The Moscow Concert Hall Attack May Have Been A Staged Event (Updated) – Swiss Policy Research (swprs.org)
モスクワ・コンサートホール襲撃事件は演出だった可能性(更新)
異様な光景:モスクワ・コンサートホール襲撃事件(SPR)
更新日 2024年3月27日
公開日 2024年3月25日

3月22日のモスクワ・コンサートホール襲撃事件の予備的分析

注)Swiss Policy Research(SPR)は、学術的なオープンソースの研究グループであり、諜報機関とのつながりやその他の「インサイダー知識」は一切ありません。

はじめに

3月22日16:00、スイス・ポリシー・リサーチは「3月22日の演出されたテロ」と題する投稿を掲載しました。この投稿では、2016年3月22日の「ブリュッセル爆弾テロ」と2017年3月22日の「ロンドン・ウェストミンスター同時多発テロ」について議論しました。どちらの場合も、テロ集団「ISIS」が犯行声明を出しています。

そのわずか1時間後のUCT17:00(モスクワ時間20:00)、モスクワのクロッカス市庁舎への大規模な攻撃が報告されました。アフガニスタンを拠点とする 「ISIS-KP」グループが犯行声明を出しましたが、ロシア当局はウクライナが雇い入れたタジキスタン武装勢力によるものだとしています。

当然のことながら、モスクワのコンサートホール襲撃事件も仕組まれたものだったのではないかという疑問が生じます。多くの前例を考えれば、この疑問を投げかけないこと、あるいは頭ごなしに否定することは、テロが実際に自作自演であったと断言するのと同じように、専門家としてあるまじきことでしょう。

プーチンと偽旗テロ

旧ソ連のKGB将校(1975年から1990年)、ロシア連邦保安庁(FSB)長官(1998年7月から1999年8月)を務めたウラジーミル・プーチンは、偽旗テロと無縁ではありません。例えば、1999年9月にはすでに、悪名高いモスクワのアパート爆破事件が起きています。

ロシア当局はこの爆破事件をチェチェン武装勢力の犯行としましたが、後にFSBの偽旗作戦であったことが発覚しました。新首相に就任したプーチンは、この偽旗爆破テロをすぐに利用し、二次チェチェン戦争をエスカレートさせました。

2002年10月のモスクワ劇場人質事件など、当時の事件の首謀者はいまだ不明なままであり、ジャーナリストや野党の政治家の中にもロシア治安当局の関与を疑う者がいます。こうした懐疑論者の中には、早すぎる死を遂げた者もいました。

それから15年後のシリア戦争中の2017年4月、サンクトペテルブルクの地下鉄爆破事件が発生。欧米の情報源は、この攻撃をロシア政府、「ISIS」、または「アルカイダ」によるものと様々に主張しましたが、映像の証拠は、1年前に「ISIS」によって主張された演出された「ブリュッセル地下鉄爆破事件」と同様に、ロシアの治安サービスによって実行された演出された可能性があることを示唆しました。

最後に、2022年2月にロシアがウクライナに侵攻する前の数日間、ロシアの治安部隊がいくつかの「ウクライナ挑発行為」を演出したことを示すかなりの証拠があります。これらの出来事は、ウクライナがドンバスだけでなくロシアそのものを攻撃したことを示すことを意図していました。

合成テロリスト集団

アルカイダ」も「ISIS」も、欧米とイスラエルの諜報機関によってコントロールされている合成テロ集団であることが繰り返し暴露され、欧米諸国におけるこれらの集団によるものとされたテロ攻撃のほとんどは、国営または演出された偽旗作戦であったことが判明しました。イラクでさえ、いくつかの「ISISによるテロ攻撃」は諜報機関による自作自演であったことが判明しています。

