https://exploringrealhistory.blogspot.com/search?q=Tartaria

Part 1: 歴史から抹消されたこれまでで最大の文明、ワンワールド・タルタリアン ... タルタリア人とは?




私は1717年に法人化されたマサチューセッツ州中央部の町で育ったのですが、正直言って、若い頃は気味が悪かっただけでなく、年を取って商業施設の建設に携わるようになると、1870年にどうやってそんなものを建てたのだろうと不思議に思うようになりました。この情報で本当に厄介なのは、NWOが永遠のように敵視していた人物です。私たちは皆、ロンドン、バチカン、ワシントンの3つの頭を持つ都市国家の獣がNWOを形成し、ワシントンがNWOの軍事部門を担っているという話を聞いたことがあります。

私が子供の頃から知っているアメリカは解体されつつあり、ロシアは悪い国だと再び言われているのは明らかです。私たちが見ているのは、ウクライナを支援するワシントンの姿です。この投稿に写真を追加するのに苦労しました。私の意見では、彼らの世界とアメリカの国土の両方に売られた彼の理論には穴が多すぎて、ストレートに否定することはできません。流れに逆らって上流に向かって泳ぐのは、決して簡単なことではありません。

ワンワールド・タルタリアン
最も偉大な文明
歴史上から抹殺された
ジェームズ・W・リー

イントロダクション
昔々、今日グレート・タルタリアとして知られる高度な文明がありました。歴史書から姿を消したのは1世紀も前のことでした。その痕跡は今でもいたるところに残っています。この文明は、現在のものよりも進んだ技術を支配していました。
.
そのジオポリマー・コンクリートは永遠であり、時間の経過とともに強度を増していきました。その巨大な鉄とガラスの建造物は、ドームと金属の針で覆われ、すべての大陸に存在していました。水銀と組み合わされ、すべての人に無料の大気エネルギーを供給しました。その塔と鉄道駅は現在も稼働しています。残念なことに、エーテルからのフリーエネルギーの技術は破壊され、「幽閉」され、ケーブルや電線のような古い技術が再び導入されました。
.
ニコラ・テスラは、このエーテルに接続し、いつでも、どこでも、誰にでも無限の電力を供給する技術を「発見」したという話です。 ただ遍在する自然の磁気エネルギーにアクセスするだけで、船や車や飛行機で無料で旅行することができるのに、私たちは今日に至るまで、権力者たちによる貪欲と支配のための資本主義的な支配システムのために、このフリーエネルギーをすべての人に「許可」されて来ませんでした。

そのため、100年以上もの間、私たちはすべての人に無償のエネルギーを与える慈悲深いシステムを否定されてきました。テスラは、もし実在したとしても、本書で詳しく紹介するタルタリアのフリーエネルギー装置を隠すための隠れ蓑的存在でした。

偽の歴史は、古代建築を「ムーア人の復興」、「モーレスク」、「イスラム」と呼んできました。また、「コロニアル」、「中世」、「新古典主義」、「バロック」、「ロマネスク」、「ゴシック様式」、「ボザール様式」、「折衷様式」、「チューダー様式」、「ルネッサンス」、「パラディオ様式」、「リチャードソン風ロマネスク」、「シカゴ派」、「ヴィクトリア朝」。そして、柱、アーチ型の開口部、尖塔、バラ窓、鉄柱で装飾された身廊、塔、ドームの古くからの真の機能を隠すために、流行りのスタイルとしてラベルを貼りました。さらに、写真に写っている尖塔の両端をカットしたり、以前は存在しなかった十字架を付け加えたりしています。

ウィキペディアによれば、最初の発電所は876年にエジプトのカイロに設置されたのが最初であると、彼の物語は伝えています。本来はエジプトで最大かつ最古のものです。すべてのタルタリアの発電所には、大小を問わずパイプオルガンがあり、音波を通して人々を調和させ、癒しました。私たちが世界中で目にする教会や大聖堂は、神聖な音響幾何学に基づいて設計され、高次の意識を癒し、ダウンロードするのに役立つ振動、音色、共鳴を最大化するために、すべて同じようなデザインパターンを共有しています。タルタリア人の大粛清の後、ロマノフ家が先導した宗教団体は、これらの素晴らしい建造物を長老派、カトリック、英国国教会、モルモン教のシナゴーグ、モスクの寺院などに改築しました。
.
ロシアの学者アントニー・フォメンコは、『歴史、フィクションの科学』という全7巻の本の中で最も重要なシリーズを執筆し、現代の文字による歴史は西暦1200年までしかさかのぼれないことを証明しています。これは、バチカン、シティ・オブ・ロンドン、ワシントンD.C.の三国による新世界秩序(NWO)の創設と一致しています。

アメリカ合衆国は、合衆国法典第3002条第15項で、連邦法人と定義されています。バージニア・カンパニーは、イングランドのグランドロッジに仕えていたフリーメーソン建国の父たちによって、起こらなかった独立戦争の間にアメリカ合衆国になりました。このバージニア・カンパニーは、英国王室が北アメリカ入植のためにロンドン・シティ・コーポレーションから発行したものです。

1213年、ジョン王は金の牡牛座の下でイングランド王国をローマ教皇庁に明け渡しました。1215年、ジョン王はローマ教皇の直接の権威の下、マグナ・カルタ(ラテン語で大憲章の意)を発行し、イングランドとロンドンからシティ・オブ・ロンドン公社と呼ばれる1マイル四方のブロックを主権主体として設立しました。聖座は公式文書にラテン語を使用し、バチカンはラテン語を公用語としています。Novus Ordo Seclorumはラテン語で「時代の新しい秩序」と訳され、アメリカ合衆国の国璽と1ドル札に記載されています。

ワシントンDCはバージニア州とメリーランド州の両方にあります。それは聖母マリアの土地です。ワシントンDCは、本来1669年にローマと呼ばれ、カトリック百科事典に記載されています。ワシントンDCはローマ建築で、キャピトル・ヒルはローマのキャピトリン・ヒルにちなんでいます。連邦政府の建物や連邦政府の印章には、古代ローマのファスセスのシンボルがあしらわれています。連邦政府は、ファシスト帝国だったローマ共和国を基にしています。

「ファシスト」の語源ともなったローマのファスセス。ローマ法に反対する者には、杖と斧を持たせていました。コロンナ家は、ローマの企業帝国の政治力を象徴するカピトリーナの丘を儀式的に支配しています。円柱は、政府の土地所有権に対する彼らの主張を維持する政治的支援を象徴しています。ワシントンDCはローマ建築であり、連邦政府の建物や米国の印章のいたるところにローマの牙のシンボルがあります。ファシズムとは権力の集中化を意味します。キャピトル・ヒルはローマのキャピトリン・ヒルにちなんで名づけられました。

またNWOは、1800年代半ばからロスチャイルド家(赤い盾)とともにデビッド・ロックフェラーがビッグバン、進化論、宗教的神話と伝承の「彼の物語」の数々を始めた1930年代までの壮大なリセットの間に、歴史を修正し、彼らの物語を書き直しました。 
宮廷ホフユーデン
は、バチカン、イエズス会、悪魔の13血統に情報と権力を提供する限り、すべての金と名声を稼ぐことを許されるよう、バチカンに徴用されたアカニシのユダヤ人たちです。バチカンは、同じ目的のために、告解所を設置し、CIA、NSA、Mi6、モサドなどを含むすべての主要なスパイ機関を所有し、支配する「エンティティ」と呼ばれる世界的なスパイの諜報機関を運営しています。これはすべて、アメリカのドル紙幣の裏にラテン語で書かれているように、彼らの「一つの世界秩序」の一部です。

旧世界秩序は慈悲深いタルタリア人でした。彼らの唯一の主要な指令の一つは、「自然から取り戻したものは、より多く返す!」というものでした。彼らの自然/育みは、すべてを創造し、提供する月の女神イシスに基づくものでした。私たちが世界中で目にする極めて類似した構造を考えると、すべての人々が共通の言語で生活し、共通の思考、意図、設計において関連していたと結論づけることができます。彼らは動物のためのヒーリングセンターを持っていました。彼らはすべての生命と受動的な関係を持っていました。彼らの旗はグリフィンで、それは本物の動物でした!グリフィンは、人間の一部であり、鷲の一部であり、ライオンの一部であり、アンドロギュノスの雄牛です。それはまた、ケンタウロス、空飛ぶカメ、ユニコーンも存在したようです。

その後、NWOがタルタリアの技術の使い方を学び、それを使って文化全体を破壊し、その存在を現代の歴史書から消し去ったときに、タルタリアの人々全体が滅ぼされたのだと推測できます。本書に掲載されている写真や画像を注意深く見ると、何億、もしかしたら何百億ものタルタリア人が、ヒーリング技術を使って滅ぼされたときに『抹殺』されたことを意味する巨大な建造物があるはずです。都市の地下には何百万もの骨が埋まっており、大規模な精神病院もあります。そこでは、タルタル人の成人が、(奴隷労働のために売られ、「拾われた列車」で送られるために)子供たちから引き離された後、幽閉されていたようです。

そして、バビロンの塔が示唆するように、かつての偉大なタルタリア人は一つの共通言語を享受していたのでしょうか?イギリスだけでも44以上の方言があります!では今、私たちはNWOの秩序とフェニキア人によって作られた「私たちの言語の中で苦しんでいる」のでしょうか。そうして今、私たちの定義は「耳の聞こえないフェニキア人」にあり、私たちはすべての様々な方言、慣用句、ローマ・ラテン語の語源で「しゃべり続ける」のでしょうか?

私たちが今日見ている新世界秩序は、ルシファーとサタンの霊的な心と体の支配の下で、タタール人を大量虐殺した可能性が高いです。これらのマインドコントロールされたNWOの一部は、彼らの血液が非RHマイナスの血統の人間よりも銅の含有量が多いことから、「ブルー・ブラッド」と呼ばれています。Rhマイナスの血統は、系譜的なDNAの形質を受け継ぐことを許しますが、プラス+の血統のいかなる「汚染」も血統の純粋性を腐敗させます。ほとんどの人は、アメリカ大統領がすべて陰性の血統であり、その血統が17世紀のチャールズ国王とウラジーミル・ザ・インパラー(本来はドラキュラ)にまで遡ることができることすら知りません!
※今では発行禁止本かもしれませんが、13年以上前に「青い血・赤い血・本当の血」という本のさわり部分だけ読んだことがあります。

世界各地で、タルタリアを打ち破った侵略軍は、彼らの宮殿や赤い発電所を流用し、大学、博物館、劇場、銀行、都道府県、商工会議所、証券取引所、教会、高校、裁判所、銀行、郵便局、図書館、オペラ劇場、生物医学研究機関、カジノ、観光地、そして大聖堂、シナゴーグ、教会などに変え、その歴史を「ウィキペディア」という集合体に記録されたものに書き換えました。そして彼らは、エーテルからエネルギーを抽出する構造物を、タルタリアと同じ色で塗り続けています。そして破壊し続けるのです。タルタリアとは全世界のことでした: アジア、アフリカ、ヨーロッパ、オセアニア、アメリカ大陸は一つの高度文明の一部であり、磁気臨界エネルギーの抽出に焦点を当てた建築物を持っていました。グレート・タルタリアはその後、オスマン帝国、ビザンチン帝国、ロス帝国のような文明カテゴリーに分割されました。これらの変化は、モスクワの大クレムリン宮殿の玉座の間、イギリスの国立公文書館、ワシントンの国会図書館などに「アーカイブ」されました。


また、NWOの寄生虫はタルタリアの天文時計を妨害しました。タルタリアの天文時計は太陽系を表すために地動説モデルを使用していたからです。タルタリア人の天文時計では、地球は神の創造の中心にありました。これらの時計は複雑な計算機でした。コンピュトゥス(計算機)などという言葉が使われ、操作には高度な数学的知識が必要でした。侵略者たちは、天動説やコペルニクスの性格など、人類の歴史を塗り替え、タルタリアの偉大な文明を滅ぼした最近の犯罪の痕跡を消すために発明しました。

はっきり言えば、タルタリアは統一された言語とデザインを持つ世界全体だったわけです。もしタルタリア人がすべて何らかの形でつながっていなかったとしたら、世界中にある多くのピラミッドが同じ思想とデザインを取り入れることができるでしょうか?
.
設計図はどこにあるのでしょうか?
私たちは何度も何度も、1)火災でほとんどの建造物が破壊されたと言われている、2)建築図面や青写真は決して公開されていない、3)鉄の贋作工場は見つかっていない、4)石、レンガ、銅、鉄などはどこから来たのか、5)これらの巨大な建造物や信じられないような技術的偉業はどのように成し遂げられたのか。彼らは、その驚くべきノウハウのすべてを私たちみんなと分かち合っているのではないでしょうか?しかし、上記のいずれについても、入手可能な文献はほとんど見当たりません。


エネルギーを抽出するための建築 電磁エネルギーを抽出するための世界の建築は、すべて高度文明のタタール・アーリア人に由来します。アーチ型の開口部、円柱、ドーム、塔の使用が特徴です。バラ窓やムカルナといった細部に加え、分子に作用し、細胞の挙動を変化させる電磁エネルギーの振動のシンボル。以前は、これらの波動は、調和や多幸感といった感情を引き起こすだけでなく、ヒーリングや空中浮揚、輸送にも作用していました。このエネルギーは現在、別の方法で使用することができます。タルタリアの建築は、気候、文化、材料資源などの地域的特徴によって若干の変化や影響を受けますが、基本原則は世界中で維持されています。

ピラミッドや劇場、コロッセオの地下には、音のエネルギーが直接届く水路がありました。スターフォートは、住民を守り、調和を共鳴させるマイクロドームを作るために設計されたようです。これはテスラの3次元シェルで詳しく説明されています。3次元シェルは、2つのフーリエ展開、3次元スカラー半球パターンを空間で干渉させることによって作られます。シェルの中の空気分子と原子は完全にイオン化され、その結果、強く励起され、強く輝く光を発します。殻にぶつかるあらゆる物理的なものは、巨大な電気エネルギーの放電を受け、まるで今流行の電気殺虫器に虫が当たったように即座に蒸発します。

エリートたちはリセットの間、これを利用することによって生き延びました。泥の壁に囲まれた星の砦の古い絵を見てください。古典芸術でフリーエネルギーを創造し、私たちの仕事が本質的に音楽的であった社会を想像してみてください。ソルフェジオ音階では528Hzが重要です。私たちが作り出したこの音の周波数は、植物、人間、動物を大きく成長させ、温和な気候を維持しました。運河、川、海、湖、海に沿って地球の戦略的地点に位置するすべての都市はスター・フォートレスであり、エーテルから電磁エネルギーを取り出していました。そしてそのエネルギーは塔やオベリスクを通して取り込まれ、最近グレート・タルタリアと呼ばれるようになった高度文明の赤と白のストライプの発電所に蓄えられました。

いつも近くに水飲み場がありました。電磁エネルギーは、銅で覆われた発電所の塔の下にあるトロイダルコイルで抽出され、蓄積されました。「スター・フォートレス(星の要塞)」は、地球全体の水、ガス、電磁エネルギーの配給を調整し、世界の食糧と輸送システムを運営し、すべての通信、健康、教育、文化、福祉に責任を負っていました。

地下トンネルは、プラットフォームや宮殿を備えた壮大な通信船で、世界中のすべての都市を相互接続し、途切れなく走っていました。その中を何十億もの人々、荷物、物、通信が行き交っていました。地上では、計画された都市、壮大な建物、巨大な公園、発電所、音楽、文化、芸術。空には、鳥の視点から世界を観察したい人のための巨大な飛行船。その痕跡は、黄ばんだ写真や、今日の「近代」文明を理解する基準では理解不能と思われる建築物を眺めることでしか見つけることができません。
.
グレート・タルタリアには植民地はありませんでした。タルタル語(アラビア語)とサンスクリット語という同じ言語を話し、共通の理解で結ばれた一つの世界文明。国境がなく、独立した国々があり、賢者からなる評議会によって選出された資格のある王侯によって統治され、女性によって助言される一つの世界文明でした。

「植民地」はイギリス・イエズス会帝国の発明であり、彼らはこのかつての美しい文明を打ち破り、白人や黒人を奴隷にし、アヘンやその他の薬物に溺れさせ、脆弱な国々を植民地にして強奪と破壊を行い、世界中の白人都市をすべて消し去りました。 そして、すべての政府に彼らの操り人形を設置し、彼らの物語をすべて書き換えました。ロックフェラーとロスチャイルドの「コート・ホフジュデン」によって設立された公立学校は、子どもたちが親から引き離されると、私たちの歴史物語を見事にプログラムし直しました。ある世代が何かを信じてしまうと、次の世代はそれを真実だと思い込むと言われています。

タタール・アーリア人はハイパーボレアの生存者であり、その子孫である文明の発祥地です。 ハイパーボレア人は地球最初の住民だった人々です。スキタイ・タタール・アーリア人はハイパーボレアからの生き残りです。彼らは常に現地の文化や宗教を尊重し、結婚を通じて異人種間の同盟を促進しながら、その高度な技術を世界に伝えました。これが、地球上のすべての民族にタタール・アーリア人のDNAが残っている理由です。そのため、ロシア語のルーツがジョセフ・スカラガー率いるイエズス会の寄生虫「学者」たちによって19-20世紀に作られた人工言語の中にあるのはそのためです。安い税金と引き換えに、タルタリーはその軍隊、恐るべき黄金の種族の保護を提供しました。しかし私たちは、タルタリア人の善意によってのみ使用されたDEWと化学兵器によって敗北しました。タルタリア人が絶滅したのは150年も前のことです!

現在のロシア(正式にはロシア連邦)を見れば、旧ロシアの世界がどのようなものであったかがわかるでしょう。現在、ロシアの国境内には150を超える異なる民族が共存し、それぞれ異なる知識と発展度を持っています。ロシアの識字率は98%。かつてのグレート・タルタリアの名残はまだそこに見られます。

タルタリー時代の技術や、周波数、振動、エネルギーの使用に関する理解は、宇宙への鍵であり、現在私たちが理解しているものよりもはるかに進んでいました。ニコラ・テスラは「フリーエネルギー」を発見したと言われていますが、タルタリア人はこれらの普遍的なエネルギーをマスターしていました。彼らはどのようにして驚異的な大聖堂や建物を建設したのでしょうか?建物に精巧な装飾を印刷するための巨大な機械や、海をつなぐ運河を作るための機械があったのでしょうか?

創造神話か、タルタリア人の高度な顕現か?

コイルの中で回転するとき、磁場は水銀の渦の中で電荷を生み出します。ヒンズー教のエネルギッシュな複合体は、その構造の最上部にこの機能を示しています。「複数の巻線からなるコイルでは、巻線の磁場がコイルの中心で加算され、強い磁場が形成される」とWikipediaに書かれています。インドの電力供給センターの上部には、今でも「コイル」が見られます。宗教では、これらのエネルギー工場を『寺院』と呼んでいます。インドネシアのパルマナンド・コンプレックスには、本来240の発電所が同心円状の曼荼羅状に配置されていました。発電所には「トロイダルコイル」が働く金属の輪があります。おそらく、台北タワーの「マスダンパー」がこの機能を集積しているのでしょう。

image (1)





































現代の塔はすでにドームそのものが建てられており、エーテルと接触するように立つポールの下に配置されています。
この金属球は、架空の人物「テスラ」が好んだ幾何学的な物体を表している、とWikipediaは報告しています。ハイチにあるスター・フォートレス、タージ・マハル、アヤ・ソフィア、パンテオン、あるいは宝石の塔は、大気エネルギーの生産工場であり、分布であり、また世界中にある何千もの「大聖堂」、「寺院」、宮殿でもありました。実際、1915年のサンフランシスコ・パンパシフィック博覧会を含む多くの世界博覧会で、47階建ての「宝石の塔」を見ることができます。

世界中の城、ビル、宮殿、温室、灯台、売店、噴水、「モスク」、要塞、塔、橋、そして古い技術装置をそのまま残した「カテドラル」では、大気を介してエネルギーを取り出す技術が今でも完璧に機能しています。この装置には、精巧な屋根格子や小窓のような開口部、建物の角の金属製の装飾、水銀の装飾や球のついた尖ったアンテナ、石積みやジオポリマー・コンクリートに埋め込まれた金属、水銀の入った壺、コーニス、尖塔、銅製の装飾のついた屋根、鉄の構造基盤などがあります。この装置はまた、現在の超高層ビルにも見られます。

タルタリア文明は、19世紀から20世紀にかけて、洪水やエネルギー兵器(DEW)、計画的な大量絶滅によって滅ぼされ、地球は突然、何十億もの人々によって放棄されたと思われます。この優れた文明の建築物や技術はすべて盗まれ、現在の無知な文明を作り上げたNWOの手に渡りました。1800年代に起こったとされるこれらの出来事は、タタール人の最後の焚書、歴史の削除、知識だったのでしょうか?

馬とバギーの噓... 自動車(1885年)と飛行機(1903年)が発明される前 

列車や自動車が発明される以前は、動物の力が主な移動手段でした。馬、ロバ、牛が馬車やコーチ、バギーを引いていました。馬車の時代が続いたのは、17世紀後半から20世紀初頭までのわずか300年余りです。

本書で紹介されているような素晴らしい建造物を建てるために、石切り場から石やレンガを運ぶための主要な乗り物が馬車だったということですか?そして、47階もの高さの塔の建設は、工学的な設計図面も発見されずに建てられ、彫像や照明やエレガントなディテールが、西側では多くの場合、それらの都市に到着したばかりの一般労働者によって施されたのでしょうか?

通信 電信・電話システム 

都市や国中に張り巡らされた電信柱や電話柱を思い浮かべてください!しかし、タルタリーの都市では、1850年代にはすでに多くの電柱が無線でいたるところに設置されていました。鉄道が電信を使い始めたのは1851年のことです。それ以前は、線路に張り巡らされた電線は厄介者扱いされ、時には垂れ下がり、事故や死亡事故さえ引き起こしていました。初の商用電信線が完成しました。1846年、磁気電信会社の線路がニューヨークからワシントンまで開通しました。

電信統合の最終段階は1857年から1866年にかけて起こりました。この時期、各社は全国的な独占企業に統合されました。1864年までには、ウェスタン・ユニオンとアメリカン・テレグラフ・カンパニーだけが「6つの国」に残りました。アメリカ合衆国電信会社は、1860年代初頭に小規模の独立会社を統合してこの分野に参入し、アメリカン・テレグラフ・カンパニーとウェスタン・ユニオンの両方の領域で事業を展開しました。1866年までにウェスタン・ユニオンは最後の競合2社を吸収し、市場支配の地位を確立しました。1866年から世紀末にかけて、ウェスタン・ユニオンの勢力は頂点に達しました。同社の回線で送信された年間メッセージ数は、1867年の580万通から1900年には6,320万通に増加しました。同期間中、通信料金は1通あたり平均1.09ドルから30セントに下落しました。

ウエスタンユニオンの最大の脅威は、電話という新技術でした。アレクサンダー・グラハム・ベルは1876年に電話の特許を取得し、当初は「トーキング・テレグラフ」と呼んでいました。1880年代、電話は市内通話にのみ使用されていましたが、1890年代に「ロングライン」が開発されると、電話は電信との競争を激化させました。1900年には、市内通話が電話事業の97%を占め、電話が完全に電信を駆逐したのは20世紀に入ってからのことでした。また、アメリカの郵便サービスが始まったのは1850年代初頭のことです。最初の航空郵便は、1870年に無料の気球で書簡を輸送しました!郵便馬車は、1870年に初めて配達を開始しました!最初の駅馬車は、ミズーリ州ティプトンとカリフォルニア州サンフランシスコを結ぶ2,800マイルの南ルートで郵便を配達しました。では、何百もの万国博覧会や見本市が、世界中から何百万人もの人々を集めてイベントを開催するために、どのように連絡を取り合っていたのでしょうか?

