https://thepeoplesvoice.tv/gates-foundation-insider-boasts-billions-will-die-in-2024-plandemic/

ゲイツ財団関係者、2024年のプランデミックで数十億人が死亡すると豪語

according to a Gates Foundation insider, plans for the promised pandemic are underway and the global elite are planning to shift their depopulation agenda into high gear.

3年前、ビル・ゲイツは将来のパンデミックによって数十億人が地球上から消えるだろうと公然と自慢していました。トレードマークのにこやかな笑みを浮かべながら、ゲイツは将来の計画についてこれ以上ないほど明瞭に語りました。

現在、ゲイツ財団のインサイダーによると、約束されたパンデミックの計画が進行中であり、グローバルエリートは人口削減のアジェンダを本格的にシフトすることを計画しています。

彼らが計画しているイベントとは?それはCOVID-19よりも深刻なパンデミックであり、若者や子供たちをターゲットにしています。

ゲイツはこの不穏な計画に関する情報が世間に漏れるのを必死に阻止しようとしていますが、彼にとって不運なことに、彼の悪事を世間に暴露しようと決心している人々があまりにも多くなってしまいました。

ゲイツは、彼の邪悪なアジェンダを暴こうとするいわゆる『陰謀論者』たちによって彼の計画が妨害されていることに激怒しています。

今週、トレバー・ノアのポッドキャストに出演したゲイツは、彼の「超重要な仕事」を以前よりずっと困難にしている、いわゆる「陰謀論者」に対し激しく非難しました。

ゲイツは自分自身を責めているだけです。他のグローバリスト・エリートのメンバー同様、彼は傲慢になり、今では静かな部分を声高に言うようになりました。かつては、このような話は暗くて煙たい裏の部屋でしかできなかったのですが、ゲイツは今、世界の過疎化に対するビジョンを公然と語っています。

2019年10月、世界経済フォーラムとビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団の後援のもと、世界保健機関(WHO)、中国疾病対策センター(CDC)、アンソニー・ファウチなど、お決まりの顔ぶれが参加して行われたコロナウイルスのパンデミックへの備え「イベント201」を覚えているでしょうか?

タイミングは絶妙で、COVID-19パンデミックはこの演習から数週間以内に始まり、彼らの予測通りに進行しました。グローバリストのエリートたちは大喜びでした。世界経済フォーラムは、「残酷なまでに効率的な」ロックダウンを称賛し、この状況をほくそ笑まずにはいられませんでした。

一般大衆は、恥ずかしげもなくエリートの手先となった主流メディアによって、恐怖におののき、従順に従わされました。私たちは監禁され、罰せられ、病気にさせられ、注射を打たれ、困窮させられました。日常生活への経済的影響は悲惨なものであり、現在も続いています。

CNNの司会者ファリード・ザカリアが景気回復には長い時間がかかると言ったときのビル・ゲイツのサイコパス的笑顔の大きさを見てください。

もちろん、金持ちはさらに金持ちになりました。エリートたちはこれまで以上にエリートになりました。

そしてもちろん、エリートたちはロックダウンという罰則を受けずに済みました。世界保健機関(WHO)も世界経済フォーラム(WEF)もスイスに本拠地を置いていますが、スイスはロックダウンやマスク命令を実施しなかった数少ない国のひとつです。

それはあなたにとってのルールであり、私にとっては別のルールです。

過去数年間、エリートたちが人類に与えた苦しみを考えると、パンデミックから利益を得た人々の行動を注意深く見守ることが不可欠です。

特に、新たなパンデミックが中国で蔓延し、子どもたちを入院させ、洗脳されたリベラル派が政府に再び社会をロックダウンするよう懇願していることに注意すべきです。

もしこれだけでは十分でないとしたら、この新たなパンデミックにはエリートの指紋がいたるところに残っています。

ジョー・バイデンが中国の独裁者習近平や民主党の大口献金者と会談したわずか1週間後に、中国が国を引き裂くCOVIDのような別の病気を発表する可能性はどれくらいあるのでしょうか?

ちょうど2024年の選挙に間に合うように。

ジョーと習近平は2020年にも同じことをしました!

