タッカー・カールソンがウラジーミル・プーチン大統領に独占インタビュー - 全文公開
2024年 2月 5日

有名ジャーナリスト、タッカー・カールソンが歴史的なミッションに乗り出すという驚くべき展開。ウクライナと世界の命運がかかっている中、カールソンはロシアのモスクワに到着。果たしてこの大胆な行動は、ウクライナ戦争を終結させ、第三次世界大戦という大惨事を防ぐ鍵となるのか?勇気とジャーナリズム、そして平和への探求が織り成す、手に汗握る物語をお読みください。

タッカー・カールソンがモスクワでウラジーミル・プーチンに独占インタビュー - 全文書き起こし:

タッカー:アメリカを動かしている人々に何を伝えますか?

プーチン:私たちのメッセージは、ロシアはあなたの敵ではないということです。私たちは戦争を望んでいません。平和の準備はできています。あなた方の指導者たちは争いを求めています。これは私たちが望んでいることではありません。ロシアは自国民のために立ちます。私たちのものでないものは望みません。

タッカー:ワシントンに行っていただけますか?


プーチン:ええ、もちろんです。以前にも米国を訪れたことがあります。ジョー・バイデン以外のすべての大統領と会いました。招待されれば行きます。そうですね。


タッカー:バイデン大統領についてはどう思われますか?


プーチン:彼は国を運営していないと確信しています。それを確認する有力な情報源はありますが、誰が見ても明らかです。アメリカは今、暗黒の時代に突入しています。説明責任を果たせない指導者がいるのです。


タッカー:ジョー・バイデンは正々堂々と勝利したと思いますか?


プーチン:アメリカの国内政治には立ち入りたくないですが、2020年の選挙よりも、私の大使館が報告した南部国境のほうがうまく運営されていたと言うでしょう。(笑)


タッカー:アメリカのある世論調査によると、あなたはバイデンよりも人気があるようですが、何か反応はありますか?


プーチン:(笑)それを真に受けるべきかどうかはわかりませんが、ロシアの理想は支持されています。私たちは伝統的な価値観を信じています。結婚は男女間のものであり、男性は男性、女性は女性です。


タッカー:アメリカの次期大統領には誰になってもらいたいですか?


プーチン:繰り返しになりますが、それは私たちが言うことでも、関与することでもありません。長年の非難に反して、私たちは選挙に干渉していません。いずれにせよ、結局は同じ人間が運営することになるので、その必要はありません。


タッカー:なぜウクライナに侵攻したのですか?


プーチン:侵略したのか、それとも侵略されたのか?歴史を見てください。そこに住んでいる人々を見てください。歴史的に見れば、侵略されたのは我々であり、今は反撃しているだけです。土地と人々はロシア人であり、私たちはもともと私たちのものだったものを再び手に入れるでしょう。


タッカー:トランプが再び勝利した場合、あなたはどのように報酬を得ますか(笑)?


プーチン:トランプ氏が大統領だった頃は良好な関係でした。戦争はありませんでした。私たちの関係は絶頂期にありました。とはいえ、予測可能なことは何もありませんし、同じように推移することもありません。様子を見なければなりません。


タッカー:ゼレンスキー氏についてどう思いますか、また彼へのメッセージをお願いします。


プーチン:彼がロシアでコメディアンだった頃、彼のジョークに笑ったことを覚えています。再び笑いに戻りましょう。


タッカー:それはなぜですか?


プーチン:私たちを敵対者としておくことが利益となる強力な金融組織があります。あなた方の大統領の一人は、それに対して警告を発しています。私たちロシア人にはそのような問題はありません。


タッカー:アメリカを敵視していますか?


プーチン:いいえ断じて違います。第二次世界大戦では同盟国でした。ロシア人はアラスカやカリフォルニアの開拓を手伝いましたし、ハワイにもいました。私たちの国民は敵ではありませんが、ワシントンDCの人々は確かに友人ではありません。


タッカー:もっと具体的に名前を挙げていただけますか?


