BATTLEFORWORLD.COM | 
2024年1月28日 メドベージェフ元ロシア大統領(現ロシア安全保障評議会副議長)は、テキサス州国境危機が米国内で新たな内戦を引き起こす可能性について、金曜日に予言的な警告を発しました。

内戦の勃発は、明日や来週には起こりそうもないが、ワシントンDCの機能不全が続いているため、不法移民が日常的に国境に侵入している州の市民が、社会サービスなどへの影響を感じ続けるにつれて、そのような出来事は将来の時点で起こりやすくなります。そして、ワシントンDCの政府は不法移民の越境を助長しているだけであり、いつかは影響を受けた州が行動を起こすことになるでしょう。

テキサス州知事のグレッグ・アボットと司法省(DOJ)は、不法入国者が米国内の国境を越えて急増する中、彼の移民妨害戦術をめぐって何度も法廷闘争を繰り広げています。アボットが使用する戦術の一つは、リオ・グランデ川流域の丸鋸浮遊バリアとともに、南部国境の一部に沿ってカミソリワイヤーを使用して移民を撃退することです。バイデン政権はこの取り組みを支持することを拒否し、この戦術を『危険』かつ『残酷』と呼びました。...

https://halturnerradioshow.com/index.php/en/news-page/news-nation/russia-to-supply-weapons-to-texas-if-needed-to-fight-biden-border-heist

バイデンによる国境強盗と戦うために必要であれば、ロシアはテキサスに武器を供給する

Russian-Permanent

バイデンがテキサス州国境を不法入国者に強制的に開放しようとするいかなる試みからもテキサス州とその国境を防衛するために、ロシアはテキサス州に重火器を供給する可能性があります。

ロシアのワシリー・ネベンジャ国連常駐代表は、「テキサスに武器を供給することによって、ロシアが紛争の当事者になるわけではないことを理解することが重要だ」と公言しました。

これは、アメリカやNATOがロシアと戦うためにウクライナに武器を供給するときに使った言葉であることを考えると、ロシアにとって貴重な発言でした。 ウクライナがルハンスクとドネツクの2つの州に対して連邦軍を使い始めたことが、ウクライナのすべての始まりだったことを思い出してください。 ですから、ウクライナ/NATO/ロシアと現在のテキサス/ロシア/アメリカとの類似性は......完璧です。

ロシアの発言ひとつで、テキサス/バイデン国境強盗の全貌が一変しました。

記録のために、私はテキサスを支持します


https://halturnerradioshow.com/index.php/en/news-page/news-nation/uh-oh-2024-health-insurance-policies-modified-to-exclude-coverage-for-war-riot-insurrection
2024年アメリカでは 保険契約の内容が、戦争、暴動、反乱による補償が除外されるように改訂

2024年 健康保険約款が新しくなりました:  「宣戦布告されたか否かを問わず、戦争、暴動、反乱に起因する傷害または病気の治療」。

以下の90秒のビデオを見て聞いてください。これは私が「うわぁ~」と思ったものです。

こちらを見てください。これは、2024年のシグナの医療保険でカバーされない除外事項と費用の下にあります。宣戦布告されたか否かを問わず、戦争、暴動または反乱に起因する傷害または疾病の治療。

これは一般的ではありません。昨年(2023年)のユナイテッド・ヘルスケアの保険契約では、通常このように書かれています:

異常事態が発生した場合、私の保険はどうなりますか?そして、災害、疫病、戦争、暴動、反乱の場合には、必要なサービスを提供するために最善を尽くすと書かれています。

しかし、ユナイテッドの2024年の健康保険を見てみましょう: 「宣戦布告または戦争による病気、治療、病状は補償しません。」

保険契約から戦争を除外する文言を変更したのは、シグナとユナイテッドだけではありません。アンセム社もこのような変更を行いましたが、一体なぜなのでしょうか?

ハル・ターナーの見解:

これらの戦争、反乱、暴動などはすべて、グローバリストのディープ・ステートによって事前に計画されています。何も偶然に起こることはありません。

保険会社のような大企業は、2024年に大混乱が起きることを事前に知らされているはずです。だから、ディープ・ステートが計画したこれらの出来事によって、あなたやあなたの財産が被害を受けた場合、補償を拒否することで誤魔化そうとしているのです。

これが、ここで起こっていることです。富裕層や政治的につながりのある人たちは皆、互いに話をし、オフレコで会議に出席します。ダボス会議だけが、彼らが話をする場所ではありません。

Australia must consider bringing back conscription as ‘all-out war’ with Russia looms, expert says | news.com.au — Australia’s leading news site

オーストラリアはロシアとの「全面戦争」が迫る中、徴兵制の復活を検討しなければならない、と専門家は言う

2024年1月28日
オーストラリア

迫り来るロシアとの「全面戦争」を前に、オーストラリアは兵力増強のために徴兵制の復活を真剣に検討すべきだと国防アナリストが指摘しました。

カーティン大学のアレクセイ・ムラヴィエフ准教授(国家安全保障・戦略学)は、東ヨーロッパと中東における世界的な緊張の急速な高まりは、「オーストラリアを公然たる対立の軌道に引きずり込む」恐れがあると指摘しました。

ムラヴィエフ准教授はさらに、「オーストラリアは、国民兵役の復活という、もうひとつの不快なテーマを検討する時期に来ているのかもしれない」と付け加えました。

「1972年、ゴフ・ウィットラム政権下の労働党は、平時の国民兵役を廃止した」、とムラヴィエフ博士は日曜日のスカイ・ニュース・オーストラリアへの寄稿に書いています。

