HOW THEY HOOK UP HUMAN BODIES TO THE INTERNET USING 6G, 7G TERAHERTZ, SATELLITES AND GRAPHENE NANOTECH IN THE COVID INJECTIONS - FIX THE WORLD PROJECT MOROCCO (ftwproject.com)

6G、7Gのテラヘルツ、人工衛星、COVID注射の
グラフェンナノテクノロジーを使って、人体を
インターネットに接続する方法
how-they-hook-up-human-bodies-1080x646

最近の国連やWEFの文書では、監獄惑星グリッドのインフラ整備に焦点が当てられています。この送電網の一部は、人間の体をインターネットに接続し、コントロールできるようにすることです。
私たちは、これを実現する技術とは何か、どのように機能するのか、そしてどのような計画で展開されるのかを開示する一連の仕事を発見しました。


ホープ&ティボン - マインド・コントロール、IoB、ハッキング・ヒューマンの背後にあるテクノロジーを暴露!


Hope & Tivon - Technology Behind Mind Control, IoB, Hacking Humans EXPOSED! (rumble.com)

このテクノロジーは決して新しいものではありませんが(少なくとも1990年代から研究されていました)、何年もの間、隠されたまま密かに導入され、COVIDの直前に本格的に導入されました。 おそらくCOVIDが起きたのもそれが原因でしょう。

このネットワークは6Gと7Gの周波数で動作するグローバルグリッドで構成されており、宇宙の衛星を通じて、COVID-19 注射を通じて55億5,000万人に注入されたナノマシン技術と地球上のすべての表面を接続しています。

要約

・国連はLEO衛星で銀行口座とリンクしたデジタルIDを計画中

・モノと身体のインターネットは6G、7Gのテラヘルツ周波数で稼働します

・COVID-19ワクチンは、プログラムされて注射する小規模なバイオ・ナノマシンです

・誰も注入されることを知らされていなかった電磁波デバイスの研究-これらはカレン・キングストンの仕事です

・量子ドット技術でBlue Toothコードを発信

・ついに解明!ワクチン接種された死者から摘出された白い繊維状の構造物

・電気的バランスを操作し、生命を吸い取るようにプログラムされたナノテク技術

・グレートリセットによって世界人口に何をする計画なのか、ターゲットとされた個人プログラムの実験場

・人間に使用される周波数、脳の感知とコントロール、スマートダスト、地球工学、コントロールグリッド

・ナノテク・タイムライン :グレートリセットのための次のマンハッタン計画

「禁じられた技術」:(このプレゼンテーションで多く言及しています)https://www.forbiddentech.website/

EMF保護製品についてはこちらwww.ftwproject.com




電磁波を注入されているとは誰も知らされていませんでした



「このビデオは、COVID真実教育シリーズと呼んでいるいくつかのビデオの1つです。それは段階的な教育形式でまとめられています。これらのビデオの目的は、COVIDアジェンダを通じて一般に伝えられた嘘の混乱を解消するのに役立つことです。私たちは、COVIDを通じて人類に行われたことの真実について人々を教育することは、これが二度と起こらないように人類が持つ最善の防御であると信じており、COVIDを計画した人々は間違いなく近い将来再び何かをすることを計画しています。」

このビデオは自由で途切れることのないものです。このビデオは、FTWProject.comが公共サービスとして作成したものです。私たちはエンジニア、科学者、研究者であり、手作りのEMF保護製品ビジネスを運営しています。私たちはまた、「禁じられた技術 彼らがあなたに知らせたくなかったエネルギー、社会、生物学的技術の完全ガイド」という本の著者でもあります。



最近、国連から3つの新しい政策概要が発表されました。

基本的に、その目的は、人々、デバイス、および実体を、すべて、選挙で選ばれたわけでもない官僚によって、明らかに一元的に管理される可能性のある接続されたネットワークに結びつけることです。

国連が銀行口座と連動したデジタルIDを計画中

https://www.zerohedge.com/geopolitical/united-nations-planning-digital-id-linked-bank-accounts

グローバル・デジタル・インパクト・ブリーフ
https://www.un.org/sites/un2.un.org/files/our-common-agenda-policy-brief-gobal-digi-compact-en.pdf

国際金融アーキテクチャの改革
 https://www.un.org/sites/un2.un.org/files/our-common-agenda-policy-brief-international-finance-architecture-en.pdf

宇宙ガバナンスの未来
https://www.un.org/sites/un2.un.org/files/our-common-agenda-policy-brief-outer-space-en.pdf

