Bill Gates’ latest depopulation scheme? Pollute the skies, collapse the ecosystem and starve everybody to death (climate.news)
2年前の記事より

ビル・ゲイツの最新の過疎化スキーム?
空を汚染し、生態系を崩壊させ、人々を餓死させる

※これはSCoPExプロジェクトと言います
13


ビル・ゲイツは、過疎化の強力な支持者であるという主張によって何年もの間悩まされてきました。慈善家や人道主義者として称賛されているにもかかわらず、ゲイツ氏の行動は必要な手段で世界人口の削減に積極的に投資していることが何度も証明されているのが現実です。
真の活動家によって報告されたように、ゲイツは繰り返し世界的な過疎化のための彼の承認を表明し、不妊手術プログラムに資金を提供してきました。
大きな害を引き起こした広範囲にわたるワクチン接種プログラムを推し進めてきました。

そして、誰かを生き続けさせるために納税者のお金を受け取る価値があるかどうか、またはむしろ死ぬことを「許す」べきかどうかを当局が決定することを可能にする、いわゆる「死の陪審員」の実現を信じています。

ゲイツの最新の計画は、おそらくこれまでで最も大胆で、おそらく最も危険なものです。Big League Politics(BLP)が報告したように、ゲイツ氏はハーバード大学の研究者による研究に資金を提供しており、毎日何百万トンものチョークダストを大気中に放出すると太陽が暗くなり、気候変動と戦うことができることを証明したいと考えています。(関連: ビル・ゲイツが女性のリモートコントロールマイクロチップベースの不妊手術を展開する。)

ゲイツの危険な計画

BLPが説明したように、ゲイツ氏とハーバード大学のチームは、ピナツボ山が爆発した1991年にフィリピンを襲った自然災害から研究のアイデアを得ました。

災害により700人以上が死亡し、数十万人のフィリピン人が避難しましたが、その崩壊により科学者の頭の中にアイデアが浮かび上がりました。

爆発後、成層圏に化学雲が残り、2000万トンの二酸化硫黄が放出されました。その後、硫酸が1年以上降雨し、太陽光を反射した結果、SCoPEx [成層圏制御摂動実験]開発されました
ゲイツが資金提供した計画は、ハーバード大学の科学者が最終的に気候操作計画に成功した場合、本質的に地球全体の火山爆発の余波の状態を再現します

チームの計画では、800機の大型航空機を使用して、毎日地球の表面から12マイル上にチョークを投棄し、作られた日陰が太陽光線を反射し、それによって地球温暖化を防ぐと主張しています。
科学者たちは実験を開始することを熱望しており、ニューメキシコ州の砂漠でチョークを搭載した飛行機のラウンドを開始することを計画しています。当初のSCoPEx実験には、約300万ドルの費用がかかり、少量の炭酸カルシウムダストを大気中に放出して結果を測定する必要があります。
しかし、誰もが実験の開始を熱望しているわけではなく、当局は、研究が裏目に出て干ばつやハリケーンなどの自然現象を引き起こす可能性があることを恐れて、中止を呼びかけています。(関連: ビル・ゲイツとジョージ・ソロスがモンサントと世界の過疎化アジェンダに資金を提供しています。)

3c9ce0f4


科学者たちは心配している

著名な科学者たちは、ゲイツの計画について深刻な懸念を表明しています。国連気候政策顧問のヤノシュ・パストルは、次のように警告しています。

「政府はこの議論に参加し、これらの問題を理解する必要があります」と彼は付け加えました。「彼らはリスクを理解する必要があります—それを行うことのリスクだけでなく、理解が足らず、知らないことのリスクも。」

太陽を吹き飛ばす明らかなリスクの1つは、光合成のプロセスを妨げることです。これがないと、植物や食用作物は生き残れず、すべての人間や動物の生命が危険にさらされます。



↑実は、本当はこれが狙いだったのです....

成層圏汚染イニシアチブは、「プロジェクトSCoPEX」という太陽を暗くし、光合成を停止させ、そもそも食料を生産するために必要な細胞エネルギーを食用作物から奪う計画を実行中です。
11,000人の科学者が何十億人もの人間を地球から排除する命令に署名 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)