BOMBSHELL: Gates Foundation, DARPA funding self-replicating, weaponized vaccine technology that began under Apartheid, to exterminate Blacks… and now it’s powering the covid vax – NaturalNews.com

ゲイツ財団、DARPAは、黒人を根絶するために、アパルトヘイトの下で始まった自己拡散の兵器化されたワクチン技術に資金を提供しています…そして今、それはcovidvaxに力を与えています

HRR-2021-05-05
水曜日, 5月 5日, 2021:


ジョンズ・ホプキンス大学、「自己拡散」ワクチンが本物であることを確認

Johns Hopkins University Confirms That 'Self-Spreading' Vaccines Are Real (humansarefree.com)

ワクチン接種者から離れて:それはデマではなくファイザー公式文書からです
STAY AWAY FROM THE COVID VACCINATED - IT'S OFFICIAL FROM PFIZER'S OWN DOCUMENTS - THE UNHIVED MIND NEWS



爆弾ストーリーの概要:
黒人の間での死

1990年代に、アパルトヘイト政権下で、自己拡散性不妊症を引き起こすことを目的として、人種固有の自己複製(自己拡散)、兵器化ワクチンに関する研究が医師と科学者によって行われていました。

この同じ研究は、DARPAとゲイツ財団が資金を提供し、主に米国で、今日も続いています。
「自己複製ワクチン」として知られるこの技術は、ウイルスのように集団全体に広がり、不妊症と死の広がりを引き起こします。これらはすべて、絶滅と人口減少を目的としています。
この同じ技術は、現在、予防接種を受けていない人に有害なスパイクタンパク質を伝染させ、予防接種を受けていない場合でも広範囲にわたる出血、打撲傷、血栓および他の有害な影響を引き起こしているcovid-19ワクチンの背後にあると考えられています。

自己複製ワクチン技術の支持者は、今日生きている人間のほとんどを絶滅させたいと思う自虐的な過疎化の支持者です。

2020年に、原子力科学者会報は、自己拡散ワクチンの歴史を文書化した十分に研究された記事を発表し、人類への影響について警告しました。このような技術は「意図しない結果」を起こしやすく、元に戻すことはできないと、この記事は「科学者たちは病気のように広がるワクチンに取り組んでいます。何が間違っている可能性がありますか?

その記事は、自己複製人種固有の武器化された「ワクチン」の恐ろしい歴史を文書化し、アパルトヘイト政権が黒人を絶滅させ、白人人種差別体制を政権にとどめるために開発中でした。
self-spreading-vaccines
この記事は傑出しており、以下に広く引用されています。

著者はフィリッパ・レンツォスとガイ・リーブスで、どちらもヨーロッパ人です。

現在米国のほぼすべての機関を管理している専制的な医学機関からの報復を恐れて、アメリカのジャーナリストが敢えて口にすることのない危険な真実を公表する理由を説明しています。

これら2人の著者は、covid-19ワクチンが自己複製ワクチンであることを彼らの記事で主張はしていません。
これは、予防接種受けた人々のすぐ近くにいただけの予防接種を受けていない人々に現れる奇妙な症状の爆発を目撃した後、私たちが最近でしか確立することができなかったつながりです

過去2週間にわたって、この現象の何千もの報告は、そのようなワクチンが健康で無症状の個人に広範囲にわたる長期的な使用のための安全で効果的であることを示す、信頼できる証拠が完全に欠如しているにもかかわらず、実験的な「ワクチン」注射が積極的に押し進められていることに対する警鐘を鳴らすトップの内部告発者と最前線の医師によって受け取られました。

速報記事(選択された文章、長いため編集)から

少数ですが、ますます多くの科学者が、ウイルスの自己増殖特性を利用して、病気の代わりに免疫を広める方法としてそれらを使用することが可能であると考えています。

科学者たちは少なくとも20年間、このような自己拡散型ワクチンを実験してきました。
これは今日まで続いており、米軍の注目を集めています。


生物学者のスコット・ナイスマーとジェームズ・ブルは、学術誌「ネイチャー・エコロジー&エボリューション」に記事を掲載した後、自己拡散ワクチンに新たなメディアの注目を集めました。

一旦解放されると、科学者はもはやウイルスを制御できなくなります。
ウイルスが自然に行うように、変異する可能性があります。種をジャンプさせる可能性があります。
それは国境を越えるでしょう。常に予期せぬ結果と意図しない結果が生じます。

