予防接種を受けたスーパープロパゲーターになり、タンパク質をスパイクオフする (wochenblick.at)

mRNA 技術の発明者は次のことを確認しています
ワクチンを接種された人々は、超拡散者になり、スパイクタンパク質を分泌します

※mRNAの発明者本人が登場したようです

wb_corona_impfstoff-640x353

Covid-19ワクチン接種者がスパイクタンパク質を分泌し、それをワクチン未接種の人々に移し、またウイルスのスーパースプレッダーになる可能性があるという数か月間ネット上で広まっている懸念は、mRNAワクチンの発明者によってツイートで確認されています
その名は「ルイージ・ウォーレン」
これは、ドイツの感染保護法が、ワクチン接種済みの微生物から未接種の微生物に微生物を移すワクチン接種を許可しているという事実とよく一致しています。身体的完全性の権利は制限されています。この法律は 2019 年 8 月から施行されており、2020 年末に改正されました。

遺伝子ワクチンを接種した人はタンパク質を分泌する

ルイージ・ウォーレンは、現在のCOVID-19遺伝子ワクチン(モデルナなど)で使用されているmRNA技術の発明者です

これまで「陰謀論」として片付けられてきたものを、今ではいくつかのツイートで確認しています。そのうちの 1 つは、適用ルールに違反したとして Twitter によって削除されました。検閲者は、ルイージ・ウォーレンが誰であるかを理解していなかったに違いありません。このスクリーンショットで、ウォーレンは 2021 年 5 月 26 日に次のように書いています。
「リリースのアイデアは、ワクチンを接種した人々がウイルスではなくスパイクタンパク質を分泌することを意味すると信じています。そして、mRNA を予防接種した人々がタンパク質を分泌することは確かに事実ですただし、ほとんどの場合そのような少量では、他の人に病気や倦怠感を引き起こすことはできないほど安全です。」

Twitter が投稿を削除したとき、ウォーレンは書きました、私はただ反論しただけ、 あなたが私をツイートから締め出したのは正しい、 私はこの技術の発明者であり、モデルナの開発の元になっています。見てください。私は知っています。

予防接種を受けた人はスーパースプレッダーになる

別のウォーレンのツイートでは、まだここに存在しますが、スクリーンショットとしても利用できます。 「未関与者に病気を引き起こすワクチン誘発スパイク蛋白」よりも信頼できる考え方は、リンパ球の減少(白血球の欠乏)ADE(ウイルスの広がりと増殖を好む感染増強抗体)またはワクチンがウイルス抗原のサブセットのみを発現するという事実(遺伝子またはDNAの遺伝子情報)に起因するワクチンのウイルススプレッダーが超広がるということです。
Luigi_Warren_Tweet_01


体が自らワクチンを作る

スパイクタンパク質は、ウイルスがヒト細胞に侵入できるようにするタンパク質です。mRNAを含む遺伝子ベースのワクチンは、ウイルスの設計図を提供し、注射後にヒト生物がスパイクタンパク質を含むウイルスのタンパク質を生成するようにウイルスの青写真を提供します。免疫システムはこれに反応し、免疫保護を構築します。体はワクチン自体を生成しますが、従来のワクチンでは、死滅または弱体化したウイルスまたはその成分が注射されます。

人間の「ソフトウェア」が「ハッキング」される

ルイジ・ウォーレンは、カリフォルニア州のセルラー・リプログラミング社のCEOです。ソフトウェアの専門家であり、生物学も学びました。ハーバード大学時代、普通細胞を幹細胞に再プログラミングする新技術を開発。それ以来、基礎となる技術の商用アプリケーションのさらなる発展(mRNAリプログラミング)に焦点を当ててきました。彼は様々なアプリケーションのための多くの特許で彼のmRNA技術確保しています。



ハルターナーラジオショー - COVID Vaxの医師:「私たちはねじ込まれました。私たちはスパイクタンパク質がTOXINであることを認識していませんでした" これは、予防接種を受けたすべての人が自分の体で自分のスパイクタンパク質毒素を製造していることを意味しますか? (halturnerradioshow.com)

COVID Vaxの医師:「私たちはねじ込まれました。私たちはスパイクタンパク質が毒素であることを認識していませんでした" これは、予防接種を受けたすべての人が自分の体で自分のスパイクタンパク質毒素を製造していることを意味しますか?


日本で行われた最新の査読付き研究を引用しているドクターによると、「彼らは間違いを犯しました。スパイクタンパク質は優れた標的抗原であると考えたのですが、それは毒素であり、多くの臓器に移動する可能性があることを発見しただけです。体に深刻なダメージを与えます。」

さらに悪いことに、mRNAワクチンによって生成されたスパイクタンパク質は肩の筋肉にとどまるのではなく、脳、心臓、卵巣などに広がります。

彼らはまたスパイクタンパク質がCOVIDの損傷を引き起こす原因であることを知っています - そして今、それが予防接種を受けた体の他の部分でどのように多くの損傷を引き起こしているかは明らかです。

この日本の査読報告書(HERE)が正確であれば、自分の体が殺す毒素であるスパイクタンパク質を製造しているので、ワクチンを服用したほとんどすべての人がすぐに死んでしまいます。

と、言ってますが。


なんだ、当然だけど、やっぱ日本も知っててやらかしてるのね....


とりあえずルシフェラーゼでマウスが発光してるのだけ見た、
まだよく読んでないけど、これは保存ですな
日本の薬物動態試験の概要文
672212000_30300AMX00231_I100_1.pdf (pmda.go.jp)


ルシフェラーゼの説明はココに少しあり
トランスヒューマニスト運動と注射痕にくっつく磁石 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)



ドイツは、2019年に国連の予防接種戦略をさらに進めるため、WHOが考案したCOVID-19生物戦争攻撃を後援した :2021-2030  ia2030_Draft Zero_15052019.pdf (presscore.ca)




関連: