2018年の段階で中国発生源としてのアウトブレークは発表されていた


ゲイツ財団提供:疾病モデリング研究所

2018/04/27に投稿

2018年、疾病モデリング研究所は、中国発祥のインフルエンザウイルス(コロナウイルス)武漢地域から世界中に広げ、数千万人が死亡するビデオを作成。

それはまさに2年後に起こったことです。




ファウチは今後2年以内にパンデミックを保証した
coronavirus260_07

2017年アンソニーファウチは非常に奇妙な予測を行い、さらに奇妙な確信を持っていました。
ファウチは完全な自信を持って、トランプ大統領の最初の任期中に感染症の突然の発生が確実に起こることを保証しました

彼が言ったことは次のとおりです

「感染症の分野で来るべき政権に挑戦することになるのは疑問の余地がありません。」

「今後2年のうちに驚きのアウトブレークがあります」

「これについては誰の心にも疑いの余地はありません」





ビル&メリンダ・ゲイツは、2018年に差し迫った世界的なパンデミックを保証します
vacunas229_01_small


ビルゲイツは3,000万人を一掃できる世界的なパンデミックが進行中であると公に発表しました。
彼は、これはおそらく次の10年間に起こるだろうと言いました。

メリンダ・ゲイツは、人工ウイルスは人類の最大の脅威であり、これが今後数年間で人類に打撃を与えることを保証すると付け加えました。





パンデミックの演習
coronavirus260_08
Event 201, a pandemic exercise to illustrate preparedness efforts (centerforhealthsecurity.org)

ビル・ゲイツは、世界中でワクチンを扱うだけで、500億ドルの財産を2倍の1,000億ドル以上にした世界一のワクチンディーラーです。
彼はこれが彼の「これまでで最高の事業投資」だったと言いました。


中国での発生の数ヶ月前に、ビル・ゲイツは「イベント201」と呼ばれるイベントをニューヨーク市で開催しました。

それは「コロナウイルスパンデミック運動」でした。
ビル・ゲイツはコロナウイルスのパンデミックが起こる直前にコロナウイルス大流行の「運動」を組織しました。


翌年のワクチン販売についての興奮
この直後のビル・ゲイツのツイート
coronavirus260_09

私は、来年が世界の健康で最高の買い物の1つであるワクチンにとって何を意味するのかについて特に興奮しています。

世界の「ナンバーワンのワクチンディーラー」は、今後数年間で世界的大流行が発生することを保証しており、彼の妻は、「進行中の」人工ウイルスを恐れるべきだと言いました。

その後、彼らは差し迫った世界的なパンデミックのための演習を組織し、「ワクチンが唯一の解決策になるだろう」と言いました。

ビル・ゲイツは、翌年にワクチンを売ることにどれほど興奮しているかをツイートし、その直後に発表されたパンデミックが勃発します。そしてすぐにビル・ゲイツは、人類のための唯一の解決策は彼のワクチンを買うことであると宣言しました。




2013年に予測された2020年のコロナウイルスのパンデミック

2013年に、クリープ博士」という独特の名前のミュージシャンが パンデミックと言う題名のラップ曲を書きました。
この歌は、パンデミックの間に、アメリカ全土で激怒した暴動を予測した歌詞で、「州は外の通りで暴動を起こしているーそれはあなたの窓に来ている~」
coronavirus260_11


そのミュージシャンの答えは興味深いです

「私は2012年に研究を行い、いわゆる「陰謀論」を読みました。パンデミックは2020-2030年の10年間に起こるはず、だから、私はパンデミックという歌を書きました。」





「世界的なコロナウイルスパンデミックに備える」
2019年9月、これも発生の直前に、世界準備監視委員会世界のリスクというタイトルの報告書を発表しました

それは、コロナウイルスの発生に備える必要があることを強調し、報告書の表紙には、コロナウイルスとフェイスマスクを着用している人々の写真があります。

coronavirus260_12

この報告書には興味深い内容が一部あります

「国連(WHO含む)は、致命的な呼吸器病原体の意図的な放出をカバーするための演習を含む、少なくとも2つのシステム全体の訓練とシミュレーションの演習を実施しています。」




コロナウイルスは設計されたのか?
coronavirus260_13

生物兵器の世界有数の専門家の1人はフランシスボイル博士です。

彼は、武漢の生物兵器研究所、P4生物安全研究所に由来すると確信しています。 

この施設は...コロナウイルスの開発に特化しています!

それらは既存のウイルスを「兵器化」します。
つまり、生物兵器として使用するために、はるかに危険なものにします。


2015年、アンソニー・ファウチはこのラボに370万ドルを寄付しました。
ファウチが武漢研究所に与えた助成金




いくつかの映画はコロナウイルスパンデミックを予測した
coronavirus260_14

映画「デッドペスト」は、コロナウイルスによる世界的パンデミックを描いており、治療法としてヒドロキシクロロキンついても言及している 

 「伝染」と言うタイトルの映画は、コロナウイルスがどのように世界的に広がるかを示している。

結果として、社会的距離、フェイスマスク、ロックダウン、手洗い洗浄など・・・
現在の状況がこれらの映画で詳細に予測されています。





欧州連合(EU)の漫画本が世界的大流行を視覚化
coronavirus260_15

2012年に従業員のみに配布した、欧州連合(EU)による奇妙な漫画本が制作されました。

漫画のタイトルは「INFECTED」であり、中国の研究室に由来する世界中に広がる新しいウイルスを示しています。

このパンデミックの解決策は漫画本に概説されています

グローバリストは1つのグローバルヘルスプランを実施する

その意味は、これ以上の医学的自由はないが、これはグローバリスト団体による医学的専制政治です。

coronavirus260_16_small
場所は日本だね

欧州連合(EU)の従業員に出版されたこの漫画のメッセージ

「その後の安全対策は、私たちの存在を全く耐え難いものにしました。」




2012年のオリンピック夏季大会で描かれたパンデミック
coronavirus260_17

2012年 の夏季オリンピックのオープニングショーでは、コロナウイルスのパンデミックが全世界にお披露目されました。

数多くの病院ベッド、制御システムの操り人​​形になる多数の看護師、潜む死、世界中に立ち上がる悪魔の巨人、そして劇場全体を空から見るとコロナウイルスのように照らされていました。



世界的なロックダウンを2008年に予測
coronavirus260_18
ロビン・デ・ルイターは、世界的なロックダウンが起こると予測

彼はこの目的は次のようになるだろうと言った、

権威主義的支配の「新しい世界」を創造するために…。

2008年に書いたこの内容の多くが現在、目の前で起こっているため、この本は再出版されました。