https://www.eutimes.net/2023/12/experts-admit-wef-planning-to-erase-4-billion-people-within-years/

WEF は数年以内に40億人を消滅させる計画だと専門家も認める


世界経済フォーラム(WEF)とさまざまなグローバリストの指導者たちは、化石燃料の段階的な廃止を熱心に提唱し、WEFと国連の包括的な人類計画、特に『アジェンダ2030』と『アジェンダ2050』に要約されている、野心的な『ネット・ゼロ』目標を掲げています。この野心的な目標は、2030年までに化石燃料への依存を劇的に減らし、最終的には2050年までに化石燃料の使用を完全に根絶するというものです。しかし、第一線の専門家は警鐘を鳴らしており、この「ネット・ゼロ」目標がもたらす潜在的な結果は、40億人以上の死者をもたらす破滅的なものにほかならないと警告しています。


批評家たちは、WEFが謳う「脱炭素化」という一見何の変哲もない言葉が、実は反人類的アジェンダの婉曲表現であるとすぐに主張します。WEFは大胆な呼びかけで、世界中の納税者に毎年3兆5,000億ドルという途方もない金額を拠出するよう求めています。これは、地球の世界的な「脱炭素化」を効果的に伴い、「ネットゼロ」目標の実現への道を開くために必要と思われる財政的コミットメントです。

デンマークの統計学者ビョルン・ロンボルグは、約40億人が化石肥料に依存していることから、化石燃料の使用を突然停止すれば、飢餓だけで世界人口の約半数が死亡する可能性があると強調し、危険信号を発しています。


イギリスの経済学者ニール・レコードは、化石燃料の使用が突然停止した場合、1年以内に最大60億人が絶滅するという大惨事が起こるシナリオを示唆し、悲惨な状況を描いています。壊滅的な影響は、広範囲に及ぶ停電、送電網の寸断、重要インフラの崩壊に及ぶでしょう。化石燃料の不足はドミノ効果を引き起こし、ガスの配給に影響を与え、何百万もの家庭で暖房、給湯、調理設備の故障を引き起こすでしょう。そして、停電、通信網の寸断、最終的には法と秩序の崩壊など、災難の連鎖を引き起こすことにつながります。

物語が展開するにつれて、25日目には、ディーゼルやガソリンの枯渇が食糧配給システムの破綻を招き、都市部は広範囲にわたる飢餓に陥るでしょう。50日目には、生存への絶望が強まり、都市部で大規模な紛争と殺戮が起こると専門家は予測しています。100日以内に、世界人口の約半分(約40億人)が悲惨な運命に直面する可能性があり、生存者は主に農村部に集中することになります。

デニス・メドウズ(著書:成長の限界)のようなWEFメンバーの発言が明らかになるにつれ、WEFのグリーン目標に関連する人口削減アジェンダはより顕著になっています。メドウズは、WEFのグリーン目標を達成するための前提条件として、世界人口の86%削減という驚くべき目標を明確に提唱しています。このような専門家が描く悪夢のようなシナリオは、極端な環境政策が世界中の個人や地域社会の幸福に与える影響を綿密に考慮することなく実施されることによる、潜在的な人的被害を浮き彫りにしています。