https://thepeoplesvoice.tv/german-govt-admits-there-was-no-pandemic/

ドイツ政府:パンデミックがなかったことを認める

連邦政府が、いわゆる「陰謀論者」がコビドのパンデミックの間、すべてについて正しかったことを認めざるを得なくなったため、ドイツから大きなニュースが出ました。

COVIDパンデミックの際、いわゆる「陰謀論者」がすべて正しかったことを連邦政府が認めざるを得なくなったという、ドイツから大きなニュースが出ました。

実際は、ドイツ政府のデータによると、パンデミックはまったく起こっておらず、大衆を洗脳し、悲惨な結果をもたらす実験的なワクチンを受け入れるように仕向けるために、軍部によって綿密に計画された心理作戦が行われただけでした。

情報公開請求とその後の訴訟によって入手されたドイツ政府の秘密文書は、グローバルエリートのCOVIDの嘘の蓋を吹き飛ばすものであり、できるだけ多くの人々に真実を知ってもらうことが極めて重要です。

ヨーロッパ全土で最も残忍なロックダウンとワクチン強制接種に苦しんだドイツ国民は、いまや立ち上がり、説明責任を求めています。

ポール・シュレイヤーと『Multipolar』誌は、情報公開請求を開始し、ドイツ政府があらゆる手を使って秘密文書を封印しようとしたときに訴訟を起こしました。

スティーブン・ホンブルグ教授が説明するように、その結果は驚くべきものであり、ロックダウンやマスク、ワクチン義務化という物語にあえて疑問を投げかけたすべての人に対する完全な正当性を示すものです。

この優秀な教授は、自分の言っていることをよく理解しています。パンデミック(世界的大流行)があると信じていた人は、本気で騙されていたのです。

「パンデミック」がすべて詐欺であったことを示す2,000ページ以上の論文。ハイライト

1. 「高い健康リスク」はデータから導き出されたものではなく、政治的決定によるものであったこと。
2. 「集団免疫」とは単なる物語でしかなかったこと。

ダウンロードリンク:
https://my.hidrive.com/share/2-hpbu3.3u#$/
これらの秘密文書は、 Multipolar誌と ポール・シュレイヤー によって入手されたものです。英語圏の国々にとっても、非常に興味深いものでしょう。

GJM0hyXX0AAbAOf

2,000ページにも及ぶ政府の極秘文書によって、私たちがほぼすべて正しかったこと、そしていわゆる『パンデミック』はすべて詐欺であったことを明らかにしています。

これらの事実は、世界統一政府や主流メディアが押し付けるCOVIDに関する公式の物語が完全にでたらめであることを証明するものです。

そのため、ホンブルグ教授が説明するように、いわゆるパンデミックの間に私たちが経験した暴虐は、さらに受け入れがたいものでした。

また、このデータから、ヨーロッパで唯一マスクやロックダウンのなかったスウェーデンが、ドイツよりもはるかに良い成績を残したことも明らかになりました。では、あの専制的なロックダウンや強制はいったい何だったのでしょうか?

ホンブルク教授がその答えを持っており、結局のところ、私たちはずっと正しかったのです。

残忍なロックダウンによってワクチンへのためらいを打ち砕くことが、グローバル・エリートの常に目指すところでした。残念なことに、当時この作戦を見抜けなかった人々にとって、その健康被害は悲惨なものです。深刻な疑問が投げかけられています。

ワクチン接種者にとっては残念なことですが、悪いニュースはこれだけでは終わりません。日本の研究者はCOVIDワクチンと何百もの病気との関連性を指摘しています。

日本の研究者、COVIDワクチンの副作用が201種類の病気に関連していると発表


以下省略