https://usawatchdog.com/pfizer-lawsuit-awakens-us-to-mass-cv19-vax-murders-karen-kingston/
ファイザーへの訴訟は、米国が大量COVID-19 ワクチン殺人事件に目覚める - カレンキングストン


グレッグ・ハンターの USAWatchdog.com 

テキサス州知事のケン・パクストンが最近起こした訴訟は、CV19のワクチン接種が安全で効果的であるというファイザーの多くの『嘘』を告発するものだと言います。 キングストンは、これはこれらの注射によって引き起こされた殺人と病気に対する大きな目覚めを始めるだろうと主張しています。 今、多くの医師がCV19ワクチンは一人の人間も救わなかったと言っています。 そのことをよく理解してください。 パクストンと彼のチームがしようとしているのは、ファイザー社、特にアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)があなた方についた何千、何万もの嘘を暴くことです。

アルバート・ブーラは欺瞞と嘘のキャンペーンを展開し、その結果、殺人を引き起こしました。パクストンと彼の弁護団は、テキサス州の欺瞞的取引慣行法に基づきファイザーを告発しています。 彼らは18の違反にわたって5つの訴因で起訴されています。 95%の有効性は、あなたが思っていたようなものではありませんでした。. . 感染や他の人への感染を防ぐという証拠はありませんでした。 変種に効くという証拠もありませんでした。  そして、・・・・・・失敗したワクチンに関する真実を、隠蔽しようと計画した容疑がありました。. . . これは非常に大きなことです。

その規模とは? 「ファイザーにとっては3500億ドルの罰金が課される可能性があり、倒産しても逃れられないでしょう。」とキングストンは言います。

キングストンは続けて、「実際のところ、あなたはワクチンを接種されたわけではありません。 あなたが受けた免疫反応(彼らはそれを強固な反応と呼びますが)は、実際にはあなたの体内にある異物に毒されたことに対するあなたの体の反応です。 それは遺伝物質であり、無機物質でもあります。 これはワクチンではなく、人々は犯罪的な人体実験に巻き込まれたのです。 バイオテクノロジーの病原体で実験されました。 これは国立衛生研究所(NIH)と米軍によるものです」。

キングストンは2年以上前にUSAWatchdog.comでこのCV19ワクチンの死と危険性について警告を開始しました。 彼女はCV19ワクチンのことを「毒」と呼びましたが、世界中で何百万人もの死者と負傷者が出ていることが、その正しさを証明しています。 悲しいことに、キングストンはこれからも正しいでしょう。 彼女によれば、障害のピークは2025年まで起こらず、CV19注射による死亡のピークはそれ以降になるとの事です。 キングストンは言います、「私はまた、人々が攻撃的な癌や大きな癌腫瘍で突然死ぬだろうと予言しました。 また、これは犯罪行為であり、ファイザーを訴えることができ、ファイザーに対して刑事責任を問うことができるとも言いました。 人々は被害者でいる必要はありません。 これは殺人であり、私がカップケーキの会社を持っていて、カップケーキに青酸カリを入れたのと変わりません。......そして、私はあなたに自然な成分を公開しませんでした。 これは殺人です」。

fbbf2b_0ff3e9e9163a410a82290576b45732b6~mv2
「事実は明らかだ。ファイザーは新型コロナウイルスワクチンについて真実を語らなかった。バイデン政権がパンデミックを武器にして国民に不法な公衆衛生法令を強制し、製薬会社を富ませる一方、私はあらゆる手段を使ってファイザーの行為によって誤解され被害を受けた国民を守るつもりだ。」
司法長官、ケン・パクストン


ファイザーに法的免責はない

2023 年 12 月 5 日: Stew Peters と私はテキサス州司法長官のケン・パクストンがファイザーを訴える主な理由について話し合いました。私は、テキサス州がファイザーのCEOアルバート・ブーラを有罪にする証拠を山のように持っており、大手製薬会社が2500億ドル(36兆円)以上で訴えられる可能性があることを詳しく説明します。

ファイザーは『ワクチン』の有効性、耐久性、感染を防ぐ能力、亜種に対する防御についてあからさまな嘘をつき、テキサス州民、アメリカ国民、そして世界の一般市民を故意に欺きました。

「ファイザーを訴えることはできないという考え方は、まさに心理作戦でした!私は初日から、ファイザーは米国政府とは結託していないと言い続けてきました!」。- カレン・キングストン、スチュー・ピーターズ・ショー、2023年12月6日


「それで、誰が私に同意していると思いますか?パクストン司法長官の弁護団は、ファイザーがワープ・スピード作戦の下でアメリカ政府から研究費を一銭も受け取っていないため、ファイザーに責任があると明言しています。彼ら(ファイザー)自身が研究費を負担しました。彼ら(ファイザー)は知的財産を所有しています。彼ら(ファイザー)はそれを企業秘密にしました。製造はファイザーが所有。ファイザーは完全に責任があります。彼(パクストン)は巨人に立ち向かっているのです。」

「パクストン司法長官と彼の弁護団だけが、アメリカで唯一の勇敢で勇気ある、知的で精通した人物でないことを祈ります。大怪我を負ったファイザーをトート法に基づき提訴する検事総長、州検察官、あるいは保安官、あるいは人身傷害弁護士が増えることを祈ります。」 - カレン・キングストン 2023年12月6日

ファイザーは非良心的な行動をとった

mRNA 技術の注射によって引き起こされる有害な臨床結果(病気、障害、死亡を含む)が知られているため、ブーラの誤解を招くような無謀で非良心的な主張の結果、何百万人ものテキサス州民が必要のない製品を注射されただけでなく、彼の虚偽の主張は何百万人もの生命の破壊に貢献しました。

ファイザーは、実証されていない安全でない製品を『安全で効果的』であると詐称し、公衆衛生上の安全を装ってテキサス州民に犯罪的な実験を行ったとして、テキサス州から4分の1兆ドル以上の訴訟を起こされる可能性があります。


Stew Peters氏のインタビュー全文

https://karenkingston.substack.com/p/pfizer-never-had-legal-immunity