シリア戦争中、ISISはNATO加盟国のトルコとNATOの同盟国であるヨルダンとイスラエルを経由して資金を供給し、トルコのジェイハン石油ターミナルを経由して盗んだ石油を世界市場に輸出していました。2016年11月、ISISの過激派が占領下のシリア・ゴラン高原で誤ってイスラエル軍を砲撃した際、「イスラム主義テロ集団」は直ちにイスラエル軍に謝罪しました。

すでに2007年、アメリカ国防総省は、イラクの「アル・カイダ」の指導者とされていたアブドゥッラー・アル・バグダディが、俳優が声を演じていた幻影にすぎなかったことを認めました。同年、イギリスの元外交官クレイグ・マレーは、ドイツで何度も「テロ攻撃」を試みた「イスラム聖戦連合」が、ウズベキスタンと西側の諜報機関によって運営されていたことを明らかにしました

モスクワ:ビデオによる証拠

モスクワのコンサートホール襲撃に関する現在入手可能なビデオ証拠(50本のビデオクリップ)は、ロシアの治安部隊による自作自演と一致、あるいはそれを示唆するものです。主なスナップショットと元のビデオクリップへのリンクは、以下の付属書に記載されています。

まず第一に、広く信じられていることに反して、入手可能な高画質および標準画質のビデオクリップには、銃撃その他の手段による処刑は一つも映っていません。

実際、殺人行為が映っているように見えるビデオはすべて、720pや1080pのHD解像度で撮影されたものであっても、現在の携帯電話のカメラ規格をはるかに下回る低画質または不鮮明なものです。

2013 年に起きた「ボストンマラソン爆弾テロ事件」や「ケニア・ショッピングモール襲撃事件」のように、1枚の高画質な写真でも演出の全貌を暴くことができるため、このような映像の低画質化・低質化という手法は、演出イベントではよく使われます。

さらに、「アマチュアビデオ」の一部には、説明のつかないシークエンス途中のカットが見られ、演出イベントでよく使われるポストプロダクション編集の可能性があります。

さらに、複数の死体と思われる人物の姿や姿勢は、ロサンゼルス(2013年)、ブリュッセル(2016年)、ケニア(2013年)、シリア(2013年)など、過去の多くの演出イベントで使用されてきた、フォトリアリスティックなシミュレーションボディやマネキン(=ダミー)の使用を示唆しています。

至近距離から撃たれたように見える人が、生きているばかりかように見えるケースもあります(下のビデオ参照)。また、すでに死亡していると思われる人々が、まだ腕や足を動かしたり、一定の姿勢で仰向けになっているケースもあります(以下の画像参照)。

犯人が使用した銃の中には、標準的なマズルフラッシュではなく、映画のような奇妙な「火花効果」を発生させているものもあります(以下の画像参照)。いくつかのビデオでは、ガラスドアが粉々に砕けるのが見えますが、識別できる場合はいつでも、これは銃声ではなく、人によるもののようです。

「ISIS」と関係があるとされるメディア・チャンネルが公開した「斬首ビデオ」とされるもの(18歳以上対象)には、斬首の様子はまったく映っていません。その代わりに、撃たれたと思われる男性が床に横たわり、生理学的に説明するのが難しく、シミュレーションの体を示唆するような固定された姿勢で横たわっているのが映っています。

その後、襲撃者の1人が男性に近づき、ナイフで喉を数回切り裂いたと思われます。フルHDの解像度で見ることができますが、この事件の映像はまた著しく画質が低く、ぼやけているため、細部はわかりません(以下の画像を参照)。床に見える血痕は、演出された斬首に使われる血痕と一致するか、それを示唆するものです。

銃と同様に、加害者が使用したナイフは奇妙で異常な「火花効果」を発生させます。床に倒れている男は、ずっと死んでいるか意識がないように見え、このシーンでは下半身全体が見えませんが、その後、突然左側に転がり、腕を動かしているように見えますが、これも生理学的に説明するのは非常に困難です。

80秒のビデオクリップの約10秒後、殺害された男性が背景に一瞬映ります。驚くべきことに、彼は再び仰向けになり、以前は伸ばしていた足を再び曲げています。これもまた、シミュレーションボディとビデオ編集効果を示唆したものです。

