Bill Gates Declares Everyone on Earth Must Prove Their Identity Using His 'Global Digital ID System' - The People's Voice (thepeoplesvoice.tv)

ビル・ゲイツ、「グローバル・デジタルIDシステム」で地球上のすべての人間が自分のIDを証明しなければならないと宣言


グローバリストの億万長者ビル・ゲイツは、地球上のすべての人々を強制的に彼の「グローバル・デジタルIDシステム」に参加させるため、「デジタルID」の「グローバル・ソリューション」を採用するよう世界各国に要求しています。

かつてツイッターとして知られていたXへの投稿で、ゲイツは「身元を証明するIDがない」人々が世界にまだ何億人も残っていると訴えました。

ゲイツ氏によれば、MOSIP(モジュラー・オープンソースIDプラットフォーム)は、全人類にデジタルIDを普及させるための「グローバル・ソリューション」です。

ゲイツ氏はMOSIPについて、適切な身分証明書を持たない世界中の何億もの人にとって「障壁を取り払う」ための「強力なソリューション」となる「グローバルデジタルIDシステム」に対する「包括的なアプローチ」であると述べています。

ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団がMOSIPに1,000万ドルを追加出資する中、この億万長者の主張が実現しました。

ゲイツ財団は、国連の持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)と手を組み、グローバリズムの技術を促進し、発展させることを目的としています。

ゲイツ財団の狙いは、世界共通のデジタルIDフレームワークを推進することにあるようです。

ゲイツ、国連、MOSIPは、この技術を中低所得経済圏で使用するために売り込んでいるようですが、世界中に展開することを計画しています。

8億5,000万人が身元を証明するIDを持っていません。その結果、彼らは生活を変えることができる多くのサービスから締め出されています。
ですから私は、世界中の障壁を取り除くことができるオープンソースの技術であるMOSIPにとても興奮しています。



ゲイツのグローバリズム的アプローチに批判的な人々は、世界的なデジタルIDシステムが、そのテクノロジーに従うことを拒否したり、その使用をブロックされたりした場合に、人々を社会から排除することになると警鐘を鳴らしています。

このシステムは、中国の社会的信用スコアシステムに触発され、2009年に展開され物議を醸したインドの国家デジタルID(Aadhaar)システムをモデルにしているようです。

中国では、デジタルIDは旅行、オンラインアクセス、個人的な財政管理、さらには食料の購入に必要なものであり、このシステムは政府の規則に従わない人々を社会から締め出しています。

ゲイツのグローバルIDがアメリカで導入されれば、グローバリストの社会設計図が完成し、私たちは彼らのルールに従わざるを得なくなるでしょう。

例えば、ソーシャルメディア上で「性別を間違えた」場合、その人は公共交通機関の利用をブロックされる可能性があるのでしょうか?

世界経済フォーラム(WEF)のようなグローバリスト団体は、「キャッシュレス社会」とデジタルIDによって国民をコントロールする「メリット」を長年にわたって宣伝してきました。

国連は、デジタルIDを個人の銀行口座に直接リンクさせるよう求めています。(※マイナンバーカード)

一方、WEFは、人類のデジタル化というアジェンダを推進するため、バイオメトリクスの大手企業と提携しました。

スウェーデンのバイオメトリクス企業フィンガープリントカードは、中堅企業の集まりであるWEFのニュー・チャンピオン・コミュニティに大きな一歩を踏み出しました。

WEFは生体認証によるデジタルIDの普及に熱心で、この技術が「社会的包摂」の担い手となると主張しています。


Bill Gates Launches Mandatory ‘Mark of the Beast’ Digital ID System - The People's Voice (thepeoplesvoice.tv)

ビルゲイツが「獣の刻印」強制デジタルIDシステムを開始

グローバリストの優生主義者、ビル・ゲイツは、社会への参加を望む世界中のすべての市民に義務づけられるという新しい「獣の刻印」デジタルIDスキームを発表しました。

ゲイツは月曜日のXへの投稿で、インドで開発されたオープンソースのデジタルIDプラットフォームが「生活を変え」、「世界中の障壁を取り払うことができる」と自慢しました。

「身分証明は、人々が経済に完全に参加することを可能にします。雇用や教育だけでなく、銀行、政府プログラム、医療などのサービスへのアクセスも容易になります」 GatesFoundation.orgの記事は述べています。

image-1024x499-1

「自分が誰であるかを証明できない人は、社会が提供するすべての機会を利用できるのでしょうか?」と記事は問いかけ、オーウェル的なグローバルIDシステムによって、人々がデジタル公共インフラ(DPI)にアクセスし、相互作用できるようになることを強調しています。

ゲイツ財団は「DPIは中低所得国が従来の発展段階から飛躍し、何百万人もの人々を貧困から救い、経済成長を促進するのに役立つと研究者たちは述べています」と宣言しています。

 しかしネット上では、ゲイツ氏のデジタルID計画は、聖書に予言されている悪魔の「獣の印」システムに不気味なほど似ており、特定のルールに従わなかったり、特定の行動をとらなかったり、特定の条件を満たさなかったりすると、サービスから締め出されるという、正反対の効果をもたらすと指摘する声が上がっています。

ビル・ゲイツのような人物が運営するグローバル・デジタルIDは、政府(や企業)が人々をサービスから締め出すことを容易にするだけだろう。また、なぜ彼の返信はロックされているのか?


「ゲイツが宣伝していることのほとんどがそうであるように、正反対です。」サイバーセキュリティの専門家であるマイク・ベンツは、「全国的なデジタルIDは、政府によるサービス提供を容易にするものではなく、政府によるサービスからの締め出しを容易にするものだ」と付け加えました。



さらに、最近のCOVID-19ワクチンの大失敗とその後のワクチン展開の失敗に一役買ったゲイツが、すべての人のIDに自由にアクセスできるようになることへの懸念も多くありました。

ある熱心なXユーザーは、「グローバルなIDシステムがなければ、グローバルな社会信用システムを持つことはできない」と書き、「ありがたいことに、ビル・ゲイツのような選挙で選ばれたわけでもないグローバリストの官僚が、共産主義のテクノクラート的ユートピアを実現させてくれる」と付け加えました。


ビル・ゲイツは、貧困と闘うためにあなたのIDを提供するよう求めている。


欽定訳聖書の黙示録13:16-17、「そして、小人も大人も、富める者も貧しい者も、自由な者も束縛されている者も、皆、その右の手または額にしるしを受けさせました: そして、獣の刻印、獣の名、獣の名の数を持つ者でなければ、だれも売り買いできないようにした。」

グローバリストたちが、テクノクラート的なワン・ワールド政府管理網の実現を切望していることを考えれば、ゲイツ氏がデジタルIDの到来を歓迎する記事を発表していることは、さほど驚くことではありません。しかし、より多くのキリスト教徒やプライバシーを重視する人々が、邪悪な全体主義の悪夢の現実に目覚めつつあり、それはかつてないほど新しいレベルの抵抗を引き起こしています。