スクリーンショット (425)

イランの支援を受けたフーシ派は、彼らの陣地への集中的な空爆にもかかわらず、イエメンでの政策を継続し、紅海の海上航行の安全を脅かし、海底通信ケーブルへの影響範囲を拡大しようとしています。12月上旬、フーシ派は、紅海を通過するイスラエル行きの船舶は国籍に関係なく攻撃すると脅し、中立国の船舶への攻撃が続きました。

現在、特に注目されているのは海底通信ケーブルです。海底通信ケーブルは、国際的なデータ通信の95%以上を供給しているため、海底通信ケーブルへの影響は、この地域だけでなく、世界全体に及ぶ可能性があります。レバノンのヒズボラやイラクのイラン支援民兵を含むフーシ派とその同盟国は、すでにこれらのケーブル切断の可能性に関心を示しており、地域紛争の新たな段階を示すことになるでしょう。しかし、このような事態は中国にも影響を及ぼし、中国はフーシ派をかなり深刻な結果で脅すことになります。

海底ケーブルの切断は深刻な経済的影響を及ぼし、国際金融取引に支障をきたすだけでなく、軍事通信や政府通信にも支障をきたす可能性があります。今日のデジタル・インフラにおける海底ケーブルの重要な役割を考えれば、海底ケーブルへの潜在的な攻撃は世界の安定にとって深刻な脅威となります。

イエメンは戦略的に重要なバブ・エル・マンデブ海峡に位置し、海上通信とケーブル通信の重要な拠点となっているため、状況は複雑です。2013年のエジプトの事例が示すように、フーシが高度な設備を持たずに海底ケーブルを攻撃する可能性は、この脅威を特に大きくしています。

海底ケーブルは、その技術力の低さと、水中作戦が可能な海軍艦隊を持たないことから、フーシ派には長い間届かない存在でした。しかし、フーシ派が攻撃範囲を拡大しようとする決意と、彼らの海上戦術の潜在的な適応性を考慮すると、ケーブルに被害が及ぶリスクは依然として高い状況にあります
詳細: https://avia.pro/news/husity-ugrozhayut-unichtozhit-podvodnye-kabelya-obespechivayushchie-bolee-95-mezhdunarodnyh

詳細:https://avia.pro/news/husity-ugrozhayut-unichtozhit-podvodnye-kabelya-obespechivayushchie-bolee-95-mezhdunarodnyh