デビッド・マーティン博士が世界保健機関(WHO)の裏で糸を引いているのは誰なのかを明かす



by ビジラントフォックス

「彼ら」とは誰ですか?

史上最悪の医学の誤謬に「名前を挙げなければならない」。世界保健機関(WHO)のことですか?

デビッド・マーティン博士によるとテドロスは「尻に巨大な棒を突き立てられた操り人形に過ぎず、それが口を動かしている」とのことです。しかし、その操り人形のために誰が棒を動かしているのでしょうか?

その答えは、マーティン博士によると、

• ビル・ゲイツ
• ウェルカム・トラスト
• ロックフェラー財団


「2023年までには、ゲイツは世界保健機関(WHO)への寄付の88%を占めています。どのような定義から見ても、これは支配的な利益です」。

ビル・ゲイツは慈善家ではありません。彼は世界保健機関(WHO)にマネー・ロンダリングをしているのです。

そして、ゲイツや他の人々が、予防接種が必要な場所で行われることによって、地球の人口が20%減少する可能性があると述べているとき、マーティン博士によれば、「それは主張ではなく単なる目的です」。

ゲイツ財団の話ですが、ほとんどの人は、反トラスト法違反の重罪で有罪判決を受けた米司法省とゲイツ夫妻の間で非公開の和解が成立したことを知りません。

これは、マイクロソフトが悪いことをしたという主張ではありません。反トラスト法違反で有罪判決を受けたわけです。

非常に不思議なことに、ゲイツ財団は突然現れ、即座に世界保健機関(WHO)へのマネーロンダリングを始めました。

ゲイツ財団が設立されたときから財務諸表を見てみると、異常なことがわかります。かつて国連の関連組織、特に世界保健機関(WHO)には、ほとんどの国で2つの項目がありました。

国は、国務省のような組織を通じて、あるいは予算項目を通じて、世界保健機関(WHO)に資金を割り当てます。そして、同じ国には法人があり、そこからもまた割り当てがあります。

しかし、ウエルカム・トラスト、ロックフェラー財団、ゲイツ財団、そしてブルームバーグ財団のようなマイナーな財団や、その他いくつかの財団、しかしほとんどはトップ3によって、グローバル準備監視委員会と呼ばれるものが設立されました。

その委員会のメンバーは?

ゲイツ財団のエリアス博士、NIAIDのアンソニー・ファウチ博士、ウェルカム・トラストのジェレミー・ファー博士。つまり、これは犯罪的陰謀であり、陰謀論の観点から言っているのではなく、犯罪的陰謀とは何かという定義から言っているのであり、「FDAやCDCはWHOの命令に従っていたのか?」という正当な質問をすれば、答えは「ほとんど疑わしい」です。

世界企業の背後で糸を引いているのは誰なのでしょうか?その犯罪組織は、恐喝で有罪、取締役会の連動で有罪-すべて重罪です-、価格操作で有罪-これも重罪です-、「市場配分」と呼ばれる商業的選択肢を実際に抑圧することで有罪-これも重罪です。

その犯罪組織は、世界を征服すると宣言し、実際にその通りになりました。

しかし、名前を挙げなければなりません。WHOだけではありません。テドロス氏がこれをやり遂げられるほど賢いと思っている人は妄想です。

彼は操り人形で、ケツに巨大な棒が刺さっていて、それが口を動かしているのです。

しかし、操り人形のために棒を動かしているのは誰ですか?それがウェルカムトラスト、ゲイツ、ロックフェラーです。

2023年までに、つまり現時点で、ゲイツは世界保健機関(WHO)への寄付の88%を占めています。どのような定義であれ、これは支配的利益です。では、独立しているのでしょうか?いいえ。

スイスの世界保健機関(WHO)の非営利団体ですか?いいえ。これはスイスの法律にも違反しています。私が言っていることはすべてスイスの法律に違反しています。
.
1900年代初頭にコールド・スプリング・ハーバー研究所に設置されたカーネギー財団の優生学研究室が、1950年代に世界保健機関(WHO)が設立された際にも、議題として明確に盛り込まれ、その延長線上にあるということが、いかに奇妙なことかを考えてみましょう。

ビル・ゲイツが立ち上がり、地球上の人口がいかに多すぎるかを語り、ブルームバーグやその他の人々が立ち上がり、人口をコントロールする方法を見つける必要があると言っています。

2011年、グローバル準備監視委員会から「ワクチンの10年」が発表されましたが、その中で、必要な場所で予防接種を行えば、地球上の人口が20%減少する可能性があるという明確な記述がありました。

これは主張ではありません。これは表明された目標そのものです。
 
計画されたシミュレーション : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)