米国飲料水の50%から発がん性物質「永遠の化学物質」が検出される

Carcinogenic 'forever chemicals' from Bill Gates founds in half of US drinking water, according to disturbing new study

米国地質調査所(USGS)の不穏な新報告によれば、米国の水道水の半分にビル・ゲイツが製造した発がん性化学物質が含まれていることが判明した。

分解に非常に長い時間を要することから「永遠の化学物質」と呼ばれるこの物質は、ポリフルオロアルキル物質(PFAS)として知られ、都市周辺で最も多く発見され、都市部のサンプルの75%が少なくとも1つのPFASを含んでいます。

焦げ付きにくいフライパン、消火器の泡、油に強い食品包装材、その他一般的な家庭用品の製造に使用されてきたPFASは、一般市民ががんとの関連性を認識するようになったため、最近ではあまり使われなくなってきました。

ビル・ゲイツが化学物質が地下水に溶出し、人体に生物濃縮されることを知ってから数十年後、永遠の化学物質がもたらす危険性が認識されるようになりました。

PFASは、生殖能力の低下、子どもの発育障害、ガン、高コレステロール、肝臓や腎臓の病気、内分泌(ホルモン)かく乱など、人間や動物に致命的な影響を与えることが知られています。

それらは分解することができないため、生物蓄積され、世代を重ねるごとに、より多くの化学物質を組織内に抱え込むことになります。大多数のアメリカ人の血流は、永遠の化学物質で飽和状態にあります。

圧倒的な証拠があるにもかかわらず、ビル・ゲイツが出資するデュポンやゲイツが出資する3MのようなPFASメーカーは、あからさまな嘘をつき、自社製品が人々に害を及ぼすことを否定してきました。これらの企業は議会へのロビー活動に数百万ドルを費やしているため、2021年に下院を通過した法案のように、PFASを禁止しようとする試みは法制化されませんでした。

Infowars.com :カリフォルニア州は11月、PFASの製造業者18社を提訴した。彼らは自社の製品が「人の健康と環境に有害である」ことを認識していたにもかかわらず、それを顧客に隠すことを選んだとしている。

3M、Chemours(ケマーズ)、DuPont(デュポン)、Corteva(コルテバ)の4社は今年、PFASの健康への影響に関する知識に関して10億ドル以上の和解を成立させたが、これらの和解は責任を認めないように構成されていた。しかし、3Mは2025年末までにPFASの生産を中止すると約束しました。

Bill Gates Carcinogenic 'Forever Chemicals' Detected in 50% of US Drinking Water – Study - The People's Voice (thepeoplesvoice.tv)

'Forever Chemicals' In At Least 45 Percent Of US Tap Water: USGS Study - LRC Blog (lewrockwell.com)