Moscow to prioritize Davos-endorsed plan to cattle-tag the planet (substack.com)
モスクワは、ダボス会議が承認した地球家畜化計画を優先へ

出典:ロシア、ウラジーミル・プーチン大統領

2023年12月24日

プーチン: ロシアは持続可能な開発目標の達成に貢献し続けます
プーチン: ロシアは持続可能な開発目標の達成に貢献し続けます
出典:TASS.ru

「デジタル公共インフラ」は、親しみやすい宇宙トカゲの婉曲表現で、「あなたは家畜のようにタグを付けられ、それを気に入るでしょう」という意味です。おそらく皆さんは、国連や世界経済フォーラム、ロックフェラー財団、ビル・ゲイツ財団など、安全で、便利で、公平で、包括的で、極めて持続可能な世界を実現しようとする国際的利他主義の慈悲深い団体のWebサイトを見ながら、DPIの楽しさについて読んだことがあるでしょう。

国連開発計画(UNDP)DPIを次のように説明しています

デジタル公共インフラ(DPI)は、さまざまな目的のために共有される手段です。デジタル公共インフラ(DPI)は、デジタルトランスフォーメーションを実現する重要な手段であり、公共サービスの提供を大規模に改善するのに役立っています。うまく設計され、実施されれば、各国が国家の優先課題を達成し、持続可能な開発 目標(SDGs)を加速させることができます。

政府、ドナー、民間セクター、そして市民社会がともに、それを形成する機会を持っています!

さて、ロックフェラー財団の定義です:


DPIは、経済的・社会的な成長を促進するために必要不可欠な社会全体の機能を、アクセスできる人々だけでなく、すべての人々に提供するデジタルアプローチです。

その直接的な用途は、携帯電話による気候難民への緊急支払い、即時の遠隔医療と記録アクセス、社会的給付へのアクセスを迅速化するデジタルIDなど、多岐にわたります。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、この健全なデジタル・イニシアチブについて次のように説明しています

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がデジタル・トランスフォーメーションを世界的に加速させたとき、デジタル・インフラの強さと弱さの違いが浮き彫りになりました。すべての住民に経済的機会と社会サービスを安全かつ効率的に提供するデジタル・ネットワークを確保できる国は限られています。これがデジタル公共インフラです。

そして最後になりましたが、DPIに関する世界経済フォーラムのホットな見解です:

デジタル公共インフラは、気候変動や迅速で効果的な公的資金の必要性など、重要な地球規模の課題に対処する上で極めて重要です。[...]

DPIを用いたインフラ基盤優先のアプローチは、社会、政府、企業の力を活用し、革新的で文脈に即して拡張可能でありながら、人々と地球に貢献する包括的なデジタルの未来を想像する上で有望なものです


本人確認と決済におけるDPIは、導入と包括化の曲線を大幅に短縮しました。

上記の引用から余計な言葉を取り除けば、DPIの背景にある哲学は次のように要約できます:

牛のタグは安全で便利なだけでなく、人権でもあります

私がこのことを指摘しているのは、プーチン大統領が11月のG20サミットで、「デジタル公共インフラの開発」がロシア連邦の「優先事項」であると宣言したからです。

出典:Kremlin.ru

もちろん、モスクワが堂々とDPIを推進することは非常に善良であり、反グローバリストである一方、DPIがいかに世界をより「公平」にするか詳述したロックフェラー財団の政策文書は非常に悪質であり、邪悪であることを覚えておくことは重要です。グローバリストがロシアでDPIプロジェクトを実施するのを阻止するために、モスクワがロシアでのDPIプロジェクトの実施を急いでいるのは明らかです。悪い血栓ショットや悪いCBDCと、優れた血栓ショットと優れたCBDCで戦うために、モスクワはまったく同じ戦略を用いています。

DPIに話を戻しましょう。

ロシアの優れた学者で経済学者のヴァレンティン・カタソノフ氏は最近、この新しいグローバル「インフラ」プロジェクトと、DPIが2024年の「頭字語・オブ・ザ・イヤー」になりそうな理由についての記事を発表しました。(カタソノフ氏のデジタル・ルーブルに関する 鋭い解説 をご記憶の方もいらっしゃるかもしれません。) DPIに関する彼の最新の論説は、少なくとも3つのロシア語メディア(右翼保守系オルトメディアサイトのZavtra、愛国的な正統派の仲間であるKatyusha.org、そしてロシアで最も赤化したビジネスニュースサイトであるBusiness Gazeta)によって掲載されました。
記事は以下の通りです。

DPI - これは世界的な「デジタル強制収容所」の名称になるのか?
by ヴァレンティン・カタソノフ, December 15, 2023

昨年、ロシアのメディアで最も頻繁に使われた英語の略語のひとつがCBDC-Central Bank Digital Currency(中央銀行デジタル通貨)でした。私たちがCBDCの話題に特に関心を持ったのは、今年の夏にデジタル・ルーブルに関する法律が採択され、ロシア銀行がこのデジタル・ルーブルを私たちの生活に徐々に導入し始めたからです。

