「SPARSパンデミック2025ー2028」
COVID-19に続く新しいコロナウイルスパンデミック
The roadmap for the 2025-2028 pandemic already published by Event 201 organisers – SILVIEW.media

The ‘SPARS PANDEMIC 2025-2028’ Simulation Details A New Coronavirus PLANdemic That Will Follow COVID-19 | WorldTruth.Tv
spars-0
spars-pandemic-scenario.pdf (jhsphcenterforhealthsecurity.s3.amazonaws.com)
「SPARSパンデミック2025-2028」公衆衛生リスクに関する未来のシナリオ
ジョンズホプキンス大学でのシュミレーション、現実になります。
時が来たらきっと別の名前にするでしょうね?

人類は2025年に新しいウイルスに感染します それは2028年まで続くでしょう

シミュレーションでは2021年、コロナウイルスが東南アジアの動物に変異し、突然変異を止めるために犠牲になる必要がある、と述べています。

2025年からのシナリオはすでに「イベント201」が発表しています
About Event 201, a high-level pandemic exercise on October 18, 2019 (centerforhealthsecurity.org)

2017年のシミュレーションでは、パンデミックを止める解決策として「COROVAX」と呼ばれるワクチンが提案されています。
不思議なことにCOROVAXと言う名のワクチンは、そのほぼ3年後にジェファーソンワクチンセンターのマティアス・シュネル博士によって開発されています。
A New Coronavirus Vaccine Designed to Meet a Global Demand (jefferson.edu)

また2020年3月12日に英国でHIV/エイズ研究で有名なアンガス・ジョージ・ダルグリッシュ博士によって、COVAX LTDと言う会社が設立されました。
A New Coronavirus Vaccine Designed to Meet a Global Demand (jefferson.edu)

こりゃたぶんやる気だな

今回のCOVID-19の「プロジェクト」は2025年3月末まで計画されています
我々国民が継続を許す限り終わらないでしょう

covid-program-2025-1-1


つまり、今からず~っと2028年まで自粛生活
の可能性が・・・
はぁ~・・・気が滅入りますね

自民党デジタル社会推進特別委員会の「デジタル・ニッポン2020」でも、2030年の段階でもコロナ騒動が継続しているシミュレーションになってるし、
デジタル・ニッポン2020~コロナ時代のデジタル田園都市国家構想~ (dn2020.jp)



スパーズのアウトブレーク
の第1章

2025年10月中旬、ミネソタ州セントポール第一バプテスト教会のメンバーの間で3人の死者が報告されました。
教会員のうち2人は最近フィリピンへの宣教師旅行から戻り、そこで地域の洪水の犠牲者のために救援をしました。3人目は教会員の母親で、教会グループと一緒にフィリピンに旅行しましたが
軽度の病気しかなかった人でした。
患者の報告された症状に基づいて、医療従事者は当初、彼らが季節性インフルエンザで死亡したと推測し、保健当局は特に毒性があり、その秋に広範囲に及ぶだろうと予測した。
しかし、臨床検査はインフルエンザに対して陰性であった。原因物質を特定することができず、ミネソタ州保健省公衆衛生研究所の職員は、患者の臨床標本を疾病管理予防センター(CDC)に送り、そこで科学者は患者がインフルエンザを持っていないことを確認した。
あるCDCの科学者は、東南アジアでの新しいコロナウイルスの出現を説明する最近のProMedディスパッチ、パンコロナウイルスRT-PCRテストを実行したことを思い出しました。
1週間後、CDCチームは、症例の最初のクラスターが特定された都市の後、3人の患者がセントポール急性呼吸器症候群コロナウイルス(SPARS-CoV、またはSPARS)と呼ばれる新しいコロナウイルスに感染していることを確認しました。

可能な治療法
第2章

2月下旬までに、米国のSPARSに対する国民の懸念は非常に高く、この病気の治療法を特定する強い国民の圧力がありました。
その時、SPARSの治療やワクチンはヒトでの使用が承認されなかった抗ウイルスカロシビルは、最初に重度の急性呼吸器症候群(SARS)および中東呼吸器症候群(MERS)の治療薬として開発されたもので、FDAが拡張アクセスプロトコルの下で一握りの重篤なSPARS症例を治療するために米国で認可したいくつかの抗ウイルス薬の1つでした。
カロシビルは、他のコロナウイルスに対する有効性のいくつかの証拠を示していた薬の小さな在庫は、すでに戦略的な国家備蓄の一部でした (SNS) FDA の承認を見越して潜在的な副作用についてのいくつかの懸念にもかかわらず、SPARSの急速な普及に直面した潜在的な治療に関する具体的な情報の欠如は、FDAが潜在的な治療オプションに関する情報をより近づけるよう、メディア、国民、政治指導者からの要求を促しました。


こんなシミュレーションが発表されています

 
今回のCOVID-19は2015年にオランダで2017年に米国で特許取得済み

COVID-19 mentioned on 2015 patent application | RVO.nl
オランダ企業庁

ROTHSCHILDS Patented COVID-19 Biometric Tests In 2015 and 2017 | WorldTruth.Tv