もちろん、金で雇われたプロパガンダ・ジャーナリストやいわゆるファクト・チェッカーは、明らかに人類に対する陰謀の一部である機関の文献を引用することで、これが大きな陰謀論であると宣言するためにすぐにやってくるでしょう。

しかし、私たちがパンデミックで彼らが何をしたかを見ているのは事実であり、私たちはメモを取りました。私たちは、あのようなことを二度とさせません。

ゲイツによると、2020年からの「教訓」には、いわゆる「誤った情報」に対して、COVIDパンデミックの時よりもはるかに強い姿勢をエリートがとることが含まれているそうです。

これは現実世界でどのように作用するのでしょうか?次のパンデミックが世界に展開されるときには、検閲や言論の自由の弾圧がさらに強まるということです。

結局のところ、COVIDの際には懐疑論者が勝利しましたが、これはビル・ゲイツにとっては容認できることではありません。主流メディアと世界的な独裁的支配基盤の重圧にもかかわらず、私たちは彼らの権威主義的戦術にいじめられ、黙らされることを拒否することで、なんとか勝利することができました。

そこでビル・ゲイツは、次のパンデミックを計画中で、そこではより強力な誤った情報統制が行われ、若年層が犠牲になります。ゲイツによれば、各国は政府と公衆衛生に対する信頼を高める努力を優先しなければならないとのことです。

ゲイツは今、私たちが彼を監視していることを理解しています。ゲイツを監視せずに影でひっそりと活動させるには、偶然の一致があまりにも多すぎます。

彼は将来のパンデミックを「予見」する不思議な能力を持っています。COVID-19パンデミックへのイベント201による備えに加えて、彼はまた2021年に「サル痘対策演習」を実施し、サル痘の発生を出現月まで正確に予測しました!

ビル・ゲイツは、ナンシー・ペロシに匹敵する素晴らしい投資家です。彼はCOVID-19パンデミックが始まるわずか2カ月前に、BioNTechというほとんど知られていないバイオテクノロジースタートアップの株式を購入し、10億ドル以上を稼ぎました。BioNTechはパンデミック以前はCOVIDワクチンを製造していなかったにもかかわらず、ファイザーにCOVIDワクチンを供給しています。

ですから、ビル・ゲイツが将来のパンデミックを予測するときは、耳を澄ますことをお勧めします。彼は私たちが気づいていない何かを知っているのです。

そして、彼は『次こそは』とほくそ笑まずにはいられません。

ビル・ゲイツ、あなたは次のパンデミックでは注目さ れないでしょう。 なぜなら、その頃にはあなたは投獄されているからです。

この権力欲にまみれた億万長者と政治家の陰謀団は、長い間大衆を奴隷にしようと画策してきましたが、今まさに動き出そうとしています。

これは、ゲイツとグローバリストのエリートたちによる恥知らずで赤裸々な権力掌握であり、成功させてはならないものです。

しかし、彼らの洗脳に屈しない人々、つまりあなたのような人々のおかげで、グローバル・エリートは彼らが考えているよりもずっと難しいことに気づいています。


https://report24.news/mfg-ueber-plandemie-2-0-fuehrt-who-neue-krankheit-made-in-china-ein/
パンデミック2.0のMFG:WHOは『メイド・イン・チャイナ』の新疾病を導入するのか?
画像のコラージュ:Report24.news

この「コロナウィルスのパンデミック」疑惑は、「イベント201」というシミュレーションゲームの形で詳細に予測され、メディアの検閲を含むすべての詳細が事前にリハーサルされ、演じられました。ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センター、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、世界経済フォーラム(WEF)が主催したものです。状況は「中国北部の謎の肺疾患」と似ています: 2022年、ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターとビル&メリンダ・ゲイツ財団は共同で、同様の内容のシミュレーションゲーム「カタストロフィック感染」を開催しました。衝撃的な映像から始まるゲームです。

2022年10月23日、ベルギーのブリュッセルで開催されたシミュレーションゲーム「カタストロフィック感染」。主催したのは、コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に主導的な役割を果たした機関のひとつ: ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センター。ビル&メリンダ・ゲイツ財団も参加。ビル・ゲイツがCovidパンデミックの間に、965億米ドルから1164億米ドルへと天文学的な資産を大幅に増やしたことはよく知られています。ゲイツは健康問題でも気候変動問題でも、儲けようと思わずに何かをすることはありません。

