Mastercardのドコノミー - 二酸化炭素排出量クレジットカードが登場


https://usawatchdog.com/un-goal-to-destroy-west-with-co2-education-scams/
CO2と教育詐欺で西側を破壊する国連の目標


人気書籍『ディープ・ステート』の著者である受賞歴のあるジャーナリスト、アレックス・ニューマンが、アラブ首長国連邦のドバイで最近開催されたいわゆるCOP28会議から戻ってきました。 ニューマンは、エネルギーと教育の分野で西側諸国に詐欺を押し付けることによって、アメリカのすべてを破壊しようとする、それほど秘密でもない計画について報告し続けています。

 まずはニューマンが「詐欺」と呼ぶCO2削減から始めましょう。今回の
国連気候変動枠組条約第28回締約国会議(COP28)サミットで、私の目に飛び込んできた大きな収穫は......彼らは二酸化炭素の排出を減らし、化石燃料を消し去ると話していましたが、それは西側世界の連中のためだけの話であり、ジョー・バイデン率いるアメリカだけの話です。

これは、裏切り者の指導者たちの下での欧州連合(EU)のためだけの話です。共産主義の中国、アラブの独裁国家、ロシア、そしてさまざまな社会主義独裁国家は、このサミットで文字通り石油取引を交わしていました。これは私の意見でも推測でも誇張でもありません。アラブ首長国連邦(UAE)が開催したCOP28の議長を示すリーク文書を持っています。

 ...彼らは北京と石油取引をしようと画策していました。アラブ首長国連邦(UAE)はコロンビアとの石油取引を画策していました。彼らはアフリカ沖で石油やガスの取引をしようと企んでいました。ですから、一方では、西側のメディアや国連は、西側の人々にエネルギーシステムを解体する必要があると言っていますし、石炭火力発電所をすべて止める必要があります。

ニューマンは国連が計画している教育と世界の子供たちの洗脳について特に心配しています。ニューマンは、「実はCOP28の『教育の日』に行きました。最初に見た広告には『教育変革COP28』と書かれていました。これはお祭りの大きな部分でした。アメリカ人、ドイツ人、日本人、韓国人、欧米の次世代を洗脳して、このデマを心から信じていますよ、と公言しているのです。. . . 子どもたちを洗脳し、子どもたちをおとなしくさせることが、彼らの最も重要な武器です。私たちの子供たちを十分に洗脳しない限り、彼らは決してこれを成立させることはできないでしょう. . . 私たちは子供たちを守らなければなりません。子供たちの洗脳を止めなければ、すべてが終わってしまいます。」
以下省略



彼らはあなたの車を狙っています-保険関係者が語る




アジェンダ21/2030には財産権はありません。

財産権は国連の17の持続可能な開発目標と相容れないものです。

アメリカは唯一、所有権を持つことで成功を収めてきた国ですが、それも終わりを迎えようとしています。

現在、そして「近い」将来、あなたが所有するものはすべて、基本的には新しいグローバルな循環経済におけるレンタルサービスになります。

使い終わったら、それを製造した企業に返却し、リサイクルされます。あなたが着ている服でさえも同じです。

廃棄物を防止し、人類から地球を救うために.....

家、車、不動産などは、世界的に導入されつつあるこの循環型経済のコンセプトに適用されます。

所有権は環境にとって持続可能ではなく、気候変動の一因となります。
準備しましょう...


ワシントン州議会は4月15日、2030年から内燃エンジン車の新規販売を停止することを目的とした法案(HB 1287)を可決しました。

HB 1287 – 2021-22 ゼロエミッション輸送の未来への準備について。

ワシントン州は、ガソリン車の廃止を提案

カリフォルニア州は2035年にガソリン車の新車販売禁止を計画。
17の州が追随するか否かを決定する


自動車を救うのは車だけではない

トヨタ、電動化を急ぐことに警鐘を鳴らす

• EVの購入拡大が積極的に推進されている


世界経済フォーラム(WEF)は、グリーンテック資源の必要性を減らすことで、気候変動から世界を救うという名目で、自家用車所有の廃止を呼びかけています。

 ペンシルベニア州上院、天然ガスの新規接続を禁止する法案を可決



Bombthrower.com レポート

Intrepid-Sustainable-Future-for-Travel.pdf (bombthrower.com)
持続可能な旅行の未来
スクリーンショット (370)