「宇宙空間と、人々の銀行口座とデジタルIDをリンクさせることに何の関係があるのか」と言われるかもしれません。 この文書は、人工衛星を誰がコントロールするのか、つまり、人工衛星を使って人間を追跡し、データをコントロールするのかについて書かれています。

最近、2つのプレゼンテーションがありました。

ARRCはアラブ首長国連邦を拠点とする研究センターで、人工知能、自律型ロボット工学、量子コンピューティング、暗号・量子通信、指向性エネルギー、安全な通信、スマートデバイス、先端材料、推進・宇宙技術の世界的な進歩をリードすることを目的としています。

発表タイトルは「テラヘルツ帯通信」: 古くからある問題の再考と今後10年間の研究方向 ARRCセミナーシリーズ - イアン・F・アキルディズ教授 Youtubeで見ることができます: 
(1) ARRC Seminar Series - Prof. Ian F. Akyildiz - YouTube

もう1つのプレゼンテーションは、ITUという国連の支部が開催したWebセミナーでした。 このプレゼンテーションは、テラヘルツ帯を解き放つための超ブロードバンド通信とネットワーキングのソリューションと呼ばれるものでした。発表したのは、イアン・アキルディズと彼の同僚で元教え子のジョセップ・ジョルネ。Youtubeで見ることが出来ます: 
(1) Ultrabroadband communication & networking solutions to unleash THz Band | ITU Journal | Webinar - YouTube

このWEFの記事から:
https://www.weforum.org/agenda/2022/02/explainer-how-low-earth-orbit-satellite-technology-can-connect-the-unconnected/

政府や企業がLEO衛星技術に投資する理由とは?

EUは最近、60億ユーロ相当のLEO衛星システムの計画を発表しました。
EUは、世界的な接続格差を解消するために、テクノロジー大手がLEO衛星技術に数十億ドルを費やす宇宙インターネット競争に参入しています。イーロン・マスクの衛星インターネット・ベンチャーであるスペースXのスターリンクは、軌道上に約2,000基の衛星を配備し、40,000基以上の衛星を飛ばすライセンスを申請中です。
スターリンクインターネットの説明-CNET

ビル・ゲイツ、地球を「ビッグ・ブラザー」衛星で覆う10億ドルの計画を支持
Bill Gates backs $1bn plan to cover Earth in 'Big Brother' satellites | Daily Mail Online
・日本のソフトバンクと航空宇宙大手のエアバスもプロジェクトを支援
・500基の低軌道衛星が地球上に監視カメラを向け、携帯電話で見られるリアルタイムの画像を作成
・違法漁業の追跡、天候の監視、世界的な自然移動の追跡などの応用が可能

COVID mRNAワクチンは、プログラムされ注射される小規模のバイオナノマシンです。
イアン・アキルディズは、このプレゼンテーションの13:40に、口を滑らせて次のような発言をしました。
(1) ARRC Seminar Series - Prof. Ian F. Akyildiz - YouTube

「私は過去15年間、モノのインターネット『バイオ・ナノシングス』について多くの研究を行ってきました。これは本当にうまくいっています。COVID-19ワクチンやmRNAは、プログラムされ注射される小規模なスケールのナノマシンにすぎません。

彼は知っているのでは?

テラヘルツ帯のグラフェン・ベース・ナノスケール電磁通信ネットワーク
ネットワークが機能するようにタイミングを同期化
https://www.nist.gov/pml/time-and-frequency-division/timekeeping-and-clocks-faqs

ニッキー・フローリオとライネット・セナム前市長 マリア・ジー ランドマークとなる地球工学事件
https://rumble.com/v2u8d5u-uncensored-worldwide-geoengineering-lawsuits-landmark-case.html

ケムトレイルからのナノ物質は、既存の雲(空気中の水分)を分解する能力があります。

地球工学はリセットの土台を作ります。ケムトレイルで森林に火をつけたり、干ばつを誘発したり、家畜や個人を標的にすることもできます。それはまた、衛星と地上の通信のために、文字通り大気をクリアにすることもできます。 