ヒンデンブルグによる破壊は、気球時代の驚くべき突然の終わりを告げました。その2年後、脅威的で壮大なドイツの工業団地を破壊し、すべての地政学的国境を再定義し、可能な限り多くの民間人を殺害し移動させることを目的とした第二次世界大戦が始まりました。イギリスは、ドイツがアメリカ合衆国の名の下に設立した植民地(ヴァージニア公社)において、イギリスが支配する経済に取って代わるという考えを認めませんでした。そのため、銀行家たちはヒトラー神話の台頭に資金を提供しました。その中には、セオドア・ルーズベルト(セシル・ローズ)の第二子であるカーミット・ルーズベルトも含まれています。

彼の物語は勝者たちによって書かれたと言われています。本書を読み進めるうちに、「わあ、こんなことは教わらなかった!」と、何度も繰り返している自分に気づくことでしょう。私たちが教えられていないことこそが、本当に起こったことの真実なのかもしれません。タルタリア人の歴史が現代の歴史からほぼ完全に削除されていることは、フラットアースや月に行ったことがないこと、9.11でツインタワーに飛行機が衝突しなかったことと同様に、この点を証明しています。 

彼の物語はすべて嘘であり、私たちは心の中に「タブラ・ローザ」を創り出すこと、あるいは私たちが知っていると思っていたことを消し去り、この本で提供されている情報や文書を見て、新しい彼女の物語を理解することを許可されているのだと結論づけることができます。愛と平和の中で、スピリチュアルに、精神的に、そして肉体的に自然と深くつながり、優雅に、美しく、調和して生きるワンワールドの慈悲深い社会について。いつの日か、私たちがタルタリア人と呼ばれる素晴らしい人々に再び出会い、再び記憶し、再び立ち返ることができますように。

もしも?マーシャ・ラマーリョ著 

1. あなたは、人類が月に行っていないことを知っています。タイタニック号は、イエズス会の船長である「エドワード・スミス」の指揮下で「沈没」したのではないことを知っています。タイタニック号の船主が、高額な保険金を受け取るために沈没したふりをしていたこと。 その目的は、連邦準備制度理事会(FED)の創設に反対した一部の大物たちとともに姿を消すことではなく、彼らはFEDを所有していたため、死ぬ必要はなかったということです。

2. 連邦準備制度理事会は、1913年に通貨発行、インフレコントロール、金利のために設立された民間の中央銀行であり、そのため、すべての世界経済恐慌と75兆の実質的な米国の負債に責任があることはご存知のはずです。

3. ルシタニア号への攻撃、真珠湾攻撃、トンキン湾事件は、アメリカがベトナム戦争や世界大戦に参戦することを正当化するために計画されたものであること。あの『ヒトラー』は、ロシア人とドイツ人を大量に殺し、『ホロコースト』神話を盛り上げるためにウォール街の銀行家が作り出したものだったこと。 そして「ドレフュス事件」という偽旗が、偏見と「反ユダヤ主義」という新しい言葉を生み出しました。これは狼を子羊の皮に着せるのに非常に便利な言葉です。

4. タルタリア人によって建造されたRMS『ルシタニア号』が大西洋横断最速の船であったにもかかわらず、寄生虫とその手先であるグレイ・メンによって奪われてしまったことはご存知の通りです。ルシタニア号のエンジンは「エーテル」からの電気で完全に駆動していたため、寄生者によって2度「沈没」させられ、数年後に煙突を減らして新しい名前で再び現れたこと。「ルシタニア」は確かに「タイタニック号」であり、RMS「マジェスティック号」であり、RMS「クイーン・エリザベス号」だったということです。

5. 戦後、ナチスのエリート科学者が「ペーパークリップ作戦」によって米国に連行されたことはご存じの通りです。ナチスのアレン・ダレスがCIA長官であり、1980年以降、NATOの「グラディオ作戦」として知られるヨーロッパ首都襲撃のテロネットワークを作り上げたこと。ウィンストン・チャーチルが何千万人もの死者を出したのに、ニューヨークの二つのタワーは火事で倒れなかったことを。

6. イラクには大量破壊兵器がなかったこと。コソボとアフガニスタンへの介入は、ヘロインとコカインで天文学的な利益を上げるためだったこと。サンディ・フック事件で子どもたちは死ななかったこと。ISISは「グレーター・イスラエル」創設のために、アメリカ、フランス、イギリス、イスラエルの諜報機関によって設立された傭兵部隊であること。カダフィやアサドは自国民を殺していないこと。80カ国以上がディープ・ステートによる残忍な介入を受けたこと。「気候変動」とは、人工的なハリケーン、地震、洪水を引き起こす気象工学プログラムであることを意味すること。

7. 「ケムトレイル」の空に漂う微量の煙には、アルミニウムのナノ粒子が含まれており、あなたの肺に直接届くことはご存知だと思います。「持続可能性」と「透明性」が農薬と隠れた破壊を意味すること。大量のアンテナが磁気共鳴を変化させ、病気を引き起こすこと。メディアがニュースの形をした質の悪いプロパガンダを配信していること。さらなる戦争、略奪、虐殺、移住、市民的自由の制限、健康への意図的な害、臓器の売買、子どもの人身売買、そして巨額の利益を正当化するために、何千もの偽造工作が行われていること。

8. タルタリアの壮大な文明が、非人間的な影の勢力の介入と計画によって破壊されたとしたら?もし学校で教えられている歴史が、幻の王朝や時間のずれた出来事、存在しなかった何千年もの間が描かれた、巨大なソープオペラ詐欺だとしたら?「中世」というモノが、実はタルタリア人の黄金時代で、わずか100年前~に終わった話だとしたら?ロードス島の巨像が自由の女神だとしたら?