攻撃直後の映像では、床に倒れた遺体に覆われているものと覆われていないものの両方が映っていますが、どの遺体も高解像度で間近に見ることはできず、また、いくつかの遺体の姿勢はマネキンを思わせるものです(膝や手が曲がっていたり、高くなっているなど)。

さらに、襲撃者が大規模な放火を行ったという映像もないため、かなり大きなビル全体が炎に包まれ、最終的に崩壊した経緯も未解明のままです。いずれにせよ、2013年のケニアのショッピングモール襲撃事件2016年のブリュッセル空港爆破事件の際にも、建物は一部破壊されています。

ロシア当局は攻撃のCCTV映像をまだ公開していないようです。過去の自作自演事件では、当局はCCTVカメラが「故障している」と主張し、無関係で低画質、あるいは加工されたCCTV映像を公開したりすることがありました。2016年にバグダッドで起きた「ISISによる自動車爆破事件」が示したように、たった1本の無許可のCCTV映像が、演出された事件全体を暴露してしまうことがあるのです。

ウクライナ国境付近でモスクワの襲撃犯の1人が捕えられた際、ロシアの治安警備隊員が彼の片耳を切断し、口に入れようとしたと思われます。これがかなり残忍で奇妙な行動であることはさておき、現在テレグラム・チャンネルで公開されている無修正の25秒間のビデオクリップ(18歳以上)には、耳の「切断」は映っていません(下の画像参照)

演出されたイベントでは、犯人と思われる人物は、役者、偽者、あるいは罠にはめられた人物によって演じられます。例えば、2013年の「ボストン・マラソン爆弾テロ事件」では、犯人の一人が殺されたとされていますが(しかし、「流出」した遺体安置所の写真は演出されたものでした)、その一方で、逮捕された弟の公式裁判は10年以上続いています。

まとめると、現在入手可能な証拠映像は、ロシアの治安部隊による自作自演と一致する、あるいはそれを示唆するものばかりです。しかし、追加の映像、特に高画質の映像があれば、この予備的な評価はまだ変わる可能性があります。

最新情報
  1. RTの元編集者は、ある動画の背景では、銃乱射事件が起きているすぐそばで、2人の男性が穏やかに談笑しているように見えると指摘しました。そのような人たちは他のビデオにも映っています。
  2. ベラルーシとポーランドのメディアNextaは、「攻撃」の際に調整役を果たしたと思われる私服の「青い服の男たち」を発見した(以下の画像参照)。その後、彼らのうちの1人は「テロリスト」の逮捕に参加しました。もう1人はロシアのメディアによって「英雄」として紹介され、3人目はロシア対外情報庁(SVR)のために働いているようです。Nextaはまだ気づいていませんが、これはロシアの治安部隊が仕組んだイベントのさらなる証拠です。
  3. 「死後硬直」は死後わずか4時間で始まり、多くの遺体が示す硬直した姿勢を説明することはできません。
考えられる動機

演出された可能性のあるテロ攻撃の背後にある動機は、多面的で複雑な場合があります。いずれにせよ、考えられる動機の議論は事件の分析とは無関係です。

ロシア当局は、モスクワのコンサートホール襲撃事件は、ウクライナ情報機関に雇われ、報酬を得ていたタジキスタン武装勢力による犯行であると発表しています。したがって、もしロシアの治安部隊がこのテロを自作自演あるいは組織的に行ったのであれば、その動機は、このテロをウクライナの指導者になすりつけ、ロシアの失速している「特別軍事作戦」をエスカレートさせる口実として利用することだったのかもしれません。

これは、1999年のモスクワのアパート爆破テロ事件(本物か自作自演かは不明)が、当時のプーチン首相によってチェチェン紛争をエスカレートさせるために利用されたのとよく似ています。

