WEFは、社会に参加したい場合は、CBDCを「皮膚の下に埋め込む」必要があると述べています

WEF warns everybody must have CBDC's implanted under their skin if they wish to participate in society

WEFは、社会に完全に参加し、食料や水を購入するなどの基本的なことができるようになるためには、ごく近い将来、すべての国民にCBDCマイクロチップを埋め込む必要があると宣言しました。

リチャード・ヴェルナー教授によれば、ごく近い将来、国民は銀行口座にアクセスするために「CBDCチップインプラント」などの「最新技術を使う必要がある」とのことです。

リチャードA.ヴェルナー教授は経済学者であり、銀行・金融学の教授です。1995年にイギリスの投資銀行のチーフエコノミストとして日本で提唱した、量的緩和(QE)と呼ばれる金融危機後の新しい金融政策の提唱者として知られています。

オックスフォード大学、日本銀行、日本政策投資銀行、アジア開発銀行でも研究員として勤務。ローカル・ファーストCICというイニシアチブを通じて、非営利コミュニティバンクの設立支援に携わっています。

Expose-news.com レポート:アムステルダム・サイエンス・サミット2022で、ヴェルナー教授は中央銀行デジタル通貨(CBDC)と2030アジェンダについて講演しました。今年のアムステルダム・サイエンス・サミットの傍らで、ヴェルナー教授はアイバー・カミンズ氏にCBDCと、中央銀行がアジェンダを推進するためにいかに高インフレを画策してきたかについて語りました。

ヴェルナー教授が提唱したQE金融政策には2つの側面があります:QE1とQE2です。

QE1は、中央銀行が介入して銀行システムの不良資産を買い取るというものです。中央銀行が不良資産を額面で買い取れば問題は解決し、銀行のバランスシートは強固になります。 しかし、それだけでは銀行は信用を増やすことができません。

そこでヴェルナー教授はQE2を提案しました。これは中央銀行が銀行により多くの資金を作らせ、それを経済に回すことを可能にするものです。これは、中央銀行がノンバンク部門から不動産などの資産を買い取ることで達成されます。 ノンバンク部門が不動産を売却して得た資金は、売却者の銀行口座に入金される仕組みです。 経済がデフレに陥っている場合、「中央銀行はこうして直接的に資金を経済に送り込むことができるのです」とヴェルナー教授は説明します。

QE1は1980年代に日本が行ったが、アメリカは日本がQE2を行うことを許しませんでした。そして、青天の霹靂のようなタイミングで、2020年3月にQE2がアメリカ連邦準備制度理事会(FRB)と他の中央銀行によって採用されました。 この時QE2を採用した意図は、高インフレを引き起こすことでした。なぜでしょう?それは経済をCBDCシステムに移行させるためでした。

「CBDCは通貨ではなく、管理システム(あるいは許可システム)と考えるべきです」とヴェルナー教授は説明しました。「CBDCは、あなたが実際にその許可を得ることを前提とした条件付きの通貨なのです。もし、あなたが政府の政策や中央銀行を批判するような人であれば、それは難しいかもしれません。 あるいは、あえて15分都市圏から一歩外に出れば、ひょっとしたら分かるかもしれませんああ、私のCBDCは機能していない」と。

もちろん、こうしたことは中国ですでに見られたことです。誰かが切符を買うためにCBDCを使おうとして、社会的信用度が低くて使えないというビデオがたくさんあります」。

そして事実上、不服を申し立てる権利はどこにも無く、 少数の人間が多数の人間をコントロールするため、管制官はコンピューターとアルゴリズムを使ってシステムを運用することになるでしょう。 CBDCのブロッキングを不服とすれば、自動化された対応に対処することになります。

ヴェルナー教授は、中央銀行が銀行システムの変更を隠蔽するためにインフレを画策していると説明しました。 例えば、1970年代の高インフレは、金に裏打ちされた米ドルがペトロダラーに移行するのを隠蔽するために画策したものでした。 そして2021年、2022年に経験した高インフレは、ペトロダラーからCBDCへの移行を隠蔽するために仕組まれたシナリオです。

2020年3月、米連邦準備制度理事会(FRB)をはじめとする主要中央銀行はQE2を導入することを決定しました。 2020年3月、経済は縮小していなかったが、連邦準備制度理事会(FRB)はQE2を採用し、ノンバンクから資産を買い取り、銀行に信用創造を強要しました。

それがインフレを引き起こすことは明らかでした。 

これは判断の誤りではなく、意図的なものだ、とヴェルナー教授は説明します。これは 非常に特殊な政策で、めったに取られるものではありません。

これが意図的な行動であった証拠に、ヴェルナー教授は、「2019年8月のCOVIDの直前、ジャクソンホールで毎年恒例の中央銀行会議が開かれたが、そこには大手資産運用会社のブラックロックが招待されていました....そしてブラックロックはある提案をしました。『また危機が起こるだろう...しかし、今度はインフレを起こすべきだ』と。

彼らはその理由を決して説明はせず、ただインフレを起こさなければならない......その方法はこうだ、と言うだけで、もちろん彼らは私の名前を出さずに私の提案を引用しました」。

「そして、もう一つ要因がある」と、ヴェルナー教授は言います。「連邦準備制度理事会(FRB)は2020年3月、資産購入のためにブラックロックを雇った......QEはデフレ状況のためのものでしたが、その使い方はインフレを引き起こすものでした。 彼らはそれを知っていました。

つまり、この(現在の)インフレは、中央銀行によって、中央計画者によって、意図的に作り出されたものなのです。では、どうやってこれを罰するのか?中央銀行のデジタル通貨を通じて、地球上のあらゆるもの、生命に対する前代未聞の権限を彼らに与えましょう」。

「彼らがこのようなインフレを望んだ本当の理由は、本質的には、オイルダラーの崩壊を隠蔽し、CBDCをベースにした新しいシステムに移行するためだと思います」。

今のところ、CBDCは携帯電話のアプリを介して使用されるという話が出ています。「はい、それは初期段階です。しかし、2015年頃にはすでに準備できていたことですが、最終的な目標は、彼らが本当に望んでいること、どうやら中央銀行員に聞いたのですが、CBDCはまるで小さな米粒のようで、それをあなたの皮膚の下に埋め込みたいのだそうです。そして彼らは、人々がこれを受け入れるにはハードルが高いことを認識しています」とヴェルナー教授は言いました。

そのため、彼らは危機や混乱、失業を利用してユニバーサル・ベーシック・インカムを導入し、皮下に埋め込まれたCBDCチップを受け入れるように国民をなだめようとしているのです。

「毎月2000ユーロが口座に振り込まれます。 しかし、もちろん、これを効率的に実行するために、『最新テクノロジーを使用する必要があるので、CBDCチップインプラントが必要です』と言ってくるでしょう」

2023/07/07
(5) Crucial CBDC’s with Professor Richard Werner: YOUR Future is Being Decided! - YouTube
リチャード・ヴェルナー教授によるCBDCの重要性: あなたの未来は決められている

WEF Says CBDCs Must Be ‘Implanted Under Your Skin’ if You Want To Participate in Society - The People's Voice (thepeoplesvoice.tv)

CBDCs are a solution for a problem we don’t have, and they want to implant it under our skin – The Expose (expose-news.com)
CBDCは私たちが抱えていない問題の解決策であり、私たちの皮膚の下に埋め込もうとしている