※元のオデッセイの動画は削除されたか、接続が拒否されます

エプスタインの優生学


ジェフリー・エプスタインのゲイツが資金提供したMITの研究室と、ヒトゲノム編集と遺伝子ドライブとのつながり! (rumble.com)
win-micro-gates167_02

「ビル・ゲイツの人口削減技術は、ジェフリー・エプスタインが設立した遺伝子工学研究所で作られました。この技術は目に見えず、沈黙していますが、核爆弾よりも致命的です。

「このビデオでは、あなたが今まで聞いたことのないエプスタインの武勇伝の一面をお見せします。これは、ビル・ゲイツが2008年に未成年者に対する有罪判決を受けた後、エプスタインと会っていた理由であり、ゲイツ財団の科学顧問であるボリス・ニコリック(写真はエプスタインのニューヨークの邸宅にて)が、彼が自殺しなかったわずか2日前に書かれた遺言で、エプスタインの遺言執行人に指名され、その署名に「エル・チャポ」グスマンの弁護士とCEOが立ち会った理由を説明するものです。」

「少女たちはただの隠蔽工作で、もっと大きな物語から目をそらすためのものでした。」


かくして、リベラル派によるこの極めて詳細なデータダンプは幕を開けました。そして、ビル・ゲイツが2022年にフロリダに投下した10億匹のオキシテック蚊が、遺伝子組み換え技術CRISPRの応用である遺伝子ドライブへの準備の一部であり、種全体を遺伝子組み換えする方法として提案されていることを説明し、遺伝子組換えはわずか数世代で指数関数的に広がります。

遺伝子組み換え技術の多くは、昆虫、特に蚊を対象に、「昆虫が媒介する病原体の制御」や「外来種の生息地における個体群の根絶」を目的として開発されてきました。例えば、ニュージーランドの「プレデター・フリー2050プロジェクトでは、外来種のネズミやオポッサムを島から根絶するために遺伝子ドライブ技術を利用しています。

遺伝子ドライブはまた、特定の人間集団を根絶するために、あるいは意図的であれ意図的でないにせよ、人類という種全体を絶滅させるために使われる可能性があります。ビル・ゲイツの頭をよぎったのは間違いないでしょう。

CRISPR遺伝子編集技術が遺伝子ドライブの作成に使用できることに最初に気付いたケビン・エスヴェルトは、遺伝子ドライブを封じ込めることはほぼ不可能であると述べています。

遺伝子ドライブは全く規制されておらず、生態系への不可逆的な影響や悪用、兵器化への対処も何もなされていないため、法執行機関はこの脅威が存在することを認識している程度で、これを管理する準備が全くできていないのが現状です。

ですから、もちろん、ビル・ゲイツは、世界中の蚊の個体群全体を遺伝子ドライブで感染させようとしています!

エプスタインの小さな黒い手帳に登場する資金提供者や科学者の多くは、遺伝子組み換え技術や延命技術の最先端にいます。このクリップの制作者であるLiberals Get the Bullet Too(リベラル派にも銃弾)は、彼らがいかにハイテク界の大物たちと仲が良く、ハーバード大学のエプスタイン・ゲイツが資金を提供した研究室が蜘蛛の巣の中心であり、あらゆる方向に相互につながっているのかを示しています。YouTubeのコメント欄でこの研究室の名前を入力しようとすると、いつも検閲されるそうです: 進化ダイナミクスプログラム

「(YouTubeのCEO)スーザン・ウォジッキは、私が『進化ダイナミクスプログラム』について話すことに何か問題があるのでしょうか?私には悪い言葉には思えないのですが、毎回アルゴリズムに引っかかってしまいます」

スーザン・ウォジッキは、2014年から今年2月までYouTubeのCEOを務め、現在もGoogleとその親会社Alphabet全体の顧問を務めています。姉のアン・ウォジッキは、グーグル共同創業者セルゲイ・ブリンの元妻であり、個人ゲノム・バイオテクノロジー企業23andMeの共同創業者で現CEOです。

2023年10月、23andMeがハッキングされ、約700万人ユーザーの機密情報が盗まれました。ハッカーはアシュケナージ・ユダヤ人標的にし、盗んだ情報を売ろうとしています。諜報部員のトーレ・マラスは2週間前にこの件についてツイートしています:

ハッキングされたのではなく、国防総省の将官の子孫が売ったのです-COVID検査はDNA採取だと言ったことを覚えていますが......

ハッキングではなく、売ったんです。
領収書が必要です....


エプスタインは何年もゲイツの資金集めに協力しました。結局、ゲイツは彼を見捨てました。『リベラル派にも弾丸を』は、エプスタインの最後の『ゲイツへの忠告』は、彼が『自殺しなかった』2日前に、ボリス・ニコリックを自分の遺言の代理執行者に任命したときに起こったという持論を展開しています。

ニコリックはエプスタインと有意義な接触はなかったと主張し、彼のスポークスマンはフォックス・ビジネスに対し、「これらの事柄について相談されたことはなく、これらの職務を全うするつもりもまったくない」と語っています。

この動きは、ゲイツとエプスタインの関係に光を当てるためのもので、ゲイツの評判に大きなダメージを与えることを十分承知していたのかもしれません。

『リベラル派にも弾丸を』は、ニコリックと電子メールのやり取りをし、ニコリックが自分の就任を知らされたときに気絶してしまったと伝え、明らかに報復的な動きだったと述べています。

以下は、これまでに確認されているエプスタイン島への訪問者のリストです:

https://forbiddenknowledgetv.net/epsteins-eugenics/