このようなシナリオは、ロシアが支配する国境を越えてウクライナに入ろうとすることは、実際の加害者やそのウクライナのスポンサーから見ればあまり意味がないという事実にもかかわらず、攻撃者とされる人々がウクライナに向かって逃走しているように見えた理由も説明することができます。

ウクライナを支援する西側諸国は、ロシアの偽旗作戦や自作自演の可能性を暴露することはできません。なぜなら、彼ら自身が戦争やその他の行動を正当化するために、日常的に自作自演のテロ攻撃を行っているからです。こうした欧米やイスラエルの偽旗作戦は、ロシアの諜報機関によって暴露されたことはありません。場合によっては、ロシアが公式シナリオに貢献したことさえあります(ボストンマラソンなどで)

むしろ、欧米の諜報機関は、責任をウクライナから遠ざけ、欧米の諜報機関自身がコントロールする人造テロ集団「ISIS」に向けようとすることしかできなかったのです。このことは、3月上旬に米国がモスクワでのテロ攻撃の可能性について「警告」を発し、「ISIS」が攻撃の責任を主張したと報じられた理由を説明することになるでしょう。

興味深いことに、「ISISとつながりのある」Amaq通信社が公開した写真では、犯人とされる者たちは左手の指を使ってイスラム教で固く禁じられている「シャハーダ」の誓いをしていました。しかも、Amaqは彼らの顔をぼかし、名前を明かしませんでした。

とはいえ、「Amaq」という曖昧なメディア機関が、モスクワのコンサートホール内で撮影された「斬首ビデオ」とされるものをどのようにして入手したのかは未解決のままです。このビデオでも、襲撃者たちの顔はぼかされており、襲撃者たちは「ISIS」には一切言及していません。

過去には、偽造された「ビン・ラディン・ビデオ」を含む多くの「アル・カイダ」や「ISIS」とされるビデオが、イスラエル系アメリカ人のSITE諜報グループによって発見され、公開されました。グローバル・イスラム・メディア・フロント」(GIMF)と呼ばれる「アルカイダ」とされるプラットフォームのメンバーに対する2011年のドイツの裁判では、SITEがこれらのビデオを「発見」しただけでなく、制作を支援していたことが明らかになりました。

モスクワのテロ事件では、犠牲者の名前と肖像画(死者と負傷者の両方)が公表されましたが、これはすべての自作自演テロ事件の後に起こることです。以前の事件では、犠牲者の身元は実在することもあれば、バーチャルな存在であることもありました。被害者が実在する場合は、死亡しているかどうか、死亡または負傷している場合は、別の状況で発生したものであるかどうか。重傷の被害者は、いわゆる(手足の)切断者俳優が演じることが多い(ボストンなど)。死者の遺体が演出に使われたケースもあります(1994年のサラエボ「市場の大虐殺」や1999年の「ラカクの大虐殺」など)。

実際のところ、「ノースウッズ作戦」に関する機密解除文書が示すように、学校のクラス全員を巻き込んだテロ攻撃や飛行機墜落の演出は、その後の国葬を含めて、1960年代にはすでに可能でした。さらに、1989年の「ティミショアラの大虐殺」や1995年の「スレブレニツァの大虐殺」のような何千人もの犠牲者が出たとされる事件でさえ、すでに捏造されていました。

更新:モスクワでの「テロ攻撃」の背後には、ロシアの「反テロ」法を強化し、死刑を再導入するという国内的な動機もあるのかもしれません。

襲撃日とコンサートホールの所有者

一部のロシア人アナリストは、襲撃事件がユダヤ教のプリム祭の日に発生し、クロッカス市ホールの所有者はユダヤ人オリガルヒであると主張しています。どちらの主張も間違っています。

それにもかかわらず、イスラエル、いやむしろ「シオニスト」の工作員やアドバイザーが、国営の偽旗テロや演出された偽旗テロで主導的な役割を果たしいるため、この疑問は重要です。おそらく、パレスチナやアラブの過激派グループとの数十年にわたる戦いと、ハリウッドでの卓越した役割のためでしょう。モサドの内部告発者の何人かは、このようなイスラエルの「闇作戦」の使用を明らかにしています。