来年2024年には、別の英語の略語であるDPI(Digital Public Infrastructure)が人気ナンバーワンになる可能性も否定できません。国民の大多数にとって、DPIの話題はまだ未知の領域です。 しかし、DPIプロジェクトの実施はあまりに早く、来年にはこの謎のDPIのために市民が眠れなくなるかもしれません。それは例えば、2020年にロシアを含む全世界を席巻したいわゆるCOVIDパンデミックのような衝撃を人々に与える可能性があります。

DPIを導入するプロジェクトは、まさにトップダウンで開始されました。国連開発計画(UNDP)、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、ロックフェラー財団の後援の下、欧州連合(EU)、IMF、ダボスの世界経済フォーラム(WEF)の支援を受けて実施されています。

国連(UNDP)の「デジタル公共インフラ(DPI)の手引き」には、このプロジェクトには3つの主要な構成要素があると記されています: 「一般的に、デジタル公共インフラを促進するプロトコルは、デジタルID、デジタル決済、データ交換の3つに大別されます」。  最初のコンポーネント(デジタルID)については、デジタルIDカードについて話しています。

さらに国連開発計画(UNDP)のWebサイトには、こう書かれています: 「これらの3つのプロトコルは、通常、許可証の発行、ライセンスの発行、記録の提供など、ほとんどのデジタルサービス取引に必要であり、多くの場合、利用者のIDを確認し、機関と利用者間のデータ交換を保証し、最後にオンライン決済を承認する必要があります」。

UNDPのウェブサイトからいくつか抜粋します: 「これら3つのプロトコルを優先させることで、地方自治体は、コミュニティ独自のニーズを満たすデジタル・サービスのエコシステム全体の開発を成功させるための舞台を整えることができます。デジタルIDの問題については、具体的にこう書かれています: 「このデジタルIDは、私たちがアクセスできる製品、サービス、情報、あるいは逆に私たちに閉ざされているものを決定します」。

すべてが非常に率直です。公共財へのアクセスは、おそらくハクスリーの小説『ブレイブ・ニュー・ワールド』のように、その人の社会的地位を考慮して差別化されるでしょう。それはまた、各個人の行動も、具体的には、各個人に割り当てられた社会的評価の助けを借りて(中国の同志たちは、この方向で最も進歩しました)、要因になると思われます。

CBDCのようなDPIのコンポーネントについては、すでにかなり多くのことを書いてきました。私は最近、このトピックに関する本を出版しました: デジタル通貨:ビットコインからCBDCまで-「お金のマスター」は「世界のマスター」になりたい』(M.: Tion, 2023)。

DPIプロジェクトが登場する以前から、CBDCは世界的なデジタル強制収容所を建設するという、よりグローバルで一般的なプロジェクトの重要な一部であり、プロジェクト全体の詳細はまだ私たちにはわからないと言ってきました。そして今、私たちはようやく、「グローバル・デジタル強制収容所」と呼ばれるパズルが、個々のピースからどのように組み立てられていくのかを目の当たりにしているようです。その名はDPIです。

CBDCに関しても、ここ数カ月でこのプロジェクトの秘密の一部が明らかになり始めています。すでに昨年、世界数十カ国の中央銀行が、デジタル通貨プロジェクトの準備と実施を始めていると発表しました。しかし同時に、私たちが話しているのはもっぱら各国のデジタル通貨についてです。CBDCは、現金と非現金という既存の2つの貨幣形態に追加されるものに過ぎません。CBDCは第三の貨幣ではなく、最終的には現金と従来の非現金通貨に取って代わる唯一のものであることを示す多くの兆候がすでに見られます。

2023年11月、シンガポールで国際フィンテック・フェスティバルが開催されました。国際通貨基金(IMF)のクリスタリナ・ゲオルギエヴァ専務理事が講演しました。ゲオルギエワ専務理事は各国に対し、CBDCと関連する決済プラットフォームの「導入に向けた準備を継続」するよう求めました。事務局長は、CBDC は現金や伝統的な銀行送金よりも、先進国経済における持続可能性を提供し、銀行口座を持たないコミュニティにおける金融サービスへのアクセスを改善するのに適していると指摘しました。彼らは、中国におけるCBDCの将来について、よりオープンに話しています。彼らは、デジタル人民元が将来、現金人民元を中心とする伝統的なタイプの貨幣に取って代わることができるだけでなく、取って代わるべきであることを隠していません。

ここ数ヶ月の間に、DPIをテーマとした様々なWebサイトが雨後のキノコのように現れ始めました。例えば、CDPIというサイトです。これはCenter for Digital Public InfrastructureというDPI開発者の情報リソースです。このサイトは大部分が広告です。このサイトからは、誰がプロジェクトの開発者で、誰が顧客で、誰が開発に資金を提供しているのか理解することは不可能です。