中国発の『謎の新病』に関する『劇的な映像』と報道が、数日前から再び出回っています。

まるで2020年の春にタイムスリップしたようです。ビル・ゲイツを最大の個人献金者とするWHOが介入するまでは。その後の経緯はご存知の通りです。当時、特に残酷だったのは、子どもたちが自分たちの親戚の病気や死は自分たちの責任だと思い込まされていたことです。今回もまた、この年齢層が道具化されていますが、これは--3年間、距離とマスクで子供たちを拷問してきた結果わかったように--何のロビー効果もありません。今回の『メイド・イン・チャイナ』の肺疾患では、子どもたちが特に危険にさらされていると言われています。そしてまたもや、WHOが即座に介入しました。

「科学的に事実でないにもかかわらず、子どもたちを特に危険な状態にある、あるいは特に脆弱であるかのように描写するのは悪質です。」

ダグマル・ホイスラー国会議員(BSc、MFG-オーストリア連邦党委員長)

「中国北部で発生した謎の肺疾患」に関する報道は、過密状態の病院の映像で裏打ちされています。コロナウィルスのパンデミックの最中にも、病院が過密で限界に達しているという神話はすでに流布されており、現在も公共放送によって流布されています。検証可能な真実は、オーストリアでもドイツでも、病院が過密状態になったり、限界に近づいたりしたことはないということです。パンデミックの間、病床と治療の利用率は過去最低を記録しました。

「WHOとその他の儲け主義者が、次の教科書的パンデミック詐欺を計画していると疑う十分な理由があります」

ヨアヒム・アイグナー国会議員、MFG-オーストリア連邦党委員長


「大惨事の感染」シミュレーションゲームは、「COVID危機の知識」に基づいたパンデミックのシミュレーションがテーマでした。このために考案された病気は「SEERS」(重症流行性エンテロウイルス呼吸器症候群)と呼ばれ、主に子供や若者を対象とし、死亡率はCOVID-19よりも高いものでした。架空の流行年は2025年で、ゲームの基本は明らかに中国の肺病に関する最新の報道を彷彿とさせます。

重症流行性エンテロウイルス呼吸器症候群2025:「SEERS2025」グローバルチャレンジ演習 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
重症流行性エンテロウイルス呼吸器症候群2025について : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

「シミュレーションゲームによれば、WHOは信頼できる情報源ですが、その逆が真実です。」

マニュエル・クラウトガルトナー、MFG-OÖクラブ会長


コロナウィルスのパンデミック疑惑の時でさえ、それが一種のインフルエンザの流行シーズンであったことがすぐに明らかになったため、WHOは誤った情報の発信者であり、政府の過剰な対策を推進するものであることが証明されました。その後、WHOのテドロス・ゲブレイエソス総長は、民主的な選挙で選ばれたわけでもなく、その過去の経歴から大きな物議を醸しましたが、次のパンデミックとしてサル痘を確立しようとしましたが、失敗に終わりました。ここ数年で、健康問題や対策を世界的に一元化しても、人々の役には立たず、大手製薬会社の売り上げにしか貢献しないことが明らかになりました。WHOのような超国家的な世界政府ではなく、それぞれの国のニーズに合った、よく発達し、機能する地域の医療システムが必要なのです。WHOは将来、「WHOパンデミック条約」という形で、その全能の幻想を国際的な法的枠組みを与えようとしています。

「世界の反対側から来たWHOの役人が、オーバーエスターライヒ州の人々にとって何が良いことで、何が正しいかを決めることはできませんし、また決めるべきではありません」。

ダグマル・ホイスラー国会議員(BSc、MFG-オーストリア連邦党委員長


WHOが「中国からの謎の肺疾患」に関して(当面は)全面的な許可を出したにもかかわらず、メディアはWHOと協力して、次のパンデミック(世界的大流行)について世界的な脅し文句で人々を怖がらせようとしていることが明らかになりました。

オーストリアの人々にとっては、これまで以上に警戒する必要があります。なぜなら私たちは、誤ったデータや仮定に基づく海外からの命令に従うために、私たちの基本的権利や憲法がいかに恣意的に犠牲にされているかを目の当たりにしてきたからです。

この文脈で、私たちはまた、WHOとのパンデミック条約と国際保健規則の改正という2つの国際的な規制の計画がもたらす計り知れない危険についても、改めてお伝えしたいと思います。


この文脈で、MFGは、オーストリアの主権と国民の自由を守るため、現在実施中の国民投票請願中:「WHOから脱退せよ」
 https://www.mfg-oe.at/volksbegehren-raus-aus-der-who/