「あれから52年経った今、私たちはアンソニー・アルバニーゼ政権下の労働党に、まだ時間があるうちに訓練された予備軍を増やすために国民兵役の再導入を検討すべきかどうかを問うべきです。それとも、大きな紛争に巻き込まれ、その結果に対処するのを待つべきでしょうか?」

歴代のオーストラリア政府は、国防軍の規模が不十分であることを認識しており、スコット・モリソン前首相は、2040年までに30%増の8万人を目標とすることを公約し、労働党もこの政策を支持しました。

昨年、アルバネーゼ政権の国防レビューのために実施された極秘の戦争ゲーム演習では、中国がソロモン諸島のような近隣の太平洋諸国に軍事基地を設置した場合、オーストラリアは「お手上げ」になると結論付けられました。

「オーストラリア国防軍の規模に関する問題は、オーストラリアがアフガニスタンとイラクで有事 を経験した際に表面化しましたが、両事件とも定期的な人員交代によって相当なコミッ トメントが必要でした」 と、ムラビエフ博士は書いています。

「オーストラリアが大規模な戦争に巻き込まれる危険性が高まる中、国防能力の不足を解消するための残された時間はあとわずかです」 と述べています。

トニー・アボット元首相は昨年、学校を卒業した若者に兵役を義務づけるという考えを示しました。

これは、ボリス・ジョンソン元英国首相が土曜日のデイリー・メール紙のコラムで、ロシアとの戦争が勃発した場合、英国軍で戦うことを誓ったことを含む、欧州の指導者たちからの同様のコメントの数日後のことでした。

ジョンソン氏は先週、英国陸軍の最高幹部であるパトリック・サンダース将軍が、英国国民は潜在的な地上戦に参戦する覚悟を持つべきだと警告したことに反応した発言でした。

イギリス陸軍総司令官が国民に一般徴兵の準備を要請 - 『国王と国民のために』 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

「国王と国のために戦うためにサインをするか?- という質問を自分に投げかけた途端、答えが出ました。もちろん、そうするつもりです」とジョンソン氏は言いました。

ジョンソン氏は、ロシアやその他の潜在的な敵対国との「直接的な軍事衝突」において、自分の「軍務が要請されることはない」と期待し、信じているものの、「戦争はありえない」と考えるのは「欺瞞」であると述べました。

「平和を守る最善の方法は警戒することだと歴史は教えています」。「ウラジーミル・プーチンのような人物の侵略を抑止する最善の方法は、強くあることです。戦争を防ぐ最善の方法は、戦争に備えることです。Si vis pacem para bellum.」

そして、NATOの一員となることが決まっているスウェーデンの2人の国防高官もまた、スウェーデン国民に戦争への備えを促して話題となりました。

カール・オスカー・ボーリン民間防衛相は、約210年にわたる平和の後、スウェーデンは戦争の危険に直面していると警告しました。「あなたは私人ですか?「自主防衛組織に参加する時間があるかどうか、考えたことはありますか?もしそうでなければ、動き出しましょう」と彼は問いかけました。

スウェーデン軍最高司令官のミカエル・バイデン将軍は、後に国営放送に「事態が実際にどれほど深刻であるかを理解する必要があり、誰もが個別に精神的に備える必要がある」と述べ、彼のコメントを支持しました。

欧州の指導者たちは、自国民に戦争に備えるよう促している。写真:国防総省
欧州の指導者たちは、自国民に戦争に備えるよう促している。写真:国防総省
続きは:Australia must consider bringing back conscription as ‘all-out war’ with Russia looms, expert says | news.com.au — Australia’s leading news site



しかし、少し前にジャーナリストとの接触を避けるために冷蔵庫の中に隠れていたのがボリス・ジョンソン元首相だったことが指摘され、彼の発言は広く嘲笑されています。


テキサスの移民ドラマは気晴らしだ:米国のエリートは国境を広く開いたままにするだろう - RTワールドニュース

グレッグ・アボット知事とジョー・バイデン米大統領との確執は有権者を楽しませるかもしれないが、不法移民の流れを食い止めることはできないだろう

米国は英国に核兵器を再配備する-テレグラフ-RTワールドニュース

ペンタゴンは、B16-12爆弾をイングランド東部に持ち込もうとしていると報じられている

米国は15年ぶりに英国に核兵器を配備する計画を立てていると、テレグラフ紙は金曜日にペンタゴンの文書を引用して報じた。


アメリカ大使がハンガリーを脅迫 - RTワールドニュース

デービッド・プレスマンは、オルバン首相がNATOを傷つけ、ロシアを支援していると非難した

もしハンガリーがEU、NATO、ロシアに対する外交政策の調整を拒否すれば、アメリカはハンガリーに圧力をかける力を持っていると、駐ブダペスト・アメリカ大使デイビス・プレスマンは警告した。金曜日にフィナンシャル・タイムズに掲載されたインタビューで、プレスマンは、ロシア・ウクライナ紛争に対する彼の反抗的な姿勢や、ウラジーミル・プーチン大統領に対する態度など、ハンガリーのオルバン首相に関する不満のリストを提示した。


国際司法裁判所、イスラエルにガザ地区での「ジェノサイド防止」を命じる、即時停戦命令を拒否 |タイムズ・オブ・イスラエル (timesofisrael.com)

ハーグの裁判所は判決で、パレスチナ人がジェノサイドの対象とならない権利が緊急に保護されなければならないという南アフリカの主張に「妥当性」があると認定した

アメリカ海軍は今週、海での戦いに実質的に敗北した |ゼロヘッジ (zerohedge.com)

水曜日、アメリカ海軍は、アメリカが所有し、旗を掲げている2隻のコンテナ運搬船を、バブ・エル・マンデブ海峡から紅海に護衛しようとしたが、フーシ派の弾道ミサイルの攻撃を受け、引き返しました。