このウェブサイトでは、DPIとは何かを説明しています: 「デジタル公共インフラとは、最小限の技術介入、官民のガバナンス、ダイナミックな市場イノベーションを組み合わせることで、社会経済的な問題を大規模に解決するアプローチです。一般的な例としては、インターネット、モバイルネットワーク、GPS、検証可能なデジタルIDシステム、相互運用可能な決済ネットワーク、一貫したデータ交換、オープンループの発見と実行ネットワーク、デジタル署名などがあります。このように、DPIプロジェクトは、公共生活のさまざまな領域で開発され、現在も開発可能な、デジタル技術とデジタル情報に関連するあらゆるものを統合することを目的としています。

CDPIのウェブサイトには、DPIのトピックに深くかかわっている二人の人物が「ハイライト」されています。その一人は、インドの起業家で、アメリカの億万長者ビル・ゲイツと関係の深い億万長者ナンダン・ニレカニです。彼は2017年に財産の半分をビル・ゲイツ慈善財団に寄付したことで世界的な名声を得ました。インドの億万長者は、このプロジェクトを次のように宣伝しています: 「デジタル公共インフラは、協調的で公平であり、人口規模での機会を民主化する、テクノロジーを活用した成長モデルを構築することです。DPIセンターは、各国がこの旅路をより速く進めるよう支援することができます」。

そして2人目はビル・ゲイツ自身です。どうやら彼はこのCDPI組織の中心人物であるようです。このサイトのトップページで、ビル・ゲイツは次のように語っています: 「20世紀に道路、高速道路、空港を建設したように、私たちは今、オープンでアクセスしやすく、すべての人に力を与えるデジタル・インフラを構築しなければなりません」、と彼はユーザーに呼びかけています。

多くの兆候から判断すると、私たちは2024年に、例えば2020年から2021年にかけてビル・ゲイツのことをよく耳にしたのと同じように、彼のことを頻繁に耳にするようになるでしょう。

多くのオブザーバーやDPIの専門家は、このプロジェクトの主な推進者を国連(UNDP)とビル・ゲイツ(彼の名を冠した財団)と呼んでいます。そしてこのプロジェクトは「50-in-5」という非公式な名前になりました。つまり、国連とビル・ゲイツは、5年間で50カ国に本格的なデジタル公共インフラを構築する計画だといいます。つまり、2023年から数えると、2028年には世界50カ国に本格的なデジタル強制収容所が建設されるはずです。そして長期的には、個々のデジタル強制収容所から単一の世界が作られることになるでしょう。

「50 in- 5」キャンペーンはいつ始まりましたか?国連開発計画(UNDP)のウェブサイトによると、正確な開始日は2023年11月8日となっています。国際社会はまだこの歴史的な出来事を十分に理解していません。[...]

国連は、ビル・ゲイツの「デジタルID」が社会参加の義務になると発表 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

DPIプロジェクトの参加者は他にもいます。8月にインドで開催されたB20(ビジネス20)サミットでは、前述の起業家で億万長者のナンダン・ニレカニ氏が講演しました。彼はインド随一のデジタルIDアーキテクトと言われています。サミットで、この実業家は、インドがデジタル公共インフラの構築でどれほど進歩したかについて自慢しました。そして、他の国もそれに倣い、ワクチンパスポートや徴税、道路通行料の支払いから気候変動への適応や循環型経済への移行まで、あらゆることにDPIを活用することが可能だと述べました。


このインドの億万長者は、IMFと世界銀行の春(2023年)の会合で、新世界に「正しい社会」を築くために必要なのは3つのツールだけだと述べました。 誰もが銀行口座を持つべきであり、誰もがスマートフォンを持つべきです。これだけで、社会のデジタルインフラ全体、つまり政治的に正しくない言葉に訳せば、デジタル強制収容所を構築するのに十分足ります。

世界経済フォーラム(WEF)もまた、いわゆるCOVIDパンデミックの突然の終息後、不当に忘れられ始めたDPIの構築に強く貢献しています。今年11月、WEFは「デジタルIDカード」の導入計画を提案しました。さらに、地球の急激な温暖化の脅威、新たなパンデミックへの期待、差し迫った世界的飢饉など、地球規模の脅威はエスカレートしている暇はありません。WEFは、2030年までに地球上の全住民をデジタル身分証明書で識別する必要があるとと考えています 

DPIを監視し始めたオブザーバーや専門家たちは、もしプロジェクトの実施が遅れ始めた場合、キャンペーンの主催者たちはすでに証明されている手段に訴える可能性が高いと指摘しています:世界保健機関(WHO)は、人権と自由に対するあらゆる結果を伴う、新たな「パンデミック」の始まりを発表するでしょう。

追記 - DPIに関する最近の記事[Tsargrad発行]の著者は、このプロジェクトに別の、より正確な名前をつけることを提案しました: GDCC-「グローバル・デジタル強制収容所」です。