プーチン:それは無意味なことです。あなた方の国内問題を解決するのは私たちではありません。それに、私たちよりもあなたの方が名前を知っているはずです。


タッカー:つまり、あなたの敵はジョー・バイデンではなく、彼の背後にいる人々だと言いたいのですか?


プーチン:その通りです。ジョー・バイデンは何が起こっているのかさえ知らないかもしれません。彼はロシアに投げかけられている制裁のレベルを理解していないかもしれません。誰がその制裁をまとめたのですか?私たちの敵です。


タッカー:それが、あなたがBRICSを支持している理由ですか?

プーチン:BRICSはいずれにせよ存在するでしょう。西側の貿易ブロックに対する自然な反応です。これは対抗措置なのです。ドルが国家に対して武器化されたとき、それに代わるものが自然に生まれるでしょう。それが私たちの望みです。

タッカー:それが、あなたとロシアが標的にされた理由ですか?

プーチン:もっと複雑ですが、それが理由のかなりの部分であることは確かです。ドルが危機にさらされると、米国は極端な手段をとります。ドルが破綻するわけにはいかないのです。

タッカー:しかし、ロシアはアメリカよりも経済的に弱く、脆弱ではないですか?

プーチン:経済規模を見れば、私たちは小さい。しかし、私たちの莫大な天然資源を考慮に入れる人はほとんどいません。ロシアには80兆ドル以上の資源があります。どの国も私たちの足元にも及びません。

...................................................

タッカー:あなたがガンを患っているという報道が根強くありますが?

プーチン:そのような噂は嘘だと断言します。もし私が癌に罹患し、それを克服したのであれば、その朗報と治療法を世界と分かち合うでしょう。

.................................

タッカー:世界は大きく変わりました。イーロン・マスク氏についてはどう思われますか?

プーチン:マスク氏をビジネスマンとして見ています。彼は巨万の富を築き、多くのファンを持っています。彼はユニークな思想家であり、買収されることのない個性の持ち主です。それを恐れる人もいます。

タッカー:彼を恐れている人がいるというのは、イーロン・マスクに敵がいるということですか?


プーチン:彼が米国内に敵がいることは明らかです。500億ドルの資産を剥奪されたことは、特別扱いのシグナルが出されたと言えるでしょう。表面的には不公平です。

タッカー:マスクがウクライナにスターリンクの機材を供給し始めたとき、あなたはマスクのことを恐れませんでしたか?

プーチン:数台のインターネットアンテナがロシアの力を打ち負かすことができると本気で考えている人がいるとしたら......。しかし、私たちはマスク氏を恐れたり非難したりはしませんでした。政府は彼に選択の余地を与えなかったのです。

イーロンに何かアドバイスはありますか?

プーチン:続けることです。怯まないでください。しかし、もし困難な状況に陥ったとしても、ロシアがあります。私たちは喜んであなたに門戸を開きます。私たちは以前にもアメリカのビジネスマンを歓迎したことがありますし、マスク氏のような人物を高く評価するでしょう。

タッカー:トランプ氏に話を移しましょう。まず、彼が再選される可能性が高い現状をどう感じているか教えてください。

プーチン:少し奇妙で常軌を逸しているでしょうが、私たちは十分に準備しています。彼はウクライナでの戦闘を終わらせると約束しており、私たちはその考えを支持しています。

タッカー:どうしてそんなに早く戦争を終わらせることができるのですか?

プーチン:ひとつには、彼は決して我々を侮辱していないからです。彼はロシアを尊敬しています。私たちは友好と信頼の立場から始めるでしょう。そうすれば、すべての問題は解決可能です。私を信頼してください。

タッカー:バイデンがあなたを殺人者呼ばわりしたことを指しているのですか?

プーチン:私たちは、政治家の数世代前から、数々の侮辱や中傷を受けてきました。トランプ氏はそれとは一線を画しています。彼はロシアでとても人気があります。おそらく、それが彼のためになるものではありませんが。

タッカー:トランプ大統領と何か連絡を取っていますか?

プーチン:いいえ、もちろんありません。しかし、彼が再び勝利すれば、私たちのコミュニケーションラインは即座に開かれるでしょう。

タッカー:それはショックです。ホワイトハウスからあなたへの連絡はないのですか?