通信事業者が使用したい高い周波数帯(テラヘルツ帯)は、大気中の水分によって妨害される可能性があります。地球工学は、より良い監視とモノのインターネットに対するより良いコントロールを可能にします。


https://karenkingston.substack.com/ 

ファイザーは自社のWebサイトでも、mRNAを生物学的製剤(ワクチン)ではなく、遺伝子編集技術として説明しています。

世界中の科学者が、顕微鏡の下にあるものを見始めています。アナ・マリア・ミハルセア博士(医学博士)は、ワクチン顕微鏡法の先駆者です。彼女と彼女の同僚は、顕微鏡下で電解質デバイスを発見し、その技術が自己組織化するのを目の当たりにしました。エンジニアたちは携帯電話を持ち込み、反応があるかどうかを確かめました。彼らが発見したのは、小瓶の中の液体がスマートフォンや無線LANなどの電磁波の近くにあると、この技術が活性化するということです
アナ博士のサブスタック:https://substack.com/@anamihalceamdphd

アナ博士は、身体の電場と、これらのナノテクノロジーがそれらに与える影響に注目しています。カチオン性脂質とプラス電荷のせいで、ナノテクノロジーは文字通り生命力エネルギーを吸い取ってしまいます。 アナ博士は血液伝導度と電気インピーダンス分光法を行い、体内のナノテクノロジーのその結果として、人間の生命力エネルギーがどれだけ失われるかを示しました。血液に注入されたハイドロゲルは、人々の体から電気を奪っていくのです。
https://anamihalceamdphd.substack.com/p/blood-conductivity-and-electrical

人々の血液はヘドロやゼリーのようで、酸素を運ぶことができず、ナノテクで満たされています。電気的なアンバランスが、生命力エネルギーの最大50%の減少を引き起こしています。

アナ博士は3人のワクチン接種患者の血液を採取し、チューブに4時間入れておきました。血液は勝手に分離し、上部にゴムのような黄色いハイドロゲルのプラスチックができました。
https://anamihalceamdphd.substack.com/p/comparison-microscopic-analysis-of

注入された人体からより高い周波数(EMF)通信を可能にするのが、注入物に含まれる量子ドット技術です。Bluetoothと量子フィールド周波数

この特許と同じ知的財産の下に、水分散性の半導電性金属ナノ粒子に関する別の特許があり、これも量子ドット技術と呼ばれています。
量子ドット技術とルシフェラーゼは基本的に同じものです。ここでは、量子ドット技術とは何か、何ができるのかについて詳しく説明します。

量子ドットとは?

量子ドット(QD)は、電子を輸送し、紫外線を照射すると様々な色に発光する能力など、ユニークな光学的・電子的特性を示す人工のナノスケール結晶です。人工的に合成されたこの半導体ナノ粒子は、複合材料、太陽電池、蛍光生物標識、ディスプレイ、照明、医療用イメージングなど、幅広い応用が期待されています。
https://www.nanowerk.com/what_are_quantum_dots.php

量子ドットが発する電磁場や周波数は、私たちの身体に感情的、心理的、身体的な病気や機能障害を引き起こす可能性があります。量子ドットは神経兵器として使用される可能性があり、感情、エネルギー、心理的能力、思考能力に深刻な混乱を引き起こします(脳霧)
https://karenkingston.substack.com/p/part-5-dismantling-the-covid-19-deceptions

タイムライン ナノテク グレートリセットのための次のマンハッタン計画
timeline-1
timeline-2
timeline-3-980x551
timeline-4

タイムライン デビッド・マーティンのEU演説とナノテク開発のタイムライン、量子コンピュータのタイムライン、国連WHOによる各国憲法の法的破壊のタイムラインとの比較

リンク

デビッド・マーティン EU議会 COVIDサミット
https://rumble.com/v2ncp8w-dr-david-e.-martin-phd-covid-summit-european-union-parliament-may-2023.html

ナノテクノロジー年表
https://www.nano.gov/timeline

グラフェン・フラッグシップ
https://graphene-flagship.eu/collaboration/about-us/the-graphene-flagship/

ヒューマン・ブレイン・プロジェクト
https://www.humanbrainproject.eu/en/

進捗状況
ナノテクノロジー国家イニシアチブの協調的実施について

2011年 環境・健康・安全
研究戦略
https://www.nano.gov/sites/default/files/pub_resource/2014_nni_ehs_progress_review.pdf

COVIDワクチン開発の歴史
https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_COVID-19_vaccine_development

ニュース リーガル ウォールズ キル ボックス ショートバージョン
https://bailiwicknews.substack.com/p/legal-walls-short-version?s=w