9. グレート・タルタリアの敗北が、実は、「トロイの滅亡」、「ローマ帝国の滅亡」、「コンスタンチノープルの滅亡」、「オスマン帝国の解体」、「アメリカ独立戦争」、「清朝の崩壊」(1900年代初頭)、「ロシア帝国の滅亡」(1917年)、「オーストリア・ハンガリー帝国の敗北」(1918年)、「第一次世界大戦」(1919年)という名称で正史に記録されているとしたら?

10. もし150年前に『大洪水』が起こり、世界が文化的にも技術的にも今よりはるかに進んでいたのだとしたらどうなるでしょうか?未知の寄生者が大洪水を引き起こし、混乱に乗じて権力を掌握したとしたら?1865年から1876年にかけて、私たちの古代文明が300メートルを超える大波に襲われ、現在では建物の1階部分が何メートルもの砂と泥の下に埋もれており、その名残が今日まで世界中の都市で簡単に見つけることができるとしたら?

11. エトルリア、インカ、マヤ、中国の皇帝、エジプトの『ファラオ』たちが、イエズス会、ベネディクト会、シトー会の『歴史家』たちによって何十もの捏造された名前で歴史に名を残しているにもかかわらず、他のすべての偉大な文明と『中世』に共存し、同じ言語とDNAを持つひとつの調和のとれた文化を形成していたとしたら?北極圏のハイパーボレアが私たちの偉大な神の祖先の土地だったとしたら?

12. イエス・キリストは、1152年にクリミアで生まれ、ロシア王女イリナの息子で、フランス人アグネス(彼の数多くの子供の母親)と結婚し、1185年に33歳で亡くなったビザンチン帝国皇帝アンドロニクス・コムネノスだったら?ブッダ、聖ジョージ、アポロン、ピタゴラス、チンギス・ハン、ルリク、アレキサンダー大王が、現実には存在しない、イメージの模像だったとしたら?

13. 教会が間違った太陽系説を作り、人間の精神を殺すためにすべての戦争と凶悪犯罪を祝福しているとしたら?もし寄生者のグループが偽のキリスト教や他の宗教の発明者だとしたら?これらの宗教が神を崇拝しているふりをしてサタンを崇拝しているとしたら?ソロモンの神殿がイスタンブールのアヤ・ソフィアだとしたら?当初ヨロス(エルサレム)、トロイ、コンスタンティノープルと呼ばれていた都市が真のローマだとしたら?

14. 古代ギリシャ・ローマ帝国が、実は存在しなかったとしたら?
世界中にある「岩に刻まれた」巨石がタルタリア人が作り出したコンクリートに過ぎず、何世紀にもわたって耐性を増していくのだとしたら?エジプトの本物のピラミッドがフランスの傭兵部隊によって解体されていたとしたら?「ソロモンの神殿」がイスタンブールのアヤ・ソフィアだとしたら?もし万里の長城が7000年前に建設されたものではなくて、毛沢東が、本当はドイツのリベラルな政治家だったとしたら?

15. もしイギリスの歴史がタルタリア人の歴史から盗まれたもので、取るに足らない島が持つことのなかった輝きを手に入れるためだったとしたら?もし「不実なアルビオン」が泥棒と海賊の国だったら?もしジョージ6世が「死んだ」クラレンス公爵だったとして、別の名前で2度戴冠したのだとしたら?ロシア皇帝ニコライ2世が、ボリシェヴィキに「暗殺」されてロンドンに逃亡した弟だったとしたら?もし、二人ともルーズベルトの子供で、異なる名前で二度アメリカ大統領になったのだとしたら?

16. もし聖書が19世紀に書かれたものだとしたら?「荒野でのモーセの40年」が、スキタイ・タタール・アーリア人の支配者に従属する財務官たちが、グレート・タルタリア帝国に対して犯した高利貸しと強盗の罪に対する罰として監禁された年月だとしたら?

17. もし、ドイツ・オランダの商人や帝国の金融エージェントがグレート・タルタリアに反旗を翻し、自分たちを「神に選ばれし者」「悟りを開いた者」「選ばれし者」と称して、世界中を支配し奴隷化する国やマフィア、君主制国家を作ろうと決めたとしたら?

