https://henrymakow.com/2024/02/makow--highlights-of-the-tucker.html
タッカーとプーチンは明らかに重要な話題を避けた
tucker-putin-interview

一般的に、この2時間のインタビューは、西側諸国を牛耳っているWEFの操り人形に比べ、プーチンが理性的で文化的な人物であることを証明している。彼は、西洋人が戦わないように、来るべき世界大戦でホワイトハットを委任されている。このインタビューには、WEF、クラウス・シュワブ、プランデミック、アジェンダ2030、有毒ワクチン、ロックダウンについての言及はない。悪魔主義者のユダヤ人がワシントンとキエフのショーを牛耳っているという事実への言及もない。ロシアは良く見えるが、第3次世界大戦を正当化するための見せかけの一部だ。タッカーはこのような差し迫った質問には一切触れなかった。

このインタビューで最も衝撃的だったのは、ガザ・イスラエル・アメリカ・イランの戦争について全く触れなかったことだ。

もしインタビューの半分をプーチンのロシア・ウクライナ史の説明に割かなければ、こうした緊急の問題について議論できたはずだ。カールソンとプーチンがカバラの赤い糸で結ばれている下の画像を送ってくれた読者が書いてくれたように、「すべては馬鹿げた劇場のようなものだ」。Source

旧世界秩序、暫定世界秩序、新世界秩序 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

プーチンは2時間のインタビューの半分を費やして、ロシアとウクライナの紛争の歴史をカールソンに語った。

プーチンは、「だから最初に、真面目な話をするのか、それともショーをするのか」、と聞いたわけだ。「あなたは真面目な話をすると言った。だから我慢してくれ。」と言った。

answers-putin

(タッカーが聞かなかった質問への答え)

「1991年以降、ロシアが文明国の仲間入りを果たすと期待したとき、このようなことは起こらなかった。あなた方は私たちを騙した。私があなた方と言ったのは、個人的な意味ではない。もちろん米国のことだ。NATOは東方には拡大しないという約束だった。しかし、それは5回も起こった」。

プーチンは、ユダヤ系ネオコン分子に言及することなく、米国の敵意について語っている。

アメリカはロシアのNATO加盟を拒否した。CIAがロシア政府の弱体化に関与していたことを認めた。

「そして、我々は大陸間航続距離を持つ極超音速システムを開発し、現在も開発を続けています。極超音速攻撃システムの開発という点では、米国や他の国々をリードしている。そして、日々改良を続けている。しかし、それは我々ではなかった。我々は別の道を行こうと提案し、押し返されてしまった。」

「本当に戦闘をやめたいのなら、武器の供給をやめることが必要だ。数週間で終わる。それだけです。そして、その前にいくつかの条件に合意すればいい。何が簡単ですか?なぜ私が彼に電話する?何を話せばいいんですか?彼に何を頼めばいい?」

タッカー:NATOはこれが世界規模の戦争や核紛争になることを心配していると思いますか?

red-threads.jpeg
ウラジーミル・プーチン:少なくとも、彼らが言っているのはそういうことです。そして、彼らは想像上のロシアの脅威で自国民を威嚇しようとしている。これは明白な事実だ。そして、考える人たち、俗人ではなく、考える人たち、アナリスト、実際の政治に携わっている人たち、ただ賢い人たちは、これがフェイクであることを完全に理解している。彼らはロシアの脅威を煽ろうとしている。

タッカー:あなたの言う脅威とは、ロシアのポーランド侵攻のことですね。ラトビアです。拡張主義的な行動ですね。ポーランドにロシア軍を送るシナリオを想像できますか?

ウラジーミル・プーチン:ポーランドがロシアを攻撃する場合のみです。なぜなら我々にはポーランドにもラトビアにも他の国にも何の興味もないからです。なぜそんなことをするのか?単に関心がないからです。それは単なる脅しに過ぎない。

「ウクライナの戦場でのロシアとの対決で、米国の納税者や欧州の納税者からさらに金をせしめるためです。しかし、その目的はロシアを可能な限り弱体化させることです。」

タッカー:NATOやCIAがパイプラインを爆破したという証拠はありましたか?

ウラジーミル・プーチン:詳細は省きますが、このような場合、人々はいつも「関心のある人を探せ」と言います。興味を持っている人はたくさんいるかもしれないが、その全員がバルト海の底に沈んでこの爆発を実行できるわけではない。この2つの要素はつながっていなければなりません。誰が興味を持ち、誰がそれを実行できるのか?

red-thread-2

プーチンは、なぜドイツやヨーロッパが、他のパイプラインを通じてアクセスできるロシアの石油やガスを使用するよりも、自滅しているのか理解していません。 

プーチンは、「それにもかかわらず、米ドルは米国が世界中で権力を維持するために使用する主要な武器です。政治指導者たちが米ドルを政治闘争の道具として使うことを決めたとたん、このアメリカの力に打撃が与えられた。強い言葉は使いたくないが、これは愚かな行為であり、重大な過ちである。世界で起こっていることを見てみよう。米国の同盟国でさえ、ドル準備を縮小しているのが現状です。

クリスチャンのふりをする

タッカー:「あなたはロシアとウクライナの関係を説明しましたね。ロシアそのものを何度か正統派と表現しましたね。それがあなたのロシア理解の中心です。あなたは正統派だと言いました。それはあなたにとってどういう意味ですか?あなたはキリスト教の指導者です。それはあなたにどのような影響を与えるのですか?」

ウラジーミル・プーチン : 「すでに述べたように、988年にウラジーミル王子自身が祖母のオルガ王女に倣って洗礼を受けました。その後、自分の分隊にも洗礼を授けました。それから数年かけて、徐々にルーシ全土に洗礼を授けました。異教徒からキリスト教徒への長いプロセスでした。長い年月を要したが、やがてこの東方正教は、ロシア国民の意識の中に深く根を下ろしました。ロシアが拡大し、イスラム教、仏教、ユダヤ教を公言する他の国々を吸収したとき、ロシアは常に他の宗教を公言する人々に非常に忠実でした。これが私たちの強みです。これは絶対に明らかです。そして事実、主要な価値観は非常によく似ています。ロシア連邦の伝統的な宗教である、今述べたすべての世界の宗教が同じであるとは言いません。ところで、ロシア当局は、ロシア帝国に入ってきた人々の文化や宗教について、常に細心の注意を払っていました。

「私の考えでは、これはロシア国家の安全と安定の基礎を形成しています。ロシアに住むすべての人々は、基本的にロシアを母国とみなしています。例えば、人々がラテンアメリカからあなたたちやヨーロッパに移り住んだり、さらに明確でわかりやすい例として、人々がやってきたりしても、彼らは歴史的な祖国からあなたたちやヨーロッパ諸国にやってきたのです。そして、ロシアで異なる宗教を公言する人々は、ロシアを自分たちの祖国と考えています。彼らに他の祖国はありません。私たちは一緒にいます。これはひとつの大きな家族であり、私たちの伝統的な価値観は非常に似ている。今、一つの大きな家族と言いましたが、誰もが自分の家族を持っています。これが私たちの社会の基本です。そして、祖国と家族は特別な関係で結ばれていると言えば、確かにそうです。国全体、祖国の正常で持続可能な未来を保証しない限り、子供たちや家族の正常な未来を保証することは不可能だからです。だからこそロシアでは愛国心が強いのです。」

「現在の状況を考えると、奇妙に聞こえるかもしれない。しかし、両国民の関係はいずれにせよ再構築されます。時間はかかるだろうが、関係は回復する。」


コメント:トム

「真理探究者たち」は、タッカー・カールソンとプーチンのインタビューという心理作戦を、完全に信じ込んでいる。集団催眠から目覚めたように見える人々の心を、突然ホピウムが捕らえる。そして、パッと目を覚ます。


ホピウムという「愛は盲目」というアヘンは、覚醒の蠢きを放り投げて、より盲目的な希望に満ちた狂気へと向かわせる。

どうやらロシアは100年以上前にユダヤ人によって転覆させられたのではないらしい。あるいは、そうであったとしても、1992年に「壁」が崩壊したときに、ユダヤ共産主義のくびきを投げ捨てたのだ。

プーチンはKGBだったが、今は違う!そして、彼は血にまみれ(たぶん、あなたはビデオを見たことがないだろう)、チャバド(ハバド)・ルバビッチの悪魔の手先に囲まれている億万長者のオリガルヒでもない。

これらすべては忘れ去られ、瞬く間に脇に投げ捨てられる...偉大なるプーチンが我々を救ってくれるという希望のために...!この「インタビュー」を受けているプーチンは、2014年に暗殺されたもう一人のプーチンに取って代わったことは気にしないで、私たちは今、さらに従順なユダヤ人の操り人形の言うことに膝をついて耳を傾けている。

すべては、タッカー・カールソンという金満の家系に生まれた信託財産のガキである、操られた反対派である偽者について言及し始める前のことである。私がここでほのめかしたことを暴くには、ほとんど何の調査も必要ない。

しかし、大多数は、悲しいかな、真実に関心があると主張する人たちでさえ、厳しい現実に直面するよりも、楽しいおとぎ話をはるかに好む。プーチンも、カールソンも、バイデンも、みな同じ「隠された手」のチームのためにプレーしていることを知らない....



journalism-walters-abc-putin-interviews

タッカー・カーソンとウラジーミル・プーチンのインタビューは、実際のCIA心理作戦です!

The Tucker Carlson/Vladimir Putin Interview Is The Actual CIA Psyop! [09.02.2024] (bitchute.com)

タッカー・カーソンとWEFの「ヤング・グローバル・リーダー」ウラジーミル・プーチンの "インタビュー後"!

BitChute

 https://youtu.be/80AX9ueyveU?si=HhITSO_LAa1Qj0N4
https://www.youtube.com/@jobcenterkbenhavn-kbenhavn454

「最高の嘘には最も真実が含まれている!」 - ベンジャミン・フランクリン(1706-1790)

「反対派をコントロールする最善の方法は、自分たちで率くことだ!」 - ウラジーミル・レーニン(1870-1924)

Situation Update: Sleepy Joe Thrown To The Media Wolves After Dementia Report! Is The Cabal Prepping (bitchute.com)
スクリーンショット (431)


マントルの支柱(奇妙な照明だが、まあいい)はなぜタッカーのスーツのラインに沿っているのか?申し訳ないが、私はバカではないので(笑)

https://t.me/QDisclosure17/61442

タッカー2.0がプーチン2.0にインタビューするのを目撃した


https://t.me/QDisclosure17/61450