Pandemic Phase Two | Armstrong Economics
マーティンアームストロングによって2021年5月24日に投稿

パンデミックフェーズ2





クラウスシュワブと彼の世界経済フォーラムは、意図的に作られたCOVIDパンデミックに続く2回目のパンチの準備をしている可能性が高いです。2番目のパンチは、世界経済を破壊するサイバー攻撃のシミュレーションによる彼の深い警告です。

彼が第4次産業革命と呼んでいるものを指揮、制御、加速し、それをGOサインの緑に変えることができると考えるこの男が、サイバーセキュリティの中心をどのように作成したのか不思議に思います。


WEF-Simulation-Event-101-1024x495

世界経済フォーラムはすでに、世界の金融システムを屈服させるサイバー攻撃のシミュレーションを実施しています。

もちろん、この製造されたパンデミックのほんの数ヶ月前に、それを実行する方法についてのシミュレーションも行われました。彼らは、経済的信頼モデルの転換に合わせて、製造されたパンデミックのタイミングを計ったようです。


Build-Back-Better-1

私たちのモデルは、2020年3月のクラッシュは前例のないものであり、歴史上かつてないほどのこのようなイベントが、短期間でこれほどまでに進んだことを明確に示しています。
それは
意図的な操作だったようです


ECM-2020-2024-989x1024

おそらく今回は、彼らがドルに最大の強打を与えるために、彼らのイベントのモデルの時間を過ごすべきであることを単に認識しています。彼らは2022年の来年3月まで待つでしょうか?それとも、彼らは私たちの短期的な配列と目標の8月から10月を使用するでしょうか?

2020年11月、シュワブの世界経済フォーラムがカーネギー国際平和基金と協力して、世界に「グレートリセット」を受け入れさせるこの計画の第II段階を打ち出しました。
彼らは、世界の金融システムがサイバー攻撃に対して脆弱であることを警告する報告書を共同制作しました。


WEF-Cyber-Attack-Hack

ある組織がランサムウェアをポップアップさせたのは非常に興味深いことです。
ランサムウェアは、ガスパイプラインの閉鎖で500万ドルの支払いを受けた後、解散すると主張しています。
このギャングは、
DC警察の記録の公開を脅かしました。
 
コロニアルパイプラインは、ハッカーに身代金として約500万ドルを支払いました。

正直なところ、それは安かったです。
これは正確にシュワブのパートIIの舞台を設定しています。

彼らは今、マルウェアは有益であり、全世界が人質にされる可能性があると主張することができます。それは今のところ可能性が高いですが、この脅威はグレートリセットをプッシュするための最大の利益であるようです。COVIDは明らかに誇張されており、偽のモデルが世界経済を閉鎖するために使用された場合、これらの同じ人々はこのサイバー脅威を誇張することによって多くを得ることができます。問題は、いつ彼らがそれをやってのけるのかということです。来年は?





未来のためのシナリオ② : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
coronavirus260_34

グレートリセットのインターネットガバナンスが始まりそうですな...

マルクス主義者が世界を引き継ぐこの3回目の試みをどうやって生き延びるのでしょうか?
 

次の偽フラグイベント
サイバー ポリゴン |世界経済フォーラム (weforum.org)