18. 「歴史」は非常に奇妙な人々によって書かれ、演じられた複雑な小説だったとしたら?これらの人々が、古い服やその他の変装を使って、存在しない歴史上の人物や幽霊のような家族を捏造するために、現代の写真に写っているとしたら?このすべてが、私たちが完全に破壊された最近の過去と歴史の空白を埋める目的を持っているとしたら?もし彼らが私たち以上に生きることができるとしたら?

19. もし「暗黒の時代」がタルタリア人の高度な文化の頂点であり、その特徴がドイツのカルヴァン派の王朝ロマノフ・ザクセン・コーブルク・ゴータ家の「ウェッティン家」によって組織的に抹殺されたとしたら?アルバート公が大富豪のセシル・ローズ・テディ・ルーズベルトで、ヴィクトリア 「女王」が第3代パーマストン子爵ヘンリー・ジョン・テンプルだとしたら?

20. もしもフランス革命が1870年以降に起こり、ナポレオン3世は、アレクサンドル・カバネルという才能のない画家であり、フランスを新生ドイツ帝国のために引き渡した後、筆を持ってイギリスに逃亡していたとしたら?

21. 1918年にボリシェヴィキによって殺害された「ロマノフ家」のアレクセイ・ニコラエヴィチが、1917年から1980年まで、アレクサンドル・ケレンスキー、アレクセイ・コシギン、ヨシフ・スターリンという名前でロシアを統治していたとしたら?

22. もし、アインシュタイン、ポアンカレ、ファラデー、マルコーニ、ヘルツ、マクスウェル、その他大勢が、タルタリアの既存のハイテク技術を破壊し、その見返りに高価なパンくずを私たちに与えた、灰色の男たちによって演じられた人物だったとしたら?

23. もし世界中の高層ビルが密かに無料の電磁エネルギーを集め、利用していて、私たちは何の対価も払っていないとしたら?もしニコラ・テスラが実は何も発明せず、『マーク・トウェイン』がその役割を演じていたとしたら?

24. オベリスク、教会、モスク、大聖堂が、クリーンで、自由で、健康的で、ワイヤレスな電磁エネルギーを抽出し、あらゆる種類の波動(主に低周波)を発生させるための、極めて古いタルタリア人の発電所だったとしたら?本来の目的を隠すために、寄生者によって破壊されたり、十字架が付けられたりしたのでしょうか?

25. 「トーマス・エジソン」と呼ばれる灰色の男が、人類からフリー・エネルギーを奪い、少数の利益のために独占を始めた700年以上前に、タルタリアの宮殿が照らされていたとしたら?アメリカの「JPモルガン」がまた、ジョン・F・ケネディ大統領の母方の祖父であり、ブラジルの「リオ・ブランコ男爵」、ロックフェラー一族の一員であり、フランスの「レ・ミゼラブル」の「作者」であったとしたら?

26. タルタリアの高度に発達した地球文明が、1900年から1940年の間に寄生者によって直接エネルギー兵器(DEW)で完全に解体され、その後破壊されていたとしたら?

27. もしその画像が後に、偽の電柱や電線を含むようにレタッチされていたとしたら?残骸の中を悠然と闊歩する死者の姿で廃墟を「再現」したとしたら?サンフランシスコは全くの無線地帯だったにもかかわらず、写真の中に「電信とケーブル」のプラカードを挿入したとしたら?もし彼らがビルの上に偽のクレーンを付け加えたなら、それらは建設中であり、1000年以上前に建てられたかもしれない街のビルの偽の骨組みだったとしたら?
スクリーンショット (166)

28. もしサンフランシスコがタルタリア帝国の都市で、10以上の王宮、人工島、ユーラシア大陸に面しアメリカ大陸を結ぶ戦略的な港があったとしたら?その精巧な建造物が500年以上前のもので、高度な技術が「1776年の都市建設」という物語や、すべての公式史のおとぎ話と矛盾するため、容赦なく燃やされ、消されなければならなかったとしたら?

29. 世界の権力を掌握した寄生者たちが、ハイブリッドでアンドロジナスな男女で構成され、実験室で作られた養子と遺伝子組み換えで構成されていたとしたら?自分たちの死を組織的に改ざんし、新たなキャラクターを演じていたとしたら?

30. 共産主義、資本主義、社会主義、自由主義が、6つの大陸で同じ形の抑圧を隠すために作られた社会経済理論だとしたら?もし、高い地位にある灰色の偉人たちが、「ムッソリーニ」、「ヒトラー」、「レーニン」、「トロツキー」として、印画紙、映画、百科事典、あるいはイリュージョニズムの領域から出ることなく、現実の生活の中で起こるパフォーマンスをしていたとしたら?

つづく....

なぜタルタリアン帝国は歴史から隠されたのか? : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
ウラジーミル・プーチンはタルタリアアーカイブを公開しました : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
1878年、誰もいない...タルタリア泥の洪水前?&2027年からのビデオ、人類は消滅している! : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)