https://gregreese.substack.com/p/evidence-shows-biological-id-system
生物学的IDシステムがすでに導入されている証拠 - リース報告書

https://www.bitchute.com/video/grqwRlWlQ35m/
ビデオでは、COVIDワクチンの効果に関する議論を呼んでいる主張について語っています。COVIDワクチンにはナノテクノロジーが使用されており、紫外線の下で蛍光色の光を放つと言われています。
.
このビデオでは、皮膚から排出されるフィラメントや潜在的な遺伝子組み換えのような効果を含む、これらの主張を支持する様々な研究者や研究を参照しています。この文書はまた、健康監視に関連する具体的な法律や技術を引用しながら、政府による監視といったより広範なテーマにも触れています。これらの現象を聖書の予言や世界的な監視の意図と結びつける陰謀論に沿った物語となっています。
スクリーンショット (436)


感情的に、アナ・マリア・ミハルセア医師の研究は非常に不穏なものであるため、否定するのは簡単です。しかし、彼女の研究は科学的なテストを通して示されており、政府やNGOの文書によって裏付けられています。そしてその証拠は、人類がすでに最先端の監視ナノテクノロジーに感染していることを示しています。ミハルセア博士のハイドロゲル研究についての前回のレポートの続きです。

新しい研究によると、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた人は、365ナノメートルの紫外線の下で見える蛍光オレンジ色の輝きを顔に発しています。また、シェディングを受けた人は鼻の周りにこの輝きを発します。

妻が新型コロナウイルスのワクチン接種を強要された後、ジャスティン・コイ博士は独自の研究を始めました彼は、人が受けた注射の回数が多ければ多いほど、紫外線の下でより発光することを発見しました。その輝きは、最初は鼻の周りに見られ、時間が経つにつれて顔全体から首にかけて広がっていきます。

熱いシャワーを浴びた後、ワクチン接種者の皮膚からフィラメントが排出されます。また、これらのフィラメントは UV 光の下でも発光しますこのフィラメントは光るだけでなく、痙攣するような動きをすることが示されています。そして、人に引き寄せられる性質もわかっています。
FDAとファイザー社の公式文書:COVIDワクチンのシェディングが起きている : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

 ビデオではフィラメントが指にしがみつこうとしているのを見ることができます。また、注射を受けた人の皮膚が乾燥していると、排出されたフィラメントが空気中に浮遊します。これによって、予防接種を受けた人から受けていない人への感染経路が説明できます。ファイザー社の裁判資料には、予防接種を受けた人の近くにいる未接種の人が、吸入や皮膚接触によって感染する可能性があると記載されています。

2008年、カリフォルニア州でブラウンガを殺虫するために開発された生物学的ナノテクノロジー農薬が使用されましたが、この農薬には科学的研究に見られるような蛍光性の目に見えないマイクロ染料が含まれていたようです。


ヒルデガルデ・スタニンガー博士は、このナノテク農薬にさらされた人々を検査したところ、紫外線の下で彼らの目に輝きが検出できることを発見しました。スタニンガー博士はこの現象を、見た目が似ていることから "ホルスの目 "効果と呼びました。そして、それは農薬に蛍光チオシアン酸塩が使用されていたためであると主張しました。文献によれば、これは散布の効果を追跡するために使われたものと考えられます。

この考えは何十年も前から存在しています。国家安全保障研究所の『非致死性兵器』: 1997年に出版された『用語と参考文献』では、暴徒を後で識別できるように、紫外線で見える目に見えない赤外線染料について説明しています。

ジャスティン・コイ博士は、自然界に存在する生物発光酵素であるルシフェラーゼの遺伝コードが、SV40とともにファイザーとモデルナのワクチンに含まれていることを指摘しました。これにより、理論的にはルシフェラーゼが被接種者の遺伝子の中に書き込まれる可能性がある、とコイ博士は提案しています。

TRACE 法 (H.R.6666 - 新型コロナウイルス感染症検査、接触、全員への連絡に関する法律) は、 2020 年 5 月に導入されました。この法案は、疾病管理センターに接触追跡と人口の監視を行う権限を与えるものです。

2020年末から 2021 年初頭にかけて、世界中の人々が紫色の街灯に気づき始めました。これは紫外線の色です。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団が資金提供した量子ドット・タトゥーの研究では、ワクチンに蛍光性の医療情報を含めることで、人々がワクチン接種を受けたかどうかを検出する方法を提供しました。目に見えない近赤外線タトゥーは、皮膚の下に刻み込まれ、後にカスタマイズされたスマートフォンで読み取ることができます。量子ドット研究の科学文献では、これらの蛍光医療情報タトゥーは、紫外線の下でワクチンに感染した人の顔に似た外観を持っています。

聖書の予言を信じるか信じないかは別として、この極悪非道なプログラムを動かしている者たちが、彼らの脚本としてこの予言を用いていることは明らかなようです。黙示録13章より:

「そして、第二の獣は、富める者も貧しい者も、自由な者も奴隷も、小さな者も大きな者も、すべての者の右手か額に刻印を受けるように要求し、その刻印がなければ、だれも売り買いできないようにした」

しかし、私たちにはまだ自由意志があることを決して忘れないでください。