WEFが発表:すべての旅行が個人の炭素排出量によって制限される日が近いと発表

WEF:「すべての旅行はまもなく個人の炭素排出枠によって制限される」


世界経済フォーラムは、近い将来、すべての旅行は個人の炭素許容量によって厳しく制限されるようになると宣言しました。

イントレピッド・トラベルとフューチャーラボ研究所のレポートによると、地球を「地球沸騰」から救うため、人類の大半は旅行を禁止されると言います。

「カーボン・パスポート」

政策と人々の価値観が大きな変化の時代を牽引する中、個人の炭素排出量制限は新たな常識となるでしょう。

世界的な観光ブームが示すように、私たちが飛行機に乗る頻度は再び無制限になったように見えます。

良心と予算が許す限り、私たちは自由にあちこちの飛行機に飛び乗ることができます。しかし、これは変わるでしょう。現在の軌道では、個人が旅行できる頻度に対する反発が予想され、カーボン・パスポートが観光の風景を変えることになるでしょう」とレイモンド氏(フューチャー・ラボラトリーズ共同設立者、マーティン・レイモンド)

個人の炭素排出枠は、炭素排出を抑制し、旅行全体の排出量を減らすのに役立ちます。

これらの排出枠は、2050年までの世界炭素収支7,500億トンに沿って、人々に炭素の配分を強制するパスポートとして現れます。

2040年までには、毎年許可される旅行量に制限が課されることが予想されます。

専門家によれば、現在、個人が排出する炭素量は年間2.3トンに抑えるべきであり、これはブラジルのリオデジャネイロからサウジアラビアのリヤドまでの往復に相当します。しかし、アメリカの平均炭素排出量は1人あたり年間16トン、オーストラリアは15トン、イギリスは11.7トン。これは、2040年代の旅行者が、現在の旅行者が容易に受け入れているような、地平線を広げる体験を諦めざるを得ないという、私たちが将来直面するかもしれない状況とは対照的です。


現実的な目的から言えば、二酸化炭素排出量は、比較的狭い範囲の効率の良し悪しにかかわらず、エネルギー使用量と同じになります(何らかのクリーンエネルギーのブレークスルーがない限り、そして今ある唯一の実行可能なエネルギーである原子力は、気候変動カルトにとってクリーンエネルギーとは見なされません

別の言い方をすれば 生活水準はエネルギー使用量です。社会のエネルギー使用量を減らすことは、生活水準を下げることと同じです。

このことを念頭に置いて、『持続可能な旅行の未来』報告書が引用している数字を見てみましょう:

「専門家によると、現在、個人が排出する炭素量は毎年2.3トンに抑えるべきだと提案されています」。


中国がアメリカのWEF気候アジェンダに、秘密裏に資金提供していた事が発覚

中国は、アメリカでWEFの気候アジェンダに秘密裏に資金を提供している。

フォックス・ニュースが入手した財務文書によると、中国共産党はWEFのアメリカにおける「気候危機」アジェンダに密かに資金を提供していました。

税務記録によると、中国共産党は、CCPが米国におけるWEFの「ネット・ゼロ」構想に数百万ドルをつぎ込んでいることを明らかにしています。

この邪悪なアジェンダは、米国ではエネルギー財団という影の団体によって進められています。

フォックス・ニュースが伝えています: Fox Newsデジタルのレビューによると、エネルギー財団の財務報告書によると、同団体の本部は表向きはサンフランシスコにありますが、運営の大部分は中国で行われており、そのスタッフは中国共産党(CCP)との太いパイプを持っています。最近提出された納税申告書によると、「エネルギー財団中国」と名乗る同団体は、脱石炭や運輸部門の電化といった米国での取り組みに380万ドルを寄付しています。

「エネルギー財団と中国との結びつきは、非常に憂慮すべきものであり、非難されるべきものです」と、エネルギー研究所のトム・パイル代表はフォックス・ニュース・デジタルのインタビューに答えています。「この資金を受け取った環境保護団体は、要するに、私たちの国家安全保障を犠牲にし、中国に力を与えているのです」。

「我が国は石炭、石油、天然ガスに関して世界で最も豊かなエネルギー国家です」と彼は続け、「それにもかかわらず、バイデン政権と中国に煽られた環境保護主義者たちは、バッテリーや風力、太陽光発電に必要なすべての鉱物を支配する中国への依存度を高め、我が国の石油生産を抑制する政策を推進しています。」

財務報告書によると、エネルギー財団の2022年の助成金収入は前年比30%減の5,670万ドルでしたが、世界中の外部団体やイニシアティブへの助成金拠出額は前年比27%増の5,210万ドルに増加しました.....

以下省略
https://thepeoplesvoice.tv/china-caught-secretly-funding-wef-climate-agenda-in-america/


AIクラウスがクリスマスソングをお届けします。