自己拡散型ワクチンは、本質的には感染症と同じように集団を移動するように設計された遺伝子操作されたウイルスですが、病気を引き起こすのではなく、防御をもたらします。

良性ウイルスのシャーシ上に構築されたワクチンには、「感染した」宿主の抗体または白血球の生成を刺激する病原体からの遺伝物質が追加されています。

アイデアとしての本質は、直接接種によって人口のごく一部にワクチン接種することです。

これらのいわゆる創設者は、その後、接触、セックス、授乳、または同じ空気の呼吸のいずれかによって遭遇する他の動物にワクチンを受動的に広げます。徐々に、これらの相互作用は、人口レベルの免疫を構築する可能性があります。

主なセキュリティ上の懸念は、デュアルユースの懸念です。本質的に、これは、病気を予防するための自己拡散ワクチンを開発するために使用されるのと同じ研究が、故意に害を引き起こすためにも使用される可能性があることを意味します。
たとえば、HIVが自然に行うように、感染した人や動物に免疫系の障害を引き起こすウイルスをエンジニアがトリガーする可能性があります。または、ウイルスにトリガーを作成して、有害な自己免疫反応を引き起こし、体が自身の健康な細胞や組織を攻撃し始める可能性があります。

生物兵器の質問。
研究者は自己拡散ワクチンを作るつもりかもしれませんが、他の人はこれらの科学を再利用して生物兵器を開発することができます。そのような自己拡散兵器は、制御不能で不可逆的であることが判明する可能性があります。


コードネーム「プロジェクトコースト」、南アフリカのプログラムは、主に人種差別的なアパルトヘイト政府への脅威とみなされる個人に対して使用するための秘密の暗殺兵器に焦点を当てていました。

ヒトの抗不妊ワクチンの開発を目的としたプロジェクトコーストの研究プロジェクトの一つ。

このアイデアは、世界的な人口爆発に対する懸念が広まった時期に定着しました。
プロジェクトコーストの研究所で出産関連の仕事を監督したシャルク・ヴァン・レンスバーグは、南アフリカのアパルトヘイト後の真実和解委員会に語りました…


ヴァン・レンスブルクとダニエル・グーセン(ラボディレクター)は真実和解委員会に、このプロジェクトの真の意図は、知らない南アフリカの黒人女性に秘密裏に避妊薬を選択的に投与することだと語りました。

南アフリカの不妊ワクチンプロジェクトの目的が、特に薬理ゲノミクス、医薬品開発、および個別化医療。まとめると、これらの一連の研究は、超標的生物戦を可能にするのに役立つ可能性があります。

自己拡散ワクチン研究は小さいですが成長している分野です。現在、約10の機関がこの地域で重要な仕事をしています。これらの研究所は主に米国にありますが、ヨーロッパやオーストラリアにある研究所もあります。フィールドが拡大するにつれて、悪用の可能性も拡大します。

これまでの研究は、主に米国政府の科学および国立科学財団、国立衛生研究所、保健社会福祉省などの健康資金提供者によって資金提供されてきました。ゲイツ財団や学術機関などの民間組織もプロジェクトに資金を提供しています。最近、国防高等研究計画局(DARPA)米軍の研究開発部門と考えられることもありますが、この研究に関与しています。

たとえば、カリフォルニア大学デービス校は、米軍作戦の現在および将来のゾーンにおける新たな病原体の脅威を防ぐために、スピルオーバーの可能性の予測および介入的な大量動物ワクチン接種と呼ばれるDARPA管理プロジェクトに取り組んでいます。パンフレットによると、このプロジェクトは「ラッサウイルスとエボラ出血熱に対する高レベルの集団免疫(野生生物の個体数レベルの保護)を誘発するように設計された自己拡散型ワクチンの世界初のプロトタイプを作成すること」です。

covid-19ワクチンが人間の集団を根絶するための生物兵器として意図的に設計されている方法と、死の波が否定できなくなる前に、これが積極的に後押しされる理由について衝撃的な真実を学びましょう

最短バージョン、プロジェクトコーストの10分の要約と紹介と自己複製ワクチンの武器化
Brighteon.com/1a0b71ff-da6e-4111-9e35-df8d914fdbbc

長さの26分のバージョンで、世界政府がcovid-19ワクチンが世界的な駆除兵器システムであることに気付いたすべての内部告発者を黙らせようと必死になっている理由を説明しています
Brighteon.com/fa7bb3f6-a548-4d0e-9ce8-5087f04252de

ワクチンや検閲に関する他のニュースを含むフルバージョン
Brighteon.com/9c4989d2-2e8e-4c27-93c9-44d34edbe6df

1990年代、彼らはアパルトヘイトの権力を維持するために黒人を絶滅させようとしていた。
今日、彼らは同じテクノロジーを使用して人類の大衆を根絶し、世界的なポピュリストの蜂起を防ぎ、グローバリストの犯罪カルテルの権力を維持しています。

すべてのcovid-19ワクチン注射は戦争犯罪です。
これらの戦争犯罪は現在あなたの近所で起こっています。
そして、誰もそれを止めるために何もしていません。