「ウクライナの若者は全員死んだ」 NATOは全世代を殺した
ゼレンスキーがウクライナは戦争に勝てると主張する一方で、メディアはウクライナが若者を使い果たしており、ウクライナ兵の平均年齢が43歳であることを認めています!今、ワシントン・ポスト紙は、不正な作戦部隊がノルド・ストリーム・パイプラインを妨害したという「調査」でウクライナを陥れようとしています。この話は...信じがたい。


ビデオ 18+: ますます多くのウクライナ人女性兵士が戦場で命を落としています

ウクライナの最前線から、ウクライナ軍の隊列で働く女性を映した動画の数が、ここ数週間で大幅に増加しています。ウクライナの女性軍人のほとんどは、女性を前線に押し出すことを目的としたキャンペーンが続く中、キエフのメディアによって大々的に宣伝されている無意味なTikTok動画の撮影に追われています。残念なことに、ロシア軍によって撮影されるウクライナ人女性は増えており、女性戦士の有効性を証明するものではありません。中には運よく降伏した女性もいますが、塹壕の中で死んでいく女性の方が多いのです。

ウクライナの女性兵士が塹壕の中で多数死んでいる動画(閲覧注意ではない)

In Video 18+: More And More Ukrainian Women Are Dying On BattlefieldSouth Front

ウクライナ:70歳を徴兵している、老人のための国はない (bitchute.com)

ウクライナ軍の無秩序な撤退 大量のロシア軍がアブディフカに進入 - 多数の女性兵士が死亡した塹壕の恐怖映像
https://warnews247.gr/chaotiki-ypochorisi-ton-oukranon-mazes-rosikon-dynameon-eiserchontai-stin-avntifka-eikones-frikis-sta-charakomata-me-polles-nekres-gynaikes/


https://warnews247.gr/scott-ritter-i-oukrania-se-thliveri-katastasi-katarreei-stelnoun-ilikiomenes-oukranes-ston-strato/
スコット・リッター:崩壊しつつあるウクライナの悲しい現状 - ウクライナの老女を軍隊に送り込む
スクリーンショット (353)

ウクライナは「悲しい」状況にある、ウクライナ軍に高齢の女性を召集して行き詰まりを見せている、と元米情報将校のスコット・リッター氏。

ウクライナ内務大臣顧問のアントン・ゲラシチェンコ氏が公開した、ウクライナ軍の隊列の中で戦う女性を描いたビデオにそうコメントした。

アントン・ゲラシチェンコによると、この兵士は54歳で、3人の子供とすでに6人の孫がいるとのことです。

「アントン・ゲラシチェンコは、「54歳の女性を戦いに参加させる必要があることは、悲しい現実だ」と書いています。

アントン・ゲラシチェンコは、この女性に賛辞を送りました。彼女は危険を冒し、危険な活動に従事していますが、彼によれば、キエフ政権が彼女のような人々を従軍させるという事実そのものが、多くのことを物語っています。

「ウクライナは文字通り自分自身を食べている」とスコット・リッター氏は結論づけた。

ウクライナのアザロフ前首相は10月、兵士不足で過酷な措置を余儀なくされるため、動員が厳しくなると警告したばかりです。

同政治家によると、ウクライナ軍は反攻作戦で「戦略的敗北」を喫し、現在は軍の補充が必要とのことです。


高齢でも街中で突然拉致され戦場へ連れていかれます

BitChute


「Raven」と「浪人」 - 韓国人と日本人が語る
ロシア側の戦闘員に参加した理由

‘Raven’ and ‘Ronin’ – S. Korean and Japanese foreigners explain why they joined Russia (bitchute.com)

『ミリタリー・クロニクル』テレグラム・チャンネルが最近投稿したインタビューの中で、コードネーム "レイヴン "と "ローニン "という2人の人物が、ロシアの外国人戦闘員グループ "フィフティーン "に参加した動機を語っています。それぞれ韓国と日本出身のこれらの外国人新兵は、ドンバスの人々を助けたい、西側の政治的公正さ、腐敗、『LGBTアジェンダ』に反撃したいと表明しました。

ソウル出身の韓国人であるレイヴンは、政治的な正しさにこだわる西側世界に幻滅して加入しました。しかし、彼の選択は代償を伴うものでした。彼は『フィフティーン』に参加するという決断を、家族にも秘密にしていました。

日本人の『浪人』にも似たような動機がありましたが、何よりも平和を望んでいたようです。彼は、アメリカ政府、ウクライナのナチス、ゼレンスキー大統領の行動の不一致に異議を唱え、交渉による和平を望んでいました。彼がもしその手助けをしたいのであれば、ロシア語のレベルアップが必要かもしれませんが。





スクリーンショット (215)