は言います。

  • 「ステークホルダー主導ではなく、株主主導のビジネス

  • 不十分で不適切な方法で使用される金融

  • 時代遅れの経済思考と誤った仮定に基づく政府。

彼女は本当にファシスト経済学について話しています。
政府は「民間」セクター企業の政策を設定します


彼女は、政府が「民間」部門の企業の政策を設定するファシスト経済について話している

ビジネスに対する政府の過剰支援は、補助金、保証、救済、パートナーシップの構築に関する支援を減らさなければなりません。

これは、納税者の​​お金が生産的に使用され、短期的な私的利益ではなく長期的な公共価値を生み出すことを保証するために、企業救済に厳しい条件を課すことを意味します。

市場は自らグリーン革命を主導しないため、政府の政策は市場をその方向に導く必要があります。
これには、イノベーションを起こし、リスクを取り、民間部門と一緒に投資する起業家国家が必要です。

ニューヨークタイムズ

彼女のメッセージは、多くのアメリカの政治家にアピールしています。

エリザベス・ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州民主党)マズカート博士の考えをいくつかの政策展開に組み込みました。

「将来の国内雇用と持続可能な投資を創出する連邦研究開発」、

...そして、政府が製薬業界への投資の見返りを受け取ることを許可するもう1つの...

climatechange189_02_small
               オカシオ・コルテスとマズカート

マズカート博士はまた、アレクサンドリア・オカシオ・コルテス下院議員(ニューヨーク民主党)と彼女のチームと協議し、より活発な産業政策がグリーンニューディールを促進する方法について相談しました。

※オカシオ・コルテスによって提出されたグリーンニューディールは、=アジェンダ2030
・社会保障管理の開始
・米国人の金を没収する
・連邦政府の権力と管轄権を大幅に拡大する


共和党員でさえ...

2019年5月、フロリダ州選出のマルコ・ルビオ上院議員は、経済成長を飛躍的に開始するという彼の提案である「21世紀のアメリカ投資」でマズカート博士の作品を何度か評価した。

「狭く短期的な財務用語で価値創造を理解するプレッシャーを超えて見ることができる経済を構築する必要があります」と、彼は紹介で書きました。

 多くの星を生成しない論争の分野でカリスマ的な人物 - 彼女は最近、ワイアード誌の英国版でプロファイリングされました。

彼女のアイデアは...世界中に受け入れられる聴衆を見つけています。

英国では、マズカート博士の作品がジェレミー・コービン労働党党首とテレサ・メイ元首相に影響を与え、スコットランドの指導者ニコラ・スタージョンに国家投資銀行の設計と設置について助言しました。

彼女はまた、ドイツ、南アフリカなどの政府機関に助言しています。

「手を汚す時に」と彼女は言った。「私は学び、それを理論に戻す」...

「新鮮な経済思考」を促進することを目的とした表彰である第1回「Not the Nobel Prize」にノミネートされました。

「政府は、主流の考え方が彼らを助けていないという事実に目覚めました」と、彼女は政治家や政策立案者に彼女の魅力を説明しました。

数日後、彼女は勝った。

世界は非常に悪い考えを持つエコノミストでいっぱいですが、マズカートの中心的な計画のアイデアは最悪の一つです。

彼女は、個人や独立したビジネスへの嫌がらせにつながる可能性のあるアイデアでいっぱいです。これを彼女が獲得している次のものと組み合わせると、彼女は非常に危険です。

今のうちにハンバーガーをお楽しみください...


https://www.project-syndicate.org/
マリアナ・マッツカート
ユニバーシティ カレッジ ロンドンのイノベーションと公共価値の経済学の教授であり、UCLイノベーション アンド パブリック パーパス研究所の創設ディレクターで あり、世界保健機関の評議会の議長を務めています。

世界が近づいている

気候変動の転換点、

文明の未来を守るとき

劇的な介入が必要になります。

 

このシナリオの回避

グリーン経済の変革が必要

したがって、根本的なオーバーホール

コーポレートガバナンス、財務、ポリシー、

そしてエネルギーシステム。



※自分には狂人にしか見えませんが...


始まりました、クラウス・シュワブの肉攻撃「サイバーパンデミック」かな?

サイバー攻撃は、世界最大の肉生産者をシャットダウンします, JBS – 禁じられた知識テレビ (forbiddenknowledgetv.net)