イスラエルの偽旗テロ作戦の初期の例は、ユダヤ系アラブ人の工作員がカイロで偽旗爆弾テロを準備した1954年の「スザンナ作戦」の失敗とその暴露です。もう一つの典型的な例は、1967年のUSSリバティ号事件で、アメリカの対エジプト6日間戦争への参戦を煽るために、正体不明のイスラエル航空機がアメリカの情報船を攻撃しました。

2013年のケニアのショッピングモール襲撃事件では、イスラエルの「セキュリティアドバイザー」が現地にいて、ショッピングモール自体もオーストラリア系イスラエル人の大富豪フランク・ローウィが所有していました。2001年6月、9.11の3ヶ月前、フランク・ローウィとラリー・シルバースタインがニューヨークの世界貿易センタービルの賃貸契約を取得しのは有名な話です。2017年、ローウィーはエリザベス女王からナイトの称号を授与されました。

確かに「22」という数字は、演出されたテロにたびたび登場しています。2011年7月22日のオスロテロ事件、2016年3月22日の「ブリュッセル爆弾テロ」、2017年3月22日の「ウエストミンスター襲撃事件」、そしてもちろん、2017年5月22日に22歳の「自爆テロ犯」がアリアナ・グランデの22曲の後に22人を殺害したとされる「マンチェスター・アリーナ爆弾テロ」などがその例です。演出上のイベントでこのような数字が使われるのは、内輪のジョークか、演出家による暗号メッセージかもしれません。

モスクワのコンサートホール襲撃事件も3月22日に発生したため、さらなる演出があったのかもしれません。しかし、3月22日はユダヤ教のプリム祭の日ではなく、2024年は3月23日と24日でした。したがって、モスクワのテロはユダヤ教のプリム祭の前夜に起きたのです。

c0139575_18574723

クロッカス市庁舎の所有者は、アゼルバイジャンの大富豪アラス・アガラロフです。アガラロフはユダヤ人ではないが、妻のイリーナ・アガラロワ(イリーナ・イオシフォヴナ・グリル)はユダヤ人です。ユダヤ・フォワードは、彼らの息子であるエミン・アガラロフはユダヤ人であると主張していますが、他の情報源はそうではありません。2015年まで、エミン・アガラロフはイスラエルの盟友であるアゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領の娘と結婚していました。

2013年、アラス・アガラロフはモスクワのクロッカス市庁舎でドナルド・トランプの「ミス・ユニバース」コンテストを主催、同年、プーチン大統領からロシアの「名誉勲章」を授与されました。2016年、エミン・アガラロフは彼のアメリカ系ユダヤ人の音楽プロデューサー、ロブ・ゴールドストーンに、悪名高い「ロシアゲート」の欺瞞に一役買った悪名高い「トランプタワー会議」の開催を依頼しました。

したがって、日付とコンサートホールの所有者という点で、間接的な「シオニストとのつながり」はあるかもしれませんが、他のいくつかの仕組まれたテロ攻撃ほど説得力はありません。加えて、クロッカス市庁舎の所有者はプーチン大統領と関係があり、テロの日付が3月22日であることも、疑似テロを示唆するものかもしれません。

暫定的な結論

結論として、3月22日のモスクワのコンサートホール襲撃事件に関して、現在入手可能なビデオ証拠といくつかの追加証拠は、ロシアの治安部隊によって実行された自作自演のイベントと一致するか、あるいはそれを示唆するものです。その動機は、ウクライナ戦争をエスカレートさせる口実を作ることだったのかもしれません。追加の証拠があれば、この予備的評価を裏付けることも反論することもできるかもしれません。

イベントのクリップ(+18)

写真や動画は②へ続く
②モスクワ・コンサートホール襲撃事件は演出だった可能性 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)