nwo280_01_small

2020
年1月24日インフォウォーズホームページより

ケレン・マクブリーン
ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団
は、2019年後半に世界的なコロナウイルスの流行をシミュレートするパンデミック演習を共催しました。
 
彼らはまた、致命的なウイルスの特許を所有し、危機を解決するためにワクチンに取り組んでいるグループに資金を提供するために起こります



Event 201, a pandemic exercise to illustrate preparedness efforts (centerforhealthsecurity.org)

イベント201 
ジョンズ・ホプキンス保健安全保障センターは、世界経済フォーラムとビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団と提携して、2019年10月18日にニューヨークでハイレベルのパンデミック演習「イベント201」を開催しました。この演習は、大規模な経済的および社会的影響を減少させるために、深刻なパンデミックへの対応中に公的/民間パートナーシップが必要な分野を示した。
event201-discussions
近年、世界では流行事象が増加しており、年間約200件に及ぶ。これらのイベントは増加しており、健康、経済、社会に破壊的です。これらのイベントを管理すると、すでに世界的な能力が高まっており、パンデミックの脅威が存在しないことさえあります。専門家は、これらの流行の1つが世界的になるのは時間の問題であり、潜在的に壊滅的な結果をもたらすパンデミックであることに同意します。「イベント201」となる厳しいパンデミックは、いくつかの産業、各国政府、主要な国際機関間の信頼できる協力を必要とするであろう。

2015年6月19日、英国政府が出資したピルブライト研究所は、2018年11月20日に承認された生きたコロナウイルスの特許申請を行いました。
疑わしいことに、ピルブライト研究所「主要な資金提供者」はビルとメリンダ・ゲイツ財団です。

具体的には、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団は、2013年の助成金でピルブライト研究所に189,232ドルを寄付しました
ペステ・デ・プティ・ランミナントおよび足蹄疫に対する現在の管理ツールと対策(ワクチンを含む)の理解と効果的な使用を改善するために、発展途上国で広く普及している家畜に影響を与える2つの深刻な疾患」

その後、2019年11月、ピルブライト研究所のウェブサイトは、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の「家畜抗体ハブ」の資金を550万ドルにすることを中心とした記事を掲載しました。
「野心的な仕事プログラムは、家畜病と免疫学の研究成果を利用して人間の健康を「ワンヘルス」アジェンダの一部として利用するために、複数の英国の研究機関間で広範な協力を得るでしょう」と、ピルブライト研究所は一昨年11月に書いています


コロナウイルスに焦点を当てたグローバルパンデミック演習の背後にあるビルとメリンダ・ゲイツ
2019年10月18日、コロナ騒動発生

・ビル
・アンド・メリンダ・ゲイツ財団
・ジョンズ
・ホプキンス・ブルームバーグ公衆衛生大学院

・世界経済フォーラム


「政策立案者、ビジネスリーダー、保健関係者」が協力してコロナウイルスの流行をシミュレートしたイベントをニューヨークで共催しました。

ジョン・ホプキンス大学によると、「シミュレーションでは、CAPS(コロナウイルス)は18ヶ月以内に6,500万人の死者を出しました。
イベントのビデオハイライトリール(ビデオのずっと下)は、「GNN」の架空のニュースキャスターが、架空の免疫抵抗ウイルス(通称CAPS)が貿易と旅行をどのように不自由にし、世界経済を自由に回していくかを議論しています。

インペリアル・カレッジ・ロンドンの教授が、コロナウイルスは1918年に2000万人から5000万人の命を奪ったスペインのインフルエンザと同じ殺量率を持っていると警告したのです。

ジョン・ホプキンス保健安全保障センタートム・イングルスビーは、解決策としてグローバリズムを推進しました。
「グローバルなビジネスと政府が協力してしか解決できない問題が生じています。


さらに、架空のパンデミックに対する解毒剤としてグローバリズムを推進イベント201の参加者は以下を提案しました

  1. 政府、国際機関、企業は、大規模なパンデミックの間に不可欠な企業能力をどのように活用するかを今すぐ計画すべきである。

  2. 産業界、各国政府、国際機関は、厳しいパンデミックの間に迅速かつ公平な流通を可能にするために、国際的に保有する医療対策(MCM)の備蓄を強化するために協力すべきである。

  3. 厳しいパンデミックの間、国、国際機関、および世界の交通機関は、旅行や貿易を維持するために協力する必要があります。

  4. 政府は、重度のパンデミックの間に必要となるワクチン、治療薬、および診断の開発と急増の製造のためのより多くのリソースと支援を提供する必要があります。

  5. グローバルビジネスは、パンデミックの経済的負担を認識し、より強い準備のために戦うべきです。

  6. 国際機関は、流行やパンデミックの経済的影響を減らすことを優先すべきである。

  7. 政府と民間部門は、次のパンデミック対応の前に、誤った情報や偽情報に対抗する方法を開発することに、より優先的に割り当てるべきである。

もう一度、このすべては、2019年12月下旬に武漢の病気の最初の文書化された報告のに行われたことを覚えておいてください。


物議を醸す中国武漢の研究室から発生
この致命的なウイルスは、中国の武漢から発生した武漢コロナウイルスと呼ばれ、世界で最も危険な病原体と協力するために武漢で論争の的となった研究室が開かれたわずか数年後に起こります。

ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団、コロナウイルスワクチンの開発を目指す
nwo280_02
しかし、心配しないでください、ウイルスの特許を所有し、その広がりを予測したのと同じグローバリストは、
「致命的な武漢コロナウイルスのワクチン開発に取り組む」

注)法律では自然界のウイルスは特許取得できない、つまりマンメイドウイルスは明白

ビジネスインサイダーによるとコロナウイルスワクチンの開発を試みている「ビル・ゲイツの支援を受けた連合はバイオテクノロジーに資金を提供している」

この病気は意図的に広がっているので、世界中の政府がウイルスを止めるという名目で力を合わせることができるのか、ビルやメリンダ・ゲイツ財団のようなグループが足を踏み入れて救世主になれるのか、それとも単なる大規模な「偶然」なのか


当時の一部ツイッターでは

コロナウイルスは特許を取得したウイルスです: ビル&メリンダ・ゲイツ財団 主な所有者の一つ.ディープステートは、何もトランプを停止していないので、カオスを作成するためにウイルスをリリースしましたか?#FactsMatter #JusticeIsComing https://t.co/PsFd5vzkxP

— ケン・ジョーンズ⭐️⭐️⭐️(@sxdoc) 2020年1月23日

おかしい!ビルとリンダのゲートは、この新しいコロナウイルスの流行のためのワクチンに関する特許を持っています。あなた自身のためにそれを調べています。グーグル特許10130701 https://t.co/38RF0v0XJu

— インデントされた召使い(@Indenturedserv1) 2020年1月23日

コロナウイルス
@atensnut@LionelMedia@LisaMei62は2015年に特許を取得し、2018..主要な資金提供者..
W.H.Oとビル・ゲイツの噴水..
この「病気X」ビル・ゲイツは昨年について私たちに警告しました。👇🏼以下の完全な情報.
もしそうなら、これらの人々は病気です😡https://t.co/kfgfbr4f2h

— ルークハンソン.フォトグラフィー🇺🇸🇨🇦(@Luke4Tech) 2020年1月23日