最後の警告
COVID-19 vaccines to decimate world population, warns microbiologist ... and it's already happening in India and Brazil (afinalwarning.com)

世界の人口を間引くためのCOVID-19ワクチンは微生物学者に警告します...そしてそれはすでにインドとブラジルで起こっています
Coronavirus-Covid-19-Vaccine-Vials

世界的に有名な微生物学者は、新しい武漢コロナウイルス(COVID-19)ワクチンが世界の人口の間引きに貢献していると警告しました 

のニューアメリカン独占インタビューで、ドイツの微生物学者スチャリットバクディは、コロナウイルスワクチンが細胞レベルで体にどのように影響するかを説明しました。彼は、これらのワクチンが世界的な大惨事を引き起こし、人口を間引くように設定されていると警告しました。

「ワクチンは役に立たないか危険かのどちらかです」

インタビューの中で、バクディは新しいワクチンに関連する危険性を強調しました
一つには、ワクチンはメーカーができると言っていることを実際に行うことはできません。

バクディによれば、ワクチン接種後でも感染を防ぐことは事実上不可能です。

実際、予防接種を受けることで感染を防ぐことができると考えるのはナイーブです。
なぜなら、ワクチン接種後に身体が生成する抗体は、重要なことをするにはあまりにも少なすぎるからです。
(関連: 研究者は、アストラゼネカコロナウイルスワクチンからの抗体が血栓を引き起こすことを確認します。)

バクディはまた、SARS-CoV-2は一般的な信念に反して、キラーウイルスではないという事実を強調しました。
これは、感染者の10,000人ごとに最大5人がCOVID-19で死亡するからです。
ワクチンが効率的であると見なされるためには、その数をさらに減らすことを保証する必要があります。しかし、それを示すのは非常に難しいでしょう。
臨床試験はこれを示すように設計することはできません、とバクディは言いました。

そのためには、科学者は何十億人もの人々ではないにしても、何百万人かの人々にワクチンを接種する必要があります。
次に、ワクチン接種を受けたグループとワクチン接種を受けていないグループの中で死亡した人の数を数え、2つのデータを比較する必要があります。
これは一度も示されていません。

さらに、70歳未満で、持病の状態がなければ、COVID-19で死亡することはほぼ不可能です。
もし咳風邪を予防する問題だったら、ワクチンの効力はそんなに議論の余地のない話題にはならないでしょう。
しかし、これは深刻な病気やから身を守るための問題です
「私は風邪を引かないようにするために、私を殺すかもしれないワクチンを望みません」と、バクディは言いました。

彼はまた、ワクチンメーカーは、一定の持病を持つ高齢者にワクチンの有効性に関する十分なデータを持っておらず、このようなワクチン実験は、一連の死亡につながる可能性があると主張しました。

したがって、新しいCOVID-19ワクチンに有効性があるという主張は嘘である、とバクディは言いました。

それは非常に非倫理的であり、犯罪です一言で言えば、新しいワクチンは、生成される抗体は、検査とデータの欠如のために高齢者にとって重要ではなく、役に立たないため、若年成人にとっても役に立ちません。」

さらに、バクディは次のように強調しました、予防接種の副作用としての血栓それらは潜在的に致命的であるため、軽視すべきではありません。ワクチンのために凝固因子が使い果たされると、患者は内出血を起こす可能性があります。重症の場合、適切な治療を行っても内出血は致命的です。
さらに、若い成人にワクチンを接種することは、良いことよりも害を及ぼす可能性があります。若い成人は、より強い免疫を持っています。

ワクチンは、ウイルスを攻撃するように免疫細胞を「訓練」します。このトレーニングは免疫細胞を刺激し、実際のウイルスが体内に侵入すると、免疫細胞をより攻撃的にします。


その結果、予防接種を受けていない場合よりも深刻な症状が現れる可能性があります。
これはすべて、全人口の間引きにつながるとバクディ氏は付け加えました。
私たち自身と次世代を守るために、私たちはワクチンを断らなければならない、と彼は結論付けました。


「バクディはまた、PCR検査を批判している」

ドイツのいくつかの大学で医学を学んだバクディは、COVID-19感染を検出するために使用されるポリメラーゼ連鎖反応(PCR)テストは「非常に誤認しやすい」と述べました。

それにもかかわらず、保健当局はCOVID-19の主な診断基準としてそれを使用し続けています。
これが諸悪の根源だとバクディ氏は語りました。

バクディ氏は、PCR検査でウイルスの活性粒子と死んだ断片を検出していると説明しました。

このテストは、活性粒子と死んだ断片を区別できるようには設計されていません。

つまり、COVID-19の人とSARS-CoV-2の死んだ断片を持つ人は、陽性のPCR検査結果を持つことになります。
両方ともCOVID-19患者としてタグ付けされ、健康プロトコルに従うことになります。

一言で言えば、PCR検査により、保健当局はすべての陽性結果を確認済みのCOVID-19症例と見なすことができます。

これがどれほど厄介であるかを強調するために、バクディは例として飲酒検査を引用します。


ウォッカのボトルを飲んだ人は間違いなくテストに失敗し、ライセンスを取り消されます。

飲酒検査の数時間前にグラス1杯飲んだ人は、通常の状況下でまだ通過するかもしれません。


警察官がアルコール検出システムでわずかな量のアルコールを検出したために人の免許を取り消した場合を想像してみてください、
それが保健当局がPCR検査を使用している方法です。とバクディは言いました。

PCRテストでは、ウイルスの活性粒子と死んだ断片を区別できないと説明しました。

これは、そのように設定されていないためです。

これは、PCRテストを開発した研究所がSARS-CoV-2のサンプルを持っていなかったためです。

※このテストを広めたドイツ人医師のクリスチャン・ドロスデンは裁判で敗訴してます)

したがって、PCR検査の結果に基づくCOVID-19の診断は誤りである可能性が高いです。

ドイツ系とタイ系のバクディは、この欠陥システムに異議を唱えない医師たち対して不信感を表明しています。




※日本の政治家や官僚、医療関係者達が誰一人海外の医療関係の都合の悪いニュースを何一つ知らないはずがありません。
彼らは海外の医者や研究者がただ単に、「バカな事を言っている奴らがいる、陰謀論だ!」と考えているのでしょうか?
それとも最初からすべてを知っているけども、世界経済フォーラムやWTO,国連などと歩調を合わせ、輝かしい未来の「ムーンショット時代」を迎えるためにはある程度の犠牲は仕方がないと?
マスコミはなんの疑問も持たずに何故一斉に同じ方向を向いているのでしょうか?
一斉号令に従うだけの確信犯だからでしょうか?
ワクチンさえ打たなければ、もう3年、5年、10年と生きていられたかもしれない人たちが世界中に大勢います。

こんな時代は嫌です。
私は古き良き昭和の時代が恋しいです。
史上最高のコマーシャル、こんな時代が最高でした

コカ・コーラ "I feel Coke", 日本 (1987~1990) - YouTube