プーチン:その通りです。バイデン氏の選挙勝利を祝って以来、誰からも電話がありません。冷戦時代よりもコミュニケーションが冷たくなっているのは不可解です。

タッカー:2024年の選挙はどうなると思いますか?

プーチン:私たちはただ観察しているだけです。世界に影響を与えることですから、警戒するのは私たちの責任です。私たちは、選挙結果が信じられるような形で実施されることを願っています。ロシアには郵便投票はありません。

タッカー:中国に話を移しましょう。お二人の関係はどのようなものですか?

プーチン:習主席と私は特に親密です。ロシアと中国は現在、良好な関係を享受しており、これは私たちにとって明らかな財産です。私たちはこれからも友人であり続けるでしょう。

タッカー:中国がウクライナの戦争であなたを助けたという非難があります。それは本当ですか?

プーチン:それは議論できることではありません。ただ、ロシアは孤立した大国ではありません。その戦略は失敗しました。戦争が始まる前よりも同盟国や貿易相手国が増えました。

タッカー:ロシアと中国が手を組んで米国に対抗するような事態を想定していますか?

プーチン:経済的な意味ですか、それとも軍事的な意味ですか?どちらも望んでいません。米国と衝突することは私たちの利益にはなりません。

タッカー:紛争といえば、ガザの状況についてどう思われますか?

プーチン:本当に残念なことです。パレスチナ人は壊滅的な打撃を受けています。イスラエルは無制限に行動しています。世界のひどいダブルスタンダードを示しています。イスラエルに対する制裁はどこにあるのですか?

タッカー:ロシアは、特にイランとの同盟を通じて何らかの形で関与していますか?

プーチン:いいえ、もちろん違います。私たちはイスラエルの存在に反対しているわけではありませんが、同時にパレスチナ人の自己決定権を支持しています。私たちは公平でありたいのです。

タッカー:アメリカ南部の国境で起きていることをフォローしていますか?

プーチン:実はそうです。毎日のブリーフィングの一部です。私たちロシア人は、議会が外国の国境を守るために何十億ドルも費やすのに、自国の国境はおろそかにしていることを皮肉にも面白く思っています。笑えますが、致命的です。

タッカー:致命的?どういう意味ですか?

プーチン:もちろん、致命的に深刻です。無秩序に国境を越えて毎日人が死んでいます。まさに野放しです。このような無謀なことをする国は、現代では見たことがありません。

タッカー:ロシアは国境の状況を何か利用しているのですか?

プーチン:いいえ。何もする必要はありません。アメリカは自滅しています。ナポレオンが言ったように、敵が自滅するのを邪魔してはいけません。

タッカー:では、あなたはアメリカを敵視しているのですか?

プーチン:それは単なる格言ですが、現政権は間違いなく友人ではありません。

タッカー:それは変えられますか?

プーチン:そのために選挙があるのです。

タッカー:今回もまた、さまざまなトピックで私との対話を続けてくださり、ありがとうございました。いわば、私たちはもっと面白くなるのでしょうか?

プーチン:もちろんです。どのような話題でも結構です。

全文は:https://amg-news.com/bombshell-tucker-carlsons-exclusive-interview-with-vladimir-putin-in-moscow-full-transcript-released/



REGIME MEDIA LOSING THEIR MINDS OVER TUCKER INTERVIEWING PUTIN – The Burning Platform
タッカーのプーチン大統領へのインタビューに発狂する政権メディア

バイデンと多様性売春婦の仲間たちから金をもらっている彼らの反ロシア・プロパガンダ・キャンペーンを、彼はあえて邪魔したわけです。政権メディアはジャーナリズムをしません。彼らは毒ワクチンの宣伝で何億ドルも懐に入れる大手製薬会社を応援しているだけです。

そして、ディープ・ステートとネオコン戦争屋に代わって嘘をつくのです。本物のジャーナリストが、彼らがヒトラー/サタン/スターリンを合体させたと宣言した人物に本物のインタビューを行うと、彼らは我を忘れてパニックになります。真実が漏れるのを許すことは、この卑劣な連中には許されないことなのです。