タッカー・カールソンがプーチン大統領に独占インタビュー - 全文公開 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

ウラジーミル・プーチン・インタビュー (tuckercarlson.com)

タッカー・カールソンは、プーチン大統領のインタビュー後、ウクライナ政府の殺害リストに掲載されました


米国人ジャーナリストのタッカー・カールソンが、ロシアのプーチン大統領とのインタビューが大々的に報じられたことを受け、ウクライナ政府の「殺害リスト」に掲載されました。

Myrotvoretsは、キエフを拠点とするウェブサイトで、 「ウクライナの敵」とみなされる人々、あるいは同ウェブサイトが述べているように、「その行動がウクライナの国家安全保障、平和、人間の安全保障、国際法に対する犯罪の兆候がある」人々のリストと、しばしば個人情報を公開しています。

キエフ政権によると、カールソンは、プーチンとの未公開インタビューにより、「ウクライナの敵」に指定され、ウクライナのゼレンスキー政府は、西側諸国が戦争支援を続ける決意を弱めることを恐れています。

Screen-Shot-2024-02-07-at-2.45.22-PM

2016年、デイリー・ビースト紙によると、マイロトヴォレッツのウェブサイトはキエフ政権の法執行・諜報機関であるウクライナ保安庁によって管理されており、政府の情報システムを統合するために検問所で定期的に参照されていると報じています。

報道によると、このサイトはウクライナ当局によるスパイ、作家、宗教指導者を含む1000人の逮捕につながったとのことです。

ソーシャルメディアはカールソン支持を表明しており、多くのユーザーが、キエフを拠点とするdoxingウェブサイト(直訳すると「平和を作る人」)を使ってカールソンを標的にしたゼレンスキーを「独裁者」と烙印を押しています。

火曜日、カールソンは、ほぼ2年前にロシアとウクライナの戦争が勃発して以来、西側のジャーナリストがロシア大統領と話をするのは初めてとなる、プーチンとのインタビューの予定をほのめかしました。

クレムリンは水曜日、カールソンとプーチンのインタビューが録音されていることを確認しました。

カールソンの画像とマイロトボレッツの「殺害リスト」に関する情報は、水曜日にソーシャルメディアで瞬く間に拡散されました。

https://thepeoplesvoice.tv/tucker-carlson-placed-on-ukrainian-governments-myrotvorets-kill-list-following-putin-interview/



https://report24.news/tucker-carlson-drohen-sanktionen-interviews-mit-wladimir-putin-sind-laut-eurokraten-verboten/
タッカー・カールソンに制裁の恐れ: ユーロクラッツによるとプーチンへのインタビューは禁じられています
画像:itler / freepik経由の背景、X経由のT.カールソンのスクリーンショット
タッカー・カールソンがプーチン大統領にインタビューしました。これはグローバリストを激怒させています。すでにEUからは、このインタビューのせいで彼に制裁を課すべきだという声が上がっています。ユーロクラートは報道の自由と奇妙な関係にあります。

総合的に報道するのがメディアの仕事です。メインストリームが失敗した場合、オルタナティブで自由なメディアがその隙間に入り込みます。主流派がウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー国家元首に絶えずインタビューしている一方で、西側メディアはロシア大統領の見解に関心を示しません。プーチンが何を言おうが、国民は明らかに知らないはずです。ところが今、タッカー・カールソンはこの逆境をものともせず、プーチンと対談しました。

その結果、カールソンはウクライナの『殺害リスト』に載ることになったようです。ウクライナの民族主義者たちは、この米国人ジャーナリストを『無法者』と宣言しました。

この2時間のインタビューは、米国東部標準時の今夜6時(欧州では深夜0時)にXで公開される予定です。

グローバリスト・メディア 「タッカー・カールソンは民主主義にとって極めて危険だ!」 
🍾タッカー/ウラジーミル・プーチンのインタビューがネット上で大爆発

しかし、米国のジャーナリストは今、EUから懲罰的措置で脅かされるかもしれません。プーチンと話すことはユーロクラートにとって禁じられています。元ベルギー首相で現欧州議会議員のギー・フェルホフスタットは、米誌『ニューズウィーク』に対し、タッカー・カールソンの入国禁止を検討すべきだと語った。 同誌は次のように書いています:

カールソン氏に対する「渡航禁止令」の発動を検討するようEUに要請した同議員は、カールソン氏をドナルド・トランプ前大統領とプーチンの「口利き」と評し、次のように付け加えました。「プーチンは戦争犯罪人であり、EUはこれを支持する者を制裁しているのですから、欧州対外行動庁も彼のケースを検討するのが道理に適っていると思われる。」


そのような制裁が官僚的なハードルを考慮すると最終的にはありえないとしても、そのような制裁の脅威だけでも、ブリュッセルのユーロクラートやグローバリストがいかに報道の自由を軽視しているかは明らかです。結局のところ、この大統領は軍事力、経済的重要性、地政学的影響力において、世界の舞台でトップ10に入る国の大統領なのです。 大統領が西側諸国から嫌われているという理由だけで、(ヒトラー、ムッソリーニ、スターリンでさえ、過去に米国のメディアからインタビューを受けています)インタビューしたジャーナリストを罰しようとするのは、EUの報道の自由が危機に瀕していることのさらなる証拠です。

いずれにせよ、ひとつだけ確かなことは、数時間後にはカールソンがプーチンと何を話し合ったのか、そして彼の質問が実際にどれほど重大なものだったのかがわかるということです。