ファイザーが最初のCOVIDスパイクタンパクワクチンの特許を取得 1990年
初期のナノテクノロジー企業が操業を開始 1990年
医療研究用のナノカーボンの足場材が発見される 1993年
量子ドットが発見される 1993年
量子コンピューターが開発 1990年代

2002年 mRNAワクチンが「感染症、複製欠損クローン」として特許を取得。この特許はアンソニー・ファウチのNIHが申請した生物兵器であることを意味し、SARS 1.0の流行より1年早く特許が成立。

2003年 CDCは中国からコロナウイルスの塩基配列をダウンロードし、それを米国で特許出願(生物化学兵器条約違反)

2002-2003年 デビッド・マーティンがEU主催のイベントでPCR検査をバイオテロの脅威と認定。

2005年 DNA計算とアルゴリズムによる自己組織化が発明される

2005年 WHO国際保健規則が発効、監視、行動規制、渡航制限、拘禁権などを確立

2005年 DARPA(国防高等研究計画局)とNIAID(国立衛生研究所)により、mRNAスパイクタンパクがバイオテロリズムとバイオ兵器のプラットフォーム技術であるとのレッテルを貼られる。

2006年、すべての主要大学がナノテクノロジーのスキルを持つ人材を求める、ナノチップやナノマシンが本格的に市場に出始めた。

2005年以降、mRNAスパイクタンパクは生物兵器を可能にする技術として分類された。

2009年から2010年にかけて、DNAのようなロボット型ナノスケール組立装置が作られた。

2010年 アキルディズがグラフェンナノアンテナ(後にCOVID注射に使用され、人々をインターネットに接続する)の発明で特許を申請するも、CIAが7年間にわたり特許を阻止。

2013年 グラフェン・フラッグシップとヒューマン・ブレイン・プロジェクトが始動

2014年 アキルディズは大企業や政府に対し、ナノテク通信のためのテラヘルツ周波数での研究を提案した。彼は当時、これらの技術に取り組むのは「時期尚早」と断られた。

2014年 政府向けの「ナノテクノロジーの協調的実施」ガイダンスが発表される。

2015年 世界的な強制注射が計画される、 ダスザック・ファウチほかによって

2016年 SARSが「人類出現の準備が整った」と発表(おそらく、ようやく技術が追いついたという暗号だろう)

2017年 CIAがCOVID注射に使用するグラフェンナノアンテナのブロックを解除し、アキルディズの特許を発行

2017年 低軌道衛星の打ち上げ数が増加する

2017年 米国保健福祉省は、WHO が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言した場合、政府の権威主義的権力を拡大することで、市民の市民的自由をひそかに撤廃した。

2017年 ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターが「SPARSパンデミック2025-2028:公衆衛生リスクコミュニケーターのための未来的シナリオ」を出版。

2018年 ジョンズ・ホプキンス/米国・HHS疾病管理センターが「世界的な壊滅的生物学的リスクに対処する技術」報告書を発表。
「自己拡散型ワクチン」のセクションを含む。


COVIDの直前、誰もが6Gとテラヘルツについて話題にし、この分野の技術について書かれたIEEEの論文が突然10万件以上も発表された。

2019年 最初の人がCOVIDを正式に入手する7ヶ月前、「呼吸器病原体の偶発的または意図的な放出」があると発表され、モデルナの4つの特許出願が、存在しないもののワクチンを作る正当な理由として、これらの用語を含むように修正された。

世界は2019年9月にパンデミックが起こると知らされ、1年後の2020年9月には世界共通のワクチンテンプレートが世界中で受け入れられることになった。(パンデミックの意図は、世界にワクチンを受け入れさせることだった。

2020-2022年 LEO衛星の打ち上げが激増する(パンデミック時)

2020 1月11日、最初のCOVID-19ワクチンの遺伝子配列が中国からオンラインで発表された。企業は1カ月以内にこの塩基配列からワクチンの製造を開始した。

2020年 3 月 11 日 パンデミックが宣言される

2020年 12 月 10 ヶ月間のロックダウンと渡航制限の後、COVID-19ワクチンの投与が開始された。 55億5,000万人がナノテクノロジー生物兵器の投与を少なくとも1回受けた。

2022年 - 世界保健機関(WHO)が、低・中所得国での検査や注射の拡大に充てるため、G20各国に160億ドルを要求。
世界保健機関(WHO)は、WHOが宣言した緊急事態におけるWHOの監視、行動統制、拘束の権力をさらに拡大し、国家と市民の主権と市民的自由の従属を深めるための新たな交